FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

超小型ライトユニット耐久試験4  

導通を確実なものにするために取り付け方を変えました!

☆フィーダー線に直結
2013021023090001.jpg



それと、24時間家に居られそうな体制になったので急遽

念願の24時間耐久点灯試験に切り替えます!

2月10日23時8分、スタート!
























さてどうでしょう。

どうだ、全く変化がないじゃないか!

☆写真の使い回しを疑われても仕方ない
2013021123120000.jpg


2月11日23時13分、試験終了!

熱も持ってない(少なくとも指先では感じない)し、これなら模型ショーなどでの長時間連続運転に耐えられますね!

今後も使い続けることのできる技術だと思います!

☆だからあえてファイル名はいじらない。
2013021123190000.jpg



実際に使用するものと同水準のこのテストピースは今後あるところへ持っていく予定があります。

みんなに見てもらえるような場所です!

詳しくはのちほどΨ(`∀´#)

☆お疲れさまのテストピース
コイツのあげた功績は大きい




この回路で常点灯となるのは、「LEDだから」です。

電球だとコンデンサが必要になります。

常点灯コントローラーからは脈動状の電気がきており、アジャスターを回すと脈動のONになってる時間が長くなるんですね。

するとコンデンサに蓄えられる電圧と端子電圧が上がり電球がつくようになる。

つまり、電車の「チョッパー制御」と同じ仕組み!

LEDは低電圧でも明るく点灯するし通電→点灯の反応もいいから脈動が細かくても点灯するんでしょうねー。

だから厳密に言えば点灯ではなく超高速でONOFFを繰り返している。

人の目は残像が残ってしまうので「点灯しているように見える」のだと思います。


コンデンサは今のところ使うつもりはありません!Ψ(`∀´#)




これにて超小型ライトユニット耐久試験終了です!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2013/02/12 Tue. 20:45 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  チップLED  自作ライトユニット  耐久  テスト  試験  仕組み 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ