FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

アクラスHOゲージJR205系横浜線H27編成を作ろう14:電装装置とか  

★電装装置

ライト基盤を仕上げます。


2017060312580000.jpg

こちらが先頭車用のDCCデコーダーTF4です。

動力用と比べて扱う電力が低いためか、動力用のDH126よりふたまわりくらい小さいです。

そのわりにファンクションが4系統もあり、色々な遊び方が出来るようになっています。

今回はこのうち3系統使用。


2017060303190001.jpg

回路は、DCCデコーダの説明図通りに配線します。

と言ってもKATOが販売しているTF4には説明図はついておらず、海外のウェブサイトを参照しました。

KATOもただ輸入販売するだけでなくこの辺もきちんとすればDCCの敷居も下がるのになと思います。


★DCCコントローラー登場

基盤をケースに仕込む前に仮組みの状態でDCCデコーダーと繋いで試験です。


2017060315030000.jpg

じゃん。

こちらはクライアント所有のDCCコントローラー、ドイツはESU(エズーと読む、発音はラピュタのパズーみたいに上げるそうです)製ECoS(ESU COMMAND STATION)です。

なんとGUI!(Graphical-User-Interface)

鉄道模型もここまで来たか!

超ハイテク!

さすがドイツ製!

10万円だそうです。

ひええ!

でも、GUIを生かしたグラフィカルなエディットが可能で、とても操作がしやすいです。

たとえばアドレスを登録するときに機関車のイラストを割り当てたりできます。

オンラインからこのグラフィックはDLできるらしく、日本国鉄形機関車や205系もあるみたいです。

プリセットではやはりヨーロッパ形ばっかりです。


さて、この最先端コントローラーを使って検証をしていきます。

先頭車は形になっていませんので、中間車だけと先頭車電装部分だけで分けて検証です。


2017060315170000.jpg

スイッチを入れたら高橋スペシャル室内灯が煌々と光りました!

常時17V、最大22Vと聞いていた線路電圧はアナログ指針で最大15.7V、平均15.2V。

もちろんこの電圧でも高橋スペシャル室内灯は問題なく点灯します。

2017060316470001.jpg


カントレールを使用した2時間ぶっ通しの走行試験では一度も脱線することもなく、懸念されていた発熱もプラ車体は「ほのかに温かい」程度。

合格です!


2017060315440000.jpg

ファンクションを持つ先頭車(の基盤)のテストはもっと楽しいです。

ライトのONOFFを走行状態に関係なく個別に操作できます。

すなわち、ヘッドライトとテールライトを同時に点灯させられます!


2017060315450000.jpg

すごい!

入れ換えごっこもできますね!


このテストを以てわかったことを配線にも生かします。

残りの2本もファンクション、この片方を乗務員室の照明に使います。

1本は余ってしまいます。


★顔組み立て

仕上げに向かいます。

運転台のベースカラーは京阪ライトグリーン、運転台まわりは帯に使ったグリーン。

計器の色差しもしっかり。


2017060901480000.jpg

全て取り付け終わったら顔とボディを合体させますが、DCCデコーダーはボディ側に置くため配線を取り回しながらの取り付けです。



★乗務員室仕切りと配線取り回し、顔取り付け


ヘッドライト・テールライトへの給電は細いエナメルワイヤーを使います。

ワイヤーは乗務員室仕切りを通して天井へいき、天井付近に取り付けるターミナルでDCCデコーダーと繋ぎます。


2017061117540001.jpg

こちらは乗務員室照明です!

1608チップLEDを2つ繋いでつくりました。

予め塗装をしておいたプラチャンネル材で隠し、配線だけは裏に回しておきます。



ここで前面を取り付け。


2017061217240000.jpg


長いことカオナシだったH27編成、ついに顔がつきました!



★DCC配線取り回し

乗務員室仕切りの中を通って上にワイヤーを通していきます。


2017061221070001.jpg

壁を通してここまで配線を持ってきました。


2017061221470000.jpg

基盤を使って短絡などが起こらないようにします。

ここには4系統の電気が通ります。

+母線、-ファンクションが3つ(ヘッドライト、テールライト、乗務員室照明灯)が集中しますので、短絡でもしたらメチャクチャです。


2017061300350000.jpg

プラ車体とは密着しないように取り付け、高橋スペシャル室内灯のアルミに熱が逃げるようにしておきます。

先ほどのテストで発熱状況を確認した結果たいした発熱はしないことがわかっていますが、念のため。

電源は室内灯の給電プレートから引きます。


2017061300420001.jpg

これで電装関係は完了です!


2017060514220000.jpg


2017061220420000.jpg

最後にエコーモデルの「乗務員椅子」を取り付けます。

壁からの位置調整はプラ棒です。

2017061421270000.jpg



これで乗務員室は完成となります!


次回は細かいパーツを取り付けて完成まで持っていきましょう!
スポンサーサイト



Posted on 2017/06/23 Fri. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  アクラス  JR205系  横浜線  H27編成  DCC 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1313-c24d5246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ