FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

トミックスHOゲージ583系をDCCサウンド化&ライト関係改修3:スピーカーとサウンドデコーダー登場  

いよいよ初登場のサウンドです!



仕様の確認です。

13両のなかに4ユニット、うち3ユニットがモーターつき。

わざわざユニットと言ったのは、ひとつのデコーダーでモハネ582とモハネ583の両方に仕込むスピーカーを鳴らすからです。

つまり、スピーカー6つ。

車両間に配線をしなければなりませんが、それは今回初めて扱うIMONの「通電カプラー」を使って行います。


IMG_1012.jpg

通電カプラーはその名のとおり通電機能のついたカプラーで、連結すれば2極の電気を連結相手にも供給できます。

本来チラツキ防止とかでレールからの給電を引きとおす目的で使われます。

今回はこの2極を使ってスピーカーの信号を通してしまおうという計画です。



★モハネ583

形式的にはM1車ですがパンタが載っていないためややこしいです。

模型ではパンタが載っているM2車が動力車ですから、デコーダーを載せるのはM2車のモハネ582。

モハネ583には通電カプラーとスピーカーをつけます。


手軽には車内にボーンと置いてしまえば終わりなのですがそれでは芸がなさすぎます。

デコーダーに収録された音はブロワー、フランジ音、エアー音など床下から聞こえてくる音が多いので床下から音がするようにします。

室内のウエイトには干渉しないほうがいいので掘り下げて且つディテールを損なわない位置を選びます。

主抵抗器と主制御器の裏なら隠せそうです。

ちょうどブロワー音が位置がピッタリです。


IMG_1041.jpg

ガリガリ開削します。

IMG_1040.jpg

レールにスピーカーは向きますが、音は裏側にも出てます。

普通のオーディオ用スピーカーでいうところのバスレフ構造みたいですね!笑

この裏側に出た音の成分は室内床板と主制御器と主抵抗器の空洞で反響して全体が鳴っているように聞こえるハズです。

アコースティックギターやバイオリンも鳴っているのは弦だけですが全体が共鳴して鳴っています。

ですからスピーカーフレームとガチガチに固定できればいいのですが、ちょっと難しいので今回はやりませんでした。

IMG_1017.jpg

下から見たらスピーカー丸見え。

IMG_1051.jpg

横から見たら、よーく見たらわかるんですけど許容範囲です!

いいですね!

IMG_1049.jpg

配線はウエイトの隙間をぬって配置。

カプラーのほうまで引っ張ります。

スピーカーの極性は目で追って記憶しておきます。

ていうか、スピーカー用の出力に+も-書いておらずどっちもケーブルは茶色。

スピーカーは逆に繋いでも壊れることはないのですが、位相が逆になって複数台鳴らすとうねるようなエフェクトがかかった変な感じになります。

この規模なら極性は気にしなくて良いということなのかしら。

スピーカーにも極性の表示ないし…。



★通電カプラー

通電カプラーを取り付けます。

トミックスカプラーのようなツメはないためネジ留めです。

位置決めが重要になってきますが…


IMG_1062_201907091820159a0.jpg

端の穴を使えばトミックスのカプラーと同じ間隔を保てそうでしたのでこの穴を有効活用しましょう。


IMG_1016.jpg

コネクターにさらにネジ留めで配線を繋ぎ、これで完了です。

4本ネジを使っていますが、連結面側の2本だけで機能は果たせます。

奥側の2本がトミックスカプラーを使った上記の位置合わせで使う穴の位置になります。

IMG_1039_20190709182013403.jpg

連結面の見た目はこんな感じ。

本来はレールからの給電を引きとおすのに使うのだそうです。

こんな使い方もアリだと思います。



★モハネ582

こちらにデコーダーが搭載されます。

モーターも制御しますから配線がちびっと煩雑になります。


IMG_1018.jpg

モーターがあるためスピーカーをど真ん中に置くのは不可能で、どちらかに寄るかたちになります。

主変換器のほうはせっかくのディテールを大きく損なってしまいますので、清水タンクがあるほうを開削することにしました。

タンクは取り外し可能な構造ですからちょうどよいです。


問題はまだあります。

ドライブシャフトが台車上部まで伸びていますから、かなり下に下げないとシャフトに干渉してしまいます。

ここは思い切って床は削らず、完全に床下機器の位置にスピーカーを置きましょう。

大きく出れば音もよく聞こえます。


IMG_1027.jpg

こんな感じ。

IMG_1025.jpg

この号車は下からスピーカーをつけます。

IMG_1026.jpg

タンクをカポッとはめて取り付け完了です!

モーターについている給電板を撤去してリード線を引きます。

このリード線はデコーダー室まで引っ張ります。


IMG_1044.jpg

集電板からデコーダーに引っ張りやすいように帯板を増設しました。

台車の脇を3種類6極の電気が通りますのでできるだけスマートにするために帯板にしました。

帯板が給電、縒っている赤黒がモーターへ行き、黒2本がスピーカーへ行きます。

ウエイトも大きく切り取っています。


IMG_1030.jpg

デコーダーはデッキにポン。

ぎゅうぎゅういっぱいです!

デコーダー側の通電カプラーで自車用のスピーカーの配線を分岐させるようにしました。

スピーカーは並列接続になります。


これで完了です!



★テスト

さっそくテストです!


IMG_1924.jpg

すみ車に初めてDCCコントローラーが配置されました!

こちらはクライアントから頂いたもので、中古品とのことですが見た目や梱包状態は新品同様!

ありがとうございます。


IMG_1073.jpg

クマタ貿易さんのほうである程度設定済みで、アドレスは5833。

4桁アドレスは2桁アドレスと同じようにはいかずに少々ややこしいです。

これは下手にいじらないほうがいいですね笑

動力に関する設定のみが必要になりますが、それ以外は触らないようにします。



テストは良好!


正直最初は「模型の音なんてなー」と思っていましたが、やってみたら楽しいですね笑

自称作曲家で自称音響ミキサーで自称オーディオ好きでの私としては、リアルさというよりは雰囲気を楽しむものと捉えました!

これは完成試運転は動画が必要ですね。



★あと2ユニット

残りの2ユニットも同様に仕上げます。


IMG_1047_2019070918323849d.jpg

6つのスピーカーのうち1つだけ小径のものがあります。

これは編成中間のモハネ582につけましょう。

理由は、小径な分すでにないに等しい低音はさらに弱くなるハズだからです。

ブロワーから聞こえるブロワーの音が少しでも迫力あるように聞かせるために大径のスピーカーはモハネ583、小径のスピーカーはモハネ582ということにしました。


IMG_1065_20190709183237517.jpg

小径のスピーカーはいくぶん加工範囲も狭く済み、スピーカー見えやすいモハネ582に搭載するのはそういう意味でも合理的です。



6両3ユニット加工完了しました!

次回は多分今まで誰もやってないような室内照明関係のおはなしです。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/07/16 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  583系  DCCサウンド 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ国鉄583系をDCCサウンド化&ライト関係改修1  

令和3発目も大型シリーズのイントロダクション!

新元号のために温めてたわけじゃないです。

まとめられなかっただけです。



トミックスのHOゲージ国鉄583系がやってきました!

DCCサウンドの取り付けとライト関係の改修をしてくれという依頼です!


IMG_3340.jpg

ヤフオクで手に入れたという583系、以前手掛けたN1N2編成とは違い在りし日の長大編成!(全部出した写真は撮ってない)

はくつる号上野行きと設定されています。


IMG_3347.jpg

国鉄ファンなら泣いて喜びそうな1本だと思います。

国鉄をそんなに知らない私は583系は生ではほとんど見たことがありません…

舞浜駅でわくわくドリーム号くらい。

それも短くされた、もしかしたらN1N2編成

国鉄ではない…


IMG_3358.jpg

あっ

ライトが黄色です!

コレは初期のロットですな。


IMG_3004.jpg

あっ

ナンバーが変なところについています。

取りましょう。


IMG_3362.jpg

DCCデコーダーを隠す場所はいくらでもありそうです。

この辺の配線は何度もやった気がします!(485系も2本やってますので)



★加工内容

トミックスのノーマル状態のこちらをゴリゴリのDCC制御編成にし、いくらかのグレードアップもします。

すなわち、

・先頭車にデコーダー搭載

・乗務員室室内灯もつくようにする

・動力車にはサウンドデコーダーを搭載

・食堂車とグリーン車室内グレードアップ

・食堂車とグリーン車に新開発2ウェイ室内灯取り付け


です。


ついに今回DCCサウンドが登場です!



★使用機材

☆DIGITRAXデコーダーTF4
2017060312580000.jpg

当ブログでは何度か扱った、本来拡張用とされているデコーダーです。

ライトの前進後進自動切換えがない、読み出しができずに書き込み専用であることなど、留意しておく点があります。

最初は読み込みができなくて故障かと思ってしまいました…。


☆ESUサウンドデコーダー LokSound V4.0
IMG_0893.jpg

初登場のサウンドデコーダーです。

サウンドは583系のものが収録されており、通常のコントロール機能に加えて任意に音を出すことが出来ます。

出せる音はタイフォン、主抵抗器ブロワー、ドアの開閉音、フランジ音です。

販売店の「クマタ貿易」さんの特製品だそうです。


IMG_0894.jpg

小さな基盤に部品がいっぱい詰まってます!

アンプってことを考えるとだいぶ小型だと思います。

基盤寸法19.9×30.4mm、言うまでも無くモハ582に搭載しますから、隠す場所としては便所とかになると思います。

スピーカーは4Ωの1.5W。

携帯電話のスピーカーより高出力で、意外と大きな音が出ます。

径は23mm、厚みは5mm。

さてどこに隠そうか…。



★デコーダーテスト

DCCデコーダーは組み込む前にテストすることを推奨されています。


IMG_0016_20190507143304bf5.jpg

こちらはドイツのメーカーESUのデコーダーテスターです。

これに今回取り付けるTF4を繋いでテストします。

色んなタイプのコネクターに対応していますが、TF4はそもそもバラ線です。

バラ線用の端子もあるのですが何故か全てのファンクション線と対応していません。

なのでコネクターを取り付けるところからやらなければなりませんでした。


IMG_0017_20190507143305c74.jpg

仮アドレスを設定して、ライトの動きかたの設定等を書き込みます。

TF4は書き込み専用で読み出しはできないので、希望する設定を上書きするだけでOKです。

TF4はなぜかフラッシュライトみたいなのがデフォルトです。

CV61に00を書き込めば普通の点灯になります。


IMG_0025.jpg

色々ON/OFFします。


IMG_0023_20190507143540c90.jpg

テストは良好!



次回から実際の加工です!
関連記事

Posted on 2019/05/07 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  583系  DCC 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ国鉄583系をN1N2編成へ改造2  

まずは各種作業ができるようにバラバラにします。

☆バラバラ
2016030821090000.jpg

床下はいじらなかった485系と比べ、今回は床下の塗装変更があるぶん分解もハードです。

☆さらにバラバラ
2016030923490000.jpg

一部を除きほとんど部品単位になったと思います。


今回は床下の塗装をします。

真っ黒な成形色の床下を全塗装。

この黒は成形色ですから塗装落としの手間はありませんが、その代わり軟質プラが使われている部品が多くプライマーを吹く手間があります。

塗装が乗らない軟質プラの部品はカプラー、台車、清水タンク以外のタンク、スノープロー、うんこタンク、妻面ジャンパー栓でした。

見た目では判別しにくいパーツでしたのでひととおり目立たないところに色を乗せてみて確認しましたので間違いないです。

それらのパーツにマルチプライマーを吹き、準備完了。


2016033001500000.jpg

色は実車の写真を見ながら調合。

明るめのグレーで、ほんの少しブルーが入っています。

Mr.カラー338番グレーFS36495をベースにMr.カラー307番グレーを少し。


2016031615400000.jpg

台車のピボット軸受けにはプライマーより前にマスキングゾルを塗っておきました。

塗装終了後はニードルでほじくり出すだけでOKです。


成形色よりも塗装をしたほうがモールドも際立つし、成形時の流動跡も消えます。

スカートやタンクなどのパーティングラインもいくらか消してやりました。

2016031719110000.jpg


★カプラーの塗装は問題だらけ

カプラーはもとからついていた黒成形のものではなくグレー成形のものに交換としました。

機能性パーツであるカプラーですから塗装が剥がれる想定もしておくべきで、下地が出てもグレー成形のほうがまだ目立たないであろうという目論見。

マルチプライマーを吹いて塗装。


2016031716300000.jpg

とてもいい感じに仕上がったと思います!

しかし、塗料が乗ることで当然プラのツルツル感はなくなり解結がスムーズではなくなります。

摩擦が強いと塗装もすぐに傷めてしまうので、ここにはほんの少しだけグリスを塗っておきましょう。

塗装が変色しないといいけど。

もちろん前面には塗りません。


2016031616520000.jpg

塗料が乾いたら再組み立て。

分解と逆の手順です。


2016031802450001.jpg

いいですね!

2016031802410000.jpg

2016031802490000.jpg


こんなに特徴のあるたたずまいですが、なんと最近の全検で床下が真っ黒になってしまったそうです!

特徴が消えてしまいましたね…

しかし今回、1/80で復活です!
関連記事

Posted on 2016/05/10 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  583系  N1N2編成 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ国鉄583系をN1N2編成へ改造1  

今日から始まりました新シリーズ!

トミックスHOゲージ国鉄583系がやってきました!


2016030814050000.jpg

実車はどんどん淘汰が進み、現在唯一秋田にあるN1・N2編成と呼ばれる1本のみが残っているそうです。

今回はこの現行N1・N2編成に改造してくれとの依頼です!

京都にオープンした鉄道博物館にも同系列の581系が展示されているとのことで、すみ車らしからぬタイムリーさではないでしょうか。


手を付ける前に色々見てみましょう。


2015101623110000.jpg

わぁぁ。

ピカピカです!

先日再販されたばかりの製品で一度も出していないとのことで、つまり完全新品です!(受け取ったのは10月末。ブログ遅れすぎ。)

トミックスの塗装の質は上がっていると思います。

ピカピカです!


2016030818140002.jpg

見た目は485系などの特急型電車そっくりですが、こちらは座席車としても寝台車としても使えるリバーシブルタイプの「寝台特急電車」です。

「モハネ」(走行モーター搭載で普通寝台)なんて記号がありますが、果たしてこの時代にちゃんと眠れるだけの騒音対策はされているのでしょうか。


2016030818100000.jpg

車高が高く違和感のあるプロポーションです!

寝台転換機構を収めたらこうなったんだと思います。


2016030818120001.jpg

ポツポツついてる小さな窓は寝台に転換したときに使われます。

国鉄仕様のためHゴムはグレーです。


2016030818400001.jpg

ライト関係は進化してきたようで前回485系T18編成の種車(最初期ロット)と比べたら輝度も色もいい感じです。

2016030818490000.jpg

2016030818560000.jpg

オデコヘッドライトは光漏れが顕著です。

これはよくありません。

修正してあげましょう。

2016030818410000.jpg

尾灯をつけたときにわかりますが、ヘッドマークの光がヘッドライト部分に回っています。

修正してあげましょう。

2016030818000000.jpg

日本国有鉄道のニオイの残るこちらを現行仕様のN1・N2編成へ変え、先日行われたという横浜開港156周年のY156イベント列車仕様に仕立ててくれという依頼。

細かい内容としては、

光輝くこちらのJNRマークを撤去。

床下と屋根をグレーに塗装変更。

列車無線アンテナの設置。

Hゴムを黒に。

ヘッドマークと側面方向幕の製作。


あとは普通に組み立て。


となります。



次回から早速取りかかりましょう。
関連記事

Posted on 2016/05/08 Sun. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  トミックス  583系  N1N2編成 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ