FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。偉大な日本をもう一度。

出品!阪急新1000系&1300系風床下機器!  

【2021.03.10改定】

※DMMでのアクリルUltraMode延長決定に伴い、再開しました。どうしてもXtremeModeがいいという方は対応できますが、DMMのUltraModeに比べ5~7倍くらい高くなります。


先日完成した鉄コレ阪急新1000系&1300系に使った床下機器をおすそわけいたします。

「風」と称しているのは…お察しください。



PCの性能が上がったため8両分すべて詰めることができました!


★どんなものよ

3Dプリントの特性を生かしたリアルで精密な部品です。


2016050315390000.jpg

VVVF装置は5面にメッシュの表現があります。

金型から抜かなくてはならない市販量産形品では不可能です。


2016050316000001.jpg

ブレーキ制御装置コックユニットの入りくんだパイピングやステーの表現は市販量産品では絶対に無理。

3Dプリントでしか表現できないものです。


床下機器の配置は図面を参考にほぼ完璧に再現しています。

Nゲージの特性を鑑みていくらかはデフォルメしていますが、それでもほとんど本物と同じです。



★注意!★

鉄コレベースに図面を書いていますので、グリーンマックスやポポンデッタ製品では若干不具合が出る可能性があります。

念のため問題になりそうな寸法を記しますので、各自でご判断ください。


※1000系、1300系共通

・床板部幅…14.9mm想定。これ以上あれば組めますが、大きすぎると一部ガバガバになります。(1300系のフィルタリアクトル)

・一番長いレール方向寸法…61mm、台車間内側距離

グリーンマックスはなんちゃって19mなので床下機器のほうが若干長く、そのままつけたら台車がほとんど首を振りません。

機器と機器の間を少し詰めるなどして取り付ける必要があります。


・台車に一番近い箱の奥行き寸法…床板の縁から3.8mm

グリーンマックス取り付ける場合、これも奥行きを削る必要があるかも。


・動力用の厚み…床板の縁から2.5mm、車体中央部のみ…1mm、長さ23.5mm

コアレスモーターなら大丈夫です。

先述の長さの問題だけです。


※コックユニット

取り付け寸法…横(レール方向)寸法4.7mm、奥行き(枕木方向)寸法3.6mm




★参考記事

1000系床下機器の回

1300系床下機器の回



★購入する

下のリンクからDMMの出力サービスからご注文ください。

クレジットカードが無い方は「ポイントで購入」から進んでください。

コンビニ決済でDMMポイントに振り替え、そのポイントで購入することができます。


普通のオンライン購入の要領でOKです。

☆1000系
1000-SETSUMEI.jpg


☆1000系図面、クリックしてね
Hankyu-N1000-Yukashita-SETSUMEI.png

1000系用注文ページ



☆1300系
1300-SAMPLE.jpg

☆1300系図面、クリックしてね
Hankyu-N1300-Yukashita-SETUMEI.png

1300系用注文ページ



☆新規公開!コックユニットだけ!
Cockunit-Rei.jpg

CockUnit-Setumei.jpg


コックユニットだけ8両+αセット注文ページ

この間、ポポンデッタやグリーンマックスから1000系が発売され、それらは床下機器もちゃんと再現されているので、オレのの床下機器の役割も終わりかな…と思ったら、コックユニットだけを使用しておられるかたがいらっしゃったので、そんな需要にこたえる形で製作しました。

ちゃんと奥まであるのが8両分、そして動力車に使えるように薄くなっているのが1両分入っております。

(動力用は、奥行き寸法が床板縁から1.8mm、のりしろは2.2mmとってます)

台座やランナーは0.5mmや0.7mmなどキリのいい寸法なので、高さ調整などに使えます。

エコです!


素材・造形法はアクリルUltraModeのみとなります。

成形跡などの3Dプリントの特性をご理解ください。

どうしてもXtremeModeがいいという方は、問い合わせフォームから連絡をいただければ対応できます。

ただし、UltraModeの5倍~7倍お金がかかってしまいます。



★手元に届いたら

パーツの造形不良や損傷がないか確認してください。

もしあったらDMMに相談してください。



★塗装など

何もなければ洗浄してプライマーを吹きます。

サーフェーサーの入ったタイプがオススメです。

半透明だったパーツもこれで全容が明らかになりますので、3Dプリントだからできる微細な表現を実感してください。

その細かい表現の箇所はとてもデリケートです。

ブレーキ制御装置コックユニットは取り扱い要注意!


2016050315530000.jpg

阪急は床下機器はグレーです。

私はMr.カラーのNo.337グレイッシュブルーを使いました。



★組み立て

どれがどの号車かは図面を参照してください。

調整が面倒だったので取り付けリブはありません。

枕木方向の位置合わせは床板とボディの境目に、位置合わせ用の出っぱりを合わせてください。


2016071118400000DEPPARI.jpg



レール方向の位置合わせはだいたいセンタリングでOKですが、先頭車だけは連結面側に寄っています。

写真やなんかを参考にしてください。

適当に位置合わせをしてしまうとブレーキ制御装置が台車に当たります。

接着にはゴム系接着剤などを使用します。

1300系の1800号のフィルタリアクトルは2分割されていますので、挟み込むように取り付けてください。



★動力車

鉄コレ動力でもグリーンマックス動力でもいけるような薄さにしてあります。

プラ板などで調整して取り付けてください。



★オマケパーツ

コンソールが入っています。

お役立てください。



★完成

この床下機器をつければ新1000系&新1300系は「ナンチャッテ」ではなくなります。

特徴的なVVVFやコックユニット、フィルターリアクトルなどを眺めてニヤニヤしてください。

それで私は幸せです。
スポンサーサイト



Posted on 2016/07/11 Mon. 19:20 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄コレ  阪急新1000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1166-9b161640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ