FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

阪急4050型Nゲージ修繕  

阪急4050型のNゲージモデルがやってきました!


IMG_0232-2.jpg

ヤフオクで落としたというこちら、ボディはとってもシャープな出来で真鍮キットのようです。


4050型とは事業用車で、主に救援(故障して動けなくなった列車を引っ張って移動させる)のための車両だそう。

ほとんど出番がないそうで車庫に眠っていることがほとんどだそう。(良いことです)

阪急ごっこをやるときのアクセサリーとして導入したようで、自走もしなければライトもつきません。


3両ある全てなぜか4052号になっていますが、今回はコレを実際どおり4050、4051、4052にしてくれという依頼です。

コーポレートマークも貼り付けます。

修繕もします。

形態も直します。


★ナンバー

4050型のインレタを探してもなさそうだし、別件で白インレタを作る用事があったので隙間に忍びこませました!

IMG_0116_202003141751548d7.jpg


サイズを確認したら、普通の旅客電車と同じ大きさでした。

センターから寄ってるし、車体幅も違うっぽいのでわかりにくかったです。

現物合わせで確認した答えが、「普通の旅客電車と同じ」です!


IMG_0246_202003141754532a2.jpg

もとのやつを取るのは意外と大変でした…

こちらは魔法の液体に浸けているところです。


IMG_0277.jpg

どうしても取れないヤツは、サンディングで取ってからリペアという手段を用いました。

おそらくツヤ消しのデコボコした表面にデカールがしっかり食い付いているからだと思います。


IMG_0278_20200314175456bac.jpg

リセットされ、形態も考慮しながら車号を割り振りました。


★コーポレートマーク

IMG_0286_202003141804519c3.jpg


こちらも「普通の電車と同じ」です!

窓もなく対比で確認もできませんでしたが、なんとか導き出しました。


★形態合わせ

4050号と4051号は密連とのことですのでそのようにします。

ちょっと修繕して完了です!


IMG_0290_202003141804495f0.jpg

IMG_0287_2020031418045312d.jpg

IMG_0282_202003141804546f2.jpg



ホワイトメタルと思われる台車につけられた車輪はガバガバです。

走行はできますが、連結解結のさいに力加減を注意する必要があります。

目で見てわかるくらい反っていました。

弾性のないホワイトメタルですから、車軸を挟む具合はカッチリ決めないと走らなくなるor車軸が抜けやすくなるという症状が出ます。

集電機能も付加しにくい。

自分のNゲージキットにホワイトメタルの台車が入っているのを見たら、たぶん3Dプリントを選択するでしょう。


ちなみに、こちらの3両は走らせる予定はなく阪急ごっこをするときに情景として使用されるとのことです!
スポンサーサイト



Posted on 2020/03/25 Wed. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急4050型 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急3000系の見栄えアップ  

鉄道コレクションの阪急3000系がやってきました!


IMG_0247_2020031418181159c.jpg

いくらか手が入れられているこちら、ヤフオクで手に入れたそう。

クリアー塗装、前面だけ車番、色さし、動力+走行化、ライトのグレードアップパーツ化だけしてあります。


IMG_0248_202003141818129ef.jpg

3150=サイコー編成。

…と呼ばれているかどうかは知らない。

IMG_0249_20200314181814262.jpg

前面床下にはなんだかよさげなエッチングパーツがついています。

受電器とジャンパ線もひとつのパーツのため耐久性も良さそう!

これに今回はナンバーとコーポレートマーク、▽インレタをちゃんと全部貼って、行き先も貼って見栄えアップをしてくれという依頼です。


★全部入り


IMG_0262_2020031418204826a.jpg

IMG_0261_20200314182046166.jpg

「貼る」系が揃っているジオマトリクスの製品です。

2セット預かっていますが、今回依頼の3150編成はありません…。

この製品自体は良さそうです。


★ナンバー

市販品の並び替えでも対応できるナンバーですが、センタリングなどがややこしいため出来上がったインレタがあれば尚可です。


IMG_0115_20200314182625ea6.jpg

白インレタを作る用事があったので、隙間に忍びこませました!


IMG_0263_2020031418205075b.jpg

白▽も忘れずに。

IMG_0260_20200314182051df0.jpg

いいですね!

市販インレタの中にはなんか薄い感じがするものもありますが、私が頼んでいる業者はクッキリ濃く出来上がりますので心なしか存在感も違います。


シールを貼ります。

晩年の伊丹線仕様とのことで、塚口⇔伊丹です。


IMG_0267_20200314182053b13.jpg

いいですね!

これで完成です!


IMG_0268_202003141823278bf.jpg

IMG_0270.jpg

ある程度出来上がっていたとはいえ、床下機器もやらない、ライト点灯化もしない、ツヤツヤ塗装もしない、すみ車らしさはほぼゼロの依頼です。

オリジナルインレタが貼ってあるくらいです。


つまりかなり軽い加工ということですが、阪急の鉄コレの場合はこの軽い加工だけでかなり見栄えは変わりますので是非やってみてください。

ということを言いたい記事でした。

Posted on 2020/03/20 Fri. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急3000系 
tb: 0   cm: 0

カツミのHOゲージ阪急9000系を仕上げ+グレードアップ!2/2  

★ナンバー貼り

以前の新8300系と似ている箇所からやっていきましょう。


IMG_0149_20190930134406b58.jpg

以前も使用したマッハ模型の洋白エッチングの切り抜きナンバーを使用します。

8300系のときの余りで今回の編成はまかなえます。


IMG_0222_202002131849288c6.jpg

前回と同じように貼り付けガイドを作って位置決めをしやすくします。

車体にはビートも何もなく基準を取るための目安が近所にないので、この貼り付けガイドはとても便利です。


IMG_0224_202002131848401da.jpg

いいですね!



★前面車番

前面車番は適切な大きさの製品がないのでエッチングで作ることにしました。



原稿作り!


IMG_0208_20200213185549933.jpg

大きさは、印刷してみて確認します。


IMG_0016_202002131855494b3.jpg

インレタが出来上がりました!


IMG_0047-2.jpg

0.1mm厚の洋白板に貼り、エッチングです。


IMG_0051_20200218224424de3.jpg

ついにエッチング液が底を尽きて新しく買いました。

もとはといえばエッチング液を「頂いたから」エッチングに挑戦してましたが、エッチングはだんだん私の中の加工方法のひとつとして地位を占めてきましたね。

足りないとか抜かすようになりました。


IMG_0068_202002182240005e9.jpg

いいですね!



★阪急コーポレートマーク

9000系は8300系のときのように戸袋ではなくナンバーと同じ腰板につき、大きさも違います。

上の写真にもあるようにエッチングで表現しようと試みましたが、線が細くてうまくいかず泣く泣くデカールにしました。


IMG_0096-2_20200218230110005.jpg

でもそんなに悪くないかも。

台紙をあとで剥がすタイプのデカールでしたが、経年変化でどうなるかは未知数です。

要経過観察です!



★ヘッドライト

梅田行きの先頭になるC#9000のみヘッドライトは登場時の電球照光に換えてくれと言われています。

光源はLEDとわかっていたので、あとはどんなふうにボディと合体されているかが気になるところでした。

慎重に分解しました。


IMG_0008_202002131910259e4.jpg

こんな感じの穴に


IMG_0004.jpg

こんな感じの足つきLEDが突っ込まれていました。

1灯につきひとつのLEDでした。


IMG_0012_20200213191028356.jpg

回路を調べた上で、手持ちのФ3.0電球色LEDに交換。


IMG_0010_202002131910277f3.jpg

こちらのパーツもも加工します。

電球照光のやつはこの丸い穴ではありません。


IMG_0054_20200213191030722.jpg

こうなんです。

IMG_0056_2020021319141798b.jpg


ライトレンズがないと不自然かなーと思いましたが、組んでみたら意外と大丈夫そうなのでそのまま空洞にしました。

IMG_0057_20200213191416974.jpg


ライトが光っても変な感じにはならないです!



★小パーツ

ステップと連結器、胴受けを交換し、ワイパーを取り付けて完了です!

IMG_0085_202002182240022cf.jpg



★パクリ


IMG_0074_2020021822395858f.jpg

あれ?

なんかネジが前面にひっつくぞ?

実は中に強力磁石を仕込み、KATOのクイックヘッドマークと同じ構造にしました!


IMG_0284_20200218224555e68.jpg

ヘッドマークも作りました。

こちらは9000系のデビューヘッドマークです。

言うまでもなく磁力でくっつく仕組みで簡単に脱着でき、これで2種類の表情を楽しむことができます。


Hankyu9000HM.jpg

こんな感じです!

いいですね!



★完成

IMG_0092_20200218230404465.jpg

完成です!

シンプルな配色の阪急車ですから、やはりナンバーの存在はでかいですね!

コーポレートマークだけがちょっと心残りですが、チャンスがあればまたトライしたいと思います。


ていうか1/80サイズの現在の社紋とか出せば需要はあると思うんですけどねぇ、作ってくれませんかねぇ。

同時に、ナンバーのフォントも似せたものを、近年の車両の前面車番の大きさの数字も同時にお願いします。

自作エッチングは金も手間も時間もかかるのです…

Posted on 2020/02/19 Wed. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  阪急9000系 
tb: 0   cm: 0

カツミのHOゲージ阪急9000系を仕上げ+グレードアップ!1/2  

加工依頼として新品のカツミの阪急9000系がやってきました!


IMG_0122_2019103023471126e.jpg

デカイです!(なんだその感想)

基本4両セットと増結4両セット、計8両です。


IMG_0125_201910302347128fa.jpg

IMG_0131_20191030234714aac.jpg

マトリョーシカのごとく箱の中に更に箱が…

IMG_0134_2019103023471591e.jpg

やっと見えてきました!

厳重というか大げさというか、そんな梱包です。

IMG_0154_20191030235232dc8.jpg

でん。

やっと1両取り出せました!

IMG_0140_20191030234716409.jpg

ででん。

8両です!

さすがに迫力があります!

IMG_0156.jpg

顔の造形はイイ感じです。

でもやはりナンバーがないと変な感じです。

金属製だけあってかなり重量があります。

形態は、2015年発売当時のものと思われるヘッドライトがLEDのスタイル。

カツミの増税前30%OFFセールで手に入れたというこちら、もちろん新品です。


IMG_0194_20191031001344772.jpg

塗装は、いつものカツミです。

ブツブツです。

何でこんなに梨地なのでしょうか。

希釈具合を間違えたか、効率を優先して硬化材を入れすぎたか、厚塗りしすぎか…。


イケナイのはドアと仕上がり具合が違うことです。

ドアの仕上がりはまぁまぁまともだと思います。

ドアを別に塗ってあとから組み立てるのは支持しますが、仕上がり具合は気にしないとダメです。

一回カウルがついたバイクのプラモデルを作ることをオススメします。

アイボリーとの塗り分け線はいつものようにケバケバです。

うん、厚塗りなんですな。


IMG_0158_20191031001450fd0.jpg

IMG_0159_2019103100145282a.jpg

台車。

車輪が波打ちなのがイイです!

特筆すべきはボルスタアンカーで、車体に固定されているため実感的です!

台車の首振り角度を制限されますが、R550は余裕で通過できるのでいいと思います。

編成にして斜め前から側面を見たら気持ちイイでしょうな。

集電機構はいつも通り。


IMG_0157.jpg

床下機器はいつものカツミです。

ロストワックス製法と思われる機器が並んでいます。


IMG_0195_2019103100230359d.jpg

奥行き感はなく薄っぺらいです。

ディティールもイマイチです。

アレを見てしまったあとだと物足りないです。



走りは普通でした!

IMG_0196_20191031002342548.jpg


金属の8両ということで3M5Tかなー、実車も3M5Tだから実車と同じ配置かなーと思ったら、なんとT車にモーターが積まれていました。

機能的に問題ないのは分かっていますが、私はコレはなんか気持ち悪いんですよ~


IMG_0180.jpg

ライトオン。


IMG_0173_20191031005427abc.jpg

IMG_0178_201910310054297c4.jpg

IMG_0172_2019103100542843a.jpg


ヘッドライトはLEDのため、スピードをあまり出さなくともまともに光ってくれます。

Nゲージではマストな常点灯というものは、概念そのものがHOゲージの世界にはありませんが、LED照光ならそれっぽくできたりします。


IMG_0187_20191031005523c0f.jpg

これらのスイッチでライトを全消灯したり、急行灯だけをOFFにしたりできます。

片側だけONも可能のようです。


IMG_0162_2019103100333910a.jpg

室内灯は光の強さも色もとても素晴らしいです!

うまくお伝えできないのが心苦しいです。


IMG_0166_20191031003340c8c.jpg

室内はカツミらしからぬ頑張りです。

イスが設置されており、端のパイプまでちゃんとあります。

最近エンドウやカツミがちゃんと室内を作るようになっているのはU-TRAINSやでんてつ工房の影響だと思っています。

IMG_0168_201910310033413c7.jpg

配線が丸見えです!


IMG_0136_20191031010740b5a.jpg

付属品としては交換用の方向幕、後付けワイパー、ナンバーとコーポレートマークのデカールです。


★目的

さて、今回はこの編成をデビュー当時の姿にして仕上げてほしいという依頼。

内容としては以前の8300系に似ています。

・車番の貼り付け、「9000編成」にする
・コーポレートマークの貼り付け
・▽とか貼り付け
・9000号のみライトを電球色タイプに交換
・ヘッドマークをつけられるようにする
・デビューヘッドマーク作り


です。

阪急の車体はまるーん1色で凹凸もなく、シンプル。

そのため、車番やマーキングを貼ることで見栄えというか印象はかなり変わります。

それは何両も鉄コレを手掛けていてしみじみ感じています。



抜かりなく取りかかりましょう。

Posted on 2020/02/13 Thu. 12:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  阪急9000系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急2300系を大改造8:第2節・2319編成  

2321編成に引き続き、第2節2319編成です。

2016071518180000.jpg

こちらの表示幕改造車の2両セットを2つ使い、4両編成を作ります。

普通の先頭車と普通の中間車2両ずつ使い完成する、最も手軽な編成です!

2319編成、通称ブサイク編成。

おもしろい。

その感じでいくと2323編成は、フサフサ編成ですか。


2319編成は嵐山線仕様。

晩年、本線から追いやられて引退まで活躍した姿です。


加工内容は以下の通り。

・走行化
・ナンバーとか貼り付け
・ツヤツヤ塗装
・ライト点灯化
・妻面配管撤去
・妻面配電箱移設


です。

順に取り掛かりましょう。



★妻面配管撤去

作業難易度:☆☆☆
費用的なお手軽さ:☆
苦労をわかってもらえない度:☆☆☆☆☆

目立たない箇所ではありますが、ウソをつくわけにはいきませんからしっかり配管を消します。

鉄コレの幕改造車の先頭車は全て配管がついています。

桂寄り先頭車はこのままでいいですが嵐山寄りはパンタなし車なので配管があったらおかしいです。

削り取ってしまいます。


IMG_2200.jpg

最初は普通に削り取ってみましたが、配管以外のモールドを残したまま配管だけを削り取り、且つキレイに平面に仕上げるのは非常に困難です。(才能がないだけかもしれませんが)

そのため、この「配管無し妻面」を手軽に再現できるようにジオマトリクスからエッチングパーツが発売されていましたが、もう売っていません…。

そこで、もう自分でやってしまおうとなりました。


IMG_2176.jpg

IMG_2175_20190811182706f38.jpg

インレタを作って両面エッチングです。

本来はフォトレジストを使ってマスキングしてエッチングしますが、その設備がないためインレタです。


IMG_2193.jpg

できました!


IMG_2202.jpg

サイズはピッタリです!

配電箱をつけて色を塗って完了です。

写真は忘れたのであとで。



★妻面配電箱移設

作業難易度:☆☆
注目され度:☆
2300系の形態の多さに嘆く度:☆☆☆☆☆


横から見ただけではどっちの側面も同じ鉄コレボディ。

しかし妻面にある配電箱の位置でどっちが海側か山側かが変わってきます。

貫通路が全部同じだったら単純にひっくり返しただけで済んだかもしれないですが、貫通路の幅が2種類あるせいで簡単にひっくり返すこともできません。

貫通路合わせで向きを決め、配電盤を移設することで対応するのが一番手っ取り早いです。

でも、他のモールドを傷つけずに配電盤だけを削り取って且つキレイに平面に仕上げるのは非常に困難です。(才能がないだけかもしれませんが)

あれ?

さっきも同じこと書いた気が。


IMG_2224.jpg

できました!


IMG_2223.jpg

妻面話題ついでに。

桂寄り先頭車2319号は貫通路にアダプタがあるとのことで、こちらはジオマトリクスのエッチングパーツを使用して再現。



★ナンバーとかインレタ貼り

作業難易度:☆
変身した感:☆☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆☆



作業の中でいくつか「コレをするだけで見栄えがグッと変わる加工」がありますが、このインレタ貼りはその1つと言えるでしょう。

暗い色でツヤもなくビートなどもない車体ですから、白いインレタがポチっと貼られるとそれだけで雰囲気が変わります。


IMG_2227.jpg

いいですね!

使用したのはジオマトリクスのインレタです。


IMG_2226.jpg

特に前面はセンターにデカデカと車番が貼られるためだいぶ印象が変わります。


★ツヤツヤ塗装

作業難易度:☆☆☆☆
缶スプレーでの難易度:☆☆☆☆☆
阪急として完成された感:☆☆☆☆☆


ツヤのない鉄コレボディは阪急らしさゼロ。(大して知らないくせに)

クリアー塗装をするだけで阪急らしさアップです。

つまり、阪急の鉄コレを立派な鉄道模型にするには欠かせない加工です!


IMG_2229_20190811183322436.jpg

クリアーを4回くらい重ねます。


IMG_2233_20190811183321794.jpg

途中研ぎ出しもやってしまいました。

とても骨の折れる作業ですが。コレをすれば平面感アップです。

クルマのプラモデルを作るときに行う作業です。


IMG_2238.jpg

ピカピカになりました!

カッコいいです!


★ライト点灯化

作業難易度:☆☆☆☆(ウチの方式の場合)
オススメ度:☆☆☆☆☆
「鉄コレ」を脱した感:☆☆☆☆☆


2321編成にも施したライト点灯化加工です。

これをすれば価値がグンと上がります。

すごいことやってる自負はあるのですが、検索にも上位にこないしあまり注目されない。(なんで俺の阪急新1000系が出ないんだって思ったりしてます。)


IMG_2269.jpg

ライトユニットの構成はいつもの感じです。

表面実装用でケーブルに繋ぐなんて想定のない1.6mm×0.8mmのLEDをケーブルでつなぎ、3Dプリンターで作ったケースに収めて取り付けます。


IMG_2292.jpg

できました!

テスト点灯です!


IMG_2293.jpg

IMG_2294.jpg

いいですね!



★走行化

作業難易度:☆
誰でもやってる度:☆☆☆☆☆
トミックスに献金してる感:☆☆☆☆☆


鉄コレ走行化キットを使って、トミーテックが想定しているままの加工をします。

車輪取り換え、ウエイト搭載、カプラー取り換えです。

動力は今回は鉄コレ動力です。



★床下機器

作業難易度:☆☆
お手軽感:☆☆☆
万人受け度:☆


鉄コレそのままでは全然違う床下機器。

今回は武蔵模型工房さんで公開しているドンピシャの床下機器を購入して使います。


IMG_0572.jpg

到着しました!


IMG_2335_201911081532385f3.jpg

取り付けたら、とってもリアルです!

床下機器塗装に際して、台車も塗りました。


★屋根の見栄えUP

作業難易度:☆☆
見栄えの変化率:☆☆☆☆☆
見られる度:☆☆☆☆☆

2321編成にも施した屋根の塗り分けを今回も行いました。


IMG_2298.jpg

3色+1で塗り分けられた屋根上。

上から見ることが多い鉄道模型ですから、この塗り分けは大きな価値があります。

+1とはスミ入れのことです。

使用した色は軍艦色2とRLM76ライトブルーとタミヤエナメルカラーで作ったアイボリーです。





★ステッカーとか

作業難易度:☆
まず始めにやってみたらいい度:☆☆☆☆☆
入手しやすさ:☆


IMG_2301_20190811185042ceb.jpg

IMG_2305.jpg

最後にジオマトリクス製ステッカーを貼って完成です。

寸法が合ってない…。

しかもステッカーはいくらが厚みがあるので、今回の鉄コレボディにはうまくフィットしません。幕の部分が掘ってあればよかったのですが…



★完成


IMG_0201.jpg

完成です!

IMG_0199.jpg

ブサイクブサイク言いよってからに、全然ブサイクじゃないじゃんか。

試運転動画は嵐山線が全部できたら撮ることにしましょう。


第1節から第2節のあいだに方針変更がなされ、当初長短合わせて5本の予定だった2300系は6本製作されることになりました。

追加になったのは同じく4両の2309編成です。



第3節は7両の2313編成の予定です。

Posted on 2019/11/12 Tue. 23:19 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急2300系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ