FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

鉄コレ阪急新1000系を大改造13:1300編成ー4  

2016062817100001.jpg

到着した床下機器を取り付けます!

実車は車体サイズの違いなどがありますが、それを省略している今回の改造ではこの床下機器こそが1300系を表現するものです。

抜かりなく取りかかりましょう。

まずは洗浄してプラサフを吹きます。


2016070101530000.jpg

おお~

想定どおりの素晴らしい出来です!

光の抜けを防ぐブラックを裏に一度吹き、その上から本番のグレーを吹きます。


さっそく取り付けましょう。

取り付け方法は、接着剤で貼るだけです。

線路方向の位置合わせはだいたいセンタリングですが、資料を見ながら微調整。

特にM1車はフィルターリアクトルで両サイドが相関関係にあります。


2016063023310000.jpg

たった1つだけ別パーツになっているのはそのフィルターリアクトルです。

雨避けと位置関係を確認しながら進めます。


2016070109200000.jpg

奥行き感のあるリアルな仕上がりになりました!

それ以外は普通に貼り付けるだけで簡単です。

2016070109140000.jpg


これで1300系になりました!

じっくり見ていきましょう。


2016070109170000.jpg

VVVF装置。

メッシュも6面きちんと再現されていていい感じです!

メッシュ部分にはシルバーで色挿ししました。


2016070109180000.jpg

主回路補機です。

雨避けの奥に断流器とフィルターリアクトルがある特殊な配置の主回路補機類。

2016070312480000.jpg


立体的で実感的ないい出来です!


2016070109150000.jpg

SC89にクリソツなSIV。

ヒートシンクのメッシュはわざと奥めに設け、そこにシルバーで色を差し実感的になるようにしました!


2016070109250001.jpg

ブレーキ制御装置コックユニットも1000系同様リアルな出来です!

2016070109270000.jpg

裏から見ればチリコシがバッチリ見えます。

A台車とB台車でちゃんとチリコシの位置を変えています。


2016070109280000.jpg

動力1850号用はトレーラーM1の1800号と違いとても平面的です。

2016070109280002.jpg


でもうまくデフォルメできたと思います。


2016070109300000.jpg

TとTcは1000系とほぼ一緒です。


いいですね!


2016070312100000.jpg

最後に細かいパーツを取り付けて調整。

1000系2本と同様コンソールと仕切りもつけました。

2016070312310000.jpg

ヘッドマークはKATOのクイックヘッドマークと同じように着脱可能!

2パターンの表情を楽しめるようにしました。

2016070312260000.jpg

1300系完成です!

2016070312360000.jpg



次回、1000系・1300系総括として最終回です!
スポンサーサイト



Posted on 2016/07/03 Sun. 13:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄コレ  阪急新1000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 1

コメント

お願いします

鉄コレの阪急1000系を持っています。ブログの中にある床下器具とライト付きの先頭車をタムタムサンシャインワーフ神戸店で売って下さい。5000円ぐらいでもいいので。

URL | 阪急1000系大好き男 #3un.pJ2M
2017/03/02 00:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1179-7d290d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ