FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

トミックスのウエスタンリバー鉄道Nゲージをミシシッピ号に大改造8:機関車パーツ組み  

※公開順番を間違えたので差し替えました


いよいよ3Dプリント品を使って機関車の組み立てです!


2016091815410000.jpg

ランナーを切り離し、瞬間接着剤で一つにします。

ドームと煙突のランナーがやたら長いのは、こいつをミニリューターにかまして旋盤のようにして仕上げようという目論みがあるからです。


2016091815420000.jpg

サンディングも楽々。

仕上がりもキレイです!


2016092018230000.jpg

ボイラーのほうは、既設のドーム2つを撤去し付け根を削り高さを合わせます。

キレイに平らにしないと隙間が出来すぎてしまいます。


2016092021550000.jpg

取り付けは瞬間接着剤!

裏からはエポキシ接着剤を塗って補強しときましょう。

2016092818260002.jpg

パテを使って継ぎ目を消して表面を滑らかに仕上げます。

これで塗装をすれば1つに見えます。



★キャブ

キャブ側面板は少々ヤッカイ。

キャブは箱になっていてこれ以上分解できません。

前面と屋根を残して側面だけ切り離すしかありませんが、周りをキズつけてはなりません。


2016092101230000.jpg

仮組みで私の設計の正確さと3Dプリンターの性能の高さを実感。

2016092101230001.jpg


そして恒例のニヤニヤ。

早く色を塗りたいなぁ。


2016092301360000.jpg

整形痕をサンディングで均したら、キャブを本組み。

隙間ができるところはパテで埋めて継ぎ目を消します。

できるだけ他の3本と同じ仕様にするのです。

取り付けには瞬間接着剤を使用します。


2016092914540000.jpg

全体にサフを吹き、下地を整えます。

2016092914560000.jpg

ところで、スチームドームの上にあったボイラー安全弁は、位置が間違っていたので直すために一時的に撤去。



★ダイキャスト


2016091816180000.jpg

ダイキャストのほうは、ヘッドライト用の爪、煙突、ドームの内側にくる突起を撤去。

ドームの内側にあった突起の存在理由は、たぶん重量化だと思います。

機関車の重量は牽引力に関係しますので。

でも、今回は撤去。

そんなに長大編成を組む想定をしていないし、納品先のゆうゆう鉄道には勾配がほとんどありませんので問題ないと踏んでいます。

動輪2軸ともトラクションタイヤ装備ですしね!


2016092022370000.jpg

うわあああ。

なんだかグロいです!

このダイキャストも一部塗装しますので分解し洗浄しておきます。



下準備ができたら、いよいよ塗装です!
スポンサーサイト



Posted on 2016/10/12 Wed. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: ウエスタンリバー鉄道  Nゲージ  ミシシッピ号  改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1215-7b73bb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ