FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

東武20070系修繕日誌2ndシーズンEP8~組む~  

業平橋留置線に31602Fが留まってたんですけど、35602号の制御器がVFI-HR1420Bでなくよくわからない装置がついていました。

32602号と33602号は1420Bでした。

☆更に大掛かりになってる割には1C4M
駐輪場アプローチ通路より

コレなんでしょうか。






さて本題。

3つになったフタを1つにくっつける気はありません。

必要もないと思いますので。

ただ、もともと集電板を組み込んでからくっつけるフタなもんでそれを鑑みると厄介なので集電板と真ん中のフタは軽く接着してしまいました。

☆簡単に剥がせます
このポッチがあるので面倒な工程になったのです


集電板の両端がフタに空いた穴から露出するようになっていて、おそらく室内灯がつくための構造だと思います。

つまり室内灯つけられます(笑)


☆パチンと
切り傷も荒くなく美しい


キレイにハマりました!

テストしますので209系のままの台車をつけます!

☆成功のニオイしかしない
継ぎ目以外違和感ねぇ


いいですね!

台車間距離もいいですね!


☆25873号車体をくっつけます
仮にです


いいですね!

台車以外違和感ねぇや!

ではドキドキの通電です!

☆見せびらかすために持ち出されていたチップとデールが帰宅しました。指が折れ、名札を紛失しました。
残像のみ


いぃいねぇ!

異音も振動もないし、スムーズに動きます!


では次回は台車枠を実際のSS台車に換えて実際の使用条件にして走行テストを行いましょう!





※参考文献:鉄道ピクトリアル799号2008年1月臨時増刊号東武鉄道特集
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2012/10/15 Mon. 21:14 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  東武  20070  動力  改造  18m化  フライホイール 
tb: 0   cm: 0

東武20070系修繕日誌2ndシーズンEP7~気は長く、フレームは短く~  

「短く」しなければならないパーツは他にもあります。

「フタ」です!

当然フレームと同じ長さなわけで、

当然フレームを短くしたらハマらなくなります。

☆当然の結果です
おれと世間もこんな感じです



コイツも短くしてやりますが、前作大阪市営60系の動力のときの唯一の失敗がこのフタを短くする作業。

めんどくさがって切る箇所を少なくしました。

結果、電気系統のバネの力でフタが少し持ち上がってしまいました。

☆そしてこうなった
でも、おれは絶対に持論は曲げないけどね



今回のフライホイール動力ユニットは構造が違いバネも押してこないのですが、一応ほぼ同じ箇所で切り詰めました。

裏の集電板との絡みもあるし。


その集電板ですが、もちろん切り詰め。

☆上が20mのまま、下が18m化後
もちろん長いほうがおれ


両端を切るだけなので楽チンでした。

台車の電極があたる箇所が変わるので磨き上げました。

☆ポリッシャーは便利ねぇ
世間はアホ。



あとはフレームと集電板の間に挟まれる絶縁シートも切り詰め。

☆ビニールのような材質
まぁ、政治家がアホだからしょうがないとは思うよ。


ハサミで切るだけなので一番楽でした。


これでひととおり加工が終了しました!




さて、組み立てましょう!
関連記事

Posted on 2012/10/13 Sat. 10:40 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  トミックス  フライホイール  動力  18m化  改造 
tb: 0   cm: 0

東武20070系修繕日誌2ndシーズンEP6~駆動部~  

頑丈なシャーシが出来上がりました!


こいつにこれから機械部品を組み込みますが、内心ハラハラドキドキ。

フライホイールユニットで18m化ができるかどうかの答えが出ますからね。

これができればもう怖いものはない!

ただしできなかったら今までの苦労はパアヽ(´▽`)/

パアヽ(´▽`)/

パアヽ(´▽`)/

パアヽ(´▽`)/




まずは駆動部を組み込む準備を。

フレームを切断したぶんシャフトとの距離が取れない箇所があるのでそこはリューターで研削。

☆写真の真ん中のギンギラギンのところね
少し軽くなってしまった(笑)


では、組み立てましょう!

確かめるようにパーツをハメていきます!

☆左は短くなってるウォームギヤ、右は手付かず
4187Fとは何ぞや


随分パーツ同士が接近してますね。

ドライブシャフトにあまり角度がつくのは困るので、ユニバーサルジョイントのウォームギヤ側とモーター側の距離は離してやらなくてはなりません。

先日の検証でモーター側は縮められないということがわかってウォームギヤ側を縮めることになりました。

☆縮まったウォームギヤユニット
これに気付かなければ18m化はフライホイール動力ではムリということになっていました



これで充分な距離を確保できるのか…


ドライブシャフトも短くしなければなりません。


このドライブシャフトは伸縮式になっています。

何故でしょうか。



ドライブシャフトの端(ジョイント)はメス側にパチンとハマるようになっています。

つまり軸方向の遊びがない。

推測ですが、ウォームギヤと台車の1stギヤの間にはバックラッシュがあるのでその成分を逃がすためのものではないかと。


今まではジョイント両端でバックラッシュの成分を吸収してましたが、走らせまくって磨耗してきた際にその吸収させるための遊びがアダとなってドライブシャフトを暴れさせる…

で、トミックス動力のあの異音に繋がっているなら、「異音対策」と捉えていいのかと。



いくつかよさそうなドライブシャフトを用意していましたが、その伸縮式ドライブシャフトをカットして使うことになりました。

☆用意されていたドライブシャフト
使い道を失ってしまった

☆カットされたドライブシャフト。上はそのまま、下が加工済み。
ナイフで簡単に切れました!


上記の対策(推測)を無駄にしないため!

☆良さげ
微妙な角度ですが、これくらいで60系のときはうまくいきました


☆とても良さげ
威風堂々としています


駆動部が組み上がりました!

意外とジョイント部分が奥にあり角度は思ったよりついていません。

これならイケるかも?と、希望が見えてきました。
関連記事

Posted on 2012/10/12 Fri. 17:46 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  トミックス  動力  18m化  改造  フライホイール  駆動部 
tb: 0   cm: 0

東武20070系修繕日誌2ndシーズンEP5~力あれこれ~  

一晩経ちました。

どうでしょうか。

☆がっちり!
いま、1つとなった!


うん、ガッチリくっついてます!

すげえ!


今回は使用しはじめて日の浅い「エポキシ接着剤」がどのくらいの強度を持つのか検証しようと思います。

ダイキャスト製のフレームを壊さない程度に…

試験前は完璧すぎるほど真っ直ぐです。


これにさまざまな応力をかけて変形しないか耐久試験をします!


☆曲げ耐性
曲げています

そこそこの力で曲げます。


ダイキャストが曲がっちゃうから。

☆引っ張り耐性
引っ張っています

そこそこの力で引っ張ります。


☆ねじり耐性
捻っています

そこそこの力で捻ります。


☆圧縮耐性
圧縮しています

そこそこの力で圧縮します。


☆せん断耐性
下に押してます

せん断とは、ハサミにかけたときに紙にかかる力です。


詳しくはWebで。

☆衝撃耐性
落下させています

何度か落とします。

傷がつかない程度に。


試験終了!

あまりやるとフレームが変形しそうだから…

☆試験を終えて
フレームがドヤ顔に見えるおれは病気


いいですねぇ!

全く変形していない。

耐久性も申し分ないですね!

エポキシ接着剤すげえ!

犬のションベンみたいなニオイがしたときは参ったけど、それを我慢するだけの価値はある!

8時間待つ価値はある!

エポキシ接着剤の耐久性はそうでもないとか書いてあるWebをたまに見ますけど、この接着剤に関してはそうは思わないなぁ。

ちゃんと表面を荒らして、で5分速乾とかじゃなければちゃんと接着面に食いつくと思うんだけど。

次回ダイキャストを接着するときはさらにダメ押しでレール方向に切り込みを入れるつもりです。(あと2件18m動力への改造依頼がきてます)

この切り込みに接着剤が入って固まったらもっと頑丈になるハズです!



耐久性は問題ないので、次に進みましょう!
関連記事

Posted on 2012/10/10 Wed. 20:03 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  動力  改造  トミックス  18m化  エポキシ接着剤 
tb: 0   cm: 0

18mになった動力ユニットの実力を検証すぺしゃる。  

台車をユニットにつけ、いよいよ試験です!

☆見た目はほぼ完成の動力
真ん中のモッコリが気になるくらい


単機での動作は問題ないけど、改造の一番の理由である「真鍮製列車、勾配を1M7Tで」が実現できるかどうか性能を検証しないと。


同時に

色んな条件のレールの走行テスト、

モーターの発熱、

その熱の改造シャーシの伝導性、

連続高速運転の耐久性、

改造動力台車の牽引・推進耐久性


を見ます。



今まで短い線路の往復ばかりだったので、まずはのびのび走ってもらいます。

☆スタンダードな小判型
軽めのメニューから



☆疾走する改造動力ユニット
ゴオオオオ

スピード感あふれる写真を撮りたかった。

☆ギャオオオオオ
ギャオオオオオ


いいね!

R243のS字カーブもクリア!

では実際のパートナーである、真鍮製の重い列車をつないでみましょう。

自身にも6301号の車体をつけます。

☆編成になった6001F
1本にしたのは初めて


いけいけ~


☆初めて先頭で風を切る6001号
ガラスがないので運転手は吹きさらし



R243のカーブで勾配があります。

いちばんキツい条件に挑むワケです!

☆挑んでいる6301号
あれあれ?


その走りを見て心配は吹き飛びました。


いやぁいいね!

勾配起動もなんのその!

いちばんキツい条件の場所のド真ん中に止めても難なく起動しちまうよ!



脱線転覆しないギリギリの速度での60分の連続運転にも耐え、心配していた熱は接着部分でも止まることなくシャーシ全体に均等に伝わっています!

牽引も推進も楽勝、この感じではカプラーのほうが先に壊れます!


この縮小化動力ユニットの走りはは60系が完成したら動画にしてまたYouTubeにUPします!

☆試験を乗り切った6301号
たくましく見える



今まで模型製作を21年(途中空白期間あり)やってきたけどここまでガチガチに改造したのはこれが初めてじゃないだろうか。

動力ユニットを切って短くするなんて考えられなかったな。

「長いなら切って短くすりゃいいじゃん」て単純な発想から思いついたのだけど、最初は怖かった。

でも60系のときはなんかストンと思い立ったな。

「あっ、18m化改造しよう」って。

大成功をおさめた改造ですが、動力ユニットの改造は他にも案があるのでまた近いうちにやるかも知れません。

それまでごきげんよう。



大阪市営60系製作記に引き継ぎます!
関連記事

Posted on 2012/06/13 Wed. 14:05 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: トミックス  動力  改造  18m化  縮小化  大阪市営  60系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ