FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

鉄コレ阪急新1000系を大改造2:床下機器設計  

最初は、品物ができるまで時間のかかる床下機器の設計から始めます。


Hankyu-N1000-VVVF1.png

東急1000系も2000系も田の字抵抗器も、すべてはスケッチから始まります。

正確な寸法なんてわかりませんので対比や見た感じのバランスで描いていきました。

誤解を恐れずに言うと、お絵かき感覚です。

Hankyu-N1000-VVVF2.png


一番の大物、VVVF装置です。

メッシュがNゲージサイズのため、なんとなく印象が違います。

モーターに送る電気をコントロールする装置で、こいつがないと走ることができません。


この調子でどんどん描いていきます。


Hankyu-N1000-FilterReactor.png

下手すればVVVF装置より存在感のあるフィルターリアクトル。

面をかぶっているようですね!

VVVF装置から出る高周波ノイズを除去するためのもので、正体はでっかいコイルです。

こいつがないと信号装置を狂わせ、衝突なんて事になりかねません。


Hankyu-N1000-MP-Contactor.png

断流器。

断流器と聞いて連想するフィンがないので一見すると断流器には見えません。

ただの箱です。

12個ついてる小さな四角は本当はダクトのようになっていて、アークを逃がそうと思えば逃がせるようになっています。


こいつはVVVF装置に送る電気をONOFFする、スイッチのようなものです。


Hankyu-N1000-BrakeControlUnit.png

部品としては小さいけど3Dプリントの利点を最大限生かすことのできるブレーキ制御装置とコックユニット。

1両に2つもあるので見ごたえもたっぷり。

後ろのほうにあるチリコシの配置がA台車用とB台車用とで違うのですが、その違いまで再現する徹底ぶり笑

さらに、コックについている銘板も号車によって一番上のがあったりなかったりするのでその差まで再現!


Hankyu-N1000-SIV.png

VVVF装置に迫る大きさのSIV装置。

あまり特徴はありませんが、その巨体ゆえに存在感はあります。

資料によると本物は1210kgもあるそうです。


こいつがないと空調も放送も車内の明かりもつきません。

直流1500Vから交流100Vなどを作っているのです。


Hankyu-N1000-AirCompressor.png

悲しいことにコンプレッサは箱の中に収められてしまいました…

こんなただの箱…

嗚呼コンプレッサ

コンプレッサ

コンプレッサ

コンプレッサ

コンプレッサァァァ


機械だなーという感じがムンムンのコンプレッサが露出していない床下機器はつまんない!

私は機械好きなのです。


ブレーキなどに使う圧縮空気を作る装置。

駅とかでズドドドドドドと言ってるのはたいていコレです。


Hankyu-N1000-JunctionBoxA.png

先頭車には保安関係の機器。

かと思いきや図面には配電箱と表記されています。


Hankyu-N1000-KASOUSHATAI.png

モニタ装置と(たぶん)MR圧力計。

ただの箱にございます。

逆さまになっているのは先ほどのブレーキ制御装置と配電箱。


Hankyu-N1000-Battery.png

蓄電池。

箱です。


Hankyu-N1000-JunctionBoxB.png

さっきのとは違う配電箱。

箱です。



まぁ

箱箱箱とは言いますが、わかる人が見ればN1000系の特徴が各号車にあるし、いいのかなと思います。


Hankyu-N1000-DEKITA.png

ぱそこんの性能が上がったので8両分を1つのセットにできました!

オプショナルパーツもたくさんつけて、さっそく注文しましょう!



到着は3週間後くらいかと思います。
スポンサーサイト



Posted on 2016/05/06 Fri. 17:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄コレ  阪急新1000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 2

コメント

乗っていて。
音聞こえません。
8000系のインバータ音には驚きましたが。
無いことのほうが違和感です。
ノッチのオンオフがわからない。
身勝手なものです。笑

模型そのものは、丸みが少し足りない感じですけれど。
正直、中途半端な売り方をして阪急は価値下げてると思いますわ。
買わなきゃ吟味もできないし。
吟味してから買えないという。難しいものです。
新1000系は1ヶ月ほどは買えたので、まだましか。
ところで、屋根車端部の堰のようになっているところ、当て傷多いので注意です。
整形するしかないですが。

URL | Mu. #-
2016/05/07 03:37 | edit

Re: タイトルなし

こんばんは。遅くなってしまい申し訳ありません。

鉄コレは制作費が安く済むので製品価格を下げ、ちゃんと編成にしたい人には余剰車両が出ようがたくさん買ってもらって1つにかかるロイヤリティーをたくさん回収して…という図式が出来上がっているように感じます。確かに価格が下がることで入り口が広くなるので新規層の開拓にはちょうどいい売り方だと思いますが、ハイエンドユーザーには受けませんね笑。ライトやしっかりした動力、忠実な床下機器などを望む人はウチみたいにところに持っていくと思うのですが、価格の安さは量産品には及びませんのでかわいそうだと思います。
昨年の5100系(でしたっけ)も私のところに持ってきたそうにしている方がいます。かわいそうです。ですので、せっかく来たものに関しては市販品以上の性能を目指して作ってあげることにしています!

おっと、話がそれましたね。

いまウチには3本分24両いますが、幸いアイボリーのとこのキズや凹みはちょっとしかありませんでしたよ。たしかに傷がつきそうな感じです。パートのおばちゃんは、そんなに丁寧に触ってないでしょうしね笑
その代わりまるーん部分のボディにキズやデコボコが散見されて参りました。ツヤツヤにするのにデコボコはイヤですので全部研いてやります!

URL | 高橋 #-
2016/05/18 01:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1147-0b131490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ