FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

3Dプリンターで作られた1/80サイズHS-20コンプレッサを見ながらほぉ~ほぉ~言うだけの記事  

★関連記事

※東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電鉄1000系風に)2/2

※3Dプリントで出来上がった1/150サイズHS-20コンプレッサーを見ながら、はぁ~はぁ~言うだけの記事

IMG_0324_20191125165626d3a.jpg


★本編

先日の一畑電鉄1000系の床下機器は無事納品されました!

床下機器全体としてはもう手元にありませんが、参考資料としてHS20コンプレッサーだけは余分に作っておきました。

今回はテレビの前の皆さまとご一緒にこの素晴らしいHS20を鑑賞しましょう。


★レッツほぉ~ほぉ~


IMG_0325.jpg

ほぉ~~~

この立体的な配管…!

目で追える配管…!

HS20の圧縮空気の流れをコレで勉強できますよ!


IMG_0327_20191125165629b57.jpg

ほぉ~~~

このシリンダーの放熱フィン…!

わかんない人に説明すると、バイクのエンジンにヒダヒダがあるでしょう?

あれは空気中に熱を効率よく逃がすために空気との接触面積を稼ぐためにあんなヒダヒダなんです。

HS20はエンジンではありませんがレシプロの構造は同じで、中でピストンが高速で往復して摩擦熱が発生するし、中で圧縮された空気も熱を持ったりするのでコンプレッサーのシリンダーは結構触れないくらい熱くなるんです。


これは、3Dプリンターでないと絶対無理な造形です。

ロストワックスでも流れていかないでしょう。


IMG_0328_20191125165630c95.jpg

ほぉ~~~

このマニホールドのボルト…

マニホールドとは集合管のことです。

鉄道用コンプレッサー界隈でそう呼ばれているかは知らない。


IMG_0329_20191125165632453.jpg

ほぉ~~~

この放熱管…


IMG_0330.jpg

ほぉ~~~

このアイボルト(吊り上げ用の輪っか)…


IMG_0332.jpg

ほぉ~~~

このモーターのフィンと接続箱…

この中にモーター用の端子があります。


IMG_0331_2019112516563650f.jpg

ほぉ~~~

このカップリング…

カップリングとは、中心が若干ずれてても大丈夫な軸継ぎ手です。

モーター軸とクランクシャフトを繋いでいます。


IMG_0343_20191125171126797.jpg

安全弁も給油口もバッチリ!

この方向でなければもうすこし滑らかに造形されたはずですが、それは仕方ありません。


IMG_0341.jpg

シリンダーブロックのボルトがあるのがわかりますか?

シリンダーヘッドにもボルトも放熱フィンもあるのがわかりますか?

これもロストワックスでも無理でしょうね~


IMG_0333_20191125165639db2.jpg

ほぉ~~~

この防振ゴム…

防振ゴムとは、コンプレッサーの動作振動を車体に伝えにくくするゴムです。

コレがあるおかげで車内は快適です。

フラットブラックに塗ってもいいですね!



どうしよう、オチが思いつかねぇや笑

あ、HS20だけを出品してみよう!


と思って2基セットを作って調べたら、約3,000円…。

1基約1,500円…

売れるのかよ笑

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/25 Mon. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  床下機器  HS-20  コンプレッサー  1/80 
tb: 0   cm: 0

1/80ホキ9500のインレタをつくろう4  

ちょっと間があいてしまいました、大変よくないことです。


★あらすじ

その1

その2

その3




その3から今回までの間に色々あって、


NissekiEditPS-s.png

今こんなことになっています。

元はといえば、すごくしっかりした資料を渡されたがゆえにどの号車を忖託すればよいのかわからないから全号車作っちまえとノリでいってしまったことが発端。

これさえ作れば、青梅線ホキ9500は全号車コンプリートです!

NissekiEditAI-s.png


ちなみにレイアウトは、前回の試作品ホキ9522号を実際に貼って作って感じた不便さから、少し変更を加えました。

4両単位、予備の追加、ロゴ見直し。


IMG_2805-2.jpg

奥多摩工業分で入りきらなかった9726~のインレタも出来上がりました!

こちらもレイアウトは変えました。



★台座案その2

日石の分を発注する前に、奥多摩工業の台座の問題を解決しなくては。

台座の案その2は3Dプリント。

正確な寸法、そしてボルトのディテールの表現という要素が加わり、リアリティーは多分こちらのほうが上です。

ボルトの表現は2通り候補があり、ひとつはデザインに組み込んで出力、もうひとつは穴だけ開けておいて分売パーツのボルトを使用するというもの。

一応もうひとつ、最近確立したエッチングという方法もありますがこれは高額になりすぎると思うので検証は一旦おあずけ。


IMG_2537.jpg

こちらが3Dプリンターで出力されたものです!

社名が書かれているほうはただの長方形ですが、菱形マークがつくほうは複雑な複合曲線による楕円形です。

ボルトを表現をしてあるほうと分売パーツを使うために穴だけが開けてあるほう、二通りあります。

塗装してつけてみましょう。


IMG_1645.jpg

できました!

菱形、結構ギリギリになってしまいました。

台座がちょっと小さすぎますね。

菱形マークはちょうどよいですが、菱形の線は見直したほうがいいかも知れません。

塗装もひとつ問題ですね…

全く同じ色は作れませんから。


IMG_1644.jpg

社名プレートのほうはちょうどいいですね!



★台座案その3

その3は「エッチングで作る」です。

最近やりだしたエッチングという技法は、平面的なパーツを作るのには最適でサードパーティから同じようなホッパ車用社名プレートなどが製品として出ています。(奥多摩工業はない)


IMG_0345_20190617183250843.jpg

これがインレタで作った版下を素材に貼ったところ。

素材は始めて使用する洋白板。

硬くて変形しにくく、曲げたりしないで使用するパーツ作りにはちょうどよい素材です。


IMG_0080_201906171832505e7.jpg

これがエッチングしたやつです!

ランナーを細くしすぎて途中でいくつか取れてしまいました笑

どうもうまくエッチングされずに少しカタチが変になってしまいました…。

IMG_0070_20190617183252322.jpg

貼りました!


IMG_1651_20190617185813bb8.jpg


IMG_1650.jpg

楕円はやっぱちょっと小さいですね…

社名板はやっぱりちょうどよいです!


これを見てパーツを作り直し、次回は完璧なサイズにできますね!



打ち合わせの材料は揃ったので、これでクライアントに相談です。
関連記事

Posted on 2019/06/17 Mon. 20:00 [edit]

category: 貨物

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  ホキ9500 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ国鉄583系をDCCサウンド化&ライト関係改修1  

令和3発目も大型シリーズのイントロダクション!

新元号のために温めてたわけじゃないです。

まとめられなかっただけです。



トミックスのHOゲージ国鉄583系がやってきました!

DCCサウンドの取り付けとライト関係の改修をしてくれという依頼です!


IMG_3340.jpg

ヤフオクで手に入れたという583系、以前手掛けたN1N2編成とは違い在りし日の長大編成!(全部出した写真は撮ってない)

はくつる号上野行きと設定されています。


IMG_3347.jpg

国鉄ファンなら泣いて喜びそうな1本だと思います。

国鉄をそんなに知らない私は583系は生ではほとんど見たことがありません…

舞浜駅でわくわくドリーム号くらい。

それも短くされた、もしかしたらN1N2編成

国鉄ではない…


IMG_3358.jpg

あっ

ライトが黄色です!

コレは初期のロットですな。


IMG_3004.jpg

あっ

ナンバーが変なところについています。

取りましょう。


IMG_3362.jpg

DCCデコーダーを隠す場所はいくらでもありそうです。

この辺の配線は何度もやった気がします!(485系も2本やってますので)



★加工内容

トミックスのノーマル状態のこちらをゴリゴリのDCC制御編成にし、いくらかのグレードアップもします。

すなわち、

・先頭車にデコーダー搭載

・乗務員室室内灯もつくようにする

・動力車にはサウンドデコーダーを搭載

・食堂車とグリーン車室内グレードアップ

・食堂車とグリーン車に新開発2ウェイ室内灯取り付け


です。


ついに今回DCCサウンドが登場です!



★使用機材

☆DIGITRAXデコーダーTF4
2017060312580000.jpg

当ブログでは何度か扱った、本来拡張用とされているデコーダーです。

ライトの前進後進自動切換えがない、読み出しができずに書き込み専用であることなど、留意しておく点があります。

最初は読み込みができなくて故障かと思ってしまいました…。


☆ESUサウンドデコーダー LokSound V4.0
IMG_0893.jpg

初登場のサウンドデコーダーです。

サウンドは583系のものが収録されており、通常のコントロール機能に加えて任意に音を出すことが出来ます。

出せる音はタイフォン、主抵抗器ブロワー、ドアの開閉音、フランジ音です。

販売店の「クマタ貿易」さんの特製品だそうです。


IMG_0894.jpg

小さな基盤に部品がいっぱい詰まってます!

アンプってことを考えるとだいぶ小型だと思います。

基盤寸法19.9×30.4mm、言うまでも無くモハ582に搭載しますから、隠す場所としては便所とかになると思います。

スピーカーは4Ωの1.5W。

携帯電話のスピーカーより高出力で、意外と大きな音が出ます。

径は23mm、厚みは5mm。

さてどこに隠そうか…。



★デコーダーテスト

DCCデコーダーは組み込む前にテストすることを推奨されています。


IMG_0016_20190507143304bf5.jpg

こちらはドイツのメーカーESUのデコーダーテスターです。

これに今回取り付けるTF4を繋いでテストします。

色んなタイプのコネクターに対応していますが、TF4はそもそもバラ線です。

バラ線用の端子もあるのですが何故か全てのファンクション線と対応していません。

なのでコネクターを取り付けるところからやらなければなりませんでした。


IMG_0017_20190507143305c74.jpg

仮アドレスを設定して、ライトの動きかたの設定等を書き込みます。

TF4は書き込み専用で読み出しはできないので、希望する設定を上書きするだけでOKです。

TF4はなぜかフラッシュライトみたいなのがデフォルトです。

CV61に00を書き込めば普通の点灯になります。


IMG_0025.jpg

色々ON/OFFします。


IMG_0023_20190507143540c90.jpg

テストは良好!



次回から実際の加工です!
関連記事

Posted on 2019/05/07 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  583系  DCC 
tb: 0   cm: 0

ZugのプラキットHOゲージ西武新101系をつくろう1  

令和2発目も大型新シリーズ、今日からスタートです!

Zug製のプラキットHOゲージ(1/80)西武新101系を作っていきます!


IMG_0761.jpg

ブログ初登場のZugは、私も注目しているブランドです。

今後のラインナップに地元東武の8000系があったため、先頭車2連が出たら地元亀戸線仕様でつくろうと目論んでいるのです。

Zugは初モノです、下見も兼ねて色々見てみましょう。

IMG_0759.jpg

パカッ



★ボディ


IMG_0762.jpg

キット構成はNゲージの板キットに似ています。

車体だけに限って言えば全く一緒!


IMG_0791.jpg

モールドはさすがプラです。

細かく表現されていて、これは真鍮では敵わないところ。


IMG_0785.jpg

窓枠はなんと洋白。

これはリアルに仕上がることでしょう!

右のほうにあるのは前面ヒゲ用パーツとクーラーのファンのメッシュパーツです。

IMG_0792.jpg

運転台もちゃんとあります!

乗務員室仕切りもモールドがちゃんとあります。

ただし!

ちょっと大味です笑



★屋根

屋根は全車共通(上の写真)で、パンタ配管のモールドはなく裏に刻印されたガイドに沿って必要な穴を開ける方式。



パンタ配管は市販真鍮線を使って自分で曲げたりして作ることになっています。

こちらはそのガイドです。

バイクのプラモデルのホース類を思い出します!

こちらは寸法がカッチリ決まっている分、手強そうです!


IMG_0772.jpg

役立つと思われる治具セットがあります!

至れり尽くせりです!



★ガラスパーツ

IMG_0784.jpg


ガラスパーツもNゲージのそれとほぼ一緒です。

透明度はまぁまぁです。

この中に照明用の導光パーツが入っているのが新鮮です!


★台車


IMG_0775.jpg

グリーンマックスで言うところの「西武FS」ことFS372台車もよくできています。

ボルスタアンカーが別バーツになっているのがキモで、カーブを曲がるときにリアリティーが増します。

どれだけ首を振れるのかが気になるところ。


台車といえば集電。

せっかくプラ造形なのに、片側集電となっているのがもったいないです。

重い真鍮車体ならまだしも、軽いプラ車体だと集電性能が心配です。

なんとかして両輪集電にできないもんか。



★床下機器


IMG_0778.jpg

床下機器は、ハッキリ言ってショボいです!

ボディのディテールはいいのに、なぜどのメーカーも床下機器をおざなりにするのでしょう。


抵抗器は細分化されています。

詳しくないのでわかりませんが、M1とMc1で抵抗器の配置が違うのでしょうか。

それに対応するためということでしょうか。


IMG_0779_20190502002100cd2.jpg

見てください、このHB-1500形コンプレッサー。

Nゲージの3Dプリント品のほうが遥かに細かくリアルです!

コンプレッサーだけは3Dにしてしまおうか…。


IMG_0780_20190502002102114.jpg

AK-3コンプレッサも入っています!

設定の形態や時期によって選べるのはキットのよいところ。



★シール類

IMG_0768.jpg


シール類はイイ感じです!

マニアックな行き先も収録されているとのこと。

IMG_0771.jpg

車番はインレタです。



★オプショナルパーツ・エッチングパーツ

101系をより一層引き立てるエッチングパーツも豊富です。


IMG_0773.jpg

中でも吊革パーツはかなりイイです。

以前のユートレインズE233系でも再現されていないものです。

西武の黄色い電車を象徴する(と私は思う)ステンレスドアもあります。

塗装の手間も省け、且つ本当の金属で実感的です。



★オプショナルパーツ・マスキング


IMG_0767.jpg

こちらは101系専用にレーザーカッターで切られたマスキングシート。

以前E233系を作ったときにカッティングマシンを使ってマスキングシートを切り出すということをしましたが、カッティングマシンでは刃が移動する力や方向転換するときの力で細い線はうまく切り出せませんでした。

レーザーカッターなら物理的な接触はないわけですからシャープで細かい線を切り出すことができるわけです。

いいねコレ。

俺も作れるようになりましょうか。



★その他パーツ

クライアントによって色々なパーツが揃えられていますが、注目すべきは動力ユニット!


IMG_0788.jpg

メディアリンクスの吊り掛けモーターです!

ウォームギヤを使う一般的な機構と違い、本物と同じピニオンギヤによる1段減速!

もしかしたらいくらか惰力走行ができるかも。

室内表現にも全く影響が出ません。

ただ!

モーターが軽すぎて死重が必要になるし、少し配線も面倒です。

あと、なぜかスポーク車輪なのでそれはプレート車輪にしないと。

1台車につき1モーターしかつけられず力もそんなにないそうなので、この台車を4つで使用します。



★おさらい

今回はほぼフルスペックで製作します。

・プラキット組み立て、塗装
・動力取り付け
・ライト点灯化
・オプショナルパーツフル使用


あれ?

項目に直したらこれだけになっちゃった。

☆Wikipediaより
Seibu101renewal-Wiki-S.jpg

ちょっと形態は違いますが、こちらがモデルの西武新101系です。

モデル編成は235F+236Fの4両編成で

Tc1235-M235(動力)-M236(動力)-Tc1236

写真と同じ黄色とベージュのツートンカラーで、前面が濃い茶色でチョコレートなどと呼ばれていたそうです。



次回から製作開始です!
関連記事

Posted on 2019/05/04 Sat. 17:00 [edit]

category: 西武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  Zug  西武新101系  1/80  16番 
tb: 0   cm: 2

U-TRAINSのJR-E233系1000番台京浜東北線を作ろう14:総括・最終回  

今回は高級ブランド「U-TRAINS」(ユートレインズ:通称ユートレ)の京浜東北線E233系1000番台を作りました!

組み立ては別の人がやり、塗装と仕上げは当方という完全分業でした。

それのお陰で組み立てミスがあってもどうすることもできずに修正は当方持ちでした。(超大赤字)

ではその作業内容を振り返りましょう。



★高級品!

完成品では60万円するという京浜東北線E233系。

老舗エンドウやカツミと足回りの構造こそ同じですが、床下機器の作り込みや室内表現、美しい塗装や蒸着で表現されたというドアトリムと窓枠は遠くからでも一目で違いがわかります。

塗装や組み立てもとても丁寧で素晴らしい仕上がりです!

なのに!

色が…という意見は多いようで、特に床下機器の色は明るすぎてこれではE233系ではなくC233系です。(JR東海、Central Japan Railway、当ブログではトロッコファミリー号でさんざん出てますね)

帯の色も少々暗い…。

これらを解消し且つ安くあげようということで、完成品とほぼ同時に発売されたキットがやってきたわけです。

でも、そういう考えの方に先に言っておくと「結局は高くつく」ものです。

「1点モノ」はそんなもんです。

特に今回は完成品よりも気合いの入っている表現もあります。(シルバーと室内)

その代わり、やろうと思えば特定時期の特定編成なんかに仕立てることができます。

私のところに来るお客さんは皆さんそういうこだわりをお持ちのかたです。



★HO真鍮10両のボリューム

下地作りがデリケートとなる真鍮ボディ。

10両というボリュームも手伝って最初の色を塗るまでは他の案件を一切やらずにコレに集中しておりました。

真鍮10両はこれまでの依頼のなかで最大です。



★カッティングマシン

最近の模型作りはデジタル要素を取り入れています。

今回はその中でも新しい試みとしてカッティングマシンでマスキングテープを切り出すということをしました。


マスキングテープを切り出せばシャープな直線で塗り分けができますし、全く同じ太さで全く同じ長さのマスキングテープをいくらでも用意できます。

E233系の帯は既製品マスキングテープでは用意できない太さだったのです…。

IMG_3134.jpg

結果、細いマスキングの切り出しは苦手ということが露呈。

太いほうは概ね成功でした!



★さりげなくないギンギラギン


IMG_3587.jpg

今回初めてガイアノーツの「プレミアムミラークローム」を使いました。

ステンレスのテカテカシルバーの表現はとてもよく、さらに油性ですから作業能率も上がりました。

しかし初めて使う相手として高級品ユートレの16番E233系なんて冒険しすぎですね笑

使用した箇所は車体ステンレスの幕板と腰板、妻面全部、乗務員扉、室内の手すり、そしてクーラーです。

そしてこの塗料は大変デリケートです。

取り扱いは注意していただきます。

納品の際には古物商の方がつけているような手袋を一緒にプレゼントしました。



★「E」233系ですから


IMG_3211.jpg

床下機器はガイアノーツのニュートラルグレーVです。

ユートレ完成品の明るいグレーはJR東日本の床下機器の色とはお世辞にも一緒と言えません。

暗いグレーを使用し、これでちゃんと「E」233系です笑

このブログは鉄道マニアでない普通の人も3名ほど見ていると聞いてますので解説しますと、EとはEastJapan(東日本)のEです。


★やりすぎた室内

目玉のひとつがユートレ完成品を大きく越える出来の室内です!


IMG_3266.jpg

床面はシールを作り出来る限りネジを隠すと同時に、優先席の床のあのシマシマ模様までも再現しました。


IMG_3935.jpg

座席パーツはかなり塗り分けました。


優先席は座面はもちろん仕切り板の色も塗り分け、手すりを黄色く塗る徹底ぶり!

そのせっかくの表現を邪魔しないように給電の取り回しも変えました。

IMG_4386.jpg

キレイです!

プレミアムミラークロームの手すりが光っています!



★説明書、想定をとことん無視


IMG_4287_20190107010630276.jpg

こちらのデカールは前面の黒いところを表現するためのもののようです。

60万円の完成品を見たらどうも黒いところがガビガビしてるなぁと思っていて、デカールを見てなるほどと思いました。

ちゃんと処理はされてるでしょうから剥がれることはないでしょうが、塗装には敵いません。

ガラス裏側の黒もデカールの想定のはず。

でも塗装には敵いません。

やーいやーい

聞いたら、前面の黒は本物は帯と同じ後から貼られるステッカーのため塗装と同レベルではなく、それを表現する意図もあるとのこと。

しかしそれを言うと帯も同じだし、ステッカーの厚みなんて1/80にしてしまったらほぼ同レベルです。

だからOK。


IMG_4379.jpg

先頭の連結器はおそらくエンドウとかのをつける想定と思われましたが、見た目のよいトミックスTNカプラーにしちゃいました。

保証はしませんが一応連結できます。

でもこれくらいしか首は振れません。




IMG_0131-2.jpg


そんなこんなで出来上がったE233系。

完成直後、首都圏で電車が止まりまくったあの日に偶然125編成に乗れたのも今回の完成のお祝いと受け止めます。

IMG_0135-2.jpg

シルバーの違いを感じてください。



★公園デビューみたいな気持ちで

IMG_0001_20190107020828c1d.jpg

工場から送り出す準備です。

IMG_0003.jpg

エコーモデルの保護ペーパーをまいて純正の箱に詰めていきますが、ワイパーのある先頭車をそのまま包むのは怖いので専用カバーを作りました。

IMG_0002.jpg

こんな感じ。

これでワイパーは守られます。

IMG_0005.jpg

陸送準備完了。



★試運転

E233-1000落成試運転_181211_0028-2


最後にやり残すは試運転!

今回もホビーセンターカトー東京と埼玉楽園鉄道(個人所有巨大レイアウト)で行いました!

ホビセンでは20m車が10両まっすぐになれないのがちょっとアレですが、半径がキツいカーブもS字カーブも状態のよくないジョイント笑もあり試運転には適しており、情景もあってブログ映えもします。

☆クリックで大きく表示
E233-1000落成試運転_181211_0011

1周目は念のためスロー走行。

想定の範囲内の不具合を直しながら走らせて、引渡し前の最後の詰めです。

様子を見ながら徐々にスピードを上げて負荷をかけていきます。

ストラクチャーに派手に体当たり、もしくはバックトゥザフューチャー3の機関車という事態は避けなければなりませんので慎重に。

最高速はスケールスピード120km/hを目安にします。

☆クリックで大きく表示
E233-1000落成試運転_181211_0002

この日は日曜日で家族連れも多くいました。

やはりチビッ子は今走ってる電車に興味があるようで、他に走らせている方はいたもののこの京浜東北線E233系が大人気でした!

ふれあいの写真を載せられないのが残念。

☆クリックで大きく表示
E233-1000落成試運転_181211_0008

☆クリックで大きく表示
E233-1000落成試運転_181211_0014

この試運転で得られたデータをもとに再整備。

今度は埼玉楽園鉄道(個人所有レイアウト)で試運転!

IMG_0298-2.jpg

IMG_0325-2.jpg

いいですね!

ここでついに完成品との共演が果たされました!

どっちがどっちかなんて、もう言いません。


完璧になったので、これをもって引き渡しです!

最後に、チョチョっと作った動画をば。

シルバーの出来やなんかが伝わるといいのですが…。

☆YouTube


もひとつおまけに、表参道のU-TRAINSでの記念写真をば。

☆クリックで大きく表示
IMG_0101-2.jpg


U-TRAINSのJR-E233系1000番台京浜東北線を作ろう

関連記事

Posted on 2019/01/28 Mon. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  U-TRAINS  E233系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ