FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。銀河鉄道999、ゴダイゴ<アルフィー<<<<<<<<<<<<<ささきいさお

鉄コレ都営10-000形を大改造5:ライト点灯化  

いよいよライト点灯化工事です!


NEC_0069_20171107185822538.jpg

今回も床下機器と一緒にライトユニットパーツを3Dプリンターで出してもらいました。

これのお陰で、より手軽に完璧に美しいライト点灯化が叶います。

そのパーツの写真は、企業秘密のため載せません笑


NEC_0070_20171107185824469.jpg

使用する光源は1608チップLEDです。

1608とはLEDのサイズを表しており、大きさが1.6mm×0.8mmという意味です。

一辺が1mmにも満たない表面実装用のチップLEDです。

これをケーブルでつないで使おうという考えは、今更ながらぶっ飛んでいると思います。


ケーブルは0.07mmです。

ハンダ付けするスペースは0.2mm×0.8mmですので充分です。


NEC_0086_2017110718581849a.jpg

ユニットだけでのテストも怠りません。

最初の頃はちゃんとくっついているのか半信半疑だった半田付けも、今は絶対に点灯する自信があるようになりました!

NEC_0085_20171107185816d8e.jpg

でもテストは怠りません。


NEC_0082_20171107185825d00.jpg

車体前面にも遮光を施します。

これをしないと車体を伝わって光が車体全体に回り、カッコ悪いことになります。

NEC_0083.jpg

意外とヤッカイなのがライトケース。

ここから車体に光が回ることも十分ありえるので遮光しておきます。

ここまですれば完璧な遮光となります。

大手メーカー完成品でもよくヘッドライト点灯時にテールライトがぼんやり光ったり、逆が起きていたりします。

これは非常にカッコ悪いです。

ボディの成型色は白で且つ塗装も薄いため光を透過しやすく、この処理をしっかりしないと車体全体もぼんやりと光ってしまうなんて事が起きます。

私の知る中では阪急以外の鉄コレはこんな白ボディで、点灯化をするときに大きな障害になります。

NEC_0084_20171107185815696.jpg

はみ出た分はタッチアップをしておきます。


2017103122580001.jpg

ライトユニットとボディを合体。

ライトの昨日を全て前面窓の下に収めることに成功しました!

ライトケースと前面の隙間を完全になくし、さらにその継ぎ目には遮光用の塗料を塗り混んでおきます。


2017103122580000.jpg

ライトレンズはUVジェルクリヤを使ってよりそれっぽくしてみました。

できました!

テスト点灯です!


NEC_0088.jpg

おお~


NEC_0089.jpg

いいですね!


2017103123200000.jpg

いつものように前をバッチリ照らしています。

これで地下鉄の走行も問題ありません!笑



次回は車番のお話です。
スポンサーサイト

Posted on 2017/11/16 Thu. 17:00 [edit]

category: 東京都交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  東京都交通局10-000形 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1357-f0303d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ