FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

ZugのHOゲージ西武新101系をつくろう3:パンタ有り中間車と先頭車、継ぎ目処理  

東村山市も通る西武鉄道のお話です。



この回でパンタ配管までを書いて1本にしようと思ってたんですけど、今後がうまくまとまりそうになかったのでちょっと方針変更です。


★パンタ有り中間車

組み立てに関してはパンタなし中間車と特段変わりはないのですが、屋根と妻面に加工が生じてきます。


IMG_0878.jpg

屋根はかなり派手に穴を開けます。

これ全部に何らかのパーツが付くと考えると大変なことです。

しかしその分、立体感があって見栄えのする屋根上となるハズです!


パンタ車の妻面と言えば配管。

こちらのキットはパンタなし車とパンタ有り車の妻面は共通のパーツが使われていて、パンタ有り車の場合は穴を開ける作業が生じます。

IMG_0065_202003171743223cd.jpg

パンタ配管おさえを別パーツとしてこの穴に取り付けられます。

合理的な設計です。


ここでは穴だけ開けて、配管おさえは後で取り付けます。



★先頭車

いよいよ先頭車です。


IMG_0061_2020031717465577e.jpg

先頭車の内側は、中間車と同じ+乗務員室部分をライトグリーンという塗装です。

IMG_0069_20200317174655dee.jpg

こんな感じ。

このあとボディ塗装をすることを考えると侵食される可能性もありますが、内側は先に塗るのがセオリーです。


IMG_0083_20200317175054469.jpg

形にしました!

ついに編成全体の形が見えてきてテンションが上がります!



★継ぎ目消し

鋼鉄の全塗装車体は、妻面と側面の繋ぎ目はなく滑らかです。


IMG_0086_20200317175623650.jpg

IMG_0089.jpg


キットの性質上絶対にこういう線が出てしまうので、コレを消す処理をします。


実は、箱にする段階で幾らかの手は打ってあります。

接着剤をたっぷり塗ってくっつけて、ワザとムニュッと外側にはみ出させます。

こうすれば、しっかりくっつくだけでなく接着剤が隙間を埋めてくれるので処理が楽になります。

ただし、はみ出した接着剤は乾くまで絶対触っちゃダメです。

組んだらしばらく放置しておくのがよいでしょう。

はみ出した接着剤には、溶けたプラスチックが混じっています。

はみ出た接着剤に触ってしまったことに気が付かずにボディを触ってしまうと、最悪ボディに「指紋のモールド」が出来上がってしまいます。


IMG_0202.jpg

うまくはみ出なかったり、形状的に無理がある場合はパテを使って埋めます。

パテと接着剤が完全に乾いたら、サンディングで形を整えます。

IMG_0196_20200317175625d21.jpg

こちらの先頭車の前面との接合部は特に注意してサンディングします。(写真のはちょっとパテを盛りすぎ)

整形の範囲が前面のRにかかるので、顔の印象まで変えてしまいます。


成形できたら、サーフェイサーを吹いて確認!

成形に難があると思ったら完全に乾いてから成形しなおします。

濃い目のサーフェイサーならすこしだけ盛り上がってくれるので、やり直しができるようになります。

明らかにエグレメグレになってしまったら観念してパテを使いましょう。


IMG_0027_202003260349136df.jpg

IMG_0024_20200326034915375.jpg

継ぎ目はバッチリ消えました!

IMG_0026_202003260349129a2.jpg

屋根の継ぎ目も消しました。


IMG_0025_20200326034911f48.jpg

できました!

塗装直前の状態です。


さて次は…

配管にしようか塗装にしようか悩ましいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/03/31 Tue. 17:00 [edit]

category: 西武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  Zug  西武新101系  1/80  16番 
tb: 0   cm: 0

3Dプリンターで作られた1/80サイズHS-20コンプレッサを見ながらほぉ~ほぉ~言うだけの記事  

★関連記事

※東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電鉄1000系風に)2/2

※3Dプリントで出来上がった1/150サイズHS-20コンプレッサーを見ながら、はぁ~はぁ~言うだけの記事

IMG_0324_20191125165626d3a.jpg


★本編

先日の一畑電鉄1000系の床下機器は無事納品されました!

床下機器全体としてはもう手元にありませんが、参考資料としてHS20コンプレッサーだけは余分に作っておきました。

今回はテレビの前の皆さまとご一緒にこの素晴らしいHS20を鑑賞しましょう。


★レッツほぉ~ほぉ~


IMG_0325.jpg

ほぉ~~~

この立体的な配管…!

目で追える配管…!

HS20の圧縮空気の流れをコレで勉強できますよ!


IMG_0327_20191125165629b57.jpg

ほぉ~~~

このシリンダーの放熱フィン…!

わかんない人に説明すると、バイクのエンジンにヒダヒダがあるでしょう?

あれは空気中に熱を効率よく逃がすために空気との接触面積を稼ぐためにあんなヒダヒダなんです。

HS20はエンジンではありませんがレシプロの構造は同じで、中でピストンが高速で往復して摩擦熱が発生するし、中で圧縮された空気も熱を持ったりするのでコンプレッサーのシリンダーは結構触れないくらい熱くなるんです。


これは、3Dプリンターでないと絶対無理な造形です。

ロストワックスでも流れていかないでしょう。


IMG_0328_20191125165630c95.jpg

ほぉ~~~

このマニホールドのボルト…

マニホールドとは集合管のことです。

鉄道用コンプレッサー界隈でそう呼ばれているかは知らない。


IMG_0329_20191125165632453.jpg

ほぉ~~~

この放熱管…


IMG_0330.jpg

ほぉ~~~

このアイボルト(吊り上げ用の輪っか)…


IMG_0332.jpg

ほぉ~~~

このモーターのフィンと接続箱…

この中にモーター用の端子があります。


IMG_0331_2019112516563650f.jpg

ほぉ~~~

このカップリング…

カップリングとは、中心が若干ずれてても大丈夫な軸継ぎ手です。

モーター軸とクランクシャフトを繋いでいます。


IMG_0343_20191125171126797.jpg

安全弁も給油口もバッチリ!

この方向でなければもうすこし滑らかに造形されたはずですが、それは仕方ありません。


IMG_0341.jpg

シリンダーブロックのボルトがあるのがわかりますか?

シリンダーヘッドにもボルトも放熱フィンもあるのがわかりますか?

これもロストワックスでも無理でしょうね~


IMG_0333_20191125165639db2.jpg

ほぉ~~~

この防振ゴム…

防振ゴムとは、コンプレッサーの動作振動を車体に伝えにくくするゴムです。

コレがあるおかげで車内は快適です。

フラットブラックに塗ってもいいですね!



どうしよう、オチが思いつかねぇや笑

あ、HS20だけを出品してみよう!


と思って2基セットを作って調べたら、約3,000円…。

1基約1,500円…

売れるのかよ笑

関連記事

Posted on 2019/11/25 Mon. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  床下機器  HS-20  コンプレッサー  1/80 
tb: 0   cm: 0

1/80ホキ9500のインレタをつくろう4  

ちょっと間があいてしまいました、大変よくないことです。


★あらすじ

その1

その2

その3




その3から今回までの間に色々あって、


NissekiEditPS-s.png

今こんなことになっています。

元はといえば、すごくしっかりした資料を渡されたがゆえにどの号車を忖託すればよいのかわからないから全号車作っちまえとノリでいってしまったことが発端。

これさえ作れば、青梅線ホキ9500は全号車コンプリートです!

NissekiEditAI-s.png


ちなみにレイアウトは、前回の試作品ホキ9522号を実際に貼って作って感じた不便さから、少し変更を加えました。

4両単位、予備の追加、ロゴ見直し。


IMG_2805-2.jpg

奥多摩工業分で入りきらなかった9726~のインレタも出来上がりました!

こちらもレイアウトは変えました。



★台座案その2

日石の分を発注する前に、奥多摩工業の台座の問題を解決しなくては。

台座の案その2は3Dプリント。

正確な寸法、そしてボルトのディテールの表現という要素が加わり、リアリティーは多分こちらのほうが上です。

ボルトの表現は2通り候補があり、ひとつはデザインに組み込んで出力、もうひとつは穴だけ開けておいて分売パーツのボルトを使用するというもの。

一応もうひとつ、最近確立したエッチングという方法もありますがこれは高額になりすぎると思うので検証は一旦おあずけ。


IMG_2537.jpg

こちらが3Dプリンターで出力されたものです!

社名が書かれているほうはただの長方形ですが、菱形マークがつくほうは複雑な複合曲線による楕円形です。

ボルトを表現をしてあるほうと分売パーツを使うために穴だけが開けてあるほう、二通りあります。

塗装してつけてみましょう。


IMG_1645.jpg

できました!

菱形、結構ギリギリになってしまいました。

台座がちょっと小さすぎますね。

菱形マークはちょうどよいですが、菱形の線は見直したほうがいいかも知れません。

塗装もひとつ問題ですね…

全く同じ色は作れませんから。


IMG_1644.jpg

社名プレートのほうはちょうどいいですね!



★台座案その3

その3は「エッチングで作る」です。

最近やりだしたエッチングという技法は、平面的なパーツを作るのには最適でサードパーティから同じようなホッパ車用社名プレートなどが製品として出ています。(奥多摩工業はない)


IMG_0345_20190617183250843.jpg

これがインレタで作った版下を素材に貼ったところ。

素材は始めて使用する洋白板。

硬くて変形しにくく、曲げたりしないで使用するパーツ作りにはちょうどよい素材です。


IMG_0080_201906171832505e7.jpg

これがエッチングしたやつです!

ランナーを細くしすぎて途中でいくつか取れてしまいました笑

どうもうまくエッチングされずに少しカタチが変になってしまいました…。

IMG_0070_20190617183252322.jpg

貼りました!


IMG_1651_20190617185813bb8.jpg


IMG_1650.jpg

楕円はやっぱちょっと小さいですね…

社名板はやっぱりちょうどよいです!


これを見てパーツを作り直し、次回は完璧なサイズにできますね!



打ち合わせの材料は揃ったので、これでクライアントに相談です。
関連記事

Posted on 2019/06/17 Mon. 20:00 [edit]

category: 貨物

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  ホキ9500 
tb: 0   cm: 0

トミックスHOゲージ国鉄583系をDCCサウンド化&ライト関係改修1  

令和3発目も大型シリーズのイントロダクション!

新元号のために温めてたわけじゃないです。

まとめられなかっただけです。



トミックスのHOゲージ国鉄583系がやってきました!

DCCサウンドの取り付けとライト関係の改修をしてくれという依頼です!


IMG_3340.jpg

ヤフオクで手に入れたという583系、以前手掛けたN1N2編成とは違い在りし日の長大編成!(全部出した写真は撮ってない)

はくつる号上野行きと設定されています。


IMG_3347.jpg

国鉄ファンなら泣いて喜びそうな1本だと思います。

国鉄をそんなに知らない私は583系は生ではほとんど見たことがありません…

舞浜駅でわくわくドリーム号くらい。

それも短くされた、もしかしたらN1N2編成

国鉄ではない…


IMG_3358.jpg

あっ

ライトが黄色です!

コレは初期のロットですな。


IMG_3004.jpg

あっ

ナンバーが変なところについています。

取りましょう。


IMG_3362.jpg

DCCデコーダーを隠す場所はいくらでもありそうです。

この辺の配線は何度もやった気がします!(485系も2本やってますので)



★加工内容

トミックスのノーマル状態のこちらをゴリゴリのDCC制御編成にし、いくらかのグレードアップもします。

すなわち、

・先頭車にデコーダー搭載

・乗務員室室内灯もつくようにする

・動力車にはサウンドデコーダーを搭載

・食堂車とグリーン車室内グレードアップ

・食堂車とグリーン車に新開発2ウェイ室内灯取り付け


です。


ついに今回DCCサウンドが登場です!



★使用機材

☆DIGITRAXデコーダーTF4
2017060312580000.jpg

当ブログでは何度か扱った、本来拡張用とされているデコーダーです。

ライトの前進後進自動切換えがない、読み出しができずに書き込み専用であることなど、留意しておく点があります。

最初は読み込みができなくて故障かと思ってしまいました…。


☆ESUサウンドデコーダー LokSound V4.0
IMG_0893.jpg

初登場のサウンドデコーダーです。

サウンドは583系のものが収録されており、通常のコントロール機能に加えて任意に音を出すことが出来ます。

出せる音はタイフォン、主抵抗器ブロワー、ドアの開閉音、フランジ音です。

販売店の「クマタ貿易」さんの特製品だそうです。


IMG_0894.jpg

小さな基盤に部品がいっぱい詰まってます!

アンプってことを考えるとだいぶ小型だと思います。

基盤寸法19.9×30.4mm、言うまでも無くモハ582に搭載しますから、隠す場所としては便所とかになると思います。

スピーカーは4Ωの1.5W。

携帯電話のスピーカーより高出力で、意外と大きな音が出ます。

径は23mm、厚みは5mm。

さてどこに隠そうか…。



★デコーダーテスト

DCCデコーダーは組み込む前にテストすることを推奨されています。


IMG_0016_20190507143304bf5.jpg

こちらはドイツのメーカーESUのデコーダーテスターです。

これに今回取り付けるTF4を繋いでテストします。

色んなタイプのコネクターに対応していますが、TF4はそもそもバラ線です。

バラ線用の端子もあるのですが何故か全てのファンクション線と対応していません。

なのでコネクターを取り付けるところからやらなければなりませんでした。


IMG_0017_20190507143305c74.jpg

仮アドレスを設定して、ライトの動きかたの設定等を書き込みます。

TF4は書き込み専用で読み出しはできないので、希望する設定を上書きするだけでOKです。

TF4はなぜかフラッシュライトみたいなのがデフォルトです。

CV61に00を書き込めば普通の点灯になります。


IMG_0025.jpg

色々ON/OFFします。


IMG_0023_20190507143540c90.jpg

テストは良好!



次回から実際の加工です!
関連記事

Posted on 2019/05/07 Tue. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  583系  DCC 
tb: 0   cm: 0

ZugのプラキットHOゲージ西武新101系をつくろう1  

令和2発目も大型新シリーズ、今日からスタートです!

Zug製のプラキットHOゲージ(1/80)西武新101系を作っていきます!


IMG_0761.jpg

ブログ初登場のZugは、私も注目しているブランドです。

今後のラインナップに地元東武の8000系があったため、先頭車2連が出たら地元亀戸線仕様でつくろうと目論んでいるのです。

Zugは初モノです、下見も兼ねて色々見てみましょう。

IMG_0759.jpg

パカッ



★ボディ


IMG_0762.jpg

キット構成はNゲージの板キットに似ています。

車体だけに限って言えば全く一緒!


IMG_0791.jpg

モールドはさすがプラです。

細かく表現されていて、これは真鍮では敵わないところ。


IMG_0785.jpg

窓枠はなんと洋白。

これはリアルに仕上がることでしょう!

右のほうにあるのは前面ヒゲ用パーツとクーラーのファンのメッシュパーツです。

IMG_0792.jpg

運転台もちゃんとあります!

乗務員室仕切りもモールドがちゃんとあります。

ただし!

ちょっと大味です笑



★屋根

屋根は全車共通(上の写真)で、パンタ配管のモールドはなく裏に刻印されたガイドに沿って必要な穴を開ける方式。



パンタ配管は市販真鍮線を使って自分で曲げたりして作ることになっています。

こちらはそのガイドです。

バイクのプラモデルのホース類を思い出します!

こちらは寸法がカッチリ決まっている分、手強そうです!


IMG_0772.jpg

役立つと思われる治具セットがあります!

至れり尽くせりです!



★ガラスパーツ

IMG_0784.jpg


ガラスパーツもNゲージのそれとほぼ一緒です。

透明度はまぁまぁです。

この中に照明用の導光パーツが入っているのが新鮮です!


★台車


IMG_0775.jpg

グリーンマックスで言うところの「西武FS」ことFS372台車もよくできています。

ボルスタアンカーが別バーツになっているのがキモで、カーブを曲がるときにリアリティーが増します。

どれだけ首を振れるのかが気になるところ。


台車といえば集電。

せっかくプラ造形なのに、片側集電となっているのがもったいないです。

重い真鍮車体ならまだしも、軽いプラ車体だと集電性能が心配です。

なんとかして両輪集電にできないもんか。



★床下機器


IMG_0778.jpg

床下機器は、ハッキリ言ってショボいです!

ボディのディテールはいいのに、なぜどのメーカーも床下機器をおざなりにするのでしょう。


抵抗器は細分化されています。

詳しくないのでわかりませんが、M1とMc1で抵抗器の配置が違うのでしょうか。

それに対応するためということでしょうか。


IMG_0779_20190502002100cd2.jpg

見てください、このHB-1500形コンプレッサー。

Nゲージの3Dプリント品のほうが遥かに細かくリアルです!

コンプレッサーだけは3Dにしてしまおうか…。


IMG_0780_20190502002102114.jpg

AK-3コンプレッサも入っています!

設定の形態や時期によって選べるのはキットのよいところ。



★シール類

IMG_0768.jpg


シール類はイイ感じです!

マニアックな行き先も収録されているとのこと。

IMG_0771.jpg

車番はインレタです。



★オプショナルパーツ・エッチングパーツ

101系をより一層引き立てるエッチングパーツも豊富です。


IMG_0773.jpg

中でも吊革パーツはかなりイイです。

以前のユートレインズE233系でも再現されていないものです。

西武の黄色い電車を象徴する(と私は思う)ステンレスドアもあります。

塗装の手間も省け、且つ本当の金属で実感的です。



★オプショナルパーツ・マスキング


IMG_0767.jpg

こちらは101系専用にレーザーカッターで切られたマスキングシート。

以前E233系を作ったときにカッティングマシンを使ってマスキングシートを切り出すということをしましたが、カッティングマシンでは刃が移動する力や方向転換するときの力で細い線はうまく切り出せませんでした。

レーザーカッターなら物理的な接触はないわけですからシャープで細かい線を切り出すことができるわけです。

いいねコレ。

俺も作れるようになりましょうか。



★その他パーツ

クライアントによって色々なパーツが揃えられていますが、注目すべきは動力ユニット!


IMG_0788.jpg

メディアリンクスの吊り掛けモーターです!

ウォームギヤを使う一般的な機構と違い、本物と同じピニオンギヤによる1段減速!

もしかしたらいくらか惰力走行ができるかも。

室内表現にも全く影響が出ません。

ただ!

モーターが軽すぎて死重が必要になるし、少し配線も面倒です。

あと、なぜかスポーク車輪なのでそれはプレート車輪にしないと。

1台車につき1モーターしかつけられず力もそんなにないそうなので、この台車を4つで使用します。



★おさらい

今回はほぼフルスペックで製作します。

・プラキット組み立て、塗装
・動力取り付け
・ライト点灯化
・オプショナルパーツフル使用


あれ?

項目に直したらこれだけになっちゃった。

☆Wikipediaより
Seibu101renewal-Wiki-S.jpg

ちょっと形態は違いますが、こちらがモデルの西武新101系です。

モデル編成は235F+236Fの4両編成で

Tc1235-M235(動力)-M236(動力)-Tc1236

写真と同じ黄色とベージュのツートンカラーで、前面が濃い茶色でチョコレートなどと呼ばれていたそうです。



次回から製作開始です!
関連記事

Posted on 2019/05/04 Sat. 17:00 [edit]

category: 西武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  Zug  西武新101系  1/80  16番 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ