FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。「お人よし」も行き過ぎればただのバカ。日本のことだよ。

京王3000系を大修繕!4  

中間車の組み立てとパーツの加工をしてしまいましょう。


★デハ3101

両開きドアの3101号は戸袋窓に色差しをします。

こういった箇所は普通は近年は黒、ちょっと昔はグレーのイメージが強いですが、京王3000系の初期はアイボリー。


IMG_0931.jpg

違和感ありまくりですが、これがある意味時代を象徴するものと言えるでしょう。

モールドが甘くて色を乗せるのが大変でした。

編成になったときでもとっても目立つこのアイボリーHゴム。

当時は先端、1次車と並べたら異端車。

色差しをしたことでさらにその異端ぶりに磨きがかかっていい感じです。


★屋根


2017123112190000.jpg

修繕の終わった屋根と屋上機器は、私判断で色をチョイス。

塗りかたを工夫することでブツブツした表面を再現しました。

色はMr.カラーの軍艦色2です。


IMG_0918.jpg

中間車の集中型クーラーはメッキシルバーを使うことで存在感を大幅に上げました。

塗装を落とす前にはスミ入れがされていたので、同様にグリル部分にスミ入れをしました。

色はフラットブラックです。


IMG_0923.jpg

先頭車に使う分散クーラーはグレーに塗ったあと同様にスミ入れ。

このグレーはHOゲージ583系を作ったときに床下機器に使ったグレーで、ほんの少しだけ青みがかった淡いグレーです。

ヒューズボックスも同じ色です。

パンタはそのまま使用します。



★床板


IMG_0904.jpg

床板は室内側と機器側で色を塗り分けました。

室内はベージュ、床下機器側は機器と同じ色のGMカラー9番グレーです。


★床下機器

床下機器…

最近のすみ車の傾向は、「なんとなく」なチョイスをされがちな床下機器には納得いかず3Dプリンターで完璧に再現しておりました。

今回はごめんなさい、グリーンマックスの床下機器をそのまま取り付けて終わってしまいます…


IMG_0907.jpg

そのまま…

グリーンマックスの床下機器は、ランナーによって出来にかなり差がありますね。

この「J」はモールドがシャープでかなりイケてると思いますが、制御器のフタの平らな部分をよくみると切削工具が通った跡が見えます。

この跡が消えないように塗装するという腕試しに使える床下機器です笑


IMG_0929.jpg

床板と床下機器の組み合わせによっては取り付け用の窪みから床下機器のベースがはみ出します。

横のはみ出しは0.5mm以内ならギリギリごまかせると思います。



★合体

IMG_0945.jpg


ガラスをはめ込み床板と合体させたら、中間車は完成です!(今回はナンバー貼りなどはない)


IMG_0944.jpg

次回はライト点灯化改造です。











いつもこのくらいスッキリまとめられればいいなー。
スポンサーサイト

Posted on 2018/01/12 Fri. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  京王3000系 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1379-3c0c856c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ