FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

カツミのHOゲージ阪急9000系を仕上げ+グレードアップ!2/2  

★ナンバー貼り

以前の新8300系と似ている箇所からやっていきましょう。


IMG_0149_20190930134406b58.jpg

以前も使用したマッハ模型の洋白エッチングの切り抜きナンバーを使用します。

8300系のときの余りで今回の編成はまかなえます。


IMG_0222_202002131849288c6.jpg

前回と同じように貼り付けガイドを作って位置決めをしやすくします。

車体にはビートも何もなく基準を取るための目安が近所にないので、この貼り付けガイドはとても便利です。


IMG_0224_202002131848401da.jpg

いいですね!



★前面車番

前面車番は適切な大きさの製品がないのでエッチングで作ることにしました。



原稿作り!


IMG_0208_20200213185549933.jpg

大きさは、印刷してみて確認します。


IMG_0016_202002131855494b3.jpg

インレタが出来上がりました!


IMG_0047-2.jpg

0.1mm厚の洋白板に貼り、エッチングです。


IMG_0051_20200218224424de3.jpg

ついにエッチング液が底を尽きて新しく買いました。

もとはといえばエッチング液を「頂いたから」エッチングに挑戦してましたが、エッチングはだんだん私の中の加工方法のひとつとして地位を占めてきましたね。

足りないとか抜かすようになりました。


IMG_0068_202002182240005e9.jpg

いいですね!



★阪急コーポレートマーク

9000系は8300系のときのように戸袋ではなくナンバーと同じ腰板につき、大きさも違います。

上の写真にもあるようにエッチングで表現しようと試みましたが、線が細くてうまくいかず泣く泣くデカールにしました。


IMG_0096-2_20200218230110005.jpg

でもそんなに悪くないかも。

台紙をあとで剥がすタイプのデカールでしたが、経年変化でどうなるかは未知数です。

要経過観察です!



★ヘッドライト

梅田行きの先頭になるC#9000のみヘッドライトは登場時の電球照光に換えてくれと言われています。

光源はLEDとわかっていたので、あとはどんなふうにボディと合体されているかが気になるところでした。

慎重に分解しました。


IMG_0008_202002131910259e4.jpg

こんな感じの穴に


IMG_0004.jpg

こんな感じの足つきLEDが突っ込まれていました。

1灯につきひとつのLEDでした。


IMG_0012_20200213191028356.jpg

回路を調べた上で、手持ちのФ3.0電球色LEDに交換。


IMG_0010_202002131910277f3.jpg

こちらのパーツもも加工します。

電球照光のやつはこの丸い穴ではありません。


IMG_0054_20200213191030722.jpg

こうなんです。

IMG_0056_2020021319141798b.jpg


ライトレンズがないと不自然かなーと思いましたが、組んでみたら意外と大丈夫そうなのでそのまま空洞にしました。

IMG_0057_20200213191416974.jpg


ライトが光っても変な感じにはならないです!



★小パーツ

ステップと連結器、胴受けを交換し、ワイパーを取り付けて完了です!

IMG_0085_202002182240022cf.jpg



★パクリ


IMG_0074_2020021822395858f.jpg

あれ?

なんかネジが前面にひっつくぞ?

実は中に強力磁石を仕込み、KATOのクイックヘッドマークと同じ構造にしました!


IMG_0284_20200218224555e68.jpg

ヘッドマークも作りました。

こちらは9000系のデビューヘッドマークです。

言うまでもなく磁力でくっつく仕組みで簡単に脱着でき、これで2種類の表情を楽しむことができます。


Hankyu9000HM.jpg

こんな感じです!

いいですね!



★完成

IMG_0092_20200218230404465.jpg

完成です!

シンプルな配色の阪急車ですから、やはりナンバーの存在はでかいですね!

コーポレートマークだけがちょっと心残りですが、チャンスがあればまたトライしたいと思います。


ていうか1/80サイズの現在の社紋とか出せば需要はあると思うんですけどねぇ、作ってくれませんかねぇ。

同時に、ナンバーのフォントも似せたものを、近年の車両の前面車番の大きさの数字も同時にお願いします。

自作エッチングは金も手間も時間もかかるのです…
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/02/19 Wed. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  阪急9000系 
tb: 0   cm: 0

カツミのHOゲージ阪急9000系を仕上げ+グレードアップ!1/2  

加工依頼として新品のカツミの阪急9000系がやってきました!


IMG_0122_2019103023471126e.jpg

デカイです!(なんだその感想)

基本4両セットと増結4両セット、計8両です。


IMG_0125_201910302347128fa.jpg

IMG_0131_20191030234714aac.jpg

マトリョーシカのごとく箱の中に更に箱が…

IMG_0134_2019103023471591e.jpg

やっと見えてきました!

厳重というか大げさというか、そんな梱包です。

IMG_0154_20191030235232dc8.jpg

でん。

やっと1両取り出せました!

IMG_0140_20191030234716409.jpg

ででん。

8両です!

さすがに迫力があります!

IMG_0156.jpg

顔の造形はイイ感じです。

でもやはりナンバーがないと変な感じです。

金属製だけあってかなり重量があります。

形態は、2015年発売当時のものと思われるヘッドライトがLEDのスタイル。

カツミの増税前30%OFFセールで手に入れたというこちら、もちろん新品です。


IMG_0194_20191031001344772.jpg

塗装は、いつものカツミです。

ブツブツです。

何でこんなに梨地なのでしょうか。

希釈具合を間違えたか、効率を優先して硬化材を入れすぎたか、厚塗りしすぎか…。


イケナイのはドアと仕上がり具合が違うことです。

ドアの仕上がりはまぁまぁまともだと思います。

ドアを別に塗ってあとから組み立てるのは支持しますが、仕上がり具合は気にしないとダメです。

一回カウルがついたバイクのプラモデルを作ることをオススメします。

アイボリーとの塗り分け線はいつものようにケバケバです。

うん、厚塗りなんですな。


IMG_0158_20191031001450fd0.jpg

IMG_0159_2019103100145282a.jpg

台車。

車輪が波打ちなのがイイです!

特筆すべきはボルスタアンカーで、車体に固定されているため実感的です!

台車の首振り角度を制限されますが、R550は余裕で通過できるのでいいと思います。

編成にして斜め前から側面を見たら気持ちイイでしょうな。

集電機構はいつも通り。


IMG_0157.jpg

床下機器はいつものカツミです。

ロストワックス製法と思われる機器が並んでいます。


IMG_0195_2019103100230359d.jpg

奥行き感はなく薄っぺらいです。

ディティールもイマイチです。

アレを見てしまったあとだと物足りないです。



走りは普通でした!

IMG_0196_20191031002342548.jpg


金属の8両ということで3M5Tかなー、実車も3M5Tだから実車と同じ配置かなーと思ったら、なんとT車にモーターが積まれていました。

機能的に問題ないのは分かっていますが、私はコレはなんか気持ち悪いんですよ~


IMG_0180.jpg

ライトオン。


IMG_0173_20191031005427abc.jpg

IMG_0178_201910310054297c4.jpg

IMG_0172_2019103100542843a.jpg


ヘッドライトはLEDのため、スピードをあまり出さなくともまともに光ってくれます。

Nゲージではマストな常点灯というものは、概念そのものがHOゲージの世界にはありませんが、LED照光ならそれっぽくできたりします。


IMG_0187_20191031005523c0f.jpg

これらのスイッチでライトを全消灯したり、急行灯だけをOFFにしたりできます。

片側だけONも可能のようです。


IMG_0162_2019103100333910a.jpg

室内灯は光の強さも色もとても素晴らしいです!

うまくお伝えできないのが心苦しいです。


IMG_0166_20191031003340c8c.jpg

室内はカツミらしからぬ頑張りです。

イスが設置されており、端のパイプまでちゃんとあります。

最近エンドウやカツミがちゃんと室内を作るようになっているのはU-TRAINSやでんてつ工房の影響だと思っています。

IMG_0168_201910310033413c7.jpg

配線が丸見えです!


IMG_0136_20191031010740b5a.jpg

付属品としては交換用の方向幕、後付けワイパー、ナンバーとコーポレートマークのデカールです。


★目的

さて、今回はこの編成をデビュー当時の姿にして仕上げてほしいという依頼。

内容としては以前の8300系に似ています。

・車番の貼り付け、「9000編成」にする
・コーポレートマークの貼り付け
・▽とか貼り付け
・9000号のみライトを電球色タイプに交換
・ヘッドマークをつけられるようにする
・デビューヘッドマーク作り


です。

阪急の車体はまるーん1色で凹凸もなく、シンプル。

そのため、車番やマーキングを貼ることで見栄えというか印象はかなり変わります。

それは何両も鉄コレを手掛けていてしみじみ感じています。



抜かりなく取りかかりましょう。
関連記事

Posted on 2020/02/13 Thu. 12:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  阪急9000系 
tb: 0   cm: 0

京王3000系リニューアル車を改造しながら作ろう2  

エコノミーキットの場合は絶対にコレからやらなければならないというのはないですが、
私の考えでは机上をスッキリさせるために大きなパーツから手をつけます。

すなわちボディです。


IMG_0280.jpg

まずは切り出し!

さぁ作るぞ!と意気込んでニッパーを握り、パーツを切り出す…。

この瞬間はいつも噛み締めながら迎えています。

尊いです。


IMG_0224_20191213132454498.jpg

3000系は編成によってクーラー配置だったりパンタ配置だったり妻面の形態が違うみたいです。

クライアントに頂いた資料や説明書をよく確認しましょう。


IMG_0159_20191224032506d69.jpg

ゲート跡が表にこないようにランナーがついています。

だからといって慎重さを欠いては表に影響が出る場合もあります。

京王3000系側面の場合は、5箇所全部危ないです笑

特に肩部のランナーは危ないですねー


IMG_0158_201912240325085cb.jpg

できました!


電車の形になる瞬間は、いつまで経ってもイイもんです。

この喜びを感じられるのはエコノミーキットを組んだ人だけです。

やーいやーい!

高いモノじゃないんだし、一回とりあえずやってみたらいいのです。

やらずに「無理」と決めつけていては人生もつまらなくなります。


エコノミーな人生でいいのかい?


キまったー

キまったわー


IMG_0238_20191213130418d72.jpg

先頭車の組み立ての前に顔をいじります。

ライト点灯化をするので、ライト部分に穴を開けます。

急行灯も光るので全ライト貫通させます。


IMG_0241_20191213130858659.jpg

この写真を撮った段階で、ディティールアップパーツを使おうと決めました。

ヘッドライトにもディテールアップパーツを使うのでそれに合わせて少し大きめに開けておきます。


IMG_0293_20191213130420f07.jpg

こんな感じ。

これでもう変身した感じがします!

ヘッドライトはタヴァサ民鉄用シールドビーム、急行灯とテールライトにはトレジャータウンの私鉄用標識灯Bという金属パーツを使います。

ディテールアップになりライトレンズも確保できるし、光の通り道が完全遮光されるのでいいコトづくめです。

ただしこれらパーツは高価です。

ヘッドライトだけはボディ塗装後に取り付けます。


IMG_0297_20191213130423c5b.jpg

ライトケースが収まるように成形したら、先に遮光として裏側を黒に塗っておきます。

それから箱の形に組みます。


IMG_0302_20191213131904422.jpg

屋根も一部ライトケースが干渉しますから削っておきます。

薄くなると光が透過しやすくなりますからしっかり遮光します。


この3767編成の先頭車の屋根には分散クーラーが載りますが、ガイドっぽい穴が位置が合わないため穴はなしでクーラーを取り付けたほうがよさそうです。

ちなみに、非冷房で登場した編成が冷房化されるときに載せられた分散クーラーには屋根上に配管が露出しますが、今回の3717編成は新造時からクーラーを載せて作られたため配管は屋根の中に埋まり屋根上はスッキリしています。

これも編成の特徴と言えるでしょう。

3Dプリントを覚悟しましたが助かりました。

IMG_0304_20191213132244f12.jpg

先頭車、カタチになる。


IMG_0309_201912131319043f3.jpg

室内灯は入れませんが、裏側は5両とも一応全体を黒を塗って光が透過しないようにしておきます。

夜景のジオラマとかで電灯の近くを通ったら光が透過してしまいます。

顔は遮光しててボディは光がスケスケだと、とっても変な感じになってしまう可能性があります。

カッコ悪くなる可能性の芽は摘んでおきましょう。


IMG_0313_20191213132121843.jpg

5両箱ができました!

かっこイイです!



次回はいよいよボディ塗装です!
関連記事

Posted on 2020/02/03 Mon. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  京王3000系  リニューアル 
tb: 0   cm: 1

鉄コレ京王5000系を「さよなら運転」仕様にして且つグレードアップ改造をする2/2  

★京王帝都電鉄→京王電鉄


IMG_0688.jpg

古い時代を模していると思われ、まだ京王帝都電鉄の頃です。

違いはマーキングで、手裏剣マークとKTRマークを消して「KEIO」マークを貼ることで時代を直します。


塗装の上に印刷されているマーキング。

シンナーは使えないし、魔法の液体を使っても消えなかったので削り取ります。


IMG_0689.jpg

塗装を剥がさないように細心の注意が必要です。

特に手裏剣マークは帯のすぐ隣。

帯を削らないように気を付けます。

マスキングテープはそれの防護用です。


IMG_0686.jpg

できました!

削った擦り傷は、クリアーを吹いたら消えます。

塗装面を傷つけすぎたらクリアーを吹いてもダメなので気をつけましょう。



★帯

帯は、乗務員室付近で枝毛のようになる通称「ヒゲ」にします。

IMG_0800.jpg

専用インレタを使用するつもりでしたが、デコボコがあるところにインレタを貼るのは難儀だったので塗装にしてしまいました。


IMG_0830.jpg

いいですね!



★クリアー塗装

鉄コレのなんだか陳腐な塗装も、クリアー塗装をすればイイ感じに変わります。
手裏剣を消した跡もこれで消えます。

新設の帯の保護にもなります。

写真は忘れた。



★車番

車番も貼られていません。

こちらは最終編成ですから、それに対応した編成にするためにインレタを用意します。




市販品は品切れでした。

ちょうどメタリックインレタを作る用事があったので、一緒に作ることにしました。


京王車番Edit-PS2

今までよく使ってきたフォントとは違う、京王独特のフォントです。

これは似たフォントから描いていくしかありませんでした。

使わない数字も一応描いておきました。

最終編成ですから、

5722-5022-5072-5772+5723-5023-5073-5773

となります。


Keio5000EditAI-2.png

いいですね!


IMG_2183_20191220005501009.jpg

出来上がってきました!

いつもながら素晴らしい出来です!

IMG_2285.jpg

IMG_2286-2.jpg

さすがMade in Japanです!

貼りやすさ抜群でした!

サイズもOKです!



★ディティールアップパーツ

ディティールアップとしてジオマトリクスの前面サボをつけてくれと言われています。

「急行」などの種別を表示することができない5000系は、この前面サボに種別を表示していました。

このサボを表現します。


IMG_2240.jpg

0.1mm厚と思われるエッチングパーツ。

平面ですが、切り出してから折りまげてカタチを作ります。


IMG_2241.jpg

先に塗装しました!

差し込むサボは白、枠は車体色です。

車体色はGMカラー28番をベースに調合。


IMG_2242.jpg

できました!

IMG_2245.jpg

いいですね!

差し込んである白いサボは取り外し可能で、取り替えて遊ぶこともできます。

IMG_2289.jpg

ガラスにはドアステッカーを貼りました。

いいアクセントになります。



★ライト点灯化

目玉のひとつ、ライト点灯化です。

今回は各駅停車仕様ですから、ヘッドライトとテールライトだけです。

IMG_2269_2019122000465624f.jpg


ライトユニットはいつものチップLEDを使用するいつもの感じです。

床板の集電加工もいつもの感じです。


IMG_0799_201912190023138dc.jpg

薄い色の車体は光を通しやすいので遮光は入念に行いましょう。


IMG_2275.jpg

IMG_2276.jpg

いいですね!

いつもながら美しいです!

IMG_2267.jpg

これで完成です!


☆YouTube


クライアントから動画が送られてきました!

嬉しかったので、許可を取った上でちょっとだけ公開させていただくことにしました!


おわり
関連記事

Posted on 2020/01/30 Thu. 17:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京王5000系  鉄道コレクション  ライト点灯化  改造 
tb: 0   cm: 0

京王3000系リニューアル車を改造しながら作ろう1  

今回の依頼は京王3000系リニューアル車の製作です!

井の頭線を走っていた電車です。

☆Wikipediaより引用
Keio3000_7colors.jpg


以前無印の京王3000系を改造したことがありました。

今回は、その3000系の前面を作り替えてパノラミックウィンドウになった通称「リニューアル車」を製作します。


IMG_0216_20191213123743d45.jpg

使用するのはこちらのグリーンマックスのエコノミーキット。

IMG_0219_20191213123744341.jpg

色も塗っていないし、そもそもカタチもできていないというのがエコノミーキットと呼ばれます。

エコノミーキットを敬遠していた時期もありましたが、モデルの出来は塗装で決まるというのを実感するようになってからは、むしろ量産品との違いを見せつけられるとしてウェルカムになりました。

こういう思考になることをエコノミークラス症候群と言います。(嘘)

「これがエコノミーキット?!」と言わせたいですねぇ。



★モチーフ

モデル編成は第17編成。

ご存知のとおり3000系は編成ごとに7色の色が振り分けられており、第17編成の色はサーモンピンクです。

青がよかった!(暴論)


ウチに依頼が来るということは「普通」には作りません。

依頼内容をおさらいしましょう。

・普通にプラキット組み立て
・普通に塗装
・すごいシルバー塗装
・すごいライト点灯化(前、尾、標)
・すごくない鉄コレモーター取り付け


です。

エコノミーキットの本気を見せ付けましょう。

エコノミーキットがグレードアップしたら何になる?

さっきの流れで言うとビジネスキット??

語彙力がないからわかんなーい

関連記事

Posted on 2020/01/28 Tue. 22:00 [edit]

category: 京王帝都電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  京王3000系  リニューアル 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ