FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

KATOのJR787系修繕  

カトーの787系がやってきました!


IMG_4015.jpg

特急天国みたいに言われてるJR九州の特急電車です!

IMG_4017.jpg


かっこいいです!


IMG_4023.jpg

IMG_4018.jpg


デザインもさることながら室内空間も贅を尽くした近未来的なイメージのつくりのようです。


IMG_4024.jpg

あっ

HS-20です!

ちょっとカクカクしてますねぇ。

HS-20対決はTOMIXの勝利ですね!


ちょっと脱線しましたね。

今回はつかなくなったライトの修繕、動かなくなった動力の修繕依頼です。



★ライト修繕

ライトがつかない理由は接触部の導通不良かライトの球切れが多いです。


IMG_4111.jpg

ライトユニットは異常がなかったので、導通の改善をします。

軸受けを掃除してから酸で洗いピカピカに。

車輪も魔法の液体でピカピカに。


IMG_4114.jpg

あっという間に直りました!

反対側も同様でした。

LEDが普及しはじめの頃の製品と思われ、ヘッドライトのLEDは黄色です。

それを、電球色に光らせるところはフィルタリングでオレンジにしていました。


★動力

IMG_4025.jpg


動力はウンともスンとも言いません。

台車を外して集電板に直接電気を流したら動いたので、こちらも導通の問題です。

年期も入っていますからバラバラにしてオーバーホールしましょう。


IMG_4026.jpg

カトーの標準動力といえる構造です。

最小単位までバラし、巻き込んでしまったホコリを取り古いグリスも落とします。


IMG_4029.jpg

遊びつくされた感じがします!

じゅうたんの上で走らせたり、ペットを飼っているとこのように毛を巻き込むことが多いです。

動作不良の原因ですので取ってしまいましょう。


※カメラトラブルがあり、以降の写真がありません…


全ての部品をピカピカに洗浄し、新しくグリスを充填して組み立てなおします。

組み立てなおす際にはもとのところにもとのものを戻します。

同じ部品だからといって別のところにつけるのはよくないと思っています。

模型なら大丈夫だと思いますけど、メカニックの性です。

慣らし運転をしたら完了です。

無事出場しました!





















信じてください。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/09/28 Fri. 19:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  KATO  787系 
tb: 0   cm: 0

KATOのJR24系客車「あけぼの」を修繕!  

寝台特急あけぼのがやってきました!

石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の冒頭に出てくる『上野発の夜行列車』に該当するあけぼの号。

上野発青森行き、終点青森で青函連絡船に乗り換えて津軽海峡を渡り故郷の北海道へ帰る歌ですが、飛行機が台頭してきたり青函トンネルが開通する前は寝台特急を使ったこのルートが北海道と結ぶマストでした。

国鉄時代から続いた純血種のブルートレイン夜行列車あけぼの号、わりと最近まで走っていたのに私は結局乗ることができませんでした…

今回は定期運行廃止直前の姿を模したモデルの修繕です!


IMG_2268.jpg

よくできてます!

塗装もキレイです!

しかし阪急をやった直後だからか、ツヤがないのが気になってしまいます!


IMG_2270.jpg

ゴロンとシート。

通常は特急券+寝台券が必要な寝台特急ですが、ゴロンとシートなら指定席特急券だけで乗れます。

開放式B寝台を使いますが、寝具とかが一切ないのでソファーで寝るような感じだそうです。

日本唯一になってしまった定期寝台特急サンライズエクスプレスにもゴロンとシートはありますが、こちらはフラットで簡単な寝具があるとはいえ雑魚寝に近い感じで頭付近だけは仕切られているものの空間は知らない人と共有。

気を使います…

よって休まりません…

そういう意味では完全にカーテンで仕切れるこちらのゴロンとシートのほうがいいのかも知れません。


IMG_2271.jpg

婦人用ゴロンとシート。

通勤電車でも女性専用とやらがある昨今では当然の配慮と言えると思います。

知らない男の1m隣で寝るなんて…

隔てているのはカーテンのみ…


ゴロンとシート以外は寝具のある開放式B寝台とソロ、A寝台シングルデラックスがあります。

北斗星のようなロビーカーはなく、シャワーを浴びたりはできません。

食堂車もありません。

あったこともありません。


こんなに長々書き綴って、やってきた目的には一切触れていませんね。

クライアントが譲ってもらったというこちらの編成、ライトが半端なくチラつくので、それの修繕をしてくれという依頼です。

チラつきの原因はレールか車輪、集電パーツの導通不良が9割です。

点検しましょう。


IMG_2272.jpg

なんだこりゃ。

黒メッキが剥がれています!

ある時期のカトー製にはよく見られる現象らしいですね。

そのわりに車輪は独自サイズ、分売パーツもなく修理対応のみで値段は1両800円くらいですって。

ふざけてますな!

でもメッキの剥がれは通電には関係ないハズです。

北斗星のときと同じように薬浸けにして汚れを浮かして拭き取ります。

導通パーツは酸洗いをし、新品同様になりました!

北斗星同様、メッキの剥がれた見た目は直せませんが…(クライアント通達済み)

機能は復活を果たしました!

IMG_2328.jpg

IMG_2327.jpg

IMG_2325.jpg
関連記事

Posted on 2018/03/31 Sat. 21:15 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  KATO  あけぼの 
tb: 0   cm: 0

KATOのNゲージ24系客車「北斗星」を修繕!  

寝台特急北斗星がやってきました!


IMG_2025.jpg

わーーーーーーい

ブルートレインだぁーーー

ガキの頃からずーっと憧れてます!

☆証拠。保育園の頃に描いた絵。DD51と思われるカマが1両で牽引してます。帯はないけど床下機器やブレーキ管、排ガスはある笑
2018032115360000.jpg

24系のラインナップは過去を遡っても何種類もあり、リニューアルも何度かされています。

それほど鉄道趣味を象徴するものと言ってもいいと思います。

その中でもきっとみんなが憧れた北斗星。

JR東日本が持ってる編成とJR北海道が持ってる編成の2種類で回していたのですが、定期運行末期にはこの2本を足して2で割った編成が「デラックス編成」として走っていました。

この2本、車内のつくりが違うんです!

北海道編成のがイイ感じなのです。

ちなみに私が人生でたった1回だけ乗った北斗星は東日本編成です。


IMG_2029.jpg

北海道編成の象徴のエンブレム。

コレ憧れたわ~


私の鉄道模型のスタートはこの24系の東日本編成。(トミックスだけど)

私が7歳当時からラインナップにあったブルートレインですが、当時からは格段の進歩を遂げていると思います!


IMG_2028.jpg

B寝台のハシゴいいね!

塗装もキレイ!

金帯も光ってます!

ただ!

実際はこんなにメタリックではなかったりします笑


IMG_2342-2.jpg

私が乗ったのと同型のオロハネ24-553号。(乗ったのは551号)

オは重さを示す記号(32.5t~37.5t)、ロは2等(イロハのロ)、ハは3等(イロハのハ)、ネは寝台(ねる)をさします。

真ん中のでかい窓は2等室ロイヤルルーム。

私は矢印が差す3等のデュエットに乗りました。

私のような愚民はロなんて享受できません。


IMG_2340.jpg

KATOの食堂車のランプシェードは光ります!

結構昔からKATOはこの機能がついています。

そのため多少ディテールが犠牲になっていて、トミックスはディテールはイイですが光りませんでした(今のは光るらしい)。

IMG_2329.jpg

室内ディティールもアップしています!

デッキへ出る扉の表現はいいですね!

IMG_2337.jpg

上野の13番線で何度この顔を見送ったことだろう。



ところで

こんなに長々書き綴って、やってきた目的には一切触れていませんね。

クライアントが譲ってもらったというこちらの編成、ライトが半端なくチラつくので、それの修繕をしてくれという依頼です。

チラつきの原因はレールか車輪、集電パーツの導通不良が9割です。

点検しましょう。


IMG_2343.jpg

なんだこりゃ。

写真には写りにくいですが、黒メッキが剥がれています!

ある時期のカトー製にはよく見られる現象らしいですね。

そのわりに車輪は独自サイズ、分売パーツもなく修理対応のみで値段は1両800円くらいですって。

ふざけてますな!

でもメッキの剥がれは通電には関係ないハズです。

通電パーツをキレイにして、車輪もピカピカに磨きあげましょう。

もちろん、メッキを直すことはできない旨はクライアントに通達済みです。


なんか白っぽくこびりついてて拭うだけでは取れにくい汚れも、薬品に浸ければ簡単にとれるようになります。


IMG_2344.jpg

ピカピカです!(変化がわかりにくい…)


IMG_2345.jpg

チラツキは完全になくなりました!

IMG_2349.jpg


IMG_2335.jpg


修繕完了です!

動画にするべきかなー
関連記事

Posted on 2018/03/21 Wed. 19:03 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  KATO  北斗星 
tb: 0   cm: 0

阪急6300系を「嵐山線仕様」にする20~ライトレンズの表現に挑戦~  

ライト工事に向けてライトケースを作ります。

今回は急行灯はなし、点灯パターンはカトー純正と変わりませんが、見栄え向上と常点灯機能をつけるために超小型ユニットに取り替えます。


2013030613360000.jpg


京とれいんと同じようにヒゲパーツに急行灯の穴をあけ、塗装を落としました。

これに遮光ケースを取り付けます。



あるパーツの取り付けの構想があるので京とれいんとは組み立て方法を変えました。

ライトレンズです!




京とれいんではライトレンズの表現に困りましたが今回は先日新しく手に入れた「ジェルクリア」を使ってライトレンズを表現してみたいと思います!

もともとのテールライトレンズの先端の型をとり、そこにジェルクリアーを流し固めます。


2013030610470000.jpg


型は「型想い」です。

あまり複雑な型はシリコンに敵いませんがこのような単純な型なら問題なくコピーできます!

剥離剤もなしでイケます。


ライトケース側はこのレンズがうまくハマるようにリューターのビットを手回しで削り調整しました。


2013030613350000.jpg



試しにハメこんでみます!


2013030613380000.jpg


2013030613420000.jpg


いいですね!

内側を少し削ればライトケースの邪魔をしません。



ライトケースの関係でテールライトももとのライトレンズは使えませんので、テールライト用も含めて8個作ります!


2013030614200000.jpg


いい具合です!

テールライトレンズにはクリアーレッドを塗り、ヒゲパーツは塗装してはめこんでみましょう!


2013030622110000.jpg


2013030622180000.jpg



いぃいですね!

かなり見栄えが向上しました!
関連記事

Posted on 2013/04/12 Fri. 19:45 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  嵐山線  KATO 
tb: 0   cm: 0

カトーE26系カシオペア客車入場  

KATOのE26系カシオペア(基本セット)が入場してきました!


2013040616120000.jpg



今回は友達が「自力でつけた室内灯」のチェックと方向幕シールの貼り付けです!


2013040616190001.jpg


かっこいいです!

ブルートレインほどの旅情やロマンは感じませんが充分憧れの列車です。


2013040616170000.jpg


ライトの具合はいいですね!

依頼者は組み付けなどの作業が苦手なのでチェックしてほしいとのことですが、問題ありません。


2013040616180000.jpg


マシE26形はランプシェードまで光ります!



プロポーションもいいですね!


2013040616540000.jpg

阪急6300系にもあったが、このランナー切り離し跡はイヤだなぁ。


2013040617010000.jpg


複雑なカハフE26形の屋上機器群です!

上から見たら一番ここが見ごたえあるんじゃないでしょうか。




一両だけガラスの組み付けが変な箇所があったので直すために分解。


2013040616350000.jpg


こんな配置なんですね~

サンライズより広々としていそうです。


2013040616350001.jpg


ダブルデッカー車は集電系統の配置に苦労しそうです。


2013040616130001.jpg


上野の13番線に停車中の寝台特急カシオペア札幌行き。

あぁ、こいつは今からあんなに遠い札幌まで走って行くのか…

なんて思いで見ていました。


地方出身の先輩が言っていましたが、似た感情として「あぁ、こいつは今から実家の畑の横を通るのか…父ちゃん母ちゃんも見るかも。」

とか

「この列車は故郷を通ってきたのか…心なしか懐かしいニオイがするぜ」

とか。


大阪遠征のときも285系を見て「コイツはいつも出雲市と東京を行ったりきたりしてるのか2M5Tで…」

とか。


2M5Tは余計だな(笑)



2013040616240001.jpg



方向幕シールです。

今から方向幕シールを貼っていきます。

KATOの方向幕シールは表面がツヤあり仕上げになっているので貼ったらより実感的になります。

方向幕の表面にはガラスがあるので。

上野行きと札幌行き、日本語と英語の計4種類から選べます。


2013040616240000.jpg

今回は札幌行きです。


2013040616510000.jpg


光って実感的です!

縁が光るのは不自然だから、黒を塗ってもいいと思います。

今回はやりません。



これにて作業終了、出場です!






ところで私はサッポロ一番塩らーめんが好きです。
関連記事

Posted on 2013/04/07 Sun. 11:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  KATO  カトー  カシオペア  E26系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ