FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

FALLERの時計塔を作ろう3  

ではいよいよ組み立てです!



説明書は参考にはしますが必ずしも同じ順序とはなりません。

この自分なりの工程を組むのも模型製作の楽しみと言えるでしょう。

改造を行う場合はなおさら複雑な工程ですが、構造が単純なこの時計塔はわりとストレートに組んでも問題なさそうです。


2015072622510000.jpg


2015072622280000.jpg

ウェザリングはあとから行うので、ペンキ塗りたて新築ピカピカのまま出来上がっていきます。

一度このままオーナーに見せようか。



本物の時計の文字盤は光るので、キットもそれができるように文字盤の裏が抜かれています。

せっかくですのでその構造を生かして光るようにしましょう。

ただし、電球色で。


2015073023260000.jpg


2015073023320000.jpg

新しく導入したステンレステープを貼って開口部の遮光をしました。

ここに開いていたでかい穴にはメーカー純正の電球ソケットが取り付けられるそうです。

今回はウチで作った小型室内灯を仕込みますので、ふさぎました。

角に開いている四角い穴はケーブルを通しますが、わざとふさがないで塔の内部に光が漏れるようにしましょう。

階段のところから時計の光が漏れてることにして、実感的になると思ったのです。

上のほうだけ階段を取り付けてみようか。


2015080415170000.jpg

室内灯は以前ゆうゆう鉄道に献上したものと同じつくりです。


2015072622500000.jpg

塔の上のほうを作っていってます。

実は地面から時計までの距離より時計からてっぺんまでの距離のほうが長いのです。


2015072813540001.jpg

高台の内側は完成後は見られなくなります。

この高台は実物換算で19m近くもある場所。


2015072816090000.jpg


2015072820390000.jpg


2015080415350000.jpg

立派です!

そして合体です。


2015080417400000.jpg

いいですねぇ!

恥をしのんで素直に表現すると、

わーいわーい時計塔だぁ!

て感じです!


2015080511000000.jpg

隣のビルも組み立てました。

屋根の色を悩みましたが、実物に則ったブラウン系としました。

もちろん室内灯仕込み済みです。



これにてひとまず形は大方できました。

次回スミ入れと細かいパーツ取り付け、ウェザリングをして完成といたします!
スポンサーサイト



Posted on 2015/08/13 Thu. 22:53 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ  FALLER  時計塔  マルティン門 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1006-9b96930a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ