FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

手動分売!Nゲージ東急1000系3両池多摩線タイプ床下機器!  

今回製作した東急1000系池多摩線仕様の床下機器。

データがあれば3Dプリンターで同じものがいくらでも作れるということで、もし欲しいという方がいらっしゃれば実費と送料のみでおすそわけしようと思います。


★概要

東急1000系池多摩線の3両編成を模したものです。

『タイプ』としているのは、お察しください。



★バリエーション

大きく分けて2タイプ、それの現在と過去のちょっとした違いを作り分けたもので4種類となります。

☆1000N系元東横現行A1
Tokyu1000-8R3R-10121013-2020-DEKITA.png

☆1000N系元東横登場時A2
Tokyu1000-8R3R-10121013-OLD-DEKITA.png

以前東横線を走っていた編成を短くして投入された1012編成と1013編成がこれに当たります。

VVVF装置が2基とも1C8Mのビッグなものだったり、クハにHS-20コンプレッサーが2基載っていたりとかなりオーバースペックなのが特徴です。

現在と登場時の違いは冷房制御装置の違いで、2014年に順次現行のものに取り換えられています。

みどりの電車は『元東横現行』です。


☆1000N’現行B1
Tokyu1000-8R3R-2020-DEKITA-Kininaru.png

☆1000N’登場時B2
Tokyu1000-8R3R-KININARU-MUKASHI-DEKITA.png

新製時から3両編成で落成している1014編成〜1024編成がこれに該当します。

きになる電車のきになるききは『1000N’現行』です。

値段はタイミングや注文数によって変わるのですが、3両だけだと概ね4,000円です。

A1、A2、B1、B2という記号は、1000Nと1000N’がややこしいからつける品番みたいなものです。



★注文方法

左の問い合わせフォームからその旨をお伝えください。(スマホの方はすみませんがPC表示にして問い合わせフォームからお願いします。スマホ版ではなぜかフォームがつくれないのです)

どれをいくつか、送付先住所を明示ください。

こちらからの返信で、お支払い口座とかお伝えします。

東京都墨田区近辺なら直接受け渡しもできます。

週に1回取りまとめて一括で発注するのでちょっと長めに納期は見ておいてください。

納期は、先方の都合にもよりますがだいたいいつも2週間前後です。

ですので、最長で3週間くらい見ておいて下さい。

手動発注につき、仲間内などで複数個まとめて注文してくれたほうが助かります。



★使用方法

アクリル樹脂のためそのままでは塗料が乗りませんので、プライマーを吹いてから色の塗装をしてください。

プライマー入りサーフェーサーがオススメです。

取り付けは実車を参照してください。

細かい部分も多いため、取り扱い超注意!

※参考記事…取り付けの回。ディティールとか見たい方もこちら



★取り付けたら

IMG_0321_20200927190439362.jpg

IMG_0318_2020092719044144e.jpg


ひたすら眺めましょう。

口笛のような『ピュ~♪』というブレーキ緩解音やすすり泣くような東洋GTO-VVVFのあの音を脳内再生していただけたら幸いです。
スポンサーサイト



Posted on 2020/09/27 Sun. 19:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急1000系  3Dプリント  床下機器 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス東急1000系を作る〜3D床下機器を添えて3/3  

★床下機器がきた

床下機器が到着しました!

☆1000N’系用
IMG_0238-2.jpg

うーん、いいですね!

1000N’系とは、落成時から池多摩線用(旧目蒲線)に作られているものです。

1000N系は、東横線と目蒲線どっちも行けるように落成されたものです。

ちなみに普通の8両が1000系です。

☆1000N系用
IMG_0036_20200923012440141.jpg

やはり従来のアクリル造形には新素材は敵いませんね!


IMG_0064_202009230130388af.jpg

いいですね〜

いやー

でもやはりHOゲージのやつを先に作ってしまったので迫力に欠ける気がしてしまいます!


IMG_0048_20200923015033611.jpg

1C4MのミニVVVF装置はすごく小さくて可愛いです!

メッシュは潰れてしまっています。


IMG_0060_20200923013036faf.jpg

きになる機器の象徴(と思ってる)。

IMG_0055_20200923014039f0f.jpg

調査が難航したあの部分!(たぶん除湿装置)


IMG_0079_20200923013035232.jpg

HS-10も小さいですねー!

それでもちゃんと放熱管が抜けているのはさすが高級3Dプリンターです!


IMG_0066_202009230143075d8.jpg

こちらは1000N系(1012・1013編成用)のクハの機器です。

デハの2両がほぼM1車の機能のままなので、ここに補機が全部載っています。

IMG_0071_20200923014204c3f.jpg

それゆえ配置はギチギチで、奥行きもうまく使って配置されているのが特徴です。

あとは、3両なのにHS-20が2基も載っているというのがエモいです!

一瞬でエア溜まるんじゃないの。

東武では同じHS-20が2基で20m車6両分をまかなっています。


IMG_0091_20200923015002be5.jpg

黒く塗りました!

取り付けましょう!


IMG_0307_202009231629582b0.jpg

TR-180もTR-180Aも、床下機器用の窪みにプラ棒し仕込んで窪みを埋め、そこにゴム系接着剤で取り付けます。

今回使用したのは0.75mm厚プラ棒です。

床下機器のベース板だけが隠れるくらいがちょうどいいです。


IMG_0308.jpg

動力もペッと貼るだけです!


IMG_0309_202009230203381b2.jpg

やべえなー!

いいですねー!

なんかデジャヴを感じますね

こちらは1000N’系(1014~1024編成)のクハです。


IMG_0319_20200923020732a26.jpg

いいですねー!


IMG_0319_20200923160714e21.jpg

動力も、立体感を保ちつつちゃんと車両限界に収まっています!


IMG_0371_20200925155500988.jpg

こちらは1013編成のクハ。

別の誕生経緯を持っているため載っている機器も少し違います。

黒いからわかりづらいなぁ。

IMG_0375_20200925155458b07.jpg

VVVF装置が2基とも1C8Mのビッグなやつだし、コンプレッサーはHS-20が2基となっています。

2020年現在は『みどりの電車』となっています。



★完成

というわけで池多摩線東急1000系完成しました!


IMG_0338.jpg

ほとんど素組み、床下機器だけがゴージャスになりました。

製作としては簡単な部類なんでしょうけど、なにしろ3D設計が大変すぎます。

1013編成(1000N系)のものは8両時代のデータがあるから幾分省略できたとはいえ、コンプレッサーを含め初描きの多かった1000N’系は大変でした!

大変だったのにこれで終わりではもったいないので、おすそわけすることにしました!

詳細は別の回で。



グリーンマックス東急1000系を作る

おわり

Posted on 2020/09/25 Fri. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急1000系  3Dプリント  床下機器 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス東急1000系を作る〜3D床下機器を添えて2/3  

★組み立て

床下機器が来るまでの間に組み立てを済ませます。

ほぼ素組みですが、説明書ではクハに設定されている動力を逆の先頭のデハにスワップさせます。

グリーンマックスの床下機器の都合でクハに設定されていたようですが、その床下機器をまるまる作り替えるので、デハに動力を取り戻すことができます。


IMG_0106_202009222116254e1.jpg

ボディ歪んでる…

内側に向かって歪んでいるのがせめてもの救いです。

2編成分がパンパンに詰められていたので、ここの力がかかってしまったのでしょうか。


IMG_0125_20200922211626e23.jpg

床板反ってる…

これはパンパンに詰めるのは関係ないと思います。

わりといつでもいつも反ってます。


IMG_0109_20200922211627e18.jpg

窓は、透明度が高くていいのですが切り取るのが超怖い構造です!

ニッパーを使ったら間違いなくバキッ!ていくなぁ。

刃の厚みの分だけ必ずゲート方向に押されるのですが、その力を逃がせる場所がない。

ましてやクリアーパーツは硬いです。

せめてランナーが細かったり、ゲートがもう少し少なければいいのですが。


IMG_0110_20200922211629661.jpg

このようにちびっとずつ折り曲げて取るのが一番簡単で安全だという悦論に達しました!

根元を持って慎重に曲げれば大丈夫でした。

自信のない方はやめておきましょう。

あと、これの金型一部平面が出ていないところがあるのでグリーンマックスさん確認してください。

IMG_0133_20200922211923126.jpg

特筆点としては、クーラーにスミを入れたくらいですかね!


IMG_0135_202009222119253d4.jpg

いいですね!


IMG_0136_2020092221192608f.jpg

ちなみに屋根も反っていました。

やーねー。

IMG_0091_202009222122176e1.jpg


そうですね、あとはライト取り付け準備としてライトパートの裏に遮光塗装をしておいたくらいでしょうか。


IMG_0132_20200922212404364.jpg

乗務員室仕切りも塗りました!


IMG_0302_20200923004614e1a.jpg

シールは、東急の決定版みたいな感じになってるものをそのまま使用。

ただし、印刷が薄いものがあったりするので確認して選別しましょう。


IMG_0292_2020092300461503a.jpg

側面のシールのこのフィット感は好きです。

こちらの側面の行き先は高さを0.1~0.15mmくらい低く切り出せばイイ感じでフィットします。


IMG_0288_2020092300461716f.jpg

前面のナンバーはトレジャータウンのものを使用。


IMG_0305_20200923160713e14.jpg

ちょっとデカイ気もします。


最後に、動力の調整をしておきました。

3編成とも昔の2モーター動力でして、モーターの協調性が悪いと脱線するという致命的な欠陥があるものです。

左右の車輪の片側だけにトラクションタイヤがあるので、反対側の台車に押されるなり押すなりしたときにタイヤがあるほうだけがグリップして、回転モーメントが発生して脱線すると考えています。

つまり、このグリップを左右均一にすれば回転モーメントは発生しないことになりますから、脱線しにくくなるという算段です。


IMG_0328_20200924174534c51.jpg

このように1つの車軸両側にトラクションタイヤを持たせればOKです。

こっちのモーターが頑張ることになり、もう片方はお飾りみたいになってしまいますが、3両だし大丈夫です。

なんなら、モーターを取ってしまってもいいかもしれません。


IMG_0330_202009241745338de.jpg

ダブルトラクションタイヤとなった車軸からの集電は見込めませんが、その分もう片方の台車は全部金属になりますからこちらでそれをカバーします。

集電輪数も極数も変わりません。


IMG_0298_2020092300461485e.jpg

できました!


今回落成するのは

1013編成…03五反田
1020編成…25多摩川
1024編成…01蒲田


の3本です。

運用については詳しくないのでわかりませんが、池多摩線ごっこができるというのはわかります。

これに「きになる電車」も加わりますので、にぎやかな池多摩線ごっこになると思います。

ちなみにきになる電車は床下機器のみの加工です。


その床下機器は、同じ形のものをいくつか作るからということで、DMMの新素材の確認用に出力したりしましたがダメでしたので、昔のままのヤツで出力依頼をしています。


チーン♪


おっ

出来上がったようです!

えっ

もう時間ですか?

しょうがねーなー。

じゃあまた明日!

Posted on 2020/09/24 Thu. 17:30 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急1000系  床下機器  3Dプリント  グリーンマックス 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス東急1000系を作る~3D床下機器を添えて1/3  

今回の依頼は塗装済みキットの東急1000系です。


以前も何回か取り扱い、ライト点灯化改造をしたり床下機器を3Dプリンターで出したりという加工をしました。

最近はHOゲージでも登場しました!

そのときは東横線時代の8両編成がモチーフでしたが、今回は池上線・多摩川線の3両編成がモチーフです。

今回はライト点灯化などはしませんが…なんと!


詳細は後ほど。




★開梱


IMG_0101_2020071816120871c.jpg

グリーンマックスのキットです。

2編成分詰められてパンパンの状態でやってきました!

キズついてないかしら。



★床板を組む

この当時はまだネジ留め台車の床板です。

TR180です。

IMG_0115_20200718161349445.jpg


キット同梱の台車を見ておかしなことに気付きました。

T台車の数は4つでいいのですが、先頭台車用にカプラーを抜かれている台車が1つしかないのです。(写真一番右)

というのも、てっきり動力は中間車に設定されていると思っていたからです。

動力が中間車なら先頭台車は2つ、カプラー付き台車が2つとならないとおかしいので。

そこで初めて説明書を見て…愕然としました。

動力車はクハに設定されていたのです。

あとの2両がデハなのに、あろうことかクハに動力車が充てられているのです…。


理由は床下機器と思われます。

デハにはVVVF装置が載り、それは模型でもバッチリ当てがわれていますが、奥行きのあるパーツのため動力車に取り付けることができないのです。

そこでVVVF装置を唯一持たず、薄っぺらい床下機器にできるクハに載せることになったと思われます…。

VVVF装置以外全く似ていない床下機器なんぞのためにこんなことになっているという現実に愕然としました。

ついでに言うとクハも全く似ていない、かろうじてSIVとHS-20が同じなだけで箱類は全く似ていない、しかもそのSIVとHS-20もショボい…



★めぐる思惑

私の手元には8両編成の1000系の床下機器データがある…(しかも色んなパターンが)

主要な機器は全部共通で、ちょっと新しく描いて並び替えるくらいで完璧にできる…

でも1C4MのミニVVVF装置とHS-10という鬼門がある…

でもHOゲージサイズで作った(きになる電車用)から原型はあるし、資料も完璧にある…



気付いたら3Dプリンターパーツで話が進んでいました。



★並び替えだけでいけなかった


Tokyu1000-8R3R-Start.png

データを開きます。

今回製作するのは、東横線からきて短くされた1012編成・1013編成タイプ、最初から3両で落成された1014~1024編成タイプ。


IMG_0167_202007181646173db.jpg

あれ?

きになる電車がありますねぇ。

こちらはグリーンマックスの完成品です。

今回キットで作る3両編成3本とともに収納するためにやってきていますが、このきになる電車の床下機器もやってくれということですので、HOゲージサイズでも作った「きになるきき」をNゲージでも作ることになりました。

これは初めての事態です!


他の3編成は登場時仕様で、きになる電車は当然現在仕様ということです。

「きになるきき」には現在仕様にするための機器が載っていますので作図しますから、組み合わせれば10121013の今昔、1014編成以降の今昔と4パターンの床下機器にすることができます。

このうち10121013の今仕様は出力予定はありませんが、データは作りましょうか。



★きになるききN

以前作った東横線用8両とは共通の機器も多くありますが、あろうことか一番時間のかかるコンプレッサーがNゲージでは新しく登場するHS-10なんです。


HS10-FirstStep.png

HOゲージのやつを作ったときに分岐させておいた原型です。

ここからNゲージサイズのディテールで描き進めます。


Tokyu1000-8R3R-HS10-DownScale.png

キツイですが、完成形が分かっているので幾分楽です。


Tokyu1000-8R3R-HS10-DownScale2.png

できました!


Tokyu1000-8R3R-MiniVVVF.png

ミニVVVFです!

こちらはHOゲージ用から寸法を取り直すやり方で作りました。


Tokyu1000-8R3R-AirDryerkamo_202007181659494ae.png

取材に苦労した除湿装置と思われる機械周辺。

Nゲージの限界はこんなもんです。



あとはちょっとディテールを見直して完了!

動力台車が加工されてしまっている関係で動力は先頭に充てました。

ちゃんとデハに充てました。



★きになるききNゲージ版

☆ 1014to1024-After2014
Tokyu1000-8R3R-2020-DEKITA-Kininaru.png

「きになるきき」とは言いつつも、きになる電車以外にも2014年以降の1014〜1024編成が該当しますので、汎用性が高いです!



★昔の1014~1024編成

☆1014to1024-before2014
Tokyu1000-8R3R-KININARU-MUKASHI-DEKITA.png

「きになるきき」から、冷房制御装置を取り替えれば昔仕様です!



★みどりの電車はコレ

☆ 1012.1013-After2014
Tokyu1000-8R3R-10121013-2020-DEKITA.png

今回の依頼に1013編成がありますが、みどりの電車ではなく短くされて1312号と組むようになってからすぐの姿の依頼です。

きになるききもそうですが、昔と今の違いは冷房制御装置の形状です。 

それ以外は一緒です。



★日比谷線も走っていた1012・1013編成

1012編成と1013編成は日比谷線直通用との兼用編成で、床下機器もその時代のものをほぼそのまま使っているため他の“きになる電車”などとは機器配置が全く異なります。

HS-20がクハに2基載っていたり、VVVFがどちらもデカVVVFになっていたり。

池多摩線の中ではこの2編成が異端児という感じです。

☆ 1012.1013-before2014
Tokyu1000-8R3R-10121013-OLD-DEKITA.png

より日比谷線時代の機器が残っている仕様です。



★きになる話を受けたので

東急1000系は4本預かっています。

1本は以前登場した“きになる電車”の完成品、あとの3本はキットの状態で、時代設定などが自由にできます。

1本は「きになるきき」( 1014to1024-After2014)で確定。

1013編成はbefore2014にしてくれとの事。

1020編成と1024編成はbefore2014にしてくれとの事。



今回は形態がほとんど同じものを複数出力します。

あ、それなら…

少しきになる話があるので、ちょっとそれに絡めたお話を次回しましょう。

Posted on 2020/07/18 Sat. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急1000系  床下機器 
tb: 0   cm: 0

出品!1/80東急「きになる電車」タイプの床下機器「きになるきき」!  

製作した3Dパーツをみなさんのお手元にも届くようにDMM.makeクリエイターズマーケットに置いておすそわけできるようにしました。

6/30日以降は同じ3Dプリンターでの受付ができなくなるということで、全く同じものがDMM価格で欲しい方はお急ぎください。



★概要

東急1000系1017編成「きになる電車」の床下機器を3Dプリンターで再現しました。

きになる電車用に作りはしましたが、1012編成・1013編成以外の池上線多摩川線の1000系(1014~1024編成、わずかな差はあるかも知れない)は全てコレと同じ配置ですのでそちらでも使えます。(1500番台は違う)

Nゲージでも過去に東急1000系の床下機器は作りましたが、こちらをただ大きくしただけでなくディテールも1/80サイズに描き直してます。

そのため、とても重厚で精密な出来です!

特にコンプレッサーとエア配管は必見!


商品に関する詳細は、こちらの記事も参照してください。

製作記1

製作記2

IMG_0204_2020062413182465e.jpg



★商品ページ

こちらからどうぞ。

普通の通販の要領です。

素材は、2020年6月30日まではアクリル(Xtreme mode)、それ以降は、いま行っている検証結果をお待ちください。



★到着したら

混んでなければ1週間ほどで到着します。

造形不良を確認して、あったらDMMに問い合わせてください。

出力・サポート材処理・配達までは私は一切関知できません。

設計そのものに関する問い合わせは当方までお願いします。


問題なければ慎重に洗浄して、プライマー入りサーフェーサーを吹きましょう。

そこで造形がよくわかるようになるので、これでまずはごはん3杯いきましょう。

IMG_0175_20200624131823d05.jpg



★塗装

お好みの色を塗りましょう。

名だたる完成品メーカーでは、床下機器は半光沢〜3/4つや消しであることが多い印象です。

それくらいなら3プリンター特有の成形跡もわかりにくくなるでしょう。

配管コックやコンプレッサーの耐熱塗装(シルバー)の色差しをしたら、もっとイイ感じになるはずです。

IMG_0247_20200624131825005.jpg



★取り付け

ベース板の下辺が車体裾と合うように高さを合わせて接着剤で取り付けます。

位置はだいたいセンタリングでOKです。

しかし気を付けないと繊細な配管が台車に当たりますので、台車の可動範囲を確認しながら取り付けましょう。

IMG_0293_202006181758134d7.jpg


★完成

思う存分ニヤニヤしましょう。

またごはん3杯いけるはずです。

口笛のようなブレーキ緩解後や、すすり泣くような東洋GTO-VVVFの音を頭の中で再生しましょう。

IMG_0291_20200618175811486.jpg


★取り扱い注意

硬くて脆い素材ですので、収納時など取り扱いには要注意です!

カツミの純正ケースは加工の必要がありました。

でも、これを買おうという方なら大丈夫ですよね!!

私も安心してこの部品を公開しております。



★製作あとがき

いやー

HOゲージサイズ(1/80)でちゃんとディテールも攻めて3Dプリンターで作った床下機器はかなりの見栄えアップに貢献できますね!(やりすぎて吐きそうになったけど)

配管まわりはロストワックスという手もありますが、コストはたぶん3Dプリンターのほうが安いです。

ロストワックスは頑丈ではありますが鋳物なのでピシッとした直線が出ていない場合もありますが、3Dプリンターパーツは完璧な寸法でピシッと出ますので、見た目もダレないです。

配管パーツなんかは取り扱い超注意なのがちょっと難点。

でも、丁寧に扱える自信があるならオススメです。

成形跡はなかなか気になりますが、ロストワックスやホワイトメタルのブツブツと天秤にかけたらいい勝負のような気もします。

3/4ツヤ消し塗装にするなら大丈夫じゃないですかね〜(側面のは消えない)

配管やコンプレッサーなど細かいディテールのものは成形跡は気になりません。


1/80サイズでの別の機器の出力依頼があるので、まだしばらく3Dプリンターの限界を攻める日々は続く。

予定…HB-2000、C2000M

DMMは今まで床下機器を出力していた装置でのサービスを終了するというので、検証次第ではこれらは別のところで出力してもらうことになると思います。

この件に関する記事も書くつもりです。



最後になりますが、コレを製作するにあたりご協力いただいた東急1000系ファンのめかまさん(@TKK_thousand)に厚く御礼申し上げます。

Posted on 2020/06/24 Wed. 12:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  東急1000系  床下機器 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ