FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

鉄道ホビダスの阪急8000系を製作5:ボディと屋根組み立て  

ボディが出来上がったら、次はボディ組み立てです。


IMG_0044_2020092116254851a.jpg

何か足りない気がするのは、窓枠のシルバーがないからだと思うんです。

窓枠は別パーツになっていて、おかげでピカピカツヤツヤ塗装がやりやすかったです。


IMG_0045_202009211627088a6.jpg

窓枠はフラットな感じのシルバーですので、グリーンマックスカラーの8番を使用しました。


IMG_0049_20200921162551c16.jpg

いいですね!

次はガラスパーツです。

IMG_0048_20200921162550024.jpg


全てのガラスにパーツが充てられています。


IMG_0053_202009211625534ea.jpg

方向幕にも充てられていますが、こちらは先に白を吹いて光にムラができないようにします。

専用の光源を置くかは未定です。


IMG_0278_2020092122513875f.jpg

いいですね!


IMG_0141_20200921163028236.jpg

前面も締まってきました!


IMG_0062_20200921163153145.jpg

妻面の消火器の出っ張りと思われるパーツ。

幌と一緒にまるーんに塗って取り付け。


IMG_0284_20200921225140d48.jpg

妻面はこんな仕上がり。



★屋根

続きまして屋根です。

屋根の構成はグリーンマックスNゲージと同じです。


IMG_0005_202009211636089b9.jpg

屋根全体はMr.カラー軍艦色2で塗りました。

ツヤ消し仕上げとし、ピカピカの車体との対比でお互いがより映えるハズです。

IMG_0069_20200921163609054.jpg

あのままだとなんだかノッペリしてるなーと思ったので、ヒューズボックスの根元やパンタ台などは同グレーFSで塗りました。

少しは見栄えがするようになりました!


IMG_0064_202009211636516fb.jpg

機器類も同じ色に塗りました。


IMG_0070_20200921163653cc7.jpg

こちらはクーラー。

ノッペリしてますね〜

塗装すればいくらかマシになりましたが、これじゃ1/80の良さがないですね。

悪いですけどNゲージレベルです。

ホビーメイトオカあたりにイイのがありそうな気もしますが。


IMG_0354_20200921164441e65.jpg

こちらが今回使用するパンタグラフです。

IMON製PT48(2本ほーん)です!


IMG_0357_20200921164441885.jpg

穴の位置はほぼ合っておりました。

ネジ固定ではない仕様になっていますが、やろうと思えばネジ固定にもできます。


IMG_0277_20200921225138aaf.jpg

部品を全て取り付けました!

いいですね!

だんだん完成のイメージができてきました!



次回は床板の話をしましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2020/09/22 Tue. 18:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  ホビダス  阪急8000系 
tb: 0   cm: 1

鉄道ホビダスの阪急8000系を製作5:3Dプリンターでディティールアップパーツを作る  

ここで3Dパーツに取り掛かりましょう。

今回の8032編成、室内も再現してくれと言われています。

付属品には内装は全くないので、全て自分で用意することになります。

座席(ロングシート)は市販品がありますが、目立つ乗務員室まわりは市販品がないので3Dプリンターで作ることにしました。


HO-Hankyu8000-Wall.png

一番見えると思われる乗務員室仕切り。

2枚を組み合わせて使う構造で、間にガラスパーツを入れる予定です。

椅子のカタチはこだわりましたけど、ライトユニットと干渉するかも知れないんだよな〜


HO-Hankyu8000-Console.png

運転台です!

ボタンのひとつひとつまで描きました!

デッドマンまで描きました!

8000系はGUIではないのですがいわゆるアナログメーターではないため、こんな未来風な見た目になっています。

こういった形のものは3Dプリンターで出力する時には『向き』というものが大事になってきます。

一番キレイに出力したい面を上向きに配置するのですが、微妙な角度のついた運転台はどこかの面は犠牲にするしかありません。

今回はパネル面を上にしました!

マスコンハンドルはニュートラルくらいの位置にしておき、サポート剤がボタンも何もないところにしかつかないようにしています。

ボタンや受話器のディテールは少し崩れてしまうかも知れませんが、たぶんそこまで変なことにはならないハズです!


HO-Hankyu8000-Kabe.png

謎の壁。

たぶん増結する時とかに中のドアを開いたらこことくっついて通路にするための壁だと思います。

細いからちょっと破損が心配。

HO-Hankyu8000-Haichi.png

こうすればわかりやすいと思います!


HO-Hankyu8000-Horn_20200915211130062.png
  /ファーン♪\

阪急電車の前面床下に絶対ある謎の丸いやつというふうに印象があるこのラケットのようなもの。

タイフォンとそのカバーです。

コレを再現するのは大きいと思います!


HO-Hankyu8000-Zaseki.png

ロングシートの端。

カツミの完成品にエッチングと思われるパーツが付いていましたが市販はしていないとのことで、手間ですが作ることにしました。

パイプは壁に突き刺さっているので支えがあるのはおかしいですが、強度を確保するためにつけています。

大丈夫そうならあとでカットすればよいのです。


Hankyu8000-LightCase.png

ディティールパーツとは違いますが、3Dで作るので一応。

専用ライトケースです!

今回は行き先表示も点灯するので、それ用のケースも書きました。

光の角度とかを考慮して完璧な距離にしたので、キレイに光らせてくれるハズです!



★2Rゆえの

打って変わって床下機器の話です。

基本的にはキットに同梱のやつを使うことになっていますが、コンプレッサーだけは3Dプリンターパーツに変えてくれと言われています。


2Rのコンプレッサーは直流駆動タイプなのでちょうどよいです。(キット同梱は交流駆動タイプ)


HO-HS20DC-1.png

交流駆動タイプのデータをベースに、モーターや懸架装置を描き変えました。

どうもSIVが故障しても架線電源で駆動できるように直流駆動タイプに変えているようです。

2Rで代えのSIVがない状況を想定してのことのようです。


HO-HS20DC-DEKITA.png
                /ドゥルルルルルルルルル\

できました!

いいですね!


HO-Hankyu8000-ZEMBUDEKITA.png

配置もできました!(HS-20は別口です)

これで出力しましょう。

Posted on 2020/09/15 Tue. 21:15 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  阪急8000系  ホビダス 
tb: 0   cm: 0

鉄道ホビダスの阪急8000系を製作4:ボディ塗装2  

★ピカピカに

次はクリアー塗装です!

阪急のアイデンティティとも言える(と思っている。違ったらすみません)ツヤツヤピカピカの車体にするために必須の工程です。

経験がものを言いますが、希釈具合を変えて3回くらい塗ります。

使用したのはMr.カラーGX100のMr.スーパークリアーⅢです。


IMG_0381.jpg

もっとツヤツヤになりました!

ブツブツ塗装が市販完成品で出回っている現状を鑑みるとこれでも充分なような気もしますが、オーダーメイドならではの一手間を加えてどこにも負けないツヤツヤピカピカの車体に仕上げましょう。


それは、研ぎ出しとコンパウンド研磨です!

まるっきり車のプラモデルを作るのと同じ工程!


IMG_0385_20200902142729967.jpg

研ぎ出しました。

不安になるくらいくすんでしまいました!

でも、クリアーの層だけを研ぎ出しているので大丈夫です。


IMG_0002_20200902143809690.jpg

仕上げクリアーを吹いたところ。

ツヤツヤピカピカです!

希釈具合は秘密です。

というか、説明できません。

『あんな感じの圧力であんな感じの距離で吹いたら、あんな感じで流れるくらいの希釈具合です。』みたいな感じですから。

要は経験値です。


ツヤツヤではありますが、でもまだちょっとしたブツブツがあります。


IMG_0008_202009021513015c5.jpg

これも研ぎ出しで消します。

完全にフラットにはしないつもりです。

それはさすがに不自然です。


ここからはコンパウンド研磨です!

IMG_0009_20200902151302988.jpg

明らかにツヤが変わっていきます。

画像で伝わるだろうか。


IMG_0010_20200902151301685.jpg

ピカ~ン

ここから順に目の細かいコンパウンドをかけていきます。


IMG_0012_20200903165809743.jpg

最後は手作業です!


IMG_0015.jpg

できました!

IMG_0016_2020090316581240c.jpg

ツヤッツヤのピッカピカです!

映りこんでいます!


マヤ34のときも陥りましたが、「触れない、触るのが怖い」という本末転倒ともいえる状態!

このあとたくさんパーツをつけたりインレタを貼ったりしなきゃいけないのに!

納品直前にまた磨き上げますが、実は私は納品してから次に見たときに指紋が付いていたら怒るトンデモ業者で、その傾向はツヤツヤなほど強いのです…


IMG_0019_20200903170150dd8.jpg

さて

これでもまだ8000系ではないですねぇ。

8000系だ!となるのは次のシルバーを塗ったあとですね!


IMG_0023_20200903170151c2b.jpg

このシルバーもわざわざ塗り分けることにしました。

ど貫通路まわりはステンレスのようなテカテカな表面、窓枠はアルミのようなマットなシルバーになっているからです。


IMG_0026_20200903170153755.jpg

前面ドアのまわり。

使用したのはガイアノーツのプレミアムミラークロームです。

下地がツヤあり塗装でピカピカなので特性がよくわかります。

でも、これでもまだ8000系じゃない!


IMG_0027_20200903170154dd0.jpg

窓枠!

はい、きたーーー!

これで阪急8000系です!

使用したのはタミヤエナメルのクロームシルバーです。

エアブラシでも筆でもない秘密の塗り方です。


IMG_0040_202009081752486b4.jpg

これだけでカッコいいですね!

ツヤツヤピカピカボディ!

試運転や走り初めに立ち会うこともありますが、例えばその際にボディ側面に素手で触ろうもんなら烈火の如く怒ります。

トンデモモデラーです!


IMG_0042_20200908175249964.jpg

最後に妻面の扉を塗ってボディ塗装は完了です。


次回、ガラスまわりや屋根の組み立てをします。

Posted on 2020/09/08 Tue. 17:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  阪急8000系  ホビダス 
tb: 0   cm: 0

鉄道ホビダスの阪急8000系を製作3:ボディ塗装1  

いよいよボディ塗装です!


マヤ34からツヤツヤ塗装にハマりましたが、今回の阪急8000系ではそれを存分に発揮していいと思っています。

色が暗くてツヤが分かりやすいし、ツヤツヤ車体は阪急の誇りであると思っていると思っているからです。

わりとホビダス阪急8000系の製作例は見かけますので、私はこのボディ塗装で目立てるように頑張ります。

基本にして奥深い塗装を選ぶとは、しかも塗装にこだわりを持つ阪急車でそれをやるとは…みたいな感じで褒めて褒めて。


IMG_0017_20200903165533adc.jpg

実は、この阪急8000系キットに適しているとされている色が2つあって、ホビダスから出されているまるーん&アイボリーと、ガイアノーツから出されているまるーん&アイボリーがあるのです。

どうやらガイアノーツのほうはホビダスのやつの後継っぽいのですが、なんか色味も違うような気がするので両方買って試し塗りをしました。


IMG_0375_202009021210531da.jpg

テストピース。

左がホビダス、右がガイアノーツ。

それぞれそのままと+上にクリアーを塗ったものと違いがわかるように大きめの板に塗りました。

思った通り、色味が違いますね!

テストピースをクライアントに確認してもらい色を決定しました。

ガイアノーツでいきます。


IMG_0182_20200902121030914.jpg

まずは室内。

阪急車は室内は木目調ですので、その雰囲気を出すために茶色に塗ります。

使用したのはウッドブラウン+タン少々です。


IMG_0183_20200902121031c8e.jpg

ここからの外装塗装が室内に回りこまないようにマスキング。


IMG_0265_20200902121033e5f.jpg

続いて肩部のアイボリー。

細かいモールドもないし、濡れた状態を保つように塗ります。

ボディが白成形だからわかりにくいですねぇ。


IMG_0267_20200902121321f99.jpg

マスキング。

平行を保つように、窓や方向幕との位置関係を気にしながらマスキングします。


いよいよ、まる〜んです!

阪急の象徴ですのでしっかり塗りましょう。

薄く何度にも分けて塗りました。


IMG_0269_20200902121036577.jpg



IMG_0270_202009021218591a2.jpg

一度塗ると、サーフェイサーでもわからなかったボディのデコボコがよくわかります。

IMG_0271_20200902121906e2e.jpg


水研ぎをして均します。


IMG_0273_2020090212190821c.jpg

ツヤツヤに塗れました!

IMG_0329_20200902122218370.jpg

いやぁ、ここでツヤツヤに塗れても実はあまり意味はないんだな。

ブログ映えはするけど。


IMG_0330_20200902122217fa4.jpg

マスキングを取りました!

いいですね〜!


前面はマスキングしにくかったのであとからアイボリーを乗せる算段でした。

前面の額縁は完全にまるーんではなく、実は半分ずつアイボリーとまるーんになっているんですね。

しかも、貫通路に向かうにつれて若干アイボリーが勢力を伸ばすという微妙なライン取りを要求されます。

ここはこの額縁と同じようなラインで1枚のマスキングテープで切り出さないとダメです。


IMG_0335_202009021223425b2.jpg

実は、前面パーツをこんな使い方をしてしまいました。

前面パーツの外のラインに沿ってマスキングテープを切り出していたのです。

パーツに刃を立てないように気をつけて切り出しました。


IMG_0336_20200902122344a6d.jpg

アイボリーが勢力を伸ばすカーブは自分で調整しました。


IMG_0347_202009021424127c9.jpg

塗りました!

いいですねー!

細かい修正は、時計の修理屋がつけているような拡大鏡を装備して筆で行いました。

これで完璧です!

ここをちゃんと再現するとしないでは正面から見た印象が変わってきてしまいます。

超カッコよくなりました!

目指せ阪急公式のフォロー!



ちょっと長いので一旦切ります。

Posted on 2020/09/06 Sun. 15:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  ホビダス  阪急8000系 
tb: 0   cm: 0

鉄道ホビダスのHOゲージ阪急8000系を製作2:ボディ加工  

今日はドラえもんの-92歳の未誕生日です!

あと92年とちょっと生きられれば、ドラえもんに会うことができます。

バックトゥザフューチャー1の1955年のドクがマーティを1985年に送り出すときのセリフが思い起こされます。

『次に会うのは30年後か、寂しくなるなぁ。』

こちとらあと92年…

絶賛寂し中!



さて本編です。



★ボディ加工

まずはボディから手をつけます。


IMG_0049_2020090118480694f.jpg

薄っぺらくて白い素材は光をよく透過してしまいます。

この特性は室内灯やヘッドライトを仕込むにあたっては都合が悪いので、光を透過しないように先に黒を塗っておきます。


IMG_0073_2020090118480723a.jpg

塗りました。

IMG_0074_20200901184808100.jpg

効果はご覧の通り。

IMG_0094_20200901190335051.jpg

それから顔をくっ付けます。

わざと接着剤を特盛りにして、パーツ同士をくっ付けたらムニュッとはみ出るようにします。

コレが完全に乾いてから削ると、溶けた素材でしっかりと隙間を埋めてくれているのです。

接着剤との相性はよかったです。


IMG_0211_202009011905298cf.jpg

ツヤツヤ仕上げにする場合には、特にサンディングは気をつけます。

暗い色でツヤがあると変なデコボコは一発でバレます。

IMG_0210_202009011905319c4.jpg

トップ面も同じようにします。

こちらはアイボリーなのでツヤでバレるリスクは少ないですが、前面にかかるラインを崩しては見栄えが悪くなってしまいます。

IMG_0212_20200901190911fb5.jpg

サーフェーサーで確認。

IMG_0214_20200901190913b63.jpg

ヒケがないか、ちゃんと平面になっているか、変なくぼみ等がないか確認です。


IMG_0238_20200901193729af7.jpg

妻面との接合部も処理しておきます。

一体成形ボディでもパーティングラインというものがあります。

金型の合わせ目の線のことで、普通のプラモデルにも存在します。

処理したあとの写真は忘れた。



★モヤモヤポイント

もう塗装ができる状態ですが、ここでずっと気になっている現象の対処をします。

ボディ、超ゆがんでいるのです。


IMG_0157_20200902000410546.jpg

一応床板との接合ツメを付けましたが…

IMG_0317_20200902000753c84.jpg

ハマりは緩く、すぐに外れてしまいそうです。

床板も薄いので歪みの矯正も微妙で…


IMG_0330_20200902001751539.jpg

そういえば、カツミの台車をつけてくれって言われてるんだよなぁ。

いっそエンドウカツミの金属床板にしてしまおうか…



★決断!

いっそエンドウカツミの金属床板にしてしまうことにしました!



色々店を探してみたけど、既製品の床板ってないんですねぇ。

18〜20m車のT車とM車の床板なんて既製品でありそうな感じですけどねぇ。

聞いたら、皆さん近い寸法の板を買って自分で穴を開けたりしてるんですって。

まぁ確かに別に難しい加工ではないですもんね。

私も手作業か工作機械で作ることにしました。

その話はいずれ。



★ボディ続き

金属床板にするなら、それに対応した固定部材をつけなければなりません。

IMG_0160_202009020004115a3.jpg

全撤去。

5×5mmのアングルにネジを立てて金属床板を固定できるようにしましょう。


IMG_0154_20200902000412280.jpg

4点留めでは心もとないので8点留めとします。

長めにアングルを切り出し、それに2つずつネジ穴を開けます。

これをボディに接着剤で固定します。

心もとない気もしますが、ちゃんとやれば接着剤でもしっかりくっつきます。


IMG_0173_20200902000414619.jpg

できました!

これで塗装前のボディ加工は完了です!



次回はボディ塗装です!

Posted on 2020/09/03 Thu. 17:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  ホビダス  阪急8000系 
tb: 0   cm: 1

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ