FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

ゆうゆう鉄道の制御盤をつくろう1  

今日から始まりました新シリーズ!

鋭意製作中のジオラマ「ゆうゆう鉄道」の専用制御盤を作ります!


ゆうゆう鉄道と言っても、今回はウエスタンリバー鉄道のみの制御盤です。

固定式線路を使用したことで増えた手間を逆手にとって、自由度が高く遊びの幅が広いように仕上げていきます。


制御盤を作るにあたってまずすることは、構想を固めることです。

何をどの規模でどのように制御したいか、カッチリ決めなくては進められません。

今回は既に線路敷設の段階から構想を練っていたのでそれに沿って作ることになりますが、ギリギリまで固まらなかった車庫線ポイントの構想は先日やっと固まりました。


ざっくり書けば、
・2人以上で遊ぶ前提
・もちろん1人でも可
・2列車以上同時に動かせる(DCCなしで)
・走行のコントロールは普通のパワーユニットから
・フルグレックスのポイントマシンに対応
・信号をつけたい
・本物ライクなヒューマンインターフェース


てところでしょうか。



部品を集めるためにまずは回路設計です。

ポイント転換や信号制御の基本的コンポーネントから作っていき、徐々に大元に繋げていきます。

☆ポイントマシン・信号基本コンポーネント
リバコン回路1

リバ鉄の信号は2位式なので楽チンです。

☆走行電源制御回路
リバコン回路2

☆車庫線ポイント・表示灯制御回路
リバコン回路3


仕様も、設計をしながら固まっていくこともあります。

「ここにはやっぱりリレーいるな~」

とか

「リレーが多いから冷却ファンをつけよう」

「リレーが多いから電源はもう少しパワーを上げよう」

とか。

リレーだけかい!

いやいや。

やっぱ一番は安全性です。

他人の家に置く電装機器です、火事でも起こしたら大変なのでいかに安全を保てるかというのが一番重視すべき点です。

非常電源遮断スイッチを設けたりしました!




ボタン選択式車庫線ポイントのつもりで、複雑になりそうな制御回路の設計をしていた矢先

「スイッチでひとつずつ転換できるようにしよう」

と言う方針になり、約3ヶ月間時間を見つけては頭をフル回転させて考えていた制御回路の案はすべてナシ!

イヤミではありません。

せめてこのブログだけでは、そんなこともあったんだと記録させてください。

10数枚に及ぶ案を書き溜めたメモは廃棄しました。

クリエイターの仕事ってたまにこういうことがあります。

もう慣れました。



回路の案はまだ完全に固まっていませんが、色んなことを同時進行しないといけません。

次回はヒューマンインターフェースの話をします!
スポンサーサイト



Posted on 2015/10/16 Fri. 00:00 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ  コントローラー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1046-b9bd8d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ