FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

木、木、木、木、木、木。  

なんだか月月火水木金金みたいになってきましたね。

それが何だかわからない人はおじいちゃんに聞いてください。





まさしく休みのない作業でどんどん木は完成してゆきます。

…いや、地面に生やして完成と呼ぶべきか。



これまでさまざまな形の木を作ってきましたね!

この「木。」シリーズでは木が植えられ仕上げ塗装をされ立派な情景の一部となるまでを追うつもりですので、これで終わりではありません。



車両センターを飛び出し、こちらはゆうゆう鉄道です。

第20回遠征のなか。

木を山に植えましょう。

鬱蒼と生い茂る地面の雑草は、木を植える程度で増減させるといいと思います。

木がたくさん生えそろうような森ですと地面まで太陽光があまり届かないから、あまり緑っぽくしないほうがいいと思います。


2015041012460000.jpg

取り付ける場所に合った大きさの木をチョイスしますが、どうしても枝が干渉してしまったりする場合は場所に合わせて枝を曲げ直すのも手です。


2015041012460001.jpg

取り付ける箇所にキリやピンバイスで穴をあけたら、木の根元にボンドをつけ植え込みます。


2015041012490001.jpg

地面に植えられました!


2015041012470000.jpg

ボンドがはみ出した箇所は上からパウダーを撒いたりモデリングペーストを塗ったりして誤魔化します。


2015041012490000.jpg

低木(ライケンやフォーリッジを使用)で隠す方法もありますが、これだけの量の木の根元がすべて同じだったらおかしいでしょう。

斜面に植える場合はわざとボンドをはみ出させるのもありです。

ボンドに隙間を埋めてもらうのです。

ただし収縮するのを計算に入れましょう。


ここからは仕上げ塗装です。

このままでは単色で変化がなくつまらない仕上がりになってしまうので、色味を整えて美しい森にします。


2015041810570000.jpg

木の葉っぱに使ったフォーリッジクラスターは全部で3色。

それぞれに別の調整色を乗せます。

使用したカラーは、明緑色→薄松葉色、緑色→薄松葉色、暗緑色→ロシアングリーンです。

バランスを見ながらエアブラシで吹いて行きます。

明緑色と緑色は同じ調整色ですが、下地の色がかけ離れているので仕上がりは違って見えます。


2015041814270000.jpg

いいですね!


最後はライトグリーンです!


2015042722420001.jpg

びっくりするくらい明るい色ですね。

こちらはハイライトと呼ばれる塗装に使います。


このライトグリーンの色を乗せるのは枝の先っぽ、新芽の表現をするのです。

☆ビフォー
2015041814450000.jpg


塗るというよりは薄く乗せる感じです。

ライトグリーンが完全に発色してしまっては乗せすぎです。

ライトグリーンには悪いですがあくまで補助的な使い方です。

☆アフター
2015041815230000.jpg

いいですねえ!

どうですか!

写真ではわかりにくいか…



これこそ木、木、木、木、木、木。です!

それではみなさんご一緒に、車両ーセンター鎌ヶ谷勤務、木、木、木、木、木、木、木♪
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2015/04/30 Thu. 20:00 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ   
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ