FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

グリーンマックス東急2000系修繕記録4:台車のおはなし  

今回の修繕の目玉である台車の換装です。

今回新しい試みとしてDMMクリエイターズマーケットとやらで販売されている東急2000系専用台車TS1010・1011台車を発注して使用してみようと思います。

購入といってもその時点ではデータでしかなく、発注してからそれを造形してもらい送ってもらうというシステム。

これは画期的だと思います!

在庫を抱える必要がなく、必要なときに必要数簡単に手に入れることができます。

在庫切れや再生産待ちなんて事態はあり得ないわけです。

ただし、ちょっと割高。

そりゃそうです。


試しに1セット1編成分のみ購入。

2週間弱で手元に届きました!

さっそく見てみましょう!


2015_07310264.jpg

おお~

できたてホヤホヤの台車たちです!


素材はアクリルとのこと。

何かのニオイがツーンとします。

車両ケースのウレタンに似たニオイです。


2015_07310265.jpg

半透明だからわかりにくいですが、M車、T車、先頭車の排障器、さらには第二編成についている軌道塗油器付き台車と豊富なバリエーション!

GMではコレは無理でしょう。

台車の機能としては近年の集電対応タイプです。


2015080823240000.jpg

GMの動力に取り付けるためのパーツも。

気持ちいいくらいピタッと取り付けられました。

ちゃんと設計されています。


ひとつだけ試しに組み立てた結果、台枠の距離が離れすぎていることが判明。

車輪はハマるが、ガバガバですぐに外れてしまいそうな不安定さ。

対策として若干内股ぎみに組み立てることとしました。


まずはランナーの状態で洗浄。

サポート剤とやらがついているそうです。


2015080822450000.jpg

ニッパーで切り出したら、ダボを合わせて1つにします。

接着剤は瞬間接着剤を推奨されていますが、粘りもあるエポキシ接着剤を使いました。


2015080910510001.jpg

乾いたらガイアノーツのマルチプライマーを吹き付け、サフ→セミグロスブラックで仕上げ。


2015080916280000.jpg

車輪をハメ込み、見てみましょう!


2015081400060000.jpg

こちらはM車用。

モールドはなかなか細かいところまで再現してあっていい感じです。

積層成形の跡と思われる線が出てしまっています。

3Dモデリングで出力されたものはどれもこんな感じのようです。

これは課題だと思います。


2015081400060002.jpg

T車用です。

ブレーキ周りがいくぶんスッキリしているのがわかります。


2015081400060001.jpg

先頭の前位用です。

排障器が細かく表現されています。

今回の修繕はスカートがない状態の第1編成ですので、この排障器は前からの見た目向上に大きく貢献してくれるでしょう。


さて、見た目はいいですが台車としての機能はどうでしょうか。

試験走行までお待ちください。






「それにしても3Dプリントいいですねぇ、何か作ってみようかな。」

と、この台車を見て思ったから「田の字抵抗器」で3Dプリントに手を出しました。

はい、時系列がメチャクチャです。
スポンサーサイト



Posted on 2015/09/12 Sat. 20:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急2000系  台車 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1012-1ba512d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ