FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今欲しいもの、金と時間とまともな野党。

マイクロエースのNゲージ東武200系を250系に改造8:車体の加工あれこれ  

夏の高校野球は花咲徳栄高校が埼玉県勢としても初優勝で幕を下ろしました!

優勝インタビューで、誰か「花咲きました」とか言うのかなーと思っていましたけど誰も言いませんでした。

俺がチームメイトだったら主将とかに仕込んで言わせて、スベらせて空気がおかしくなったのを全部そいつに背負わせて一人で喜んでいると思います!


「花咲」なんてファンシーな名前だなぁ~と思っていたら、東武伊勢崎線のあの花崎にちなんでの名前なんですねぇ。

花咲徳栄高校は花崎駅のすぐそばにあり、今回製作しているこの250系も野球部のあの子らのすぐ横を走っているわけです。

そんな縁を感じた今日この頃。





今回は車体を加工していきます。


内容は、
・全車ナンバーを消して貼りかえ
・251-2号、パンタ増設
・251-2号、クーラー短縮
・251-3号、パンタ撤去
・251-3号、クーラー延長


です。

屋根まわりがメインですね!


まずはナンバーを消します。

サンディングで消すため塗装面にいったん傷が入るのは避けられませんが、下地を出してしまったらアウトです。


NEC_0414.jpg

水研ぎです。

後のクリアーコーティングで傷を消すために、1500番より細かいやつでないとダメ。

しかも力を入れすぎてはダメ。


NEC_0415.jpg

かなり時間をかけてキレイに消すことができました!

同じ要領で前面の復興祈念メッセージを消しました。

心苦しかったです。



★妻面

パンタ台を移設しますので、同時に妻面の加工も必要になります。


NEC_0438_20170824175124365.jpg

元208-3号浅草寄りの配管を削りました。


NEC_0447_2017082417512163f.jpg

逆にこちらは新しく取り付けられた妻面のいろいろ。

主回路配管、手動パンタ上げ紐、ハシゴ、これらはすべて3Dプリントです。


NEC_0458_20170824175122223.jpg

塗装しました。

色はジャスミンホワイト(東武公式)、市販品では存在しないので調合で作りました。

移設完了です。

NEC_0445.jpg

ツヤの感じが違いますが、これはこのあとナンバーが貼られた後のクリアー塗装で統一感を持たせます。



★パンタ台

こちらは最大の関門だと思います。

色々アイデアは練りましたが、細かいモールドの移設には一番簡単で確実な方法で行うことにしました。

「型を取って複製の要領」です。


NEC_0418.jpg

妻板と屋根の継ぎ目部分はラッカーパテを使いました。

容積がほとんどないので大丈夫と踏んだからです。

パンタ台が増設される箇所はマテリアルが食いつきやすいようにペーパーで荒らしておきます。


NEC_0394.jpg

パンタ台とランボードは今回新しく購入した光硬化パテを使うことにしました!

その名のとおり、光(可視光線)を当てるだけで固まります。

自分としては、いつだったかのフィギュアに使ったUVジェルクリヤや虫歯の治療に使われるコンポジットレジン(「CR」と歯医者は言う)のように紫外線のイメージなんですけど、無害な可視光線でいいんですって。

逆に言えば、普通の明かりのもと作業してたらどんどん固まっていってしまうし、保管にも注意をはらわないといけないということです。


NEC_0395.jpg

こちらは別の部品の試作の様子です。

下から可視光線を当てています。

カッコつけて言ってますが、ただのライトを逆さまにしているだけです。

NEC_0397_2017082418113698d.jpg

ヒケないので型を使った部品作りにも使用できます。

ただし型にダメージが…



屋根の話しに戻ります。

同じ要領でペースト状のオレンジ色のパテを型に塗り、押し付けながら光を当てます。

ニオイがいい感じで、なんだかアンメルツヨコヨコみたいなスースーした感じのニオイ!

鮮やかなオレンジ色も相まって、なんか食えそうな気になってきますけど

食べちゃダメです。


そういえば小学生の頃、同級生で化学糊を水飴のようにうまいうまい言いながら食べてるやついたけどどうなっただろう。

俺も糊を奨められて。

「こっちの糊も食べられるぜ」

食べてみたんですけど、確かにちょっと美味かったんです笑

ハマりかけましたが、じーちゃんに「お前アホか」とこっぴどく怒られて断糊しました。

じーちゃんありがとう。


NEC_0419.jpg


NEC_0420_20170824174013092.jpg

すぐに固まりました。

表面処理は仮の状態としておいて、本処理はボディ塗装のあとマスキングをしてから!


NEC_0435_2017082417401461c.jpg

逆にパンタ撤去となる元208ー3号。

ナイフでモールドを削ぎ取ったあとに、穴を埋めます。


NEC_0436_2017082420335997c.jpg

プラ棒を突っ込んで穴埋め。

プラ棒を使えば、絶対にヒケません。

こちらもやはり仮処理としておいて、屋根塗装をする直前に本処理をします。

仮処理の写真は、どっちも忘れた。


★車番インレタ


NEC_0449.jpg

車番インレタも出来あがっています!


NEC_0448_201708250103572ba.jpg

いいですね!

こちらは東武ステンレス車の車番の標準カラーのマルーンです。

私もちゃんと調べるまで普通にボディと同じ赤だと思っていましたが、取材してマルーンだとわかりました。


NEC_0045s.jpg

ほらね。


NEC_0459.jpg

ナンバーが貼られました!

これで貼れて…じゃなくて晴れて250系です!

6両分12箇所貼り終わったら、半光沢クリアーを吹いて全体の感じを整えます。

このクリアーはインレタの保護と最初の車番を削ったスリ傷を消す効果もあります。

それから車体をマスキングし、屋根の仕上げと塗装です!



★屋根


NEC_0462_20170825011018edd.jpg

ランボードをプラ板で作ってみました。

251-2号の新設パンタ配管は3Dプリントパーツと真鍮線でにぎやかに。


NEC_0440_20170824174016f4e.jpg

こちらは251-3号、元208-3号です。

パンタ台も穴もなくなりツルツルになりました!

もし少しのデコボコがあったとしても、ツヤ消し仕上げにする場合は気にしないで大丈夫です。

少しくらいのデコボコなら、ツヤが消えたらわからなくなります。


NEC_0465.jpg

塗装しました。

6両の統一性を持たせるために加工をしていない号車も塗装しました。

色は、GM9番グレーにツヤ消しブラックをそこそこ混ぜたもの。


NEC_0466.jpg

新設パンタ台まわりはこんな感じ。



これでボディが出来上がりました!



続きは次回、完成まで持って行きます。
スポンサーサイト

Posted on 2017/08/25 Fri. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武250系  改造 
tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/08/25 21:29 | edit

Re: ご存知かとは思いますが、武蔵模型工房さんで東武用の避雷器をDMMで公開していますよ。

こんばんは、コメントありがとうございます。

はい、武蔵模型工房さんの避雷器のことは知っています。
実は武蔵さんにはJNMAフェスティバルでお会いしてるしお互い認知しております。「○○系は俺がやるから出さないでね笑」とかいうやりとりもしました笑

3Dデータの請負、してますよ!
ただし、そんなに安くはないです笑
色んな条件で色々変わってきますので、よろしければ問い合わせフォームからメールください!

URL | 高橋 #-
2017/08/25 23:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1334-167e606b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ