FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

みさきさんさく~城ヶ島灯台~  


3-2.jpg

たたずむ男が一人、夕日を見つめて何想う。


風呂から上がったらこんないい具合の時間になっていました。

いい写真なので縮小しませんでした。

クリックして見てください。



京急ホテルの裏手にある灯台を見に行きました。


3-3.jpg


3-4.jpg


中年のご夫婦に出会ったのですが、お父さんが人生観など語ってくれました。

こういう出会いも醍醐味です!

「人生の灯台のようなお話が聞けて」とかうまいこと言えそうな気がしましたがやめておきました。


話をしていたら夕日が沈む瞬間の写真を撮り損ねてしまいました。

ウワアアアン!






日が沈むと灯台に明かりが灯ります。

三浦半島の反対側にある剱崎灯台と房総半島の先っぽにある洲崎灯台を結んだ線が浦賀水道の出入口の境界線、つまり東京湾と太平洋の境界線です。

ここからはほんの少しの東京湾と太平洋が見渡せます。


3-5.jpg


海図によるとコイツは15秒白色単閃光。

なるほど、向い合わせのレンズでピッタリ15秒で半周している。

光の強さは15万カンデラですって。

その力を借りて、中に入って太平洋におれのコマネチの影を映してやろうかと思いましたがやめておきました。

ていうか鍵がかかっていて中に入れませんでした。

昔は灯台守と呼ばれる人が常駐していたらしいですが、今はオートメーション化され誰もいません。

人がいれば頼んで中に入れてもらえたのに。

この光は江ノ島に届いているのでしょうか。



3-6.jpg


たぶんこれが洲崎灯台の光です。

夜の海は真っ暗で、船乗りはこういう光だけを頼りに安全を確保するのです。

夜に海には出たくありません。

これはまだ明るいです。

☆人生の道標は…
3-7.jpg


3-8.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2013/09/30 Mon. 19:30 [edit]

category: 未分類

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tag: 三崎  城ヶ島灯台 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ