FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今欲しいもの、金と時間とまともな野党。

閲覧注意!Msコレクション製の「標準型木造駅舎」を作ろう6  


2017071914590000.jpg

楽園鉄道に搬入されました!

スケール感はバッチリ(あたりまえ)ですが、道床付きの線路へのアプローチをどうしようか悩みどころです。


ともあれ、まずは付帯ストラクチャーを完成させます。

今回は便所を作ります。


2017111414450000.jpg

付属のベースは大きすぎるため使用しません。

いきなり基礎コンクリートパーツから手をつけます。

目止めをするためにパテを塗っています。


基礎コンクリートパーツには便器の穴がしっかり開いています。

右の長い窪みは、昔よく見られた小便器。

便器というか、窪み笑

中国の田舎のほうではまだこんな感じの便所が現役だそうです。


便所といえどウェザリング・エイジングは施しますので、その度合いに関してはクライアントとちゃんと打ち合わせをします。

今回は、あたかも臭いがただよってきそうなし尿汚れを再現することになりました笑

大便器のほうはさすがにやりませんが…

2017111818160000.jpg

地面としてプラ板を貼り汚しにかかります。

こちらはエアブラシを終えた段階。


2017111923230001.jpg

できました!

し尿汚れを再現なんて、解説をしたくありません。

なんの色を使ったなんて言いたくもありません。

その色に失礼です。

大便器のほうは底をフラットブラックに塗りました。

当時はボットン便所と思われるので、あの暗い怖い感じを出しました。


NEC_0138.jpg

壁はレーザー加工された木材パーツです。

木の板1枚とレーザー加工機があればこんなものが作れるんですね。

いいなぁ、興味がわいてきました!


2017111521540001.jpg

レッドブラウンに塗ってからエッジにドライブラシ、そして砂埃汚れをエアブラシで追加。


2017111522160000.jpg

こちらは入り口を隠す木の壁です。

下町でよく見られたこんな感じの壁も、近頃めっきり見かけなくなりました。

テレコで配置された木の板の隙間から女性の水浴びを除くのはロマンでした。

それを見事に再現されているモデラーの方もいらっしゃいます。


こちらの壁にも砂埃汚れを表現。


2017111923380002.jpg

すべての内部パーツを取り付けました。

2017111923380001.jpg

怖い。


2017111521530000.jpg

屋根は駅舎の屋根と同じサーモンピンクっぽい色で、風雨にさらされた汚れをあとから入れます。

とってもキレイなサーモンピンクの塗装、汚すのはなんだか気がひけますが仕方ありません。


照明の仕込みもしますが、それは楽園鉄道でクライアントとオーナーと相談して詳細は詰めましょう。

ガラスも最終的な汚しの方針が決まってから。


2017112000220000.jpg

仮組み立て。

ほぼ完成の姿です!


2017111923380003.jpg

怖い。

妖怪が出そうな怖い便所に仕上がりました…

夜のとばりに誰もいない辺境の駅で、もよおして駆け込んだ便所はまるで異世界…



ところで、手を洗うところがないですね。

私はそっちのほうが妖怪よりもイヤです!
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/13 Wed. 17:00 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  ストラクチャー  便所  ジオラマ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1365-82710616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ