FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

東急9000系の床下機器を作ろう2~到着、取り付け~  

注文した床下機器が到着しました!


2016112315570002.jpg

おお~

よさそうですね!

洗浄したので、さっそくプラサフを吹いて見てましょう!


2016112316420002.jpg

おお~

いいですねぇ!

さっそく塗装しましょう!


2016112318160000.jpg

せっかくいいですねぇ~なのに、黒くなったら写真ではよくわからなくなります。

だから良さが伝わらなくて東急の床下機器は売れないんだ全然。

きっとそうだ。


★グリーンマックス床下機器と比較

今回初めて「製品化されている床下機器」を設計しました。

せっかくなので、取り付ける前に2つを並べて検証してみましょう。


2016112413480000.jpg

VVVF装置側。

私の設計は基本的に対模型でファインスケールです。

つまり本物に忠実にしています。

グリーンマックスが本物に忠実でないのは、おそらく走行性能や扱いやすさを考慮してのこと。

台車は首を降らないといけないし、勾配区間やなんかで簡単に腹を擦るようなことになってはいけません。

「これくらい開けとけば大丈夫だろう…」と、必要もないのにスケールダウンさせてしまったんだと思います。

私の場合は見た目も損なってほしくないので、腹を擦る覚悟で本物に忠実にサイズを決めました。

ですので、グリーンマックスの床下機器とサイズは合いません。


☆断流器側
2016112413490000.jpg

こちらも長さに大きく差が出ています。

2016112413500000.jpg

こうして見ると、グリーンマックスは全体的に縮小されています。

機器の縦横比率を変えてしまうと変になってしまいますから、機器ごとに拡大縮小してうまいことデフォルメした結果ですね!

すみ車製とグリーンマックス製の違いは、モチーフは同じでコンセプトの違う2品ということです。

ちなみに、ディティールのシャープさはグリーンマックスには敵いません…

2016112413530000.jpg

でも、ココは3Dプリントには勝てないはずです!


★取り付け

検証も終わったので取り付けましょう。


2016112411090000.jpg

ベースは0.4mmで、車体の裾に隠れます。

今回使用する床板は旧仕様なので若干勝手が違いますが、基本的には溝をプラ棒で埋めて平坦にしてからゴム系接着剤で固定です。


2016112414520000.jpg

M車は左右に渡るパーツ(フィルタリアクトル)がありますので、左右でバランスを見て取り付けなければなりません。

この実験台9014編成は、グリーンマックスが一番最初に東急9000系をリリースしたときの製品がベースですので、今日に多く流通しているTR200床板のものとは若干仕上がりが違います。(設計はTR200基準)

若干車高が高く、機器も想定より浮いてしまっています。


2016112416520000.jpg

一番の大物のVVVF装置。

ヒートシンクの立体感は3Dプリンターの成せる技です。

グリーンマックスの床下機器と並べたら、その重厚感がわかりやすいです。


2016112416540000.jpg

グレードアップしたブレーキ制御装置。

この9000系のブレーキ制御装置コックユニットの周辺には3つのエアタンクがありますのでバッチリ表現しました!

黒くて見えにくいけど。


2016112416500000.jpg

東横線のATC-P装置。

ズレた感じの点検蓋が特徴的です。


2016112416560001.jpg

何度も登場のHS-20形コンプレッサ。

相変わらず精密な出来です!

右隣にあるのが3次車以降のコンプレッサー起動装置です。


2016112414410000.jpg

クハ9000。

これで東横線先頭車の役目を果たせます!

空気も作って電気も貯めて。

写真の奥が顔側です!


2016112414420001.jpg

デハ9200。

全部載せのM車です!

この重厚感!

デデンと鎮座するVVVF装置がそう見せていると思います!


2016112414440001.jpg

サハ9700。

ブレーキ関連の機器が目立つだけで、あとは何も載っていません!

このスカスカ感もある意味9000系のサハの特徴とも言えます。

2016112414460000.jpg

反対側にいたってはこんな感じです。

たった1個だけです。

たった1個。


2016112414430000.jpg

サハ9800。

コンプレッサ関連の機器が載っていますので、サハと言えどサハ9700のようなスカスカ感はありません。


★動力車…

もちろん動力車用も用意されていますが、前回の記事でお伝えしたように高校生の頃の改造となっておりKATO動力を使用しています。

KATOの動力には対応していないので、一旦保留扱いとします。

2016112420400000.jpg

というわけで動力車以外は東横線9000系になりました!

☆気に入ってる写真
2016112416570000.jpg


細かい手直しをしたらこれもDMMに公開いたします!

大井町線のやつは、近々始まる大井町線9000系の製作記でご紹介します。

公開はそのあとにすると思います。
スポンサーサイト



Posted on 2016/11/24 Thu. 17:30 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急9000系  グリーンマックス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1229-2a7bed78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ