FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

東急9000系の床下機器をつくろう1~設計編~  

祝!1200回!


先日出来上がった東急1000系の床下機器を見た方から熱望され、9000系の床下機器を作ることになりました。

ブレーキ制御装置など1000系や2000系と似た機器を搭載しているのでいくらか楽に作れるだろうとそそのかされて手を出すことになってしまいました。


9000系のM1車はグリーンマックスで発売されていますが、サイズが少し小さく全体的に平べったく立体感に乏しい。

ブレーキ制御装置の配管は再現しきれていないし、新しく設計する価値はあると思います。

今回は東横線時代の8両編成を再現します。

抜かりなくやっていきましょう。




完成品鉄道模型では初心者に合わせる必要があるため仕方なく高さを削る場合がありますが、今回作るものは上級者向けのファインスケールでいきます。

登り勾配の出口と下り勾配の入口ではだいぶスレスレになると思います。

その代わり重厚感溢れるモデルになると思います!


★東急2000系のデータから流用

Tokyu2000→9000-1

あの顔の東急車はいくらか共通の機器がありますので、2000系のデータを呼び出して作り変える戦法です。

とりあえず、絶対に9000系には使われていないと確信の持てるものを撤去。

ここからは新規に設計したり、似たものを少しずつ変えながら仕上げていきます。


★VVVF装置

Tokyu2000→9000-3-VVVF


新規設計第一弾はやはりVVVF装置。

日立製初期GTOと括られるグループのVF-HR107です。

まだ素子が小型化できておらず、とってもデカイ図体をしていますが1C4Mです。

大井町線5両では3機、東横線8両では4機も搭載。

9000系を象徴する機器。

イイ音がでます。

私が一番好きな音だったりします。

よく等々力のスリーエフの前で眺めていました!

同じ形のものはJR四国7000系や相鉄7000系にも載っています。



★フィルターリアクトル

Tokyu2000→9000-FilterReactor

今日のでっかいものに比べたら幾分コンパクトで、縦置きMGとも見まがいます。

VVVF装置の出力が小さいですからこれくらいで済むのでしょう。


★SIV

Tokyu2000→9000-4-SIV

D.C.1500Vから3P・A.C.440Vを作り出す装置です。

走るためのD.C.1500V以外の電気は全てコイツを経由して供給されますので、こいつがないと何もできません。

D.C.1500Vをコントロールするのもこいつを経由して、さらに変圧された電気を使いますので。

あまり作り変えもしていないのにわざわざピックアップした意味は…

特にありません。



★整流装置
Tokyu2000→9000-5-Rectifier

D.C.100V、D.C.24Vに変換するための装置です。

先述のD.C.1500Vをコントロールするための電気はコイツが作りだします。

これは2次車以降仕様です。


★エアーコックユニット

Tokyu2000→9000-AirTanks-Ad

元をたどれば1000系から使用しているこのコックユニットも、少しずつ進化させてきました。

じっくり見られる角度から撮られた資料により、2つのタンクの間に「保安」と書かれたタンクがあることが判明し、再現しました。

パイプもちょっと複雑に。


★蓄電池

先述のD.C.100VやD.C.24は、朝の起動時や停電時にも電気が使えるようにバッテリーに蓄えておきます。

両先頭とサハ1両の計3両に搭載されますが、先頭のものは100Vと24V、サハのものは100Vのみという違いが銘板の有無で判別できます。

それもキッチリ再現しました笑

Tokyu2000→9000-6-Battery-A

↑銘板2枚。

こちらは両先頭に搭載。

Tokyu2000→9000-7-Battery-B

↑銘板1枚。

こちらはT1サハ9800形に搭載。


★圧縮機起動装置

資料が混在して一瞬混乱させられたのがこのCP起動装置。

Tokyu2000→9000-CP-Cont


2次車までと3次車以降で形態が違います。

上のは3次車以降。

Tokyu2000→9000-CP-Cont1st

こちらは2次車まで。

3次車以降で小型化されたのがわかります。

混乱に乗じてできてしまった2つの起動装置。

せっかくなので、床下機器セットも2次車と3次車の2つを作ることにしました!

5mmにも満たないこの機器の違いだけでデータを2つも用意するなんて…

こうなったら1次車も作ってしまいましょうか笑

リクエストが万が一来たら作りますわ笑



ある程度できてきたのでそろそろ並べましょう。

★M車

Tokyu2000→9000-M1A

Tokyu2000→9000-M1B

実はこのM1車用床下機器はGMから発売されているのです。

何の違いがあるんだ…高くつくだけじゃないかと思われがちですが、立体感・重量感・精密さで言えば負けないと思います。

コックユニットとVVVF装置のヒートシンクの側面のメッシュは3Dプリンターでないと再現不能ですから。


★M2車?

Tokyu2000→9000-M0


東急9000系にはいわゆるM2車という概念は存在しません。

M車はすべてパンタとVVVF装置を積んでいるからです。

その代わりM0というものがあり、こちらは他のM車には積んでいるSIVを積んでいないという違いがあります。

8両にSIV4基はさすがにオーバースペックということでしょう。

同じ8両の日比谷線20050系なんかは2基で済んでいますし。

ちなみにM2車に搭載されることが多い空気圧縮機はサハとクハに搭載されています。


★サハ

サハもT1とT2の2パターンあります。

T1の9800形にはコンプレッサと空気関連の機器、蓄電池と整流装置が載り、T2の9700形には補機類は載りません。

コンプレッサは交流駆動HS20です。

Tokyu2000→9000-T

こちらはT1。

Tokyu2000→9000-T-2

こちらはT2。

ほとんど何も積まれていません!



★クハ

クハには両方ともコンプレッサと空気関連の機器と蓄電池が載りますので、JRのクハみたいなスカスカ感はないです。

蓄電池とセットになっている整流装置も載ります。

蓄電池はサハのものとは(見た目は)ほんのわずかに違いますが、それもちゃんと再現しています。

また先頭といえば保安装置です。

東横線を8両でバリバリ走っていた2002年頃の保安装置をつけました。


Tokyu2000→9000-KANSEI

できました!

DMM値上げに伴い、今回は奥行きパーツは廃しました。



★大井町線

「東急9000系を作っている」と言ったら大井町線の5両バージョンも作ってくれと泣き付かれたので、作ることにしました。

大井町線の床下機器を作っていたら9000系の縮小組成がいかにしやすかったかがわかります。

中間車を抜くだけで組成でき、機器の載せかえはしないで済みます。

電動車は1C4MでSIVも載っていて、両先頭にエアー関連と蓄電池と、言うまでもなく保安装置。

これで機能が揃うのです。


とはいえ、ちゃんと細部も調査して間違いがないように注意します。

見逃してしまいそうな、ブレーキ制御装置とエアクーラーの間にある細長い箱もちゃんと再現。

クライアント曰くその細長い箱が九品仏駅のドアカットに関連する装置ではないかとのこと。


Tokyu2000→9000-OOIMACHI-ATC

大井町線ATC装置は新規設計してやりました!

点検窓があるタイプのものです。


Tokyu2000→9000-OOIMACHI-ITE

情報電送装置も新規設計してやりました!

先頭台車の次位に搭載されているため、顔を撮影するときに写りこむ可能性がとても高い機器です!

ATC装置と合わせて、先頭車は床下機器を見るだけで東横線か大井町線かを判別することができるようになりました!

しかし両先頭につくわけではなく、なぜか大井町方の先頭にのみ搭載されます。


Tokyu2000→9000-OOIMACHI-Kansei-3rd


できあがりました!

DMM値上げに伴いオマケパーツも削減。



何本か作成依頼はありますが、東横線も大井町線もまずは3次車以降のものを1本ずつ注文しましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2016/11/12 Sat. 15:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急9000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1168-89d4e7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ