FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

トミックスJR209系京浜東北線をドレスアップ2/3  

まずは車体をバラバラにします。

IMG_0193_202003141702141ab.jpg

台車と車輪、床板、室内パーツはそれぞれ塗装に入るので洗浄しておきます。

ついでにボディーも洗浄してピカピカにしましょう。



★足回り、床下加工+塗装+ウェザリング


IMG_0164.jpg

今回初めて銀河モデルのパーツを使い波打車輪を再現します。

負荷がかかる部分ではないので手軽にスプレーのりで貼り付けました。

☆ビフォー
IMG_0194_20200314170004336.jpg

☆アフター
IMG_0195_2020031417000678d.jpg

床下、台車、車輪はウェザリングをするので下塗りをしておきます。


IMG_0204.jpg

車輪塗装用の治具をつくりました。

事務用の穴あけパンチの穴の直径が絶妙だと言うことに気づき、ダンボールに穴を開けて作りました。

若干穴の方が大きいですが、吹き付ける角度を工夫すれば、段ボールの厚みも手伝ってそこそこなマスキング効果が得られるはずです。

IMG_0210_202003141704583e2.jpg


使用したのはガイアノーツのニュートラルグレーⅤです。

台車と床板も同様に塗装しました。

ほとんど色は変わりませんが、生のプラスチック感は消えました。


続いてウェザリングです。

使用するのは、タミヤアクリルのフラットアースです。

汚し具合は中程度にしてくれと言われています。

抽象的ですが、私の思う中程度と言うことで良いそうです。


IMG_0213.jpg


IMG_0212_20200314170644dc1.jpg

できました!

うっすらとグレーが分かるくらいの感じにしました。

導通パーツは、魔法の液体を使って逆にピカピカにしました。

導通は加工前より改善されるハズです!

マスキング漏れが懸念材料の車輪は、踏面を乾拭きで拭ってやれば大丈夫でした。



★室内塗装


IMG_0032.jpg

室内は塗装で表現してほしいと言われていました。

座席はブルー。

使用したのはGMカラー16番です。

すぐ近くで室内灯の光にさらされるため、暗めの色にしておきました。

マスキングが面倒な車端分は筆塗りです。

優先席もしっかり塗り分けました。

塗装前の写真は忘れた。



★カプラー交換


IMG_0244_20200326172628970.jpg

カプラーは、TOMIXのTNカプラーからKATOのボディマウントカプラーに交換します。

これに後付けのジャンパ栓パーツを取り付け、さらに連結面のリアリティを上げます。

ただしそこそこの加工が必要になります。

KATOカプラーは、4581C3。



IMG_0250_2020032617262973a.jpg

ジャンパ栓はZ04-5589です。

ダンパーを切り取り、ジャンパ栓にのみ塗装とウェザリングを施し、連結機能のあるカプラーはそのままにしておきます。

上の写真は加工前と加工後です。


取り付けに関しては綿密な調査が必要です。

連結面間隔は少し余裕を持たせないと連結できないし、高さも注意しないとボディと干渉します。

他のKATO製モデルも使って高さを決定し、スペーサーをかまして取り付けます。


IMG_0249_202003261728456a2.jpg

床板への取り付けはネジ留めです。

エコーモデルの精密ネジ1.2×3mmネジです。

動力車も頑張ってネジ留めにしました。


IMG_0029_20200401162445c55.jpg

繋いだらこんな感じ。

いいですね!

これ以上連結面を狭めたら、充分に押し付けられなくなり連結できなくなります。

これが限界です。

もう1ついいことがありました。

ジャンパ栓は連結するもの同士の片方に付くので、編成を組むときに間違えることがなくなります笑



★先頭床下

先頭床下の精密感アップのために市販パーツの取り付けをします。


IMG_0007_20200326181701aff.jpg

こちらはガレージメーカー西多摩車両工業の3Dプリントパーツ「209系用スカートA」です。

Aは川崎重工製、Bは東急車両製という区別です。


IMG_0020_20200326181702b9d.jpg

組み立てるとこんな感じ。

慣れてないと危ないのは、ウチのも含めて3Dプリントパーツ全てに言えることです。


IMG_0022.jpg

精密でいい感じです!


IMG_0024_20200326181705b46.jpg

寸法が少々きつめですがうまくやれば入ります。

怖い人は床板側面と接触する面を削りましょう。

コレをつけると床板とボディも少々きつくなります。

前面側、妻面側の好きなほうを削りましょう。


IMG_0025_20200326181706204.jpg

ATC受電器は1067mm/150のファインスケールのようですので、レールの真上にはきません。

これは設計するほうとしては悩ましいでしょう。

昔東急のを作ったとき、私は9mmに合わせたと思います。

いくら泣いてもレールは9mmゲージで、受電器はレールの真上にあるべきものだということで。



次回はボディの加工と仕上げです!
スポンサーサイト



Posted on 2020/04/05 Sun. 13:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  JR209系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

トミックスJR209系京浜東北線をドレスアップ1/3  

ブログ編集する時間とれねぇなぁ。

だれかボランティアでやってくんねぇかなぁ。

ボランティアって、体のいい「タダ働き」の言い換えですよね。

東京オリンピックは、上級国民は利権をむさぼり、我々愚民の中から「やりがい」という詐欺にかかった奴を使って運営される悪徳イベントです。

国際機関がそれを承認しているんだから、俺だってその手の詐欺を働いてもいいはずです。



「やりがいは盲目」


「あの金はどこへ消えた」





さて、本題です!


IMG_0131_202003141633539e8.jpg

トミックス209系京浜東北線がやってきました!

わーい京浜東北線だぁ!


IMG_0141_20200314163354c9d.jpg

209系10両!

昔、おそらく初めて手にしたトミックスのカタログを見ながら憧れたひとつです。

新車だ!TNカプラーつけられる!常点灯対応だ!とカタログでは輝いていたあの日はいつへやら、今は全車が京浜東北線からは退いています。

あのときの憧れを思い出します。

憧憬ってヤツです。



★色々見てみましょう

まずは点検がてら色々見てみましょう。


IMG_0133_202003141644538d9.jpg

ヤフオクで手にいれたというこちらは、既にいくらか手が入れられています。

ドアのゴムにスミが入れられているし、車番インレタも貼られています。

このように手を加えられたものは中古市場では価値が下がるそうです。

私がコテコテに改造した鉄コレはどうなるんだろう…


IMG_0055_202003141644564d9.jpg

ライトはちゃんとつきますがそこは当時の市販完成品の性能、明るくはないんだろうなーと思ったら、けっこう頑張っています。

旧製品だと思っていましたが行き先が白く光っているので、これはLEDの基盤を搭載した最近の製品でした。

集電の方式が昔のものだったので、つい。


IMG_0056_20200314164457e65.jpg

テールライトは光がダダ漏れで、ヘッドライトがうっすら光ってしまっています。

これはいけません。


IMG_0053_2020031416445939c.jpg

横から見たら黒いでかいライトケースが鎮座しているのも完成品の製品の特徴だと思います。

行き先など、オデコ部分に光らせたいものがある場合はこうなりがちです。

室内灯を入れるとその存在感が際立ちます。

ちなみに私のライトユニットならこんなことにはなりません笑


IMG_0139_20200314164452eda.jpg

床下機器は、キッチリ三菱のGTO-VVVFを再現しています。

三菱GTOというと車のほうを思い浮かべる人のほうが多い気もしますが、こちらは三菱電機ゲートターンオフサイリスタ。

車のほうは三菱自動車グランツーリスモホモロゲート(イタリア語)だったと思います。


ところで帯の色、なんか暗い気がします!

いつだったかのユートレインズ完成品E233系京浜東北線もこんな少し暗い色でしたね…。

カタログで見た感じだともっと明るい色なのですが…

撮り方で誤魔化してる?


IMG_0137_20200314164454124.jpg

動力はフライホイールのない旧式です!

気になるのは車輪が黒になっていることで、台車だけ交換したんですかね?

少し動きがぎこちないですが、整備でなんとかなりそうです。



★おらさい

今回はこちらに色々ドレスアップを施します。

具体的には、

・車輪を波打ちにする
・床下、台車、車輪を塗装
・室内を塗装
・スカートまわりや細かいパーツを3Dプリントで実感的に
・色んなステッカーや表記類貼り付け
・その他軽微な修繕(ヤフオク入手のため)


で、ウラ5編成に仕立てます。



順番に取り掛かりましょう。

Posted on 2020/03/14 Sat. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  JR209系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ3/3:ボディ塗装・完成  

★変わりゆくボディ

ここからは高級塗料でグレードアップです!


順番はグリーン→ベースグレー→テカテカシルバー→(前面のブラック)→マットなシルバー→屋根グレー

です。


グリーンはツヤありである必要があります。

テカテカシルバーのためには平滑な下地が必要だからです。


IMG_0278.jpg

できました!


IMG_0286_20200118110911930.jpg

マスキングは難儀でしたが、幕板部分に塗り分けはないのでいくぶん楽です。


IMG_0300_202001181109133ad.jpg

下地用グレー。


IMG_0302_202001181109143b8.jpg

テカテカシルバー。

いいですね!

このテカテカシルバーはガイアノーツのプレミアムミラークロームという塗料です。

エアブラシ専用ですが、うまく下地を作って塗ってやればメッキのようなすごいシルバーになるのです。


IMG_0316_202001181116246aa.jpg

難儀なマスキングです。

幕板、腰板、ドアの縁をマスキング。

できたらアルミシルバーを吹きます。

Nゲージですから特に慎重に吹きましょう。

できるだけニードルを絞って粒子を細かくし、ブツブツをわかりにくくします。


IMG_0335.jpg

いいですね!

IMG_0343_20200118111626cf1.jpg

最後に屋根を塗って塗装完了です。


IMG_0337.jpg

屋根は塗り方を工夫してブツブツになるようにしました。


IMG_0348_202001181116297eb.jpg

できました!


IMG_0349.jpg

いいですね~!

マイクロエースが一級品になりました!


IMG_0351_202001181116322f4.jpg

映っています、映っています。

IMG_0353_20200118111634c17.jpg

書くのを忘れましたが、顔のブラックはアルミシルバーとテカテカシルバーの間に塗りました。


IMG_0355_202001181125446c8.jpg

再組み立て。

ガラスパーツなどは取り付ける前に洗浄して長年で溜まった手垢などをキレイに落としました。

ステッカーも貼りますので、ヨゴレはNGです。

透明度も取り戻せるし、手間をかける価値のある洗浄です。

IMG_0370_20200118112550ed1.jpg

作ったインレタを貼りました。


IMG_0366_20200118112741f24.jpg


IMG_0373_20200118113201559.jpg

扉にスミ入れをし、ドアステッカーを貼りました。

扉まわりが引き締まりました!



★完成


IMG_0378_20200118130120f36.jpg

合体して、細かいところの修正や調整をして完成です!


市販完成品のグレードアップ塗り替えは初めてでしたが、やれば変わるモンですね~

手間はかかりすぎるし圧力調整の効くエアブラシ必須なのでオススメはできませんが、「模型は塗装」が実感できる加工だと思います!

もしやりたくなった場合はインレタが必要かと思いますが、1部だけなら余剰があるので同志はメールフォームから連絡ください。

IMG_0380.jpg

映りこみかたの違いがわかります。

近くにモノがあるとよくわかるので、是非貸しレイアウトとかで情景の中を走らせてほしいと思います!

IMG_0379_20200118130121b3b.jpg

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ
おわり


Posted on 2020/01/21 Tue. 02:07 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  マイクロエース  国鉄207系900番台 
tb: 0   cm: 0

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ2/3:室内・床板・塗装準備  

★室内や床下

ボディのグレードアップだけでなく室内と床下機器も塗装をしてほしいと言われています。


IMG_0900.jpg

室内は簡単なモールドがあるので、それを実車どおりに塗り分けです。

この成形色の青はおそらく座席の青を模したものだと思われますが、この色は確かに違いますね。

青みが強すぎです。

もう少しグリーンが入ります。


IMG_0913.jpg

バラバラにして洗浄。


IMG_0919.jpg

IMG_0968.jpg

ついでに導通部品は魔法の液体でピカピカに。

中国の工場のパートのおばちゃんの手垢も全部取りました。

IMG_0964.jpg

床板塗装はこんな感じ。

裏返しのが元の色です。

いかがでしょうか。

IMG_0971.jpg

優先席も塗り分けました!

IMG_0967.jpg

床板と台車はセミグロスブラックに塗りました。

「成形色感」はなくなりましたが、劇的な変化には乏しかったです。


IMG_0970.jpg

できました!



★ボディ塗装準備

ボディに取り掛かりましょう。

塗装を落とす前にピックアップしなければならないものがあります。

マーキングと帯の色です。



★マーキングピックアップ

塗装を落としたらマーキングもすべて消えてしまうので同じマーキングを作ります。


IMG_0169_20200118110903695.jpg

もとの大きさと同じ原稿を描きます。

これはテスト印刷で大きさを確認しているところです。


IMG_0032-2.jpg

できました!

IMG_0361_20200118112547edd.jpg

Nゲージサイズではやはり少々かすれますね。

でも普通の距離で見たら分からないレベルです。


IMG_0172_202001181109052ff.jpg

大きさは全く同じです!



★色のピックアップ

元の塗装にできるだけ近い色を先に作っておきます。(全く同じ色は作れない)

すごいシルバーのためには下地がとても重要ですから、ツヤありの帯色を作ります。


IMG_0183_20200118110907734.jpg

イイ感じの色ができました!

常磐線はただの緑ではなく、エメラルドグリーンです。



★塗装を落とす

ピックアップも終わり、これで塗装を落とせます。


IMG_0186_20200118110908ea7.jpg

塗装を落としたら真っ白でした!

室内灯を仕込むのに白成型で大丈夫なのかと思ったら、思ったより光は通しませんでした。

真っ白なのに透けることはない…、まるで私のハートのようです!



すいません今度こそもう言いませんこういうこと。

Posted on 2020/01/18 Sat. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  国鉄207系900番台 
tb: 0   cm: 0

マイクロエース国鉄207系900番台をグレードアップ1/3  

マイクロエースの国鉄207系900番台がやってきました!

IMG_0083_20190228223248933.jpg


★「国鉄」207系900番台

207系と言えば私としてはJR西日本のあの207系を思い浮かべますが、あれは「JR西日本」207系でこちらは「国鉄」207系で全く違う形式です。

常磐線の千代田線直通用で、国鉄として初めてVVVF装置を搭載させた試作車です。(国鉄最初で最後のVVVF車)

試作ですから1本しかいなかったレア電車です!

VVVF音も私の大好物のやつですし、乗ってみたかったなー。


★点検


IMG_0094_201902282232506c7.jpg

もしも205系が地下鉄直通仕様になったら…という感じの顔立ちです。


IMG_0097_20190228223251c93.jpg

側面は完全に205系です!


IMG_0100.jpg

床下機器を見れば205系とは全く違うということがわかります。

その象徴がこちらのVVVF装置。

私の大好物の音を発するものです。

試験導入ということで、編成に搭載される6基のVVVF装置は製造メーカーが全部違うそうで、でもそれぞれの装置の中には同じメーカーで作った部品が入っているということで音は同じ。

関わった会社は東芝、三菱、東洋電機、日立、富士電機というオールスターぶりです。


IMG_0107_201902282234556f4.jpg

色々言われる動力ですが、ウチに入場してくるマイクロエース動力にはなぜかハズレがありません。

今回も当たりか~?なんて思っていたら、

プツン

きたーーーー!!!

ダメ動力!

要整備です!


IMG_0112_2019022822345662d.jpg


IMG_0110_20190228223458a88.jpg

ライトは普通です!

私のライトに取り替えれば凄いことになりますが、今回はナシです!



今回はこちらをグレードアップ改造します。

内容は、

・塗装を落として塗り直し
・車番も作り直し
・室内塗装
・床下塗装


です。


★詰め替え

10両ウレタンに入れ替え、コンパクトにしましょう。


IMG_0090_20190316114333e0f.jpg

しかし、マイクロエースのケースはなんでこんなにキツキツなんだ?


IMG_0124-2.jpg

できました!

10両、2両分だけ縦になっているのをどう処理するのかは個人差があるようです。

でも、共通するのは決して「顔」を下にしないことです。


★バラバラに

マイクロエースの塗装は見納めです。

全て私の手によって塗り直されます。


塗装落としに先駆けてバラバラにします。

IMG_0060_201903172115519a2.jpg


マイクロエースはトミックスやKATOと違い、色んなパーツが接着剤で取り付けられています。

破壊しないように慎重に作業を進めます。


IMG_0062_201903172115527bb.jpg

バラバラになりました!



次回、どんどん変身します!

Posted on 2020/01/14 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  マイクロエース  国鉄207系900番台 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ