FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。しばらく見ないうちに随分かわいくなったなぁ、ジバニャン。

U-TRAINSのJR-E233系京浜東北線を作ろう2:下地作り  

同梱品の確認も終わりましたので、ボディのチェックをしながら洗浄します。



NEC_0453_20180602013133243.jpg


キサゲのキズが散見されます…


IMG_1159.jpg

あっ

コレはズレすぎです!

付け直しです!

IMG_1290.jpg

ずいぶんでかい開口部。

IMG_1291.jpg

いっぱいとってしまいました。

曲がっていないところはそのままです。




洗浄は、酸洗い→クレンザー磨き→中性洗剤洗いの順です。

酸洗いをしたら真鍮はピカピカになります。

皆さんも10円玉を温泉で洗ってピカピカになったみたいな経験があるでしょう、あんな感じです。

しかし

2017112411590001.jpg


フラックスの汚れは想像以上で、クレンザー磨きをしても取れません。

これが塗装に影響を与えないとは思えません。

そこでさらにマッハモデルのブラスクリーンなるものを使ってみました。


IMG_0588.jpg

長らく品切れで、やっと手に入りました。

酸洗いと同等以上の効果があるようで、しかも性質は中性とのことで次世代のブラス下準備剤だとか言われていますが、ちょっと高いのが難点ですね!

ブラスクリーンのあと中性洗剤洗いをしました!


IMG_1292.jpg

わかりにくいですが、下の漂白されているような感じのヤツがブラスクリーンを終えたヤツです。

水垢もイヤですから温風で水分を吹き飛ばし、隅々まで乾燥させます。


IMG_1386.jpg

今回新しくツールを導入しました。

ミニリュータに取り付けるタイプの回転研磨ブラシ。

何種類かあるのですが、コレの1500番台を購入。

1500番のペーパーがけをした効果が得られるとのことで、さらに隅々までコレで磨きました。

表面に細かいキズがつくようなモンですから、プライマーの食いつきは更によくなるハズです。

☆磨く前
IMG_1387.jpg

☆磨いたあと
IMG_1389.jpg


IMG_1385.jpg

どうですこの差!

ピッカピカですね~

磐石の態勢です!

ではすぐにプライマーを塗ります。


IMG_1445.jpg

途中で尽きたら最悪なので大量に購入。

使用するのはガイアノーツマルチプライマーです。

終わっててこの記事を書いている今だから言えることですが、こんなにいらなかった…


プライマー吹きは駆け足。

休むことなく進めます。

なぜなら完璧に洗われ、磨かれた真鍮ボディは大変デリケート。

ちょっとでも手の脂なんかがついてしまったらそこからペロンと塗装が剥がれてしまいます!

プライマーを吹くまでは料理も禁止です!(気化した油がつくかもしれないから)


プライマーが塗られて地肌が封印されてもまだ駆け足。

プライマーの表面はペタペタするのでホコリも引っ付けて取れなくなってしまいます。

下地になるサーフェイサー(室内)・ツヤありグレー(エクステリア)を塗るまでは安心できません。


IMG_1406.jpg

室内にはしっかりとサーフェイサー(プライマー入り)を塗ります。


IMG_1400.jpg

前面のロストワックス部にも塗ります。

そうするとこういうキズが浮かび上がってきます。


IMG_1401.jpg


IMG_1402.jpg

気になるところはパテで補修。


下地の平滑さを生かすためにステンレス部はツヤありグレーをうっすら塗ります。

ツヤありグレーにすることで微妙な凹凸や歪み、キズを発見しやすいのです。

103系や旧国鉄客車の側面を思い出してください。

側面鋼板がボッコボコでした。

アレもツヤあり塗装だからわかることです。

IMG_3298.jpg

ツヤがあるってことがあんまり伝わりませんね…

キズは相当なもので、キサゲも関係ないところにもガリガリ。

前回冗談で言ったサイ177編成でしたが、本当になりつつあります笑


仕上がり的にツヤありの恩恵を受けるのは一部だけです。

そうでない場所は前面のように軽くサフを吹いて修正してしまっても大丈夫です。


次回、新しい試みの登場です!
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/16 Sat. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR  E233系1000番台 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1371-d2b66c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ