FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

アクラスHOゲージJR205系横浜線H27編成を作ろう16:DCCってめんどうだな、でもDCCってすげえな  

ちょっと間が空いてしまいました!



最後の試練はDCCの設定です!

DCCはレールを伝わってデコーダーとコントローラーの信号をやり取りしています。

デコーダーに設定データを送るのもレールを介して行われますが、当然そのときに設定対象の車両以外の車両が置いてあるとおかしなことになります。

ここまではわかっていたのですが…

どうもうまく書き込みや読み込みができない。


原因は、室内灯にありました。

データの読み書きは当然電気で行っているのですが、その電気が室内灯のほうにも流れてしまいうまくやり取りができないようでした。

動力車の場合は床板側にデコーダーがあるため室内灯の切り離しはボディを開けるだけでOKです。

でも先頭車はボディ側についていおり、電源供給元も一緒です。

これでは読み書きができないので、室内灯の回路を切り離せるスイッチを取り付けることにしました。


2017062016350001.jpg

まぁ簡単に言えば室内灯スイッチです。


2017062022030000.jpg

できました!

無理矢理後付けだからぶっさいく!

完成したプラスチックのボディに400℃の半田コテを突っ込みハンダ付けをするのはとても怖かったです。

ウエスで養生してボディを溶かさないように気を付けながらの作業でした。


取り扱い方法としては、読み書きをしたくなったら

ボディを床板から外す

室内灯スイッチを切る

ボディを戻す、もしくはプログラム出力をワニグチクリップかなんかで給電板に繋ぐ

プログラミング

ボディを床板から外す

スイッチを入れる

ボディを戻す


となります。


ちょっと面倒ですが、一度書き込んでしまえば変えることはないでしょうし、まぁいいのではないかと思います。

しかし、次回作があればその辺も考慮して作りたいですね!



★CV値

DCCを楽しむキモとなるのがCV値です。

何の略かは知りませんが、コンフィギュレーション変数とあるのでそのままConfiguration-VariableだとかConfiguration-Valueだと思います。

説明書を読んだ感じですと、音楽制作部で16進数が登場するMIDIを使っている私にはすんなり入れそうに見えます。(音楽制作部は「京島技研」のもうひとつの部署。すみだ総合車輛センターは「京島技研」の一部署なのです)

関数電卓もあるから全く怖くないです!

よくF0 41 10 00 09 01 F7とか打ってます!

CV値はそれぞれが機能の動作設定を格納してる場所という感じで、

CV03=動力車の加速率設定
CV49=ヘッドライトの動作設定
CV51=ファンクション1の動作設定

などと決まっています。

それぞれに応じた数字を送れば、設定完了です。

すべて数字で書いてるからややこしくなっているだけで、CV49別名「ヘッドライトの動作設定」、みたいに結びつけられれば簡単です。


2017082017170001.jpg

ホビーセンターカトーにやってきました!

ここでクライアントとECoS(ESU COMMAND STATION)を使って調整です!


2017082013380000.jpg

動力車はちょっと手こずりながらも設定ができました!

しかし

2017082015160000.jpg


先頭車はいくらやってもうまくいかない…

ヘッドライトとテールライトの設定がうまくいかない…

F0をONにすると前後ろどっちもヘッドライトがつくし、テールライトも乗務員室内灯もそう。


実は

あとからわかったことなのですが、先頭車に搭載したデコーダー「TF4」は、進行方向に応じたヘッドライト・テールライトの自動切り替え機能がないとのことなのです。

導入を考えている方はご注意あれ。

これでは手動切り替えという対応しかできませんが、まぁそれも本物っぽくていいかと開き直りました笑

過走して修正するときとか実感的です笑

手動切り替えとは、両先頭車をそれぞれ別のアドレスにしておくという方法です。



さて、ホビセンにせっかく来たので公開試運転です!

そういえばライトとかが点灯している写真は載せていませんでした。

今回初公開です!


2017082016180000.jpg



2017082016300000.jpg

いいですね~!

日曜日とあって家族連れも多く、手塩にかけて作ったH27編成を子供たちが目を丸くしながら見て「あっ!よこはませんだ!」とか「205系だ!」とか「ママみてみて!」とか「あっ!きたきた!」とか「すごい!いすあるよ!」とかいうのを追いかけたりカメラ構えながら言ってる姿を見たり、色んなモデラーの方に声をかけてもらったりしたら「あぁ、これがモデラー冥利に尽きるってやつか」と思いました!

ホビセンでは専らNゲージを走らせてる人ばかりで、HOゲージを走らせたら結構目立つのです。

特に今回は明るい室内灯で目立ちますし、既製品とは一線を画すキット組み立て大改造品です。

2017082016460000.jpg

駅にたたずむクハ204-30。

この1枚にH27編成の特徴が詰まっています。

2017082016310000.jpg

後ろ姿もいいですね~!

2灯になってパワーアップした乗務員室内灯が一層引き立たせます!

2017082016330000.jpg

ヘッドライト、テールライト、乗務員室内灯はDCCにより個別制御できます。

ですので、こんなふうに乗務員交代みたいな感じで前位なのに乗務員室内灯をつけることもできます。

写真にはありませんがヘッドライトとテールライト両方つけて入換ごっこもできます。

デコーダーの種類によってはストロボみたいな光り方をさせたり、ハイビーム・ロービームっぽく光の強さを変えることもできます。

DCCはとっても奥がが深く、いろんな遊び方の可能性を秘めています。



色んな意味で動画を撮っておけばよかったです!



いやー

いろんな人と触れ合えてちびっ子のいい顔も見られて、大満足の公開試運転でした!

今度から毎回ここで公開試運転しようかな笑


さて、この公開試運転を以てH27編成は引き渡しとなります!

長らく我が家に留置されていましたが、ついに旅立ちです!



次回、総括して最終回です!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/08/27 Sun. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線  アクラス 
tb: 0   cm: 0

アクラスHOゲージJR205系キットで500番台相模線R13編成を作る4:屋根メイキング  

続いては屋根です。



屋根の構成もNゲージと似ています。

ビッグスケールになった恩恵は感じられず、ただ大きくなっただけといった印象。

配管にもっと立体感があればよかったと思います!

ゲート跡と思われる穴は基本的にはベンチレーターで隠れる場所についていましたので好感が持てました。

ただ1箇所だけ、パンタ車はベンチレーターが少ないために露出するのです。

そこはパテ埋めで対処しました。


2016042022240000.jpg

裏はブラックで遮光塗装、表は国鉄ねずみ色1号で全体塗装。



★クーラー

クーラーはおなじみAU75です。

ステンレスのケーシングはテカテカですので、予算を抑えながらできるだけ近付けようと思います。


NEC_1310.jpg

ただのシルバーではなくメッキシルバーnextを使用します。

そのためにはツヤツヤの下地が必要です。

ただこのクーラーは全体的に梨地になっており、クッキリ反射するようなツヤツヤは作れません。

いや、作ろうと思えば作れますが、時間がかかりすぎてしまうのです。

出来る限り塗装で平滑に近付けて、上からメッキシルバーを塗ります。

下地はMr.カラー。

メッキシルバーは水性塗料なのでかなり時間をおいて完全に乾いてから塗る必要があります。


NEC_1367.jpg

いいですね!



★ベンチレーター


2016042022220000.jpg

ベンチレータはMr.カラーのRLM76ライトブルー。

青みがかった明るいグレーです。


2016063001080000.jpg

ベンチレーターの取り付け穴は貫通していやがります。


2016063001020000.jpg

トミックスのベンチレーター取り付け穴と違って、この穴は画像のように室内灯の光を外に漏らしやがります。

ここは、手軽に手持ちのステンレステープで穴をふさぎ遮光します。


2016063001040000.jpg


NEC_0372.jpg

いいですね!

ステンレステープは光を通さないどころか反射してくれるので、上に向かった光はステンレステープで反射し室内の明るさアップに貢献してくれると思います。

まぁ、ほんの少しですけど笑



★パンタグラフ


2016062916360000.jpg

パンタは小改造が必要です。

相模線500番台に使われているのはPS33Eというシングルアームパンタ。

兄弟機のPS33Dがトミックスから製品化されているので、少し形は違いますが加工により似せて使用することにします。


2016062922410000.jpg

ガイシの移設と避雷器の撤去をしました。

アームの取り付け位置が台座間の中央くらいになっていますが、実物はもっと写真左側の台座寄りです。

これは課題です。

3Dプリントですか?

いや~予算が…


2016062923390000.jpg

最後にM1車の避雷器、先頭車のアンテナと信号炎管はベンチレータと同じ色に塗って取り付け。


2016062923500000.jpg

2016062923530000.jpg


これで屋根が出来あがりました!



次はいよいよボディです!
関連記事

Posted on 2016/08/25 Thu. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  500番台  相模線  アクラス 
tb: 0   cm: 0

アクラスHOゲージJR205系キットで500番台相模線R13編成を作る3:床板メイキング  

台車が出来上がったので車体にかかりましょう。

まずは床板です。

床板の部品構成は、大手メーカーの完成品のそれと同じようになります。

床下機器、ウエイトと集電板、室内パーツです。

2016040915140000.jpg

まずは一番のベースとなる床板の裏をウィノーブラックで塗りました。

これは光の抜け防止です。

室内灯を仕込むので、万が一にも光が下に漏れないようにするための措置です。

光の抜け防止はプラモデルでは常套手段だと思います。


2016041001240000.jpg

床下機器は裏の塗装をしてから加工をします。

M1車とM2車はそのままでOK。

先頭車のみ機器の並べかえをします。


キットの先頭車は埼京線の一部の編成をモチーフとしているようでごっつい保安関係の機器がついています。

それに比べ相模線の先頭車はほとんど何もついていません…


2016041016410000.jpg


カットできたら本番塗装です。

今回はツヤツヤ仕上げですので気を使います。

わざわざ床板と床下機器を別々に塗装するのも、どの面もできるだけ同じツヤツヤ具合に仕上げにするためです。

2016041200280000.jpg


ピカピカに塗れました!

2016081719100000.jpg


動力車のみ、本来透けるハズの箇所をツヤ消しブラックで塗りました。

マイクロエース手法ですが、HOゲージなんですからなんとか他のやりようがなかったのかとも思います。

そのかわり充分な重さの動力車にはなっています。


2016041200400000.jpg

タンク類はパーティングラインとイジェクトピンの跡を消して、こちらも先に塗装してから取り付け。

こちらは先に塗装しておかないと塗料が届かない箇所ができてしまうから。


2016041514350001.jpg

床下機器を組み立てました。

クハはご覧のようなスカスカ具合。

組み上がりはとてもいいです!

機器のモールド、もう少し攻めた設計にすればいいのに。

そうすれば、スカスカと言えど見ごたえのある床下機器になったと思います。

いつかHOゲージの床下機器も作ってみたいですね!

2016041514350000.jpg

いいですね!

うーん、MGが…


★室内

室内パーツは手を加える必要はほとんどありませんが、先頭部を改造する関係でその付近の床をプラ板に取り換えてフラットにしました。


2016041220500000.jpg

本番塗装の前に裏を遮光塗装をし、表は座席→床の順番で塗装をしていきます。

座席はMr.カラーグリーン+黄かん色+ホワイト+フラットブラック。

床はMr.カラー315グレーFS16440+同43ウッドブラウン+フラットブラック。


仕上げに全体をスーパークリヤーツヤ消し!


2016041512300001.jpg

いいですね!




車端部の座席はなぜか2ペアしかないので、横浜線H28編成のときのように優先席になる部分をカツミのプラ製ロングシートを充てました。

そのままではロングすぎるのでカットし、マルチプライマーを吹いたあとに座面をグレー、背もたれをマルーン、足元をシルバーに塗装。


2016070214080000.jpg

これで床板を1つにしましょう。


2016041715320000.jpg

間には「走行化パーツセット」のウエイトと集電板を挟みます。

集電板は念のため酸で洗ってピカピカに。

2016072322210000.jpg

連結器も取り付け。

現物あわせで1.2mm径の穴を開け、そのへんにあったネジで取り付け。


2016070215190000.jpg

いいですね!

2016070215210000.jpg


ピカピカツヤツヤの台車と床下機器!

新車って感じです!

なんだかひと区切りついたような感じがします!



次回は屋根をやっていきましょう。
関連記事

Posted on 2016/08/17 Wed. 19:30 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  アクラス  JR205系  相模線 
tb: 0   cm: 0

初めてのHOゲージ運転会  

HOゲージの運転会に見学に行ってきました!

先日の205系の走り初めをするということで立ち会いです!



森林公園で開催で、池袋から東上線です。


2014060708400001.jpg


見たことある電車のハズなのに、アウェー感がします。

見たことない車号ばかりなんですもの。

隣には10両改造されてしまった30000系31404+31604編成がいました。

急行小川町行き列車の14451号に乗って森林公園へ!

かぶり付きしたかったですが雨だったのでやめておきました。



遠いなぁ!

川越市を出たあたりから何もなくなってきて…

坂戸を出たあたりから畑が見えてきて…

高坂を出たら一瞬山の中走ってる感じになって…

でも駅の周りは発展してる感じでした。


2014060709410000.jpg


2014060709430000.jpg


到着しました!



駅からは車で会場へ。

模型専用に建てられた建家とのことで期待大です!


2014060710020002.jpg


すげええ!

うらやましいです!

HOでここまで直線を取れるなんて!

趣味の極みですね!


2014060714280000.jpg

いいないいなヤード。



さっそく205系入線!

しかし…

転がりが悪く数周走らせたところで空転が激しくなりピットイン。


動力も含めた足まわりはすべてアクラス純正ですが、トレーラー車の転がりの軽さはやはりトミックスやカトーには及びません。

最終的にはトレーラー車の軸受けに接点グリスを塗って解決、スムーズに動くようになりました!


そこからは快走!


2014060715540000.jpg

目の肥えた鉄道模型の先輩方から高評価をいただきました!

真鍮キットと見違えるとのこと!

いえいえ、プラスチックです。

手前の東海道線E233系は真鍮で、完成品で15両総額100万円オーバーとのこと。

ひええええ!!


2014060714040000.jpg


横浜あたりごっこ。


2014060714060000.jpg


横浜あたりごっこ。


2014060714090000.jpg


横浜あたりごっこ。




快走を見届けて運転は終了。





場所を移動して今度はホビーセンターカトー東京です!


2014060717340001.jpg


新しくなってからは初めてです!

立派なビルになってしまい、以前の面影は全くありません。

ここのレンタルレイアウトでも走らせました!


2014060718010000.jpg


カーブがキツいのが気になるところ。

205系の最小通過半径は550mmです。

外線はなんとかいけましたが、内線はダメでした。


2014060718020001.jpg


トンネルかっこいいです!
周りを真っ暗にしたら、うちのライトの良さがよくわかります。


2014060718020000.jpg


2014060718180000.jpg


初めてのHOゲージ製作ということで205系の初走行に立ち会いました。

整備を行い完璧な状態にできたし、色んな人に会うこともできました。

楽しかったです!


205系はこれで完全に私の手を離れます!

次は…
関連記事

Posted on 2014/06/08 Sun. 17:29 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線  アクラス 
tb: 0   cm: 0

HOゲージJR205系横浜線製作記25最終回~試運転と引き渡し、さようなら205系~  

ついに最終回です!

手塩にかけた205系ともお別れです!

実車がE233系に置き換わっていってる今、笑えない題名です!


2014_05300003-2.jpg


テレビで見た「客から預かった古いものを修理して引き渡す店」で引き渡すときみたく品物に布を被せておいて客に取らせるという演出をしました!





成功でした!


続いて披露試運転です。

8両で初めて連続走行!

ちょっとした区間の往復だけだったH28編成が、初めてのびのび走ります!


2014053016500000.jpg


いいですね!

しかし動力に不具合があったので修正するハメに。

初期不良でした。


2014053015010001.jpg


いいですね!

本当はこういうふうに普通の条件で走らせた試運転をもって完成としなければならないと思います。



ヘッドライト点灯の写真はあってもテールライト点灯の写真は載せていませんでした。

実はテールライト側には新しい試みを盛り込みました!


2014052416490000.jpg


乗務員室の室内灯が点灯するようにしました!

テールライトが点くとき、つまり車掌側になるときに点くようになるのです。

コンソールも再現されているというのがわかった瞬間、導入しようと決めました。


2014052416520000.jpg


かなりいいですね!

内緒にしておいてビックリさせようと思いブログでも載せませんでした(笑)




今回の初めてのHOゲージ模型製作を振り返ります。


初めてのHOだからといって何か変わったことをしたかと言ったらそんなことはありません。

Nゲージと比較したら色合いの調整だのそんなところでしょうか。

メーカーによって製作工程が全然変わってくるというのはどんなものでも一緒。

作りやすかったかと言われたら…まぁ可もなく不可もなくだと思いました。

初めてHOキットに挑戦するにはいいかも知れません。



中でも残念だったのは表面が梨地であるということ!

これがツルツルな表面だったらもっと極上の塗装ができたと思います!

それでもそれなりにキレイになるように工夫しましたが、量産モデルでは不可能な質感を味わわせてあげたかったなぁ(ノд<。)゜。

あとはやはり「途中まで」組まれていたのはしんどかったです。

解体不能だった場所はそのまま使用するしかありませんでしたが、それが最後の最後で苦しめられるということがありました。


2014052416450001.jpg

31Kはもっと改良の余地がありますね!


2014052416440000.jpg


ヘッドライト・テールライト点灯改造はいつものように完璧でした。

今回新しく盛り込んだ乗務員室照明もなかなか雰囲気が出てて成功です!

床下機器改造やクーラーの極上塗装も挑戦して、まずまずの出来。

室内灯や方向幕の点灯もNゲージを入れても初の試みでしたが成功だと思います!


2014052416540000.jpg


ケースにシールを貼って引き渡し。


2014053017070000.jpg


京浜東北線209系と並べてニヤニヤしてるという写真も届きました!


2014060217370000.jpg


これにてアクラス製HOゲージJR205横浜線系製作記は終了です!

初めてのHOで最初は大きさに戸惑いましたが、今は逆にNゲージの小ささに戸惑っています(笑)

新しく数件HOゲージの依頼もきていますので、しばらくはNとHOの二股をかけることになります!



HOゲージJR205系横浜線H28編成製作記

おわり
関連記事

Posted on 2014/06/06 Fri. 20:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線  アクラス 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ