FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

マイクロエース京急2100形を登場時仕様にしよう3  

64ビット版OSで書く初めての記事!





続いて床下機器の塗装です。

登場時…ということで最初の依頼内容は「スカートを濃いグレーに」でした。

しかしスカートの色=正しい色なので、正しくない床下機器の色をライトグレーに塗り直す方法を取りました。

こちらのほうが大がかりになるのですがリアリティーは間違いなく上です。


2016020308060000.jpg

準備が大変です。

床下機器の色は台車の色でもあるわけですから、当然台車も塗装。

台車を塗装となると集電パーツやなんかも取り外しですから床板部品はほぼ最小単位までバラバラにする必要がありました。


2016020413550000.jpg

使用した色はMr.カラー338番ライトグレーFS36495。

ライトグレーにほんの少しブルーが混じっております。

全カラー試したわけではありませんが、京急の全般検査出たての床下色はかなり近いと思います。

一応マルチプライマーを吹き付けましたが、このマイクロエースの台車は軟質プラではない気がします。

2016021101390000.jpg

いい色ですね!


2016020415230000.jpg


2016021101390001.jpg

いいですね!

中間車はこれで完成です!

2016020416080000.jpg


この2100形の場合は台車を塗装したからと言って走行性能に影響はありませんが、特筆すべきは機能性パーツであるカプラーにも色が乗せられたということ。

2016021020340000.jpg


京急の床下機器に合うTNカプラーやKATOカプラーは存在しないのです。

見栄えを追求したらすべて今回のライトグレーに塗るべきですが、カプラーは基本的に軟質プラで色が乗りにくいです。

ガイアノーツマルチプライマーを吹いたことでいくらか耐えられるようにはなりましたが、何度も解結していたらそのうち下のグレーが出てくるでしょうね…

そうなりにくいように摩擦部に軽くグリスを塗りました。

連結しやすさを取り戻し、且つ塗装の寿命アップです!


次回はライト周りを加工します。
スポンサーサイト



Posted on 2016/02/24 Wed. 17:00 [edit]

category: 京浜急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京急2100形  マイクロエース 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1111-74c9b8a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ