FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

Msコレクション製の「標準型木造駅舎」を作ろう3  

外壁を立てる前にベースには電飾の電源用の穴を開けておきます。

場所は悩みました。

ガラスが多いので外から見たら死角になるところがほぼないのです。

2017071101150002.jpg


最終的には宿直室の前室の壁の角にしました。

結果は次回以降です。



順序としては外壁を立てて建物の形にすることになってます。

外壁は空中で組むような感じに書いていますが、ベースにハマらないとイヤなのでベースにハメて壁どうしを接着しました。


2017070501130000.jpg

案の定、隙間が開いたりしています。

空中で組んでいたら、ベースにはうまくハマらなかったことでしょう。

ベースのハメコミ溝、遊びが全然ありませんでしたの。

この隙間は角になるパーツで塞がれます。

この時点ではまだ建家はベースに接着しないとありますが、説明書に不備があるようで接着の指示はどこにも出てきません。

中の壁をベースに接着する段階で建家はベースに固定していいと思います。


2017071109560001.jpg

重石を乗せてしっかりとベースに接着。


2017063001390000.jpg

屋内の壁は外壁と違い1枚でできています。

この壁も色が気に入らなくて塗装してしまいました。

2017070315440000.jpg


使用したのは主にマホガニーとSTカラーです。


2017070322560000.jpg

中の壁にはこのようなアクリルパーツの出札がつきます。


2017070323370000.jpg


へんな光のとおり方をされたらイヤなので、周囲をしっかり遮光して取り付けました。

2017070517070000.jpg

いいですね!

2017071116170000.jpg

こちらの壁で待合室と駅務室を仕切っています。

2017071116170002.jpg


事務室側の更に奥にある空間は宿直室。

四畳半の畳敷き!

昭和を感じさせます。

ちゃぶ台と観音開きのテレビを置きたいですね!


外から実際の目線で覗いてみましょう。


2017071116180000.jpg

いいですねぇ!

内装がしっかり作られているといいですね!

特にガラスが室内でもちゃんと表現されているのがいいですね!

ガラスの向こうの向こう、何があるんだろう…とか想像力をかき立てられます!

ライトも仕込むので、これからしっかり作りこんでいきましょう。


次回は外装をやっていきましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2017/07/17 Mon. 17:00 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Msコレクション  標準型木造駅舎 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1322-2bc2eb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ