FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

トミックスのウエスタンリバー鉄道Nゲージをミシシッピ号に大改造3:カタチのデザインあれこれ  

まずは外注にする部品のデザインからです。

外注品はミシシッピ号外装パーツと複雑なマーキング類です。



まずは3Dプリントを使って作る部品のデザインからです。

カタチ部品は、ヘッドライト、サンドドーム、スチームドーム、煙突、キャブ側面です。


2016091118210000.jpg

バラした機関車をもとに採寸し形を作っていきます。


Mississippi-2.png

スチームドーム、サンドドーム。

他の3本との違いは、カタチがシンプルになっているのとサンドドームのほうが小さくなっているということです。

写真を忘れましたが、このあとさらに調整されます。

スチームドームの上についてるものはボイラー安全弁です。

模型では1つになっていましたが、せっかくなので実車と同じ2つ搭載にします。

汽笛はもとのヤツを移植します。


WRR-Mississippi-Fuunel.png

煙突。

円周部品のこれらは一体整形ではどう頑張ってもサポート材痕がついてしまうので、2分割して貼り合わせる方法をとります。

仕上げシロとして少しだけ大きく作っておきます。


WRR-Mississippi-Cab-1.png

見逃されがちなキャブ。

ミシシッピ号だけ側面窓の上辺がアーチ状になっているのです。

実際よりもほんのちょっとオーバーに半径を取りました。


WRR-Mississippi-Cab-2.png

いいですね!


WRR-Mississippi-HeadLight-1.png

ヘッドライト。

他の方がどうなのかは知りませんが、私の場合はただの四角や丸からだんだんカタチになってゆくのです。

WRR-Mississippi-HeadLight-2.png

細かく言えば微妙に違うのですが、それはデフォルメってやつです。

3Dプリンターの性能やコレを取り付けるベースとの兼ね合いがありますので、いくらかディティールは犠牲になってしまいます。

それでも上等なものになりますが。

コレも2分割します。

WRR-Mississippi-HeadLight-3.png

超小型ライトの技術を使って点灯の機能も維持します。

維持どころかパワーアップです。

おそらく前を照らすことができる照度を得られるでしょう。

透けるようにして見て見れば、ライト点灯のために中も複雑になっていることがわかって線がいっぱいになってテンションが上がります。


WRR-Mississippi-HeadLight-4.png

2分割。

これで「カタチ」のデザインは終わりました!

ちょっと実際の配置っぽくしてみましょう!

WRR-Mississippi-ZENTAI-1.png

おお~

WRR-Mississippi-ZENTAI-2.png

どう見てもミシシッピ号じゃないすかぁ~

WRR-Mississippi-ZENTAI-3.png

仮ボイラー。

うほほほほ!

WRR-Mississippi-ZENTAI-4.png

仮色付け。

これはそうでもねぇなぁ。

WRR-Mississippi-ZENTAI-5.png

仮キャブもつけて描画モードをパースに。

うほほほほほ!!

TDL3-19.jpg

似てる似てる!

WRR-Mississippi-ZENTAI-6.png

運転手目線!

…コレはそうでもねえなぁ。

さんざん遊んで一人でニヤニヤしたので、いいかげん出力用に再配置しましょう。

WRR-Mississippi-KANSEI.png

この配置は、うまくやらないと割高になってしまいます。

ただでさえ値上がりしたので、パーツ同士の干渉や成型跡、作業性のことなどを考えながら無駄なく詰めないといけません。

一番のウィークポイントはキャブ側面の出っ張りなので、煙突がそれをカバーできるような配置にしました。


今まで床下機器ばっかりだったので、コレのデータの軽いこと軽いこと!笑

さっそく注文しましょう。

出来上がりが楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2016/09/22 Thu. 17:00 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  ウエスタンリバー鉄道  ミシシッピ号  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

床下機器見直し!  

ディズニー映画のズートピアを見てきました!ブログの(遅れ具合がバレる)



自称動物好きな私としては眺めてるだけで幸せな映画ですが、画面に映るいろんなものを吸収しようと思っていたらとても疲れました。

私は自称クリエイターですから、他のクリエイターの表現を全て感じたいのです。


素晴らしいと感じたのは動物の毛並み。

普通のもふもふ、胸元のちょっとゴワついた感じのもふもふ、水に濡れてペタッとした感じ、同じ人物の子供の頃と大人になったあとの毛の感じの違いなど。

色々ありますが、きっと一番わかりやすいのはかわうそのキャラクターの毛の質感です。

あのツヤ具合、まさしくかわうそだと思いました。

さすがに毛の表現を今後すみ車でやることはないでしょうが、「ツヤ」が質感の表現の重要な意味を持つことがわかる例です。


デフォルメされていながらも不自然じゃないし、さすがディズニーのクリエイターです!

ただ突っ立っているだけでもちゃんと息をしてるし、毛一本一本が風になびいたり。

2Dアニメではキャラクターが静止していても不自然ではありませんが、3Dアニメでは静止していたら気持ち悪い!


この3Dの演算てどんなレベルなんだろ。

ウチの3.3GHz6コアCPU、6GBのRAM、GeForceGT740ではウサギが歩いてるくらいの処理しかできないでしょう。

スパコンが使われているのでしょうか。

鉄道も出てきたりして、物理学的に「このカーブこの速度だと5Gくらいかかりそうだなーカントもついてねーしなー」「乗り上がり脱線するなー」なんて思ったり、ドアボタンがあったりして今作ってる相模線を連想したり。

まぁそんなことはどうでもいい。



実によく描き込まれたズートピアの世界。

世界観の構築や作り込みというのは鉄道模型のジオラマなんかにも通じる部分があり、「コレ作り込んでるな~」と思ったものは設定資料とかアートボードなんかも読みたいと思うのです。

しばらく登場しななかったゆうゆう鉄道でもHOゲージの楽園鉄道でも言えることですが、心に訴えるジオラマを作るには世界観の構築やストーリー、設定というのは重要な意味を持ちます。

道に転がっているバケツ、バーのカウンターに座るおばちゃん、剥がれかけたポスター、ひとつだけ色の違う照明、橋の手すりについているキズ、車庫で話し込む機関士、道の通しかたを取っても歴史がある。

全ての物や人物に意味があり、歴史があり、なんとなくそこにあるモノなんてのはないのです。


あなただってそうでしょう?

歴史があってそこにいるのでしょう?

意味があってそこにいるのでしょう?



ズートピアの世界のその辺の通行人にもちょっとしたオブジェクトにもきっと意味があって、別のシーンで何かしらの繋がりを持たせるなんて遊び心はディズニーのクリエイターならあるでしょう。

ジオラマだって、特に広いジオラマなら1つのストーリーを別の場所で表現することもできます。



私はディズニーのクリエイターに自分が作った世界の話を語ってほしいのです。

その目は、私がゆうゆう鉄道や埼玉楽園鉄道に置くいくつもの物語を語る目と同じハズです。



以前ショッキングなことを言われたことがあります。

「おまえは『ある完成されたもの』を忠実に再現するのが得意なんだな」

確かにすみ車の模型車両製作業務はこれに当てはまります。

しかしこの言葉は、クリエイターにとってはこの上ない暴言であります。

言った本人には全く悪気はないのですが。

クリエイターは、何もないところから想像力や発想を目一杯働かせ0を1にしてしまう世界で一番偉い人たちです。

デフォルメにいくらかの自分らしさは出せますが、1をコピーするだけなんて基本的にはクリエイティビティはありませんからね。



明確な答えがあるものを求めていくのは、私の目指すものとは違います。

私は、私にしか作れない何かを作りたいのです本当は。

私がここにいる意味は、何かを生み出すためだと思ってますんで。

ひっそり行っている音楽活動はまさにそれですね!

オリジナリティ!

オリジナリティ!!


















さてオリジナリティに乏しい本題です。

阪急新1000系&新1300系の床下機器をやり値段のつきかたがわかった気がしました。

今年7月にDMMが値下げをしたということで、それ以降にアップロードされたモデルに関しては(値下げをされた料金を適用とのこと。

今までの床下機器も、もういちどアップロードすれば値段が下がる可能性があるっぽいので、公開から1年もたたないのに見直ししていくことにしました。

見直し第一段として東急1000系が鋭意進行中、あとは順次。

7715編成、HS-20、田の字抵抗器あたりもやりたいですね!

見直ししたものはブログで書きますし、おすそわけコーナーの題名には★マークをつけます。

乞うご期待!





あれ?

本題のが短い…

おかしいな。
関連記事

Posted on 2016/08/19 Fri. 17:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型    床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ