FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

トミックスJR209系京浜東北線をドレスアップ2/3  

まずは車体をバラバラにします。

IMG_0193_202003141702141ab.jpg

台車と車輪、床板、室内パーツはそれぞれ塗装に入るので洗浄しておきます。

ついでにボディーも洗浄してピカピカにしましょう。



★足回り、床下加工+塗装+ウェザリング


IMG_0164.jpg

今回初めて銀河モデルのパーツを使い波打車輪を再現します。

負荷がかかる部分ではないので手軽にスプレーのりで貼り付けました。

☆ビフォー
IMG_0194_20200314170004336.jpg

☆アフター
IMG_0195_2020031417000678d.jpg

床下、台車、車輪はウェザリングをするので下塗りをしておきます。


IMG_0204.jpg

車輪塗装用の治具をつくりました。

事務用の穴あけパンチの穴の直径が絶妙だと言うことに気づき、ダンボールに穴を開けて作りました。

若干穴の方が大きいですが、吹き付ける角度を工夫すれば、段ボールの厚みも手伝ってそこそこなマスキング効果が得られるはずです。

IMG_0210_202003141704583e2.jpg


使用したのはガイアノーツのニュートラルグレーⅤです。

台車と床板も同様に塗装しました。

ほとんど色は変わりませんが、生のプラスチック感は消えました。


続いてウェザリングです。

使用するのは、タミヤアクリルのフラットアースです。

汚し具合は中程度にしてくれと言われています。

抽象的ですが、私の思う中程度と言うことで良いそうです。


IMG_0213.jpg


IMG_0212_20200314170644dc1.jpg

できました!

うっすらとグレーが分かるくらいの感じにしました。

導通パーツは、魔法の液体を使って逆にピカピカにしました。

導通は加工前より改善されるハズです!

マスキング漏れが懸念材料の車輪は、踏面を乾拭きで拭ってやれば大丈夫でした。



★室内塗装


IMG_0032.jpg

室内は塗装で表現してほしいと言われていました。

座席はブルー。

使用したのはGMカラー16番です。

すぐ近くで室内灯の光にさらされるため、暗めの色にしておきました。

マスキングが面倒な車端分は筆塗りです。

優先席もしっかり塗り分けました。

塗装前の写真は忘れた。



★カプラー交換


IMG_0244_20200326172628970.jpg

カプラーは、TOMIXのTNカプラーからKATOのボディマウントカプラーに交換します。

これに後付けのジャンパ栓パーツを取り付け、さらに連結面のリアリティを上げます。

ただしそこそこの加工が必要になります。

KATOカプラーは、4581C3。



IMG_0250_2020032617262973a.jpg

ジャンパ栓はZ04-5589です。

ダンパーを切り取り、ジャンパ栓にのみ塗装とウェザリングを施し、連結機能のあるカプラーはそのままにしておきます。

上の写真は加工前と加工後です。


取り付けに関しては綿密な調査が必要です。

連結面間隔は少し余裕を持たせないと連結できないし、高さも注意しないとボディと干渉します。

他のKATO製モデルも使って高さを決定し、スペーサーをかまして取り付けます。


IMG_0249_202003261728456a2.jpg

床板への取り付けはネジ留めです。

エコーモデルの精密ネジ1.2×3mmネジです。

動力車も頑張ってネジ留めにしました。


IMG_0029_20200401162445c55.jpg

繋いだらこんな感じ。

いいですね!

これ以上連結面を狭めたら、充分に押し付けられなくなり連結できなくなります。

これが限界です。

もう1ついいことがありました。

ジャンパ栓は連結するもの同士の片方に付くので、編成を組むときに間違えることがなくなります笑



★先頭床下

先頭床下の精密感アップのために市販パーツの取り付けをします。


IMG_0007_20200326181701aff.jpg

こちらはガレージメーカー西多摩車両工業の3Dプリントパーツ「209系用スカートA」です。

Aは川崎重工製、Bは東急車両製という区別です。


IMG_0020_20200326181702b9d.jpg

組み立てるとこんな感じ。

慣れてないと危ないのは、ウチのも含めて3Dプリントパーツ全てに言えることです。


IMG_0022.jpg

精密でいい感じです!


IMG_0024_20200326181705b46.jpg

寸法が少々きつめですがうまくやれば入ります。

怖い人は床板側面と接触する面を削りましょう。

コレをつけると床板とボディも少々きつくなります。

前面側、妻面側の好きなほうを削りましょう。


IMG_0025_20200326181706204.jpg

ATC受電器は1067mm/150のファインスケールのようですので、レールの真上にはきません。

これは設計するほうとしては悩ましいでしょう。

昔東急のを作ったとき、私は9mmに合わせたと思います。

いくら泣いてもレールは9mmゲージで、受電器はレールの真上にあるべきものだということで。



次回はボディの加工と仕上げです!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/04/05 Sun. 13:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  JR209系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

阪急4050型Nゲージ修繕  

阪急4050型のNゲージモデルがやってきました!


IMG_0232-2.jpg

ヤフオクで落としたというこちら、ボディはとってもシャープな出来で真鍮キットのようです。


4050型とは事業用車で、主に救援(故障して動けなくなった列車を引っ張って移動させる)のための車両だそう。

ほとんど出番がないそうで車庫に眠っていることがほとんどだそう。(良いことです)

阪急ごっこをやるときのアクセサリーとして導入したようで、自走もしなければライトもつきません。


3両ある全てなぜか4052号になっていますが、今回はコレを実際どおり4050、4051、4052にしてくれという依頼です。

コーポレートマークも貼り付けます。

修繕もします。

形態も直します。


★ナンバー

4050型のインレタを探してもなさそうだし、別件で白インレタを作る用事があったので隙間に忍びこませました!

IMG_0116_202003141751548d7.jpg


サイズを確認したら、普通の旅客電車と同じ大きさでした。

センターから寄ってるし、車体幅も違うっぽいのでわかりにくかったです。

現物合わせで確認した答えが、「普通の旅客電車と同じ」です!


IMG_0246_202003141754532a2.jpg

もとのやつを取るのは意外と大変でした…

こちらは魔法の液体に浸けているところです。


IMG_0277.jpg

どうしても取れないヤツは、サンディングで取ってからリペアという手段を用いました。

おそらくツヤ消しのデコボコした表面にデカールがしっかり食い付いているからだと思います。


IMG_0278_20200314175456bac.jpg

リセットされ、形態も考慮しながら車号を割り振りました。


★コーポレートマーク

IMG_0286_202003141804519c3.jpg


こちらも「普通の電車と同じ」です!

窓もなく対比で確認もできませんでしたが、なんとか導き出しました。


★形態合わせ

4050号と4051号は密連とのことですのでそのようにします。

ちょっと修繕して完了です!


IMG_0290_202003141804495f0.jpg

IMG_0287_2020031418045312d.jpg

IMG_0282_202003141804546f2.jpg



ホワイトメタルと思われる台車につけられた車輪はガバガバです。

走行はできますが、連結解結のさいに力加減を注意する必要があります。

目で見てわかるくらい反っていました。

弾性のないホワイトメタルですから、車軸を挟む具合はカッチリ決めないと走らなくなるor車軸が抜けやすくなるという症状が出ます。

集電機能も付加しにくい。

自分のNゲージキットにホワイトメタルの台車が入っているのを見たら、たぶん3Dプリントを選択するでしょう。


ちなみに、こちらの3両は走らせる予定はなく阪急ごっこをするときに情景として使用されるとのことです!
関連記事

Posted on 2020/03/25 Wed. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急4050型 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急3000系の見栄えアップ  

鉄道コレクションの阪急3000系がやってきました!


IMG_0247_2020031418181159c.jpg

いくらか手が入れられているこちら、ヤフオクで手に入れたそう。

クリアー塗装、前面だけ車番、色さし、動力+走行化、ライトのグレードアップパーツ化だけしてあります。


IMG_0248_202003141818129ef.jpg

3150=サイコー編成。

…と呼ばれているかどうかは知らない。

IMG_0249_20200314181814262.jpg

前面床下にはなんだかよさげなエッチングパーツがついています。

受電器とジャンパ線もひとつのパーツのため耐久性も良さそう!

これに今回はナンバーとコーポレートマーク、▽インレタをちゃんと全部貼って、行き先も貼って見栄えアップをしてくれという依頼です。


★全部入り


IMG_0262_2020031418204826a.jpg

IMG_0261_20200314182046166.jpg

「貼る」系が揃っているジオマトリクスの製品です。

2セット預かっていますが、今回依頼の3150編成はありません…。

この製品自体は良さそうです。


★ナンバー

市販品の並び替えでも対応できるナンバーですが、センタリングなどがややこしいため出来上がったインレタがあれば尚可です。


IMG_0115_20200314182625ea6.jpg

白インレタを作る用事があったので、隙間に忍びこませました!


IMG_0263_2020031418205075b.jpg

白▽も忘れずに。

IMG_0260_20200314182051df0.jpg

いいですね!

市販インレタの中にはなんか薄い感じがするものもありますが、私が頼んでいる業者はクッキリ濃く出来上がりますので心なしか存在感も違います。


シールを貼ります。

晩年の伊丹線仕様とのことで、塚口⇔伊丹です。


IMG_0267_20200314182053b13.jpg

いいですね!

これで完成です!


IMG_0268_202003141823278bf.jpg

IMG_0270.jpg

ある程度出来上がっていたとはいえ、床下機器もやらない、ライト点灯化もしない、ツヤツヤ塗装もしない、すみ車らしさはほぼゼロの依頼です。

オリジナルインレタが貼ってあるくらいです。


つまりかなり軽い加工ということですが、阪急の鉄コレの場合はこの軽い加工だけでかなり見栄えは変わりますので是非やってみてください。

ということを言いたい記事でした。
関連記事

Posted on 2020/03/20 Fri. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急3000系 
tb: 0   cm: 0

トミックスJR209系京浜東北線をドレスアップ1/3  

ブログ編集する時間とれねぇなぁ。

だれかボランティアでやってくんねぇかなぁ。

ボランティアって、体のいい「タダ働き」の言い換えですよね。

東京オリンピックは、上級国民は利権をむさぼり、我々愚民の中から「やりがい」という詐欺にかかった奴を使って運営される悪徳イベントです。

国際機関がそれを承認しているんだから、俺だってその手の詐欺を働いてもいいはずです。



「やりがいは盲目」


「あの金はどこへ消えた」





さて、本題です!


IMG_0131_202003141633539e8.jpg

トミックス209系京浜東北線がやってきました!

わーい京浜東北線だぁ!


IMG_0141_20200314163354c9d.jpg

209系10両!

昔、おそらく初めて手にしたトミックスのカタログを見ながら憧れたひとつです。

新車だ!TNカプラーつけられる!常点灯対応だ!とカタログでは輝いていたあの日はいつへやら、今は全車が京浜東北線からは退いています。

あのときの憧れを思い出します。

憧憬ってヤツです。



★色々見てみましょう

まずは点検がてら色々見てみましょう。


IMG_0133_202003141644538d9.jpg

ヤフオクで手にいれたというこちらは、既にいくらか手が入れられています。

ドアのゴムにスミが入れられているし、車番インレタも貼られています。

このように手を加えられたものは中古市場では価値が下がるそうです。

私がコテコテに改造した鉄コレはどうなるんだろう…


IMG_0055_202003141644564d9.jpg

ライトはちゃんとつきますがそこは当時の市販完成品の性能、明るくはないんだろうなーと思ったら、けっこう頑張っています。

旧製品だと思っていましたが行き先が白く光っているので、これはLEDの基盤を搭載した最近の製品でした。

集電の方式が昔のものだったので、つい。


IMG_0056_20200314164457e65.jpg

テールライトは光がダダ漏れで、ヘッドライトがうっすら光ってしまっています。

これはいけません。


IMG_0053_2020031416445939c.jpg

横から見たら黒いでかいライトケースが鎮座しているのも完成品の製品の特徴だと思います。

行き先など、オデコ部分に光らせたいものがある場合はこうなりがちです。

室内灯を入れるとその存在感が際立ちます。

ちなみに私のライトユニットならこんなことにはなりません笑


IMG_0139_20200314164452eda.jpg

床下機器は、キッチリ三菱のGTO-VVVFを再現しています。

三菱GTOというと車のほうを思い浮かべる人のほうが多い気もしますが、こちらは三菱電機ゲートターンオフサイリスタ。

車のほうは三菱自動車グランツーリスモホモロゲート(イタリア語)だったと思います。


ところで帯の色、なんか暗い気がします!

いつだったかのユートレインズ完成品E233系京浜東北線もこんな少し暗い色でしたね…。

カタログで見た感じだともっと明るい色なのですが…

撮り方で誤魔化してる?


IMG_0137_20200314164454124.jpg

動力はフライホイールのない旧式です!

気になるのは車輪が黒になっていることで、台車だけ交換したんですかね?

少し動きがぎこちないですが、整備でなんとかなりそうです。



★おらさい

今回はこちらに色々ドレスアップを施します。

具体的には、

・車輪を波打ちにする
・床下、台車、車輪を塗装
・室内を塗装
・スカートまわりや細かいパーツを3Dプリントで実感的に
・色んなステッカーや表記類貼り付け
・その他軽微な修繕(ヤフオク入手のため)


で、ウラ5編成に仕立てます。



順番に取り掛かりましょう。
関連記事

Posted on 2020/03/14 Sat. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  JR209系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

京王3000系リニューアル車を改造しながら作ろう2  

エコノミーキットの場合は絶対にコレからやらなければならないというのはないですが、
私の考えでは机上をスッキリさせるために大きなパーツから手をつけます。

すなわちボディです。


IMG_0280.jpg

まずは切り出し!

さぁ作るぞ!と意気込んでニッパーを握り、パーツを切り出す…。

この瞬間はいつも噛み締めながら迎えています。

尊いです。


IMG_0224_20191213132454498.jpg

3000系は編成によってクーラー配置だったりパンタ配置だったり妻面の形態が違うみたいです。

クライアントに頂いた資料や説明書をよく確認しましょう。


IMG_0159_20191224032506d69.jpg

ゲート跡が表にこないようにランナーがついています。

だからといって慎重さを欠いては表に影響が出る場合もあります。

京王3000系側面の場合は、5箇所全部危ないです笑

特に肩部のランナーは危ないですねー


IMG_0158_201912240325085cb.jpg

できました!


電車の形になる瞬間は、いつまで経ってもイイもんです。

この喜びを感じられるのはエコノミーキットを組んだ人だけです。

やーいやーい!

高いモノじゃないんだし、一回とりあえずやってみたらいいのです。

やらずに「無理」と決めつけていては人生もつまらなくなります。


エコノミーな人生でいいのかい?


キまったー

キまったわー


IMG_0238_20191213130418d72.jpg

先頭車の組み立ての前に顔をいじります。

ライト点灯化をするので、ライト部分に穴を開けます。

急行灯も光るので全ライト貫通させます。


IMG_0241_20191213130858659.jpg

この写真を撮った段階で、ディティールアップパーツを使おうと決めました。

ヘッドライトにもディテールアップパーツを使うのでそれに合わせて少し大きめに開けておきます。


IMG_0293_20191213130420f07.jpg

こんな感じ。

これでもう変身した感じがします!

ヘッドライトはタヴァサ民鉄用シールドビーム、急行灯とテールライトにはトレジャータウンの私鉄用標識灯Bという金属パーツを使います。

ディテールアップになりライトレンズも確保できるし、光の通り道が完全遮光されるのでいいコトづくめです。

ただしこれらパーツは高価です。

ヘッドライトだけはボディ塗装後に取り付けます。


IMG_0297_20191213130423c5b.jpg

ライトケースが収まるように成形したら、先に遮光として裏側を黒に塗っておきます。

それから箱の形に組みます。


IMG_0302_20191213131904422.jpg

屋根も一部ライトケースが干渉しますから削っておきます。

薄くなると光が透過しやすくなりますからしっかり遮光します。


この3767編成の先頭車の屋根には分散クーラーが載りますが、ガイドっぽい穴が位置が合わないため穴はなしでクーラーを取り付けたほうがよさそうです。

ちなみに、非冷房で登場した編成が冷房化されるときに載せられた分散クーラーには屋根上に配管が露出しますが、今回の3717編成は新造時からクーラーを載せて作られたため配管は屋根の中に埋まり屋根上はスッキリしています。

これも編成の特徴と言えるでしょう。

3Dプリントを覚悟しましたが助かりました。

IMG_0304_20191213132244f12.jpg

先頭車、カタチになる。


IMG_0309_201912131319043f3.jpg

室内灯は入れませんが、裏側は5両とも一応全体を黒を塗って光が透過しないようにしておきます。

夜景のジオラマとかで電灯の近くを通ったら光が透過してしまいます。

顔は遮光しててボディは光がスケスケだと、とっても変な感じになってしまう可能性があります。

カッコ悪くなる可能性の芽は摘んでおきましょう。


IMG_0313_20191213132121843.jpg

5両箱ができました!

かっこイイです!



次回はいよいよボディ塗装です!
関連記事

Posted on 2020/02/03 Mon. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  京王3000系  リニューアル 
tb: 0   cm: 1

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ