FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造5:中間車ボデーの加工  

今回は中間車のボデーです。



中間車の加工はT13編成と似たような内容とはいえ、なかなかハードなものです。

非常口を消し妻面寄り側面に手すりを設置、そして車掌室窓改造!

T13編成のときはグリーン車の車掌室窓から型を取って製作できましたが、今回は型を取れるようなちょうどよい大きさのものがありません。

そこで、すみ車でスタンダードになった3Dプリントでこの窓枠を作ってしまおうという魂胆。


2016010613360001.jpg

T18編成改造パーツアソートにも入れた窓枠。

写真の右のものは失敗作で、これをもとに作った左のものを本番用として使うことになりました。


お気付きでしょうが、これは元の窓枠にピッタリ(厳密にはちょっと削ったけど)入るようになっています。

もとの窓枠を利用することで新しい車掌室窓枠の正確な位置決めをすることができます。


2016011014170000.jpg

ボデーとの結合は瞬間接着剤を使用。

ここからは超苦手で大嫌いだけどだんだんうまくなってきた気がするサンディングにて元のボディとの完全な一体化を目指します。

やはり繋ぎ目はデコボコしてしまいがちなのですが、出来る限り平らに仕上げるつもりです。

継ぎ目の線が出るのは論外!

瞬間接着剤も当然ながら隙間なく塗りたくりました。


2016011421160000.jpg

最初は180番で大まかに、次に320番、400番。

ここいらでサーフェイサーで確認。

このサーフェイサーも普通のものではなくプライマー入り。

新窓枠パーツはアクリルなのでプライマーがないと塗料が食い付きません。


2016012323380000.jpg

削ってはサフ、削ってはサフ。


2015_12270294.jpg

こちらも忘れてはなりません。

モハの妻面寄り側面につく手すりと非常口撤去。

2015_12270318.jpg

2016011421150000.jpg

手すりは3Dプリントを使うまでもないと判断しポリパテで複製としました。

化学反応により硬化するポリパテですがヒケは起きてしまいます。

それも1日2日のレベルではなく、もっと長期スパンで。


そうなんです。

この記事の内容、実は3ヶ月かけました。

3Dプリント2回にシーズニング、パテやサフも「完全に」乾いてからの作業をしなければならなかったからです。

キレイな塗装をするにはキレイな下地作りは欠かせません。


2016021512020001.jpg


2016021512010000.jpg


頑張りました。

サボ受けが邪魔でした。



次回は先頭車ボデーの加工です!







「ディ」て言えないおっちゃんいますね。

ボデー。

「DD51」を「でーでー51」。



でーでー
スポンサーサイト



Posted on 2016/03/07 Mon. 17:30 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 1

コメント

でぃでぃごじゅーいちじゃ?
言ってるつもりで、言えてないのかな?

URL | Mu. #-
2016/03/08 01:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1121-c2cea549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ