FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

飯田線秘境駅巡り5~金野駅2~  

駅からは秘境駅としては珍しい舗装された道が続いています。


kin11.jpg


少し進めば天竜川に架かる橋。

1日いったい何人がこの橋を渡るのだろう。


kin13.jpg


今までいったい何人がこの案内を見たのだろう。

☆その橋から天竜川を見る
kin12.jpg

☆高い橋と高橋
kin23.jpg

ここはいわば駅前通り。

都市であったらマックやら銀行があるはずの場所。

しかし金野駅の場合あるのはこの大自然。

☆はしゃぐ友人
kin14.jpg


道はどんどん続いています。

Googleマップで見た感じではおそらく集落まで続いているのですが、そこまでたどり着ける時間はありません。

すぐに引き返しました。


kin15.jpg

金野駅までのアプローチです。

なぜかここで舗装路は終わっています。

あと少し、自転車置き場まではがんばってもいいんじゃないか。


kin16.jpg

轍があるってことは、たまには車が来るのでしょうか。


kin24.jpg

列車が来るまでの数分間で金野駅を堪能します。


kin22.jpg


やはり気になる自転車置き場。

直立こそできませんが屋根の下に入ってこの自転車置き場を雨宿りとして利用してやりました!


kin19.jpg

時刻表。

通勤ラッシュ時間帯はなんと1時間に1本も電車が来るのです!


kin7.jpg


駅ノート。

書きたかったけど時間がなかった…


kin26.jpg

比較的新しい感じがする機器箱。

おそらく金野駅列車接近リレー、落石リレーを指しているんだと思います。

山間部の鉄道路線っぽくいたるところに落石の特殊信号発光器がありましたが、どれも新しい感じがしましたね。

去年の台風で増設か改修でもしたのでしょうか。

☆列車接近リレーが作動しています
kin20.jpg


引き戻される213系電車がやってきました。


kin21.jpg


17:10金野駅発

金野駅をあとにします。

後ろ髪引かれる思いです。

また来たいなぁ。



本日の宿がある天竜峡へ戻ります。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2014/08/21 Thu. 19:30 [edit]

category: 未分類

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tag: 飯田線  金野駅 
tb: 0   cm: 0

飯田線秘境駅巡り4~金野駅1~  

☆天竜峡駅から豊橋方面を見る
kin1.jpg

市街地を走っている感じはこの天竜峡で終わり。

天竜峡駅を出て豊橋方面すぐのトンネルを抜けると明らかに世界が変わります。


kin2.jpg


金野駅は、そんな感じになってから2つ目になります。


kin3.jpg


こちらは1つ目の千代駅。

こちらも秘境駅ランカーですが、今回は更に上位の駅を攻めるのでパス。


kin4.jpg

ぐんぐん山の中を走っていきます。

前を見ていて感じることは、路盤が新しくPC枕木が多用されていること!(この区間に限らず)

地方交通線のイメージはどうしても古びた枕木を思い浮かべてしまうのですが…

去年の台風の復旧の際に交換されたんでしょうか。


kin5.jpg


到着しました!




16:51金野駅着(秘境駅ランキング9位)


kin10.jpg



kin6.jpg


電車が行ってしまうと、あたりはシーンと静まりかえります。


kin8.jpg


kin9.jpg


周りに家などは何もありません。

あるのは大自然、聞こえてくるのは天竜川のせせらぎと山々に風が吹き抜ける音、雨が滴る音です。


kin18.jpg

「のどか」とは違います。

人がいる気配が全くないのです。

自然のなかにポツンと駅と線路だけがあるのです。

秘境駅ってそんな感じです。

こんな誰も来ないところでもキレイに咲いてる花は実にいとおしいです。


kin17.jpg

唯一文明と呼べるものが駅前広場にありました。

自転車置き場です。

この「誰も自転車を置かない自転車置き場」というのがどうにも哀愁かあり引き寄せられるものがありました。

「誰も降りない駅」「誰も乗らない駅」「誰も利用しない自転車置き場」、通ずるものがありませんか。

ついに対面を果たしたわけですが、ネットで見た写真より更に朽ちてしまっています。

2月の大雪ででしょうか、屋根と柱が上からの圧力で大きくひしゃげてしまって中で直立するのが難しくなっていました。


kin25.jpg


さて、天竜峡方面へ戻る電車が来るまで20分くらいしかないので散策しましょう!
関連記事

Posted on 2014/08/20 Wed. 19:30 [edit]

category: 鉄道関係

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tag: 飯田線  金野駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ