FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

エッチングに挑戦!5 【題材:ウエスタンリバー鉄道煙室扉プレート改・側面プレート改・ホワイトウォール前編】  

ここまでエッチングについて色々書いてきました。

今ではすっかり挑戦の域を出ていますが、そのさなか韓国に対する戦略物資の輸出管理強化があり、そのニュースに出てくる物質とその作用について、そしてその物質の品質が下がると半導体製造にどう影響するのかというのは、エッチングを実際にやっている身だからこそ理解できるところは多かったです。

レジストやエッチングガスというワードがよく聞こえてきましたが、このブログで扱っていたものに置き換えるとレジスト=マスキングに使ったインレタ、エッチングガス=エッチング液になります。

これらの品質が悪かったら出来上がるものにどのような影響が出るかというのは、感覚的に分かるのです。

レジストというのは光学的にマスキングをするというものですが、これの質が悪いとマスキングしなきゃいけないところにマスキングがつかない、しなくていいところにマスキングされてしまう…

これが半導体にどう影響するか。

半導体は「回路」ですから、電気の通り道を正しく繋いでやる必要があります。

電気の通り道はこのエッチングによって作り出されるので、回路をちゃんと作れないと電気が通ってはいけないところに電気が通ったり、電気が通ってほしいところに電気が通らなくなったりするダメ回路を作ってしまうのです。

そういうことが起きれば、電気に詳しくない人でもそれはダメだということはわかっていただけると思います。

小学校の理科のレベルです。


この管理強化の話が出てフォトレジストとエッチングガスのことをちゃんと知った私の感想は、

「いいなーなにそれ、超ほしい!」

だったんですけど、モデラーには売ってくれないので諦めました。


世耕さん(当時経済産業大臣)に声を大にして言いたい。

生まれも育ちも悪いけど、オレのこと、韓国よりは信用していいぞー!!!







再び両面エッチングに挑戦です!

新しく原稿を作りなおしました。

サイズも見直して、ランナーの残しかたも再考。

作業性とエッチング液の消費量を相談しながら作ります。


★煙室扉プレート


WRR-TrainNumberPlate-EditAI-DEKITA2.png

煙室扉プレートはこんな感じ。

サイズを見直し、ランナーもエッチング液を極力消費しないようにしました。

なぜか機関車12両分。

ちょっとだけ作るのは効率が悪いのです。

この世に2機しかないミシシッピ号(1機は水さん、ゆうゆう鉄道来訪済み)のやつが、既に2つオーバーフロー。



★側面プレート


WRR-ManufacturerPlate-EditAI-DEKITA2.png

側面プレートはこんな配置。

サイズも見直しました。

上2段はリオグランデ号、ミズーリ号、コロラド号で色は黒、下1段はミシシッピ号でライトブルーと塗り分けがしやすいように段を分けました。

ミシシッピ号用なんて使うのはオレだけだもんねー!
やーいやーい!

あっ、でもミシシッピ号、厳密にはおれのじゃねーや!!!

先輩のだった!!!!!!!

すっかり自分のものと思い込んでしまっていました!!!!!

いけません。

ちなみに、小さくなったぶん消えそうな小さな文字は少し強調しておきました。



★ホワイトウォール


WRR-Whitewall-EditAI-DEKITA2.png

動輪と先輪の縁取りの白い部分のパーツです。

こちらはサイズはよかったので、エッチング液の節約と作業性を考えた構成にしました。


WRR-WhitewallTEST-EditAI-DEKITA2.png

動輪の中に先輪が入りそうだったので入れてみたら、とてもイイ感じでした!

これぞ理想のパーツ配置!

うまく出るか分からなかったので動輪用の予備も2つ入っています。

ウエスタンリバー鉄道の機関車はB級です。

でもどっちにしても先輪とは数が合わないため必然的に先輪の予備だけが余計増えることになります。

余った分は、色を塗り替えて東京メトロの路線シンボルにでもしようか。

何に使うんだ。



★インレタできた


IMG_0326WRR-TrainNumberLetter.jpg

IMG_0328_20200327144528226.jpg

IMG_0324_20200327144530b8c.jpg

IMG_0325_2020032714453151f.jpg

できました!

インレタのできばえは相変わらずスゴイです!

小さくなった分、細かい文字は更に小さくなりました。

強調していなかったら消えていたかもしれません。


こういう細かい文字は、エッチング液が流れていかなかったりうまく攪拌されずにエラーが出やすいです。

気体ならそんな心配は少なく、高品位なものを低エラーで作ることができます。

いいなーエッチングガス。

でもエッチングガスを使ったドライエッチングという加工をするその装置は高価だそうで、俺みたいな中小零細モデラーには無理ですね!

諦めて業者に依頼します。

今回のレベルのやつがウチで作れる限界ですかね!


ちょっと長くなっちゃったんで1回しめます。
スポンサーサイト



Posted on 2020/03/27 Fri. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ウエスタンリバー鉄道  エッチング 
tb: 0   cm: 0

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕season3ー5終  

今まで塗装した部品を全て取り付けます!


NEC_0436.jpg

おお~


NEC_0437_2017043012354218d.jpg

テスト点灯もバッチリです!



他の部品も全て組み立てて、改造前と比較してみましょう。

☆横からビフォー
NEC_0442.jpg


☆アフター
NEC_0439_20170430124401e9a.jpg

☆前から
NEC_0440.jpg

☆アフター
NEC_0443_201704301243376b4.jpg

ライトの中をシルバーに塗ったことで縁取りの金が飛んで見えてしまってるけど、実際はちゃんと金です。

☆斜め後ろからビフォー
NEC_0441.jpg

☆アフター
NEC_0442_20170430124336a07.jpg

☆上からビフォー
NEC_0447.jpg

☆アフター
NEC_0441_20170430124334768.jpg

☆斜め前からビフォー
NEC_0439.jpg

☆アフター
NEC_0438.jpg

全然違いますね!

色差しの効果は抜群です!

特にボイラー胴のミラーフィニッシュシートの効果が文字通り光ってますね!


NEC_0448_2017043012433943b.jpg

今までウエスタンリバー鉄道はたくさん修繕しましたが、今回の仕上がりは当たり前ですが一番です!

自分のリオグランデ号も是非こうしたいです!




次回予告?

2017043013090000.jpg

あれ?

またロッドのないボログランデがやってきたぞ?

彼の行き着く先は?





トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕season3おわり

Posted on 2017/05/02 Tue. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕season3ー4  

細かい部品に色を乗せていきます。


★警鐘


2017040821560000.jpg

1パーツで成型色のまんまです。

実車は鐘本体はゴールド、支柱とアームはボディカラーです。


2017041217480000.jpg

いいですね!


★エアコンプレッサー

2017043013070000.jpg


コンプレッサーも成型色のまんま。

コンプレッサー本体のほかにベースプレート、エアクリーナーも一体化しています。

色分けはなかなかで、コンプ本体だけで3色。

全体はセミグロスブラック

蒸気側シリンダーをボディカラー、その帯をゴールド。

ベースプレートはボディカラーです。


2017041900030001.jpg

かなり変わりました!


★カウキャッチャーまわり


NEC_0317.jpg

こちらもカウキャッチャーのまわりのメッキ以外は成型色で1色だけ。

実車と同じように塗りわけます。

デッキ?はセミグロスブラック、アサガオ連結器は筆塗りでセミグロスブラック、ポールはゴールドを筆塗り。


2017041716450000.jpg

いいですね!


★ボイラー胴ケーシング


NEC_0352.jpg

こいつが一番ヤッカイで、その反面大変身を遂げる可能性を秘めています。

このパーツは成型色ではなく塗装がされています。

しかし大味な塗装で、ゴールドに塗るべきところがたくさん。


NEC_0422.jpg

各配管類や手すり、砂撒き管は筆塗り。

大変な集中力が必要でした。

バルブ本体はガンメタル、ハンドルはグリーン。

汽笛と安全弁、サンドドームの頭のオブジェは筆塗りでゴールド。

汽笛は根本をガンメタルに塗りわけるこだわりよう!笑

胴ケーシングの帯は、ハセガワのミラーフィニッシュシートを使用。

メッキのような仕上がりになりました!


NEC_0427_20170427223342f6c.jpg

リオグランデ号の特徴としてスチームドームのフタにお星様マークが並んでいます。

このマークは、ミシシッピ号に改造したときに制作したインレタに収録しておいたお星様を使用。

このお星様はミシシッピ号の先輪用でしたが、スペースが余ったのでたくさん入れておいたものです。

全部やったのがこちら。


NEC_0430.jpg

いいですね!

他の3編成にはない特徴なので、再現できてよかったです!


★ライト換装

NEC_0434_20170427223344bf6.jpg

ヘッドライトも交換依頼がきています。

NEC_0435.jpg


今回はチップLEDではなく、普通の3mm砲弾形を使用。

基盤はそのまま使用し、抵抗をLEDに合わせた仕様に取り換えました。


NEC_0413.jpg

それに伴い、ヘッドライトのケースにも遮光と塗装を施します。

NEC_0420.jpg

裏側だけだとなんだか心もとなかったので、表側も黒で遮光。

上の写真は黒の上にサフを吹いたところです。



ちょっと長くなったので一旦切ります!

やっぱり組み立ては次回!

Posted on 2017/04/30 Sun. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕season3ー3  

★機関車動力装置点検

おお、これだけを聞くといかにも車両センターの仕事っぽい!

でも実際は1/80です。

機関車の動力の問題は、謎の過電流による電源トリップです。

これについては原因の検討が2つほどついており、対処の方法ももう会得済みです。

1つはモーターが傾くか何かでまわりのダイキャストフレームがモーターに触れ、モーターを通して左右のダイキャストフレームが短絡してしまうのです。

絶縁シートを貼って対処。


2つめは、あまりにも集電状態が悪いまま高速で回そうとしたとき、寸動となります。

フライホイールがないモーターの場合、この寸動のピクンと動くたびに起動電流(モーターの起動電流は定常の6倍と言われてる)が流れ過電流とされてしまいトリップとなるパターン。

これは通電をよくしてやれば解消します。


古い製品の動力ユニットには、グリスにホコリやチリやなんかが巻き込まれていることが多いですが、グリスに引っ付いているため洗浄すればそれらはキレイさっぱりなくなってしまいます。

2017041720420001.jpg

グリスがキレイさっぱりなわけですから、新しいグリスを充填してやります。

2017041720450000.jpg

生まれ変わった動力ユニット。


★色差し1号


2017040812090000.jpg

動輪と先従輪に色差しをします。

輪心とタイヤに段差と隙間があり、この辺の処遇をどのようにしようか迷うところです。

模型は輪心のまわりをタイヤで縁取っているような感じになっていますが、実車にはそんな段差はありません。


2017040821480000.jpg

検討した結果、手間はかかりますがこの隙間を埋めてからホワイトリボンを塗り、本物志向を目指します!

2013_10300034改


ホワイトリボン。

車やバイクの世界ではタイヤの縁が白く塗られてるのをホワイトリボンと言いますが鉄道にその呼称が当てはまるかは知りません。

プライマーを吹いたあとにまず赤を吹き、次にホワイトリボンを塗ります。

プライマーはガイアノーツのマルチプライマー。

輪心が軟質プラで普通のプライマーでは満足に食い付きません。


2017040914000000.jpg

いいですね!

本物と同じようになりました!

2017041720440000.jpg

ロッド類を組み立てて

2017041720510000.jpg

動力ユニットに取り付け!



次回、色差しをしながら組み立てていきます!

Posted on 2017/04/25 Tue. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

トミックスN(HOナロー)ゲージウエスタンリバー鉄道リオグランデ号を修繕Season3ー2  

バラバラにしましょう。


2017040723400000.jpg

さすがに手慣れたモンですが、慎重さは欠いてはなりません。


2017040723410001.jpg

動輪のゴムは剥ぎ、シンナーを使ってピカピカに。


2017040723440000.jpg

この黒いのは車輪ゴムの成れの果てです。

ひええ!

その他のパーツもお湯で洗いピカピカに。

導通部品の一部は酸で洗い更に磨いてピカピカに。

☆ビフォー
2017040723300000.jpg

☆アフター
2017040810550000.jpg



では、手を加えながら組み立てていきましょう。


★テンダー車

集電の要となるテンダー車。

テンダーの車輪は鉄道コレクションの5.6mm車輪に取り替えます。

元のものはステンレス製で転がりがあまりよくなく、汚れも落ちにくいのです。

鉄道コレクションの車輪は現代の水準の車輪ですから、性能がいいのです。


2017040811310001.jpg

ステンレス車輪にあって鉄コレ車輪にはない、通電パーツがハマるための溝。

これがないと通電パーツが通電部から外れるのではないかという指摘をされましたが、

外れません。

通電パーツがそこそこ深くシャーシに突き刺さっているので、枕木方向にはほんの0.5mmくらいしか動かないので、車軸に溝がなくても大丈夫なんです。

ちなみに鉄コレ車輪は手元に多くあるから使ったまでで、トミックスの旧集電方式の通電車輪も使えると思います。

このメッキ車輪にも塗装をします。


2017040813070000.jpg

いいですね!

踏面はしっかりシンナーで塗料を落としました。


2017040813360000.jpg

重量化するために釣具屋さんで見つけた板おもりを新しく使用します。


2017040813370000.jpg

薄くて扱いやすいので、空間に詰め込むには最適です。

偶然ながら幅もピッタリ!


2017040813550001.jpg


いい感じの重量化ができました!

24gから41g、1.75倍になりました!


2017040814020000.jpg

導通部品を磨き組み立て。

見た目としては車輪の色が変わっただけですが、すごく変わった気がします!



次回は機関車に手を入れます。

Posted on 2017/04/19 Wed. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ