FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

出品!T18編成改造パーツアソート!  

ブログ公開からだいぶ時間が経っているネタですが、一応定例として出してみることにしました。

初のHOゲージの3Dプリントのおすそわけです。


★どんなものか

T18Assort.png


トミックスHOゲージの485系を、北海道仕様車が組み込まれたT18編成に改造するためのパーツセットです。

完全に上級者向けです。

こちらの内容ですが、

・T18編成等改造用窓枠
・同2灯ヘッドライト
・同電話アンテナ
・同飛び出しテールライト


となります。

一部には予備もあります。



★改造用窓枠

☆組み込み・塗装例
2016_03080786.jpg

客室が埋められ乗務員室となり、少し小さくなった側面窓を再現するための窓枠。

半分テーパーをつけてますので少しボディを削って取り付けます。


2016011421160000.jpg

ツラ位置で平面を出すのが難しいですが頑張りましょう。



★2灯オデコヘッドライト

☆取り付け・塗装例
2016_03080807.jpg

セットにはライトレンズは入っていません。

2016_03080731.jpg

北海道仕様車の特徴の2灯オデコヘッドライトです。

ライトを取り付ける想定で中は空洞になっています。

チップLEDを使うツワモノはいないだろうということで、光源取り付け部分を丸く成形しなおしてます。(直径1.5mm)

点灯化に関しては、皆さん各々で頑張ってください。



★飛び出しテールライト

☆取り付け・塗装例
2016030601540000.jpg

これも北海道仕様車の特徴です。

ボディから飛び出したテールライトです。

ライトナセルとレンズが別パーツですので点灯化も楽チンです。

はめ合いの直径と差し込みしろをわざと少し大きめに作ってありますので、ボディの穴をボディ内側から削ってください。

こうすればライトナセルとボディの間の隙間を小さくできます。

間違っても表から削っちゃダメです。

点灯化に関しては、皆さん各々で頑張ってください。



★電話アンテナ

☆取り付け・塗装例
2016030620490001.jpg

中間車の屋根につく電話アンテナの台座です。

アンテナの棒は0.5mmの真鍮線で作る想定をしています。

ボディへの取り付けは接着剤の想定です。

私は真鍮線を屋根に貫通させるように位置を決めて取り付けました。



★その他

素材はアクリルですので、塗装前にはプライマー入りサーフェーサーを吹いてください。

ライト点灯化をするなら、ライトケースが光を通さないように工夫しないとそのままではスケスケです!


プラスチックより硬くて脆いので、取り扱い注意です!

DMMへ

よろしければどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2016/10/31 Mon. 17:45 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造13:総括、エピローグ、最終回。  

ついに最終回、総括です。

2016_03080047.jpg


なんと言ってもデジタルモデリングによるパーツが改造のキモです。

3Dプリントで窓枠を、同じデータを利用してCAMにかけ窓枠をアクリル板から削り出し!


2016_03080786.jpg

とってもキレイに仕上がりました。

窓の透明度は既存の窓以上です!


2016_03080807.jpg

オデコヘッドライトもなかなかのできばえです!

2016_03080731.jpg

光漏れもなく、美しく光っています。


2016_03080757.jpg

もちろん、ただ光るのではなく前まで照らしてくれます。


2016_03080756.jpg

新しいアイデアのライトレンズ一体型ライトユニットは我ながら完璧なできばえです!

半透明のアクリルが減光作用を発揮し、光りかたも美しく完璧。

特に出目金テールライトはほぼ100点です!


2016_03080810.jpg

私自身もあったことを忘れそうになる非常口。

そこにあった痕跡は全く残っていません。

完璧です。

モハの側面につく手すりは少し課題があります。

ポリパテ複製を行うときには型を取りますが、どうしても少し空気が入ってしまい凹み部分のエッジがシャープではありません。

3Dプリントを使えばシャープなモールドで手すりを作ることもできますが、費用がかさみます。

予算がなかったのでポリパテ複製としました。


2016_03080796.jpg


2016_03080808.jpg

モハ485-1074号の屋根には電話アンテナ、両先頭車には無線アンテナを増設。


2016_03080782.jpg

塗装を落として塗り直した特急色。

色の調合はうまくいきましたが、塗装の出来は普通です。

塗装はいまだに迷いがありますね…




2016_03080780.jpg

ライト。

電流制御式のコントローラーを使って走らせたら4灯ヘッドライトがやたらチラつきます。

上沼垂色T13編成でも見られた現象で、これはいかんと色々模索してみました。

2灯のテールライトではチラツキはなく、1灯のトレインマークでもチラツキはない。

あるのは4灯ヘッドライトのみ。

集電の問題ではなく、動力車をレールに載せると起こります。

原因は動力車にあるようで、消費電流の大きなHOモーターではブラシノイズも大きく、消費電流の少ないLEDではそれを顕著に拾ってしまいチラつくという結論。

対策をすることにしました。


2016_03080775.jpg

ノイズを吸収するためのセラミックコンデンサをモーターの両極につけて、容量を色々変えてみたり。

容量を上げればノイズの吸収率も上がりますが、今度は常点灯コントローラーをつないだときにツマミ0でも動いてしまうという事態に。

常点灯コントローラーではツマミ0でもパルス電流が流れていますので、それをしっかり蓄えて動く電流まで上げてしまいやがります。(チョッパ制御?!)

最終的にはマブチモーターで紹介されていたケーシングとの接続。

そして、LEDは4つ直列ではなく2つずつ2回路設けました。

こうすればLED1つあたりの電流の変化率が下がり動力車のノイズの影響が下がります。

トミックスの既成のライトユニットがあのような回路になっていた理由がわかりました。

ひとつ勉強になりました。

今後はCRDの導入を考えています。


その動力車ですが、試運転のときに突然故障。

モーターがイッてしまいました。

電装解除した際のモーターを使用してこのピンチを回避。

上のコンデンサー加工はモーター交換後のことですので、コンデンサーをつけたから壊れたとかではありません。


2016_03080803.jpg

その他は普通に組み立て。

かなりうまくいったT18編成ですが、反省点もいくつかありました。

もっと精進しましょう。


長い時間をかけて仕上げたT18編成でしたがついにお別れです!

新しい方法が色々試されたT18編成。

数年後スタンダードになっている手法のルーツはここにあると言えます!

hase1-2.jpg

2016_03080777-2.jpg



トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造

お わ り
関連記事

Posted on 2016/04/20 Wed. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造12:細かい組み立て・完成  

特急北越号のヘッドマークはトミックスのものとモリヤスタジオのものを使用。

2016030615000000.jpg


正しいのはトミックスのものでモリヤのは「北越」の文字が小さい。

両端を合わせるべきとも確かに思いますが、両端が並ぶことはないし正しいものを使わないのはもったいない!

2016_03080733.jpg


ということで正しいほうをT18編成の顔、Tc481-1508号に取り付け。


2016030617250000.jpg

ライトレンズは元の導光パーツの先端を切って使用。

ノコギリの往復で入ったスジがうまくライトレンズっぽくなりました。


問題は2灯オデコヘッドライトです。

3Dプリンターで作ったパーツなのでライトレンズは存在しません。

そこで、予備で作ったオデコヘッドライトパーツの窪みにUVジェルクリヤを流し固めて抜くという方法で透明パーツを作りました。


2016030616500000.jpg


2016030616540000.jpg

M485-1079号には電話アンテナがつきます。

こちらは3Dプリントで作った台座に塗装した真鍮線を通して作りました。

2016030620490001.jpg


ファインスケールなのですが、見栄えを考えたらもう少し太くてもよかったかも知れません。


方向幕はまた手作りです。

2016030620510000.jpg

ナカバヤシの極薄フィルムに最高精度で印刷し使用。

2016030621110000.jpg


印刷の上からスーパークリアーを吹いて耐久性を上げたら、トミックスのシール台紙に貼って切り出し。


2016_03080791.jpg

いいですね!


2016030622260000.jpg

最後にエンブレムを取り付け。


2016_03080771.jpg

編成にしてみてバランスなどをチェックしたら…

2016_03080763.jpg


JR485系新ニイT18編成特急北越号、完成です!



次回、総括して最終回です!
関連記事

Posted on 2016/04/12 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造11:先頭車組み立て  

先頭車の組み立てです!


中間車と大きく変わるはライトユニット。

両先頭ともウチの超小型ユニットに取り換えることになっています。


2016030421350000.jpg

こちらは3Dプリントで作ったライトケース。

既に遮光のための黒と光拡散のためのシルバーが塗られています。

コイツに直接チップLEDをはめます。


2016030421460000.jpg

テールライトは2種類。

細長いのがT18編成の顔となる481-1508号につきます。

新アイデアのライトレンズ一体型ライトケースの真価はいかに。


2016030417280000.jpg

元のライトユニットは大幅に整形。

新しいユニットを取り付けやすくするように、不必要な部分を大胆にカット。


2016030500510000.jpg

元の基盤はそのまま使用しますが、電装部品は抵抗1つとブリッジダイオードを残し撤去。

パターンも一部カットして回路を横取りしたりしています。


3つあった抵抗は元はすべて270Ωでした。

ウチの超小型ライトで使う抵抗も3つですが、そちらは潔く1つヘッドライト、1つテールライト、1つトレインマークという割り振り。

抵抗値も3つとも変えて性能を引き出しています。


2016030421490000.jpg

使用するLEDは1608チップLED。

贅沢に6つも使用。

Tc481-1508号に至っては最高記録の7つ。

0.07mmのケーブルで繋ぎましたが、考えてみればスペースはあるんだしもう少し太くても問題ないですね。


2016030423080000.jpg

複雑です!

この0.07mmの配線を、両手にピンセットを持って取り回していきます。

道具の持ちかえをするときに目を離すと狙ってる配線がどれだかわからなくなるから、初めて「助手がほしい」と思いました。

誰かに右手に道具を置いて欲しかった!

大手術をしている気分でした!

執刀医の気持ちがわかった気がします。

神経をつなぐ手術とかこんな感じなんですかね。


いやー、修理することになってもうまくできるでしょうか。


2016030512150000.jpg

前から見た感じです。

テスト点灯します。


2016030512210000.jpg

いいですね!


次はT18編成の顔、Tc481-1508号。

車体側はほぼ一緒ですが、やはり注目すべきは2灯オデコヘッドライト。


2016030519050000.jpg

これがその光源です。


2016030601190001.jpg

組み込みました。

設計時の想定どおりのハマり具合です!


2016030601270000.jpg

屋根に穴をあけてケーブルを通し通電プレートに取り付け。

屋根に取り付ける前にテスト点灯をして光漏れなどのチェックをし、屋根に2灯ライトを取り付け。


2016030611400000.jpg

ついにここまで来たという感じです!

テスト点灯します。


2016030611430000.jpg

おおお~

2016030601540000.jpg


いいですねえ!

尾灯の内部にすこし光漏れが確認されましたが、外側は完璧です!



尾灯の対策をし、これで大掛かりな加工は完了です!

次回、細かい組み立てをして完成させましょう。
関連記事

Posted on 2016/04/06 Wed. 17:30 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ485系をT18編成に改造10:中間車組み立て  

中間車を組み立てていきます!


2016030216060000.jpg

屋根と一体化。

色のバランスはいいですね!


2016030222340000.jpg

屋上機器はライトグレーに塗りました。


2016030316100000.jpg

2016030315510000.jpg

いいですね!


ガラスはHゴムを黒に塗り直し。

2016030216260000.jpg

パンタ車以外は普通に取り付け。

2016030216280000.jpg

パンタ車は窓の配列が変わっているので一部をカットして取り付け。



増設乗務員室窓は新しい試みです!

窓枠が3Dプリントで作ったものなんで寸法はバッチリ出ています。

そのデータを使ってアクリル板を切削し、ピッタリ入る窓を作ろうという魂胆。

使う機械はRolandのMODERA。

トミックスのカタログに載ったこともあるやつの更に上位機種。

MODERAを置いてある施設は撮影禁止ですので完成後の写真をば。


2016030216350000.jpg

おお~

2016030216510000.jpg

ピッタリ入りました!

2016030216520000.jpg

いいですねぇ!

Nゲージではボナファイデというメーカーやクロスポイントから透明度の高い前面窓ガラスが発売されていますが、たぶんそれらと同じ工法だと思います。

ビックリするくらい透明なガラスです!

トミックスの純正ガラスより平面がキレイに出ており、中がとてもよく見えます。

こんなにキレイな窓になっているのは金型成形か切削成形かの違いだと思います。



いよいよ床板とドッキングです!


2016030320460000.jpg

うーん、長かった!

ここまで戻ってきたら完成が近いということでテンションも上がります!


2016_03080693.jpg

車号のメタル転写をします。

普通のインレタより擦り付ける力も強いということで床板を取り付けてからの施工となりました。

コーティングも必要ないし、半光沢を使う場合はむしろしないほうがいいのです。


2016_03080694.jpg

いいですね!


2016_03080752.jpg

妻面も忘れてはなりません。


これで中間車が組みあがりました!

あとは最後のシールを残すのみ!



次は先頭車を組み立てましょう。
関連記事

Posted on 2016/04/03 Sun. 13:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  485系  T18編成 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ