FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今欲しいもの、金と時間とまともな野党。

出品!250系風な床下機器!  

先日完成した東武250系に使った床下機器の3Dプリントパーツをおすそわけいたします。



★どんなものか

床下説明


コレを買うような人に説明はいらないでしょうが、特急りょうもう号用の電車のうち唯一完全新造の車両250系専用床下機器。

それゆえ、床下機器と台車は再利用品ばかりの200系とは大幅に異なり、それを模したものとなります。

☆1
NEC_0100.jpg

☆2
NEC_0099.jpg

☆3
NEC_0101.jpg

☆4
NEC_0102.jpg

☆5
NEC_0103.jpg

☆6
NEC_0104.jpg



2017091513010000.jpg

30000系に近い機器がたくさん。

30000系用はグリーンマックスから出ているので市販パーツを使うのも考えましたが、細かい箇所を詰めるのが大変ですしVVVF装置の設計リクエストもあったので全部作っちまいました。


NEC_0051.jpg

こんなに違う出来。

立体的でいい感じです!


NEC_0247.jpg

もちろん補機類も完全再現!


★参考記事

その1

その2



★購入方法

こちらからどうぞ。





★到着したら

精密な機器を眺めニヤニヤしながら造形不良がないかチェックして、あればDMMに相談してください。

なければ洗浄して塗装に備えましょう。



★組み立てかた、床下機器


塗装の順番はおまかせしますが、一応私の方法を書いておきます。

洗浄して一旦プラサフを吹いたら、1両分ずつにバラしてプラサフ。

裏から光の抜け防止の黒、サフ、本番の色の順に塗装しておきます。

ブログのようにマイクロエースのを使う場合は、根本まで切り取ってキレイに平らにしてから貼り付けます。

NEC_0035.jpg

NEC_0036.jpg

NEC_0318.jpg

251-2号車のみスペース節約の関係で一部切り離してから取り付ける必要があります。


各車の貼り付ける位置は実車を参考にしてください。



そのあと表から床板ごと塗装。

コレできれいに仕上がります。

NEC_0032.jpg


NEC_0214.jpg


フィルターリアクトルとサハ251ー4号用の水タンクは、ディテールを維持&出力費用を抑えるために別パーツにしています。

プラサフを吹き終わった段階で切り離して別に組み立てて塗装しておきます。


NEC_0340.jpg

他のパーツを床板に取り付けて塗装したあと、最後に水タンクとフィルターリアクトルを取り付けます。

取り付ける位置は、フィルターリアクトルは2連エアタンクの裏にセンタリングで、水タンクは浅草寄り台車の後位にセンタリングで。

実車を参考にしてください。



★動力車

動力車はグリーンマックス動力でも鉄コレ動力でもOKです。

私と全く同じことをしたければフライス盤が必要になります。

もしアレでしたら加工を請け負いますがそこそこ高額です!


★できあがり!

NEC_0236.jpg


これで250系の250系たる所以、完全新造による当時の最新機器を搭載した姿となります!

3Dプリントならではの立体感、精密さを堪能してください。

その精密さゆえに取り扱い要注意ではありますが、完成品が出てしまったとしてもコレには勝てません!


SS151タイプ台車も公開してますので、よろしければどうぞ。




スポンサーサイト

Posted on 2017/09/22 Fri. 16:50 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武250系  改造  床下機器 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1342-4804f341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ