FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今欲しいもの、金と時間とまともな野党。

京王3000系を大修繕!3  

いよいよ塗装をします!

でも!

ボディ塗装の前にすべき塗装があります。

それは、遮光のためのブラック塗装です!

ブラック塗装とは、閉めきった部屋でマスクも着けずに1日ぶっ通し、無茶なノルマで残業月120時間、当然都道府県最低賃金を下回る給料という労働環境のもと行われる塗装のことです。

ウソです。

ボケは長すぎるといけませんね。


ライトを仕込んで光らせた際、本来光るべきでない箇所が光らないようにするために裏からブラックを塗るのです。

写真は忘れました。



★緊急事態

このへんでライトレンズの問題を模索し始めました。

そのときに見つけてはいけないものを見つけてしまったのです…


IMG_0595.jpg

トレジャータウン製ライトパーツです。

対応車種にしっかりと「京王3000系」とあります。

なぜ塗装の前に見つけられなかったのか…

腹が立ちます。

2017121516330000.jpg

本物の写真を見ながら唸る。

やっぱパーツつけたほうがイイなぁ。


2017121520340000.jpg

ライトパーツとともにライトレンズも同梱されていますからライトまわりの問題は一気に解決。

しかも、光の通り道でのボディへの光漏れの心配はなくなります。

見た目もよくなりますし、言うことない仕上がりになります。


2017121517160000.jpg

仮組み。

イイ感じです。

銀色のほうは塗装の跡に取り付けることになりますので、取り外します。

2017121517060001.jpg

では改めて洗浄し、塗装に移ります。


金属部品を使った箇所のみプライマーを塗ります。

急行灯のほうはメッキシルバーへの影響を考慮して最小限に留めておきます。

エアブラシならムラなく極少範囲に塗れます。


3701編成はブルーグリーンです。

ブルーグリーンはMr.カラー323番ライトブルーとグレーで調色。


IMG_0795.jpg

いいですね!


IMG_0695.jpg

ボディはメッキシルバーで仕上げます。

そのために必要なのはテカテカの下地です。



ウチではメッキシルバーの下地専用塗料を大量に作ってあります。

今後登場予定が多くあるのです。


IMG_0703.jpg

もともとそんなにツルツルではなかった表面ですから、こんなもんです。

IMG_0701.jpg

こちらは板キットだった中間車3101号。

板キットのほうがツルツルで、メッキシルバーを生かした塗装をするには向いていると思います。

ただし、他の4両と差が出てしまうのはダメなので、うまく合わせました。


厚塗りにもならずモールドもしっかりと立ち、しかし塗料はキレイに乗っている。

これはここ数年で一番うまく塗れたと評価できます。

でも!メッキシルバーで見えなくなっちゃうんですけどねーーーーー。

メッキシルバーが美しく仕上がったら、その下のこの下地グレーがあっての賜物と思ってください。


IMG_0797.jpg

メッキシルバーを塗りました!

IMG_0798.jpg

IMG_0799.jpg

下地があんな感じだから、こんなもんですかねー。

確実にグレードアップできたと思います!



次回はライト点灯化に向けた加工をします。
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/30 Sat. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  京王3000系 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1372-177be45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ