FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

アメージンググレーズ  

色が定まらない…


何度も悩まされるのが「グレー」です。

ウチは鉄道模型メインですから、プラモデルのような1点モノと違い「この会社の床下機器の色」とかいう要素があるものをたくさん作る可能性があり、さらにそれを運転会などで一同に並べる可能性が高いのです。

屋根と床下機器とクーラーと、よく目に付く箇所にふんだんに使用されているグレーはモデルの印象を変える重要なファクターであり選定には慎重にならざるを得ません。

色はまわりによって見え方が変わります。

つまり相対的に考えないといけません。

しかも。

グレーという色はとても微妙な色なのです。

ライトグレー(明るいグレー)にも何種類もあるし、グレーは本来は彩度0と言え色味がつく場合もあるし。(彩度0はニュートラルグレーと呼ばれる)

地元東武のクーラー用として色を作ったりしたこともありましたが、以前もコラムっぽく書いたように同じのをたくさん今後も製作するなら市販の色で合うヤツを探したほうがいいのです。

調合した色は、それがなくなってしまったら二度と同じ色は作れませんから。

てなわけでグレーをことあるごとにちょくちょく買っていたのですが…


IMG_4160.jpg

もうめんどくさくなってMr.カラーのグレーを一気に全種類買ってしまいました!

「グレー」と名がついているものだけでなく、見た感じがグレーっぽかったら買いました。

グレーと名がついていても明らかに緑色寄りだみたいなやつは除外。

リストも作って磐石の体勢!

この中に私がそれぞれ気に入るグレーはあるのでしょうか。


えっ!

ガイアノーツ?!

タミヤカラー?!?!

ファレホ?!?!?!

うぬぬ…




(Amazing Grays)
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/09/12 Wed. 17:00 [edit]

category: 模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道  模型  プラモデル  塗料 
tb: 0   cm: 1

京阪9000系修繕記録2  

富士急ハイランドに行ってきました!


FUJIKYU1.jpg


7月10日から宿泊の1泊2日の富士急ハイランド旅行でした!


FUJIKYU2.jpg


台風により計画自体も中止か検討しましたが、決行して正解でした。

11日は朝からピーカン、風も穏やかで運休はなし、富士山(世界遺産)がとてもキレイ。

台風の影響でか園内はガラガラで、色んな乗り物が軒並み待ち時間0でした。

待ったのはドドンパを10分くらいですかね。(回転率悪いから)

トンデミーナはスルー、鉄骨番長スルー、ええじゃないかもスルー、あの一番人気のFUJIYAMAさえスルーで、定員に満たないことすらありました!

長時間並んで大しておもしろくもないディズニーランドのコースターに乗った経験とは対称的です。

コースター系は全制覇、CMに流れたことのあるアトラクションも全制覇、これ以上の快適富士急はないでしょうね。


FUJIKYU3.jpg


無理矢理このブログに繋げるとしたらトーマスランドの存在ですかね。

実物大のパーシーがおっさんによって塗りなおされている最中でした。

☆宿からの写真です
MtFUJI.jpg





さて現実に戻りましょう。

屋根がキレイになりすっかり印象のよくなった9000系ですが、ひとつ大チョンボがあります。

パンタ車に妻面配管がなく、パンタなし車に配管がついている!

これは私の仕業じゃありませんよ。

確かに東急8590系でやらかしたことはありますが、チェックの際に気付いております。

この間違いのせいで中間運転席の位置も違っており、穴を開けてはならないところに標識灯の穴が開いてしまっています。

ちょうど床下機器も取れてしまったことですし、これは車番の貼りかえと穴埋めで対応とします。


具体的には9555号と9155号が逆。

ナンバーはインレタですが、キレイにくっついておりテープでは剥がれなかったので阪急6000系のときのような削りとる方法で対応。


2014071709510000.jpg



2014071709530000.jpg


2014071710190000.jpg


いいですね!


NEC_0783.jpg


先日パーツがなく途中になってしまった屋上機器の補填としてバラ売りパーツを買ってきました!

10年近く前なので在庫があるのか不安でしたが思いのほかありましたね。

でもなんだかパーツに欠損がありますね。

よく見ればよかったのですが…コレは完全に私のミスです。

バラパーツを買うときはよく確認しましょう。


2つ買ったのは、このランナーについているコンソールパーツが欲しくなったから。

ライトを超小型にするのでコンソールも再現できますから。


2014071909500000.jpg

細かいパーツはこうしてプラ棒に穴を開けて差し込んで塗装するのが便利です。

この屋上機器はクーラーと同じGM14番グレーに塗ってつや消しを吹いて仕上げ。


2014071910520000.jpg


これで(先頭車以外の)車体と屋根上は完成です!

次回は床下機器をやっていきましょう。
関連記事

Posted on 2014/07/19 Sat. 19:55 [edit]

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  京阪9000系  グリーンマックス 
tb: 0   cm: 0

旧型客車スハ43で塗装の練習2  


2013060611290000.jpg


ランナーから切り離されました。

これだけでテンションが上がるのでまだおれはモデラーを続けられると思います。


2013060713170001.jpg


箱形にするときは数字を合わせて組めばOKです。

親切設計です。


2013060713170000.jpg


なんだか高さが合っていなさそうですが、側面のモールドに合わせれば後で行う調整が楽です。

今回の場合は雨どいを合わせて接着し、下を調整します。


2013060716300000.jpg


四角になったら屋根をつけますが、エコノミーキットの屋根はだいたい反ったりしているので、


2013060716320000.jpg


このように輪ゴムで押さえつけながら


2013060716340000.jpg


流し込み接着剤で固定します。


2013060716430000.jpg


妻板との隙間はこのようにポリエステルパテで埋めます。


2013061010150000.jpg


キレイに組み上がりました!


次は屋上機器です。
関連記事

Posted on 2013/06/12 Wed. 19:45 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: グリーンマックス  国鉄  スハ43  Nゲージ  鉄道  模型 
tb: 0   cm: 0

台車をまた塗装してみました。  

パンタグラフの回でも書いたように「塗装をしない」ことが気持ち悪く感じるようになった昨今。

その気持ち悪さはもちろん台車にも及びます。

だって…

まぁこちらを見てもらえればわかります。


2013052720590000.jpg



2013052720580000.jpg


この違いです。

こちらは先日ホワイトモデルで購入した京王TS台車。

お分かりのとおり上が未塗装、下が塗装したもの。


細かいモールドは素材が薄いぶん光を透過してしまって陰影もつきにくく、ハッキリ存在感を示せなくなってしまうのです。

塗装をすればそれは軽減されます。

さらに、奥行き感が出るようにグレーの前に黒を塗っています。

黒はまんべんなく塗って、グレーはそこまでまんべんなく塗らない。

こうすれば奥行きに黒が残り奥行きが強調され立体感が出るようになります。


2013060223130001.jpg



2013060223140000.jpg



この違いです。

こちらはパイオニア社タイプ。

オーディオのあのパイオニア社ではありません。

外側がスッキリしているぶんモールドが強調されたら印象がだいぶ変わりますね!

ブレーキディスクをシルバーに塗ったら更に良くなりそうです。


2013060223110001.jpg



2013060223110000.jpg


この違いです。

こちらはOKタイプ。

古い京急に使われていたもので技術者の岡村Okamuraさんの名前とメーカーの川崎Kawasakiの頭文字なんですって。





次のは一番感動しますよ。


2013060223130000.jpg



2013060223120000.jpg


この違いです!

こちらは京急用DT46。




なんだよ、どれもすげえしっかり整形されてるじゃん。

しかし素材のせいでそれも塗装をしないとわからないようになってしまっています。

ここはひとつ、台車を塗装してリアルな整形を楽しもうではありませんか。



どの台車もそうですが、本物はツヤがあるので次回もう片方の台車にツヤありグレーも塗ってみましょうか。
関連記事

Posted on 2013/06/06 Thu. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  台車  塗装 
tb: 0   cm: 0

パンタグラフを塗ってみました。  

最近は「塗装をしない」ということが気持ち悪く感じるようになってしまいました。

一種の病気だと思います(笑)

他人の模型に行きすぎた加工をするのはどうかと思いますが自分のものを作るときはこの気持ち悪さは解消しなければなりません。

そのシミュレーションの一つとしてパンタグラフを塗装してみることにしました!


2013060223170000.jpg


安価で手にいれた古いPT4816とPS16。

これを違う色で塗装してみて質感を比べてみましょう!

☆いつだったかの鉄道模型ツールキット
2013060223170001.jpg


新幹線を除けばパンタはシルバー系とたまにグレー系の2パターンだと思います。

全般検査明けのパンタグラフを見た感じシルバーはアルミシルバー系。

ちょうどよいシルバーを探すために3色試してみることにしました。

GMカラーのアルミシルバー、タミヤエナメルカラーのクロームシルバー、同フラットアルミ。

おれはクロームシルバーが本命。


下地にガイアノーツのマルチプライマーを吹きます。

色んな素材でできているパンタグラフには最適の下地だと思います。

P-01 ガイア マルチ プライマー 50ml 【HTRC 3】

新品価格
¥130から
(2013/6/3 10:24時点)





☆グレー
2013052721040000.jpg



☆アルミシルバー
2013052721030001.jpg


☆クロームシルバー
2013052721030000.jpg


塗るとやはり違いますね!

私はクロームシルバーが好みです!


次に自分のモデルを作るときはパンタをクロームシルバーに塗ってみます。
関連記事

Posted on 2013/06/04 Tue. 19:30 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  パンタグラフ  塗装 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ