FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

ジオラマ「ゆうゆう鉄道」建設プロジェクト31  

第31回遠征です。

2015091810560000.jpg


今回はリバー鉄道の線路まわりをいじります。


2015091811470001.jpg

車庫の床を仕上げました。

薄いバルサ材をいっぱいに敷き詰め、薄めた汚し色(フラットブラック+レッドブラウン)を塗りました。

塗ったあとの写真は…あろうことか忘れてしまいました。



枕木が足りなくなった部分は実際に木の角材を使って作りました。

2015091814040000.jpg


色や質感の違いについては、枕木取り替え工事の途中段階のため古い枕木が残ってるというバックストーリーを作りました。

そのため、枕木負荷の低いor通過頻度の低い1番線と5番線が後回しにされているという設定。

工事のおっちゃんも置きましょう。


2015091817240000.jpg

薄めた汚し色を染み込ませて木の筋を際立たせたあと、枕木に近い色を薄く重ねました。

レールももちろん塗りました。

ポイントの通電確保のため、導通箇所には接点グリスを塗りました。

塗料をあとで簡単に拭うことができるし、接点グリスですから導通の邪魔にもなりません。

2015091820110001.jpg

バラストも撒き始めました。

2015091820110002.jpg

ちょっと色を乗せすぎちゃった。

2015091820110000.jpg

本線分岐の21号分岐器までは勾配になっており一部を除いてレールが宙ぶらりんでしたが、バラストが敷かれてバラストで荷重を受けるようになりました。

2015091823400000.jpg

トンネルを出たところに駅を作りました。

作りましたと言うか、用地を確保しました。

ベースになる板材だけを置けば、駅ができていなくてもバラストは撒けます。

駅の名前は「Gun-Valley」(ガン・バレー)になりそうです。

頑張れー

2015091823400001.jpg

どんどん撒いていきました。


ある程度撒いたらボンド滴下。

遠征工作ならではの工程となりますがとなりますが、その日に終わらせられそうな分のバラストまで撒いて、ボンド水の滴下までやって終了の段取りとしています。

乾いて完全固定となり、克つ油性塗料による塗装ができるようになるまでは相当な時間がかかりますから、そこに切り上げのタイミングをちょうど持ってこられれば一番効率がいいのです。


2015091900060002.jpg

本物のウエスタンリバー鉄道にある情景だけの駅「スティルウォータージャンクション」(でしたっけ)が再現されているのですが、あそこってダミーの分岐と明らかな踏切がありますよね。

カンカンカンカン言ってるもの。

これも再現するつもりだそうです。

時代考証がメチャクチャです!



とりあえず今回はこれまで。
スポンサーサイト



Posted on 2015/09/24 Thu. 21:20 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1041-6e863da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ