FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造9:床板側の加工  

ボディを載せるための床板側の加工をしましょう。



T13編成でも行った乗務員室の壁のほかに、余剰となっているモーター車の電装解除なんてのがあります。


2016021117130000.jpg

電装解除されるモハ484形。

電装解除なんて大人っぽい言い方をしていますが、簡単に言えばモーターを取ってしまってT車化するということ。

プラの6両編成にモーター車は2両もいらないとの事です。

もらいものの485系だったとのことで、色々混じってしまったようです。


2016021117130002.jpg

HOゲージは走行装置を簡単に隠せますのでパッと見た感じではモーター車は分かりにくいですが、裏返したら一目瞭然。

2016021117150000.jpg


基本的な構造はNゲージと一緒。

モーターからユニバーサルジョイントを介してプロペラシャフト、ウォームギヤ、台車内でギヤを1枚介して動輪に伝わります。

トミックスNゲージと違うのは、ウォームギヤも台車側についているということでしょうか。

ウォームギヤと平歯車の当たりかたが常に一定になるので、たぶんこちらのほうが機械効率はいいハズです。

カトーNゲージはこの方式です。


平歯車からウォームギヤには模型では動力は伝えられませんので押しても動きません。

2016021117220000.jpg

このままではモーターだけを取ってもウォームギヤ機構で車輪が回りません。

そこでセカンドギヤを撤去することでこの問題を解決。

2016021117250000.jpg

これが一番手っ取り早く安全です。



床板のほうは、プロペラシャフトとモーターを撤去。


2016021117310000.jpg

この写真でわかりますが、動力車の床下機器の中にウエイトが積まれていますね。

HOならではというべきか。

このウエイトはそのままにしておきました。


楽園鉄道(RMモデルス248、4月号に掲載!)で電装解除走行試験を実施し良好。

これで電装解除は完了。



次の加工は乗務員室の製作です。


2016030117570000.jpg

イスを2列撤去し、プラ板で壁を作ります。

2016030118310000.jpg

2016030123150000.jpg

光の抜けを防ぐためにブラックを塗ってからアイボリーに塗装。

2016030315520000.jpg

これで壁ができました。

こうすれば窓を覗いたときにインチキくさくありません。

予算があれば3Dプリントで室内の再現をしようかと思いましたが、ないのでやめておきました。


2016030318240000.jpg

いいですね!



次は組み立てです!
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/30 Wed. 17:30 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1127-cde0e6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ