FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

鉄コレ阪急2300系を大改造第4節:2309編成1/3  

鉄コレ阪急2300系6本祭りの4本目は、嵐山線用の4両編成として2309編成を仕上げてくれという依頼です!

第1節:2321編成7R(完成済)
第2節:2319編成4R(完成済)
第3節:2313編成7R(完成済)
第4節:2309編成4R←いまココ
第5節:2301編成4R
第6節:2307編成7R


内容は以前仕上げた2319編成とほぼ同じで

・ボディ塗装ツヤツヤ仕上げ
・走行化
・床下機器リアル化
・ライト点灯化
・妻面適正化
・色差し
・ステッカー類貼り付け


です。


今回特筆すべきは。初の非表示幕編成であるということと床下機器!



★非表示幕車


IMG_0236.jpg

左が今までの、右が今回初めて加工する非表示幕車です。

部品が取られているのは気にしないでください。

未更新ともいうべきか、前面形状が今まで出てきたものと違い、方向幕がなくライト類が全部上にあり、急行灯と尾灯が共用。

行き先の表示はどうしてたかというと、前面に毎回手作業で看板を取り付けて表示していたそうで、看板車とも呼ばれていたそうです。

側面の表示は種別のみがランプで表示されていたとのことです。



★床下機器概要

今まで同様3Dプリントで作られたものを使う予定ですが、今回は「武蔵模型工房」さんの全面協力(データ提供)のもと私がリテイクして2309編成用データを作ることになりました!

武蔵模型工房さんは精力的に床下機器データを公開しておられ、阪急2300系も特定編成5種類を公開しておられますが、2309編成はリストにありません。

そこで、リテイクしたやつを武蔵さんに納めて活用していただくという条件を提示しデータ提供をお願いしたところ、快く提供していただきました!

ありがとうございます。



★床下機器いじる

まずはその床下機器の話をしましょう。


Musashi-2319.png

提供していただいたデータを開きます。

これまで作ってきた2300系とは一部の形状が違うものの、載っている機器はほとんど共通です。

実車資料を元にコレを並び替えます。


武蔵さんのデータではHB-1500だったコンプレッサですが、2309編成はD-3-NHAというまた新登場のコンプレッサです。

かなり古い形式のコンプレッサで、動作音も独特。


コポコポコポコポコポコポコポコポコポコポ


HS-20様やHB-1500みたくクランク軸とモーター出力軸が直結ではなく、減速比の高そうなギヤを介していますので、このような大人しい音なんだと思います。

モーターが小型ですから、減速比を高く取らないとトルクが厳しいのでしょう。

そのモーターは、コンプレッサー本体と一体化しているというすごい構造です。

これだとコンロッドが当たっちゃわね?とか考えながら実物を作っているような気持ちで描きました。

メカオタな私はちゃんと理にかなった実物同様の設計をしております。


同系列と思われるD-3-FRというコンプレッサーはご近所の東武にも搭載例があり、よく目にしました。

ちょっと作り替えてこのD-3-FRにすることもできるでしょう。

ていうか、しますわ。


Musashi-Sumisha2301D-3-NHA-1.png

コンプレッサは一番描くのがしんどいです!

資料がなくて苦労しました…

特に、裏から見たカタチがなかなかわかりませんでした。


D-3-NHA-DEKITA2.png

できました…!

小型な印象のD-3-NHAですが、こうしてしっかり描くとゴツいですねぇ。

後ろのギヤボックスがなんとも。


D-3-NHA-DEKITA-Line_20200426193253483.png

線画。

メカメカしくてカッコいいです!


D-3-NHA-DEKITA-URA.png

裏。

大きくてまんまるのヤツはクランクシャフトに繋がるギヤが格納されていると思われます。

オイルゲージはないようです。

クランクケースと一体にしておいてクランクケースのどこかにゲージがあるのでしょうか。


D-3-NHA-HIKAKU.png

夢中で描いていたら、武蔵さんの元データの厚みを大きくはみ出してしまいました。

ここは、自分の分はこのまま厚み(奥行き)がある状態で作りましょう。

武蔵さんには、武蔵さん規格の厚みにきちんと修正したものを献上しました。

Musashi-Sumisha2301D-3-NHA-Hokyo.png

D-3-NHA、小型ゆえ実車の取り付け部が細くて、模型にしたらなんとも心細い。

奥行きをうまく使って補強したり、アイボルトもこっそりつなげてできるだけディティールを損なわないように補強しました。

ここまでやっても、取り扱い超注意なのは変わらない!


Musashi-Sumisha2301D-3-NHA-ANA.png

ガチガチに補強するだけでなく、塗装のことも考えて穴を開けるべきところは開けます。

これでコンプレッサーまわりは完成です!


Musashi-Sumisha2301Contactor.png

断流器も少し小型になります。

これは1C8M制御だった2319編成とは違い1C4M×2ユニットという構成の違いによるものだと思います。

接点容量が少なくて済むので、小さくていいのです。

あとはほぼ並び替えで対応できました!

Musashi-Sumisha2301TsuikaBOX.png

小さな箱2個くらい新しく描きました。


Musashi-Sumisha2301-DEKITA_20200426215715370.png

できました!

自分用の分厚いままのやつです。

デフォルメされていた配置も見直し、少し奥まっているMGを正規の位置にしたり、奥行きを復活させたりしました。

厚みは武蔵さん規格の2倍強です。

そりゃ高くなりますな。

ちなみに今回作った床下機器は2301編成にも使えるので、次の2301編成のときにも使用します。



さっそく注文です!(※2020年4月に収録)



★献上


Musashi-Sumisha2301-Zoutei.png

武蔵さんにもきっちり規格を合わせて献上させていただきました。

武蔵さんに献上したものはDMMのアクリルXtremeModeが終わるまでの少しの間公開されましたが、どうでしたかね?
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/07/27 Mon. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急2300系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急2300系を大改造第3節:2313編成ー5終  

床板側に手を付けます。


IMG_0026_20200501015708446.jpg

台車も塗装しますが、先に走行化キットの中のカプラーポケットをつけてしまいます。

色が薄いので台車と一緒に塗ってしまった方がいいでしょう。

使用するのはMr.カラーの317番グレーです。

完成品よりモールドが甘い鉄コレの台車ですが、塗装をすることで見栄えは良くなります。

素材が分かりにくいんですけど、塗料の乗りは悪いからたぶんポリアセタールで間違いないんですけどねぇ、触った感じが違うんですよねぇ。

触った感じはアクリロニトリルブタジエンスチレンっぽいんですけどねぇ。


IMG_0028_20200501015709f68.jpg

いいですね!

この車輪はもともとついているプラ車輪です。

のりしろとして付けたままにしました。

このプラ車輪を外し、金属車輪をつけて床板にウエイトを取り付ければ完了です。


先頭車はライト点灯化のために集電加工をしますのでもうちょっとかかります。

台車には手作りの台車集電パーツを台車に取り付け。

KATOの方式に似ていますが、KATOより集電能力低下率は低いです。

その代わり少し転がり抵抗がありますが、トミックスの昔の集電方式よりはいいです!

床板側には先ほどの集電パーツが通る穴を開けてからグリーンマックスの集電板を取り付け。


IMG_0105_20200501020810032.jpg

これで集電加工は完了です!

途中の写真忘れましたの。

乗務員室仕切りを塗ったのもポイント。



★ライト取り付け

先頭車にライトを取り付けます。


IMG_0200_202005010210120a7.jpg

せっかくなので、テールライトと急行灯は高級パーツを使って見栄えをよくしようと思います。

それがトレジャータウンの「私鉄用標識灯C」です。

1.2mm径の穴を開けなければならないのですが、これがなかなか恐怖です!

取り付けた写真は後ほど。

IMG_0202_20200501021014bcf.jpg

裏からライトユニットを取り付けます。

バネがぶれているのは、ばい~~~~~~んってなっているからです。

0.07mmのワイヤーを切らないように気をつけます。

ライトケースとボディは接着剤で接合します。

光が一切漏れて欲しくないので、接着剤で密着させます。

普通に使っていれば、多分一生交換の必要はないですから、いいのです。

LEDだからできることです。

さすがに20年間走らせ続けるみたいな事されたらその限りではありませんが。

20年も走れば世界一周できるでしょうね笑


IMG_0206_20200501021249fe0.jpg

IMG_0205_202005010212477cf.jpg

テストは良好!

カッコいいです!



★屋根


IMG_0084_202005010214339a9.jpg

屋根は塗装を落として塗り直しました。

上から見られることの多い鉄道模型としてはウエイトの大きな加工です。

IMG_0083_20200501021434e28.jpg

ランナー跡も消しておきました。

IMG_0098_20200501021635ec5.jpg

マスキングは丁寧に!

ここで丁寧にやることが出来を左右します!

最終的に、こうなる。

IMG_0218_20200501021902166.jpg

いいですね!



★オリジナルパーツつける

完成が近くなってテンションが上がります!


IMG_0216_20200501022228542.jpg

先頭乗務員室床下部にはオリジナル3Dパーツの受電器を取り付け。

狙い通り、かなり見栄えが良くなりました!

ライトレンズもこのタイミングで取り付け、ライト周りの調整。

写真は忘れた。



★ステッカー貼り付け


IMG_0240_2020050102241905c.jpg

市販のジオマトリクス製ステッカーを貼り付け。

IMG_0031_20200708173141498.jpg

IMG_0030_20200708173142fb5.jpg

印刷はいいのですがサイズが合わないのと、分厚いっていうネックが。

ジオマトリクスにはインレタはもっと濃く、ステッカーはもっと厚みを薄くしてほしいと思います。

これはのちほど別のヤツに取り替えるかもしれません。



★3Dプリンターによる床下機器

最後に武蔵模型工房製の床下機器を取り付けます。


IMG_0212_20200501022836cc0.jpg

IMG_0213_20200501022834137.jpg

塗装は台車と同じMr.カラー317番グレーです。


IMG_0246_20200501022948834.jpg

接着剤でペタっと貼り付けるだけなので便利です。

位置は資料を見ながら慎重に決定します。



★パンタ

IMG_0207_202005010235518a7.jpg


パンタはKATOのPT43を購入しましたが、いざ現物を手にとってあぜんとしました。

梁の形状が違う…


またここでもウルトラQで解決させました。

2つのパンタを合体させます!


IMG_0208_2020050102355260e.jpg

トミックスのPG16のホーンだけをPT43に交換!

IMG_0209_202005010235480d0.jpg

かなり無理のある改造です!

IMG_0210_20200501023549818.jpg

できました!

IMG_0016_20200708173145342.jpg


いいですね!

いいですが、パンタが倍必要になるのがネックですね。

1つのパンタで似たやつはあるにはあるんですが、長期品切れなんですよー。

あと、これ以上バンザイしません。


最後に軽く試運転を行って調整。

妻面ステップが干渉するくらい連結面が狭くなるのでスペーサーをかましたりしました。



★完成

阪急2313編成、完成しました!

IMG_0257.jpg

IMG_0025_2020070817372708c.jpg

かっこいいです!

IMG_0006_20200708173728c1f.jpg

床下機器はこんなにリアルになりました。

IMG_0007_2020070817372930b.jpg

HB-2000は、ウチのとそっくりです!(あたりまえ)

IMG_0247_20200708173140485.jpg

受電器がいいですねー!

スカートがない車は、この辺のディティールを充実させるか否かでだいぶ見栄えが変わります!

IMG_0026_202007081731446d4.jpg

試運転は、2300系6本が終わったら1つの動画にする予定ですー。
関連記事

Posted on 2020/07/08 Wed. 17:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急2300系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急2300系を大改造第3節:2313編ー4  

※集合体恐怖症の人は見ないほうがいいかもしれない



ボディに手をつけましょう。

加工する点は、方向幕と妻面です。



★妻面

目立たない妻面ですが、2300系の場合形態が多岐に渡るので、ある意味では2300系の特徴とも言えるでしょう。

7両編成で妻面は12箇所、先頭車から改造された妻面を除いた普通の妻面は10箇所。

そのうちの7箇所を加工するんだから、かなりのモンです。

配電盤の位置を変えるのも含めるので当然と言えば当然。


IMG_0025_2020050100523276b.jpg

配りながら整理します。

間違えたら大変です。

無加工の号車は河原町側から数えて3両目の2342号だけです。


IMG_0017_20200501005233855.jpg

加工する妻面はエッチングパーツを貼るので平らに削らなければなりません。

また、このように幅狭貫通路から幅広にするような箇所もあり、干渉する部分は削り取ります。


IMG_0020_202005010052349de.jpg

IMG_0021_20200501005236ca2.jpg


いいですね!


IMG_0028_2020050101000971c.jpg

接着面に穴を開けて接着剤がよく食いつくようにしておきます。

別に貫通させなくてもよかったですね。


IMG_0036_20200501010009ba7.jpg

ふいー

IMG_0038_202005010100116ea.jpg

少しの隙間ですが、パテを盛って滑らかにしておきます。


IMG_0104_2020050101022463b.jpg

IMG_0107_202005010102250b8.jpg

別パーツとした配電盤も妻面に取り付け。

ステップも消えてしまったので、市販パーツで復活させました。

改造妻面だけステップのディテールアップをしてしまいました。

ステップの取り付け穴は、妻面を作るときにしっかり用意しておきました。

なのでキレイに配置するのもラクチンでした。


2313号と2322号には配管がつきます。

パンタから引いた電気を床下機器まで通す重要部品です。


IMG_0098_202005010106378c4.jpg

3Dプリントで作ったパーツを貼り付けました。

接着面が細いので取り付けは難儀ですが、最近便利さに気付いたスプレーのりでうまく取り付けられました。

ステップ、ゴツイですね~


いよいよ妻面の塗装をします!

鉄コレなのに目立つボディ塗装をかなりこなす不思議依頼ですので、ボディカラー塗装のはずなのに目立つランクは低いです…


IMG_0118_20200501011208024.jpg

下準備としてプライマー入りサーフェイサーを吹きました。

これだけでもう勝った気になってしまいます!

IMG_0120_20200501011207edb.jpg

色はオリジナル調合です。

阪急まるーんと名のつく塗料は数あれど、鉄コレにそのまま使えるものはないです。

勘とセンス笑で近い色をつくりました。

全く同じ色は無理ですが、例えばグリーンマックスの阪急まるーんよりはかなり近いです。


IMG_0165_202005010114577f5.jpg

こんな感じ。

左は鉄コレのまんまの色、右が塗った色。

いいでしょ~!



★方向幕移設

編成のうち2両は非表示幕車なので、方向幕がありません。


IMG_0100_20200501012125fa2.jpg

この差です。

黒いほうから上の白いほうに作り替える必要があります。

ちなみにこの黒いほう、一見すると方向幕にも見えますが、種別のみ表示できる仕様だったようで側面から行き先はわからなかったようです。

まぁ昔の上野駅じゃあるまいし、長野に行くつもりが青森に着いちゃったなんてことはないので軽傷で済みます。


消す方法は、原始的加工「削る」です!

IMG_0105_202005010120026b2.jpg


車体を出来るだけえぐらないように気をつけて削りました。

削った痕がバッチリ残りますが、ボディカラーは成形色ですのでどこまで削ってもボディカラー。

変なキズさえ付けなければこのあとのクリアー塗装でわからなくなります。


IMG_0179_20200524143428b5e.jpg

新しく取り付けられる方向幕としてレボリューションファクトリーの「5022側面行先表示方向幕電車用」を使います。

レボリューションファクトリーは鎌ヶ谷市なんですねぇ、ゆうゆう鉄道の近所ですね!


IMG_0117_202005010124177df.jpg

いいですね!



★インレタ

インレタを貼ります。

2300系に貼られるインレタは、車番、社紋、▽です。

使用するのはジオマトリクスのインレタ。


IMG_0149_202005010126457f6.jpg

HOゲージの阪急車の車番を貼ったときのアイデア「位置決めテンプレート」をNゲージでも採用です!

プロ仕様ソフト「Illustrator」で正確な寸法で線を描きプリントし、正確に切り抜いて簡単出来上がりです。

IMG_0151_20200501012648763.jpg

完璧にド真ん中です!


コレは大ヒットアイデアです!

周りになんにも基準点がないから位置決めが時間がかかっていたインレタ貼りの作業が、サクサク進みます!

「2313」など「1」が含まれる数字はセンタリングも変わりますが、この小さな枠の中でセンタリングすればいいのでラクチンです。

位置決め補助としてテンプレートに印刷もしてあるし、完璧です!

IMG_0156_20200501012646536.jpg

社紋用もつくりました。


IMG_0158_2020050101264932f.jpg

完璧にド真ん中です!


この2313編成はリバイバル編成ということで社紋はいつものくるくる羽ではなく昔ながらの硬派ないかにもな社紋。

ジオマトリクスのやつはインレタが薄くて弱すぎてまともにくっつかなかったので松本商事のものを使いました。

私が作るインレタは松本商事さん寄りです!

▽はその私のインレタを貼りました。

3社混合!

▽のテンプレートも作ってもいいですね。

ところでこの▽、普通の中間車は梅田寄りにつくのですが、なぜか2392号だけは河原町寄りについているんですねぇ。

どんな経緯なんでしょうねぇ。


前面はテンプレートはありません。

従来どおり目で位置決めです。


IMG_0161_20200501013312943.jpg

いいですね!

IMG_0163_20200501013656eaf.jpg

シンプルな塗装の阪急車は、インレタの効果が絶大です!



★ツヤツヤ塗装

みなさんが口を揃えておっしゃるピカピカの車体、それを再現するためにクリアーを塗ってツヤツヤにします。

鉄コレ車体はボディ表面の平滑さは皆無のイメージで、とりわけ阪急のは本物のイメージもありその差に愕然とすることでしょう。

よそ様の作例を見てもかなりの割合でクリアー塗装をされています。

ウチでももちろん行います。


使用するのはMr.スーパークリアーⅢです。

こちらをエアブラシで吹きます。

希釈具合を変えて4回くらい吹きます。

そうすると、こうなります。


IMG_0184_20200501013655c59.jpg

美しいです!

ツヤツヤピカピカです!

車のプラモデルを作っている経験が生きてきます!


IMG_0234_2020050101411946f.jpg

改造した妻面も、もう一体感バッチリです!

車のプラモデルの場合は研ぎ出しを行いますが、それをやったら予算が足りないのでここまでです。

でも充分だと思います。

IMG_0230_2020050101412086b.jpg

ステップはゴツイけどイイ感じです!



次回は組み立てです!

関連記事

Posted on 2020/05/24 Sun. 15:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急2300系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急2300系を大改造第3節:2313編ー3  

今回は部品作りをします。



★妻面

悩ましい妻面。

阪急2300系には、確認されるだけで
・幅狭
・幅広
・幅狭埋め込みアダプター
・幅狭むき出しアダプター

があり、この条件以外に

・右に配電盤
・左に配電盤

(海側山側)

さらに

・配管あり(パンタ車)
・配管なし

という差異があり、組み合わせは16通りに及ぶということになります。

これを実車に合わせて作り替えていきます。

改造は7箇所必要だということがわかりました。

資料集めもなかなかのモンでした。

だって実車はもうないし。


今までその改造は、削って平面を出すということをしていました。

しかしステップや窓枠のモールドもあってキレイな平面にならないため、エッチングパーツで乗り越えようと思います。

市販のエッチングパーツも存在していたのですが、もう品切れだし必要枚数も多すぎるので、自分でエッチングして作ることにしました。


2300妻面EditAI-4s

必要なのは正確な寸法で作ったマスキングインレタ!

プロ仕様ソフトで作ればそのまま業者へ入稿でき、そのままの大きさのインレタが出来上がってきます。


IMG_0310.jpg

できあがりました!

いいですね!

金かけすぎです!

このところの口癖は「予算がー予算がー」です。

2313編成に必要な分は、狭通路埋め込みアダプター×3、狭通路×2、広通路×2です。

配電盤と配管、ステップは後付けとしました。

そうすれば汎用性も高くなります。


予備も持っておきたいのであまり考えずに多めに配置しました。


IMG_0184_20200430000631444.jpg


IMG_0181_20200430000629ded.jpg

両面エッチングです。

表裏がズレたら大変なことになります。

表裏のズレたエッチングキットやパーツを扱ってきたのであの苦労はしたくないのです。

合わせる方法はいたってアナログです。


IMG_0185_20200430000632f73.jpg

こちらはエッチング途中の様子です!

たまに引き上げてどんな具合でエッチングが進んでいるか確認します。


IMG_0186_20200430001428e13.jpg

できました!

表裏がズレることなくエッチングできました!

多少ボコボコですが、クリアーまで吹けばなんとかなります。

窓枠、もう少し太くてもよかったかな。

下の段の一番左は、幌取り付けベースのモールドなしで実験的に作りました。

使うかどうかはわかりません。

IMG_2193.jpg

幅狭埋め込みアダプタータイプは、以前2319編成のときに作ったものがあります。



★配管パーツなど

妻面適正化のために配管を削り取ってしまうので、新しくパンタ配管をつけてやらなければなりません。

真鍮線で作ろうかとも思いましたが、作業性と効率を考え3Dプリントとします。


Hankyu2300-Paets.png

元の配管と同じ寸法で書き出します。

ステップも一緒に描きました。

ちょっとゴツいかなぁ。

でも、一緒にしないと難儀なんです。

幅広貫通路につくので狭いところに配管とステップを取り付けなければならなくなるのです。

Hankyu2300-Parts-DEKITA.png

スペースに余裕があったので、前面床下の受電器などディティールアップパーツも描きました。

これがあれば、スカートのない2300系はだいぶ見た目が進化するハズです!

Hankyu2300-ZIGU.png

ジグ!

治具。

あるパーツの取り付け穴を正確な位置に開けるためのもの…のテストショットです。


IMG_0109_202004300030342a8.jpg

こちらが出来上がってきた3Dパーツです。

ゴツいです!



★ライトケース

ライト点灯化改造はすみだ総合車輛センターの売りです。

前を照らすほど明るくて長寿命、省電力、常点灯対応、車内シースルー、余計なところは光らない。

これを実現できたのは1608サイズチップLEDの普及と、3Dプリントで自由自在なライトケースが作れるようになったからです。


Hankyu2300-Light-CASE.png

2300系表示幕改造車用のライトケースです!

このライトケースの大きさはどこの寸法も5mmにも満たない大きさです。

前面の窓の下や上に完全に隠れ、よっぽど近づいて乗務員室窓から下を覗き込まないと見えません。

ていうか、ドラえもんに頼んで小さくなれば乗り込むことさえできます。(感電注意)


IMG_0166_202004302251070d8.jpg

3Dプリンターで出力したものがコレ。

小さいです!



★ライトユニット

売りである超小型ライトユニットです。

キモは1608サイズ(1.6mm×0.8mm)チップLEDと、その辺では売ってない0.07mm極細エナメルワイヤーです。

1608サイズは普通は「表面実装」と呼ばれる「基盤に直接取り付ける」使い方をされるもので、ワイヤーをハンダ付けしようなんて人はあまりいないと思います。

ライト点灯化改造はたまに見かけますが、この方式でやってる人はネットだけ見ている限り見かけません。


IMG_0167_20200430225340ad0.jpg

ヘッドライトだけはさきに取り付けてからハンダ付け!

3Dプリントパーツを溶かさないように気をつけます。


IMG_0171_20200430225342bf9.jpg

このようなハンダ付けが要求されます!(うまくできたところを写す姑息なワタクシです)

このハンダ付けされる面積は0.7mm×0.4mmです。

こんなことばかりしていると、手術の動画を見てて「こいつ不器用だな〜俺にやらせろ」なんてことを言い出すようになります。

実際、私が病院にかかったときに、処置を手伝ったりしました!(もちろん自分のですが)

医療用のピンセットはなかなかの使い心地でした!

…何言ってんだ俺。


IMG_0177_202004302253434b2.jpg

できました!


IMG_0181_2020043022534602c.jpg
IMG_0179_202004302253442ca.jpg

テストは良好!

準急なので急行灯は1つ点灯です。

ヘッドライトより明るさは抑えめにしました。

写真では光を強調してます。



★動力

売り…とまではいかないかも知れませんが、軽くて(牽引力が弱くて)室内の見通しが悪い鉄コレ動力に代わる動力ユニットを市販品の改造でつくります。


IMG_0190_20200427150512334.jpg

ベースになるのはトミックスの普通の動力ユニットです。

普通の動力ユニットでは阪急に合う19m級車体というのがなく、どうするかというと

“切り詰める”

のです。

手間がかなりかかるため、ネットで見る限りほとんど誰もやってない改造なのですが、トミックスの動力の性能そのままに室内シースルー、しっかり重くて牽引力もバッチリ、もちろんフライホイールもあり、静かで安定した走行ができるようになるので、ここ一番!という編成にはオススメです。


切り詰めには“バンドソー”と“フライス盤”という工作機械を使います。

手作業でもできないことはないですが、そこそこ比重の高い金属を切るため腱鞘炎になるかと思うくらい手が痛くなるし、フライス盤を使えば寸法をキッチリ出すことができるので、わずかな車体寸法の違いにも正確に対応することができます。

何てったってものづくりニッポンを支える工作機械、1000分の1mm単位まで攻められます。

詳しい内容はこちらの記事を見てください。


IMG_0002_2020050100370359d.jpg

できました!

台車枠はもとのやつを切り取ったところに接着剤でペタッと貼り付けるだけです。

これもトミックスが台車枠をただの飾りとしているからできることです。

走行性能には全く影響しません。

IMG_0004_202005010037041d0.jpg

上が19m化後、下が元の20m。

この差です。



コレで部品は揃いました!

次回はボディに手をつけましょう。
関連記事

Posted on 2020/05/05 Tue. 23:13 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急2300系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ阪急2300系を大改造第3節:2313編成2  

まずは材料集めです!

車両のほうは集まっているので、それ以外ですね。

車両セットを一応簡単に申し上げますと、表示幕改造車2両セット×3、非表示幕2両セット×2が必要です。

うち表示幕改造先頭車×2両、表示幕改造中間車×3両、元先頭車×2両で計7両編成!

だいぶ余剰も出ますがそれは別の編成に回されています。



★走行化キットTT-04R


IMG_0253.jpg

走行化キットです!

まさかのカートンで登場。

TOMIXで発売されているもので、安定的な走行をさせるのに必要なものが入っています。

カプラーソケット
ウエイト
金属車輪(5.6mm径、中空軸、銀色)

です。

ウエイトは、車体の慣性モーメントを強くして滑らかに走るようにする働きと、重心を下げる働きがあります。(直線的なフライホイールと思っていただければ)

金属車輪は走行抵抗を小さくします。

TT-04RとTT-04の違いは、ウエイトの太さだけだと思います。



★KATOパンタグラフPT43


IMG_0254_20200429225931a93.jpg

KATOの京急デハ230形用のパンタグラフです。

ほーんのカタチに一目惚れして購入。

だけど、あとで大変な事実に気付く。



GSIクレオスMr.カラーMr.スーパークリアーⅢ光沢



IMG_0188_202004271505095f7.jpg

ツヤツヤ仕上げに使うMr.カラーのGX100Mr.スーパークリアーⅢ光沢です。

こちらをエアブラシで塗ります。



武蔵模型工房2300系床下機器+7連+2313F【武蔵模型工房+Nゲージ+鉄道模型】

床下機器のリアル化は、私も出品しているDMM.makeクリエイターズマーケットにドンピシャの製品が置いてあるので購入しました!

武蔵模型工房製「2300系2313編成」です。

鉄コレ用に全車厚みが3mmとなっており、手頃な値段でリアルな床下機器を手に入れることができます。

ちなみに私の設計意匠は、「少々高くなっても特徴ある機器の奥行きまではバッチリ再現する」です。

よって私のやつは厚みが倍くらいになります。

うまく住み分けできていると思います。笑

無加工の写真は忘れた。



★1608チップLED+0.07mmポリウレタンエナメルワイヤー


IMG_0189_20200427150510796.jpg

ライト点灯化に使用するパーツです。

1.6mm×0.8mmサイズのチップLEDと太さ0.07mmのワイヤーがキモです。

0.07mmといえば、日本人女性の髪の毛の太さくらいだそうです!



★集電板

集電板はグリーンマックスのものを使用します。

すみだ総合車輛センターではおなじみの加工です。

写真はナシ。



★トミックス動力ユニット


IMG_0190_20200427150512334.jpg

動力トミックス化とは、「鉄コレ動力」を使うのではなく、普通の完成品用の動力ユニットを使用して鉄コレに対応させようという鬼改造。

普通の完成品に19m車はなく、20m車を切り詰めて19m車にしてしまうのです。

利点は、重量があり牽引力が強いことと、室内にモーターの出っ張りがなく見た目がスッキリすることです。

こちらもすみだ総合車輛センターではおなじみの加工です。


★ジオマトリクス阪急電鉄2300系(表示幕改造車)インスタントレタリング、同ステッカー


IMG_0191_20200427150513c30.jpg

ジオマトリクス製の専用ステッカーと専用インレタです。

今では手に入らないかも…


★ディティールアップパーツ・トレジャータウン私鉄用標識灯C


IMG_0186_20200427150507820.jpg

金属引き抜きパーツ。

実車同様リングに段が付いており、ただ輪っかなだけのモールドよりだいぶ見栄えが上がります!

ライトレンズも付いており便利。

点灯化させるので、そこが引き締まった見た目になるということで即断でした!



市販の材料は以上です!

次回はオリジナルパーツを作るお話です。
関連記事

Posted on 2020/04/29 Wed. 23:13 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  阪急2300系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ