FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

阪急6000系の田の字抵抗器。2~試行錯誤してる感じが伝わる記事~  

ハッキリ言って試作品2号は失敗です。

しかしこの失敗は成功に繋がる手応えを感じました!

何が失敗か。

元となる抵抗の加工の仕方がまずくて左右非対称になってしまったのです。



試作品2号も2つの抵抗を隣り合わせてくっつけて作りました。

そのままくっつけては田の字の真ん中の棒が2本分の太さになってしまうので削らなければなりません。

が、2号は抵抗の縁は片方しか削りませんでした。

☆イメージ図
抵抗説明1



縁とアミアミの部分の接合がおかしくなってしまったのです。

さらに縁がシャープにできずにケバケバが残り不自然に。



これを解消しようと作ったのが試作品3号。

先にポリパテ複製を行ってから2つをくっつける方法。

ポリパテはケバケバしにくいのでうまくくっつくと思った。

でも2つの接着剤に難があり途中で挫折。

☆田の字にさえならずに終わった
2時間がパア




同じ頃新たな資料写真が送られてきました。

前回抵抗の数に関する話が出ましたが、前回の写真はT車化改造中でモーターを取り外された車両っぽいとのこと。

じゃあアレは珍しい写真なんじゃねぇか?



☆新しい写真
なんかの雑誌だろうか


確かに8個ついてますね!


個数の疑問も解消したところで試作品4号を製作。


左右対称をコンセプト(笑)に隣り合わせる部分を均等に削りました。

☆目が疲れるのでルーペを使って作業します
キズなんかもよくわかる



☆イメージ図
抵抗説明2


これで左右のアンバランスは解消!

☆このルーペは7倍になります
それでも疲れます


残るは縁です!

ポリパテを盛って目分量で調整して縁を太くしました!


これで試作品4号の完成です!

☆まだ実感は湧かない
色のせい


コイツを原型としてポリパテ複製。

キレイにできれば成功です!


GOサインをもらうためのテストピースになるので塗装まで行いました!

☆田の字抵抗
阪急6000系の抵抗


写真が暗くなってしまいましたが、いいね!

原型では縁はポリパテだからピンと来なかったけど、1つのパーツで色も塗られたら実感が湧きます!

これ以上はおれの腕ではムリですわ!


これで値段の話をして、OKが出れば大量生産です!


値段にはプランを設定しました。

ただ表の形を抜いただけの状態、四角く整形して塗装だけの状態、1両全部取り付けて完璧に仕上げるまでの3パターン。

少しでも楽に安く提供したいと思いまして。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2012/11/14 Wed. 19:53 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6000系  抵抗器  床下  自作 
tb: 0   cm: 0

チップとデールのフィギュア試作18~最終回~  

当ブログではあまり人気のないチップとデールのフィギュア試作。

いよいよ感動の最終回です!

目を描いて

魂を吹き込みます!

☆緊張してます
「「おまえ、そんな物でぼくの目をどうするつもりだ?!訴えてやる!絶対にだ!」とか言われてガン垂れてるおれ」のようにも見える


タミヤエナメルのブラックを

クリクリっと。

☆いたあぁぁぁぁい!!!!!
ギャアアアアアア




☆クリン
チップの目






☆クリリン
デールの目


できました!

ウエスタンリバー鉄道機関士チップとデールの完成です!

☆端が切れてたら画像をクリックしてください。ちゃんと表示されます。
ウエスタンリバー鉄道機関士チップとデール



「かわいい…」

つい口に出してしまいました。

キットでもなんでもなく、胸を張って「おれが作った(手を抜きながら)」と言えるフィギュアです!

作り手のエゴでしょうか。

「かわいい」と思っていただける方は下の拍手をお願いします(笑)

☆世界にひとつずつしかありません
もともと特別なオンリーワン



☆チップ、イケメンです
チップはイケメン



デールはアホっぽさが出せています!

☆目はキラキラ輝いてる
デールはアホ

意外とよくできたので、サイズに関する失敗や、手を抜いたことが今になって悔やまれます。

☆しっかりもののチップらしい演出
皮手袋に名前を書いています



今回のフィギュアは本番を作るための試作品。

この製作を通して勉強になったことを次の「本番」に繋げます!


・形状にもよるが、できればいくらかのパーツに分けて整形するべき(チーデーの場合は首と体、足首)

・オーバーオールのシマ模様の入りかた

・同シマ模様は試作品004号デールの比率(からだの大きさに対する太さ)がいい

・色作りは完璧

・このくらいの大きさなら骨(チップの体内にある真鍮線)は必要ない

・ていうか骨の大きさを間違ったことがチップとデールのこのアンバランスの元凶

・この大きさなら服のシワは再現するべき

・もっと小さな本番サイズではシワは必要ない


てとこでしょうか。



これにてスピンオフ企画、機関士チップと機関助士デールの手作りフィギュア製作記は終了となります。

お付き合い頂きありがとうございました。

お見苦しくて申し訳ない。

本編のウエスタンリバー鉄道プラモデル製作記も乞うご期待!(笑)

☆奇跡でないコラボ、Nゲージリバ鉄(修繕中)に乗るチップ。ライブスチームみたい。
ちょうどよい大きさ


☆運転中に後ろからイタズラして「やめろよぉ!」ってやってるようにも見える
おれは大人のイタズラなら大好き





さて、このフィギュアはどうしようかな。

手抜きとはいえせっかくできたのに誰の目にも触れないなんて…

でもおれの実力がこんなモンと思われるのもイヤだしな。

うーん。



以下追記。

全国誌「ディズニーファン」に掲載されました!(2013.2.3)

瞳の追加加工。(2013.2.26)
関連記事

Posted on 2012/09/29 Sat. 17:59 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: フィギュア - janre: 趣味・実用

tag: チップとデール  フィギュア  試作品  自作  紙粘土  ウエスタンリバー鉄道  機関士 
tb: 0   cm: 4

チップとデールのフィギュア試作17  

ラストスパートです!

バンダナなどを作って、細かい仕上げをします!


その前に、靴がなんだか淋しいので靴底を厚くしてゴムの部分を付け加えて整形。

土踏まずをえぐれば、それだけで靴っぽく見えます!

☆靴っぽくなった
微妙に余った紙粘土を使い切りたかったというのもある


靴底のカラーはツヤ消しブラック+ごく微量のホワイトでゴムっぽさを表現。

☆もっとはっきりツヤ消しにしたかった
調合はいつも適当




セクシーな胸元にあるバンダナも忘れてはならないアイテムのひとつ。

こちらは初めて試すやり方ですが、

エアブラシで使うくらいに薄めた赤い塗料をティッシュに吸わせ、乾燥したら実際に結ぶという方法。

☆鼻血じゃないよ塗料だよ
鼻血で作って呪わせるという案もあった。当然ボツ。


模様は省略です。

手を抜いた襟部分を隠せたらいいなと思う。

☆ネクタイのように結んだ
首を一周していません

実は紙粘土で整形してみたのですが、どうも不自然になってしまうのでいっそのこと…

ということで新技法を試すに至りました。

☆布っぽさを出すのがムリだなと思った
ここまで整形して行き詰まった


結果は見てのとおり、こっちのほうが断然イイ!

☆イイ!
手抜きを隠せたという意味でも成功



いいですね!



ディズニーランドのスタッフの胸についてる名札。

こちらはいつだったかのステッカーに印刷して製作。

それっぽく適当にデザインしました。

☆こんな感じだよな
訴えられるかな?

いいアクセントになると思います!




軍手と言えば日本一!

ということでこちらのステッカーも作り貼り付け。

☆こんな感じだよな
軍手の一番上にのみついてるシール


デールはアホだから貼ったまま使うモンだと思い込んでいるようです。

☆見たことある人もいるはず
ちょっと小さいかな





さぁ、

いよいよ最終工程!

目を描きます!





…え?

容量オーバー?



では次回にしましょう。


容量オーバーはウソです。

長くなりすぎたので分割したいだけです。

FC2のせいにしてすいません。
関連記事

Posted on 2012/09/24 Mon. 12:58 [edit]

category: ウエスタンリバー鉄道関係

thread: フィギュア - janre: 趣味・実用

tag: チップとデール  フィギュア  自作  試作  紙粘土  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

チップとデールのフィギュア試作16  

地域の模型屋の記事じゃありません(笑)




すいません。

最終回は撤回。

帽子を仕上げる回にさせてください。



帽子はオーバーオールと同じ縞模様。

模様の幅は各オーバーオールと同じです。(チップ1mm、デール1mm)

東武ブルー+ブラックで作った例の紺色と
ホワイト+ごく僅かの東武ブルーの縞模様。

紺に塗るまでは簡単。

ここから地獄です。

☆地獄初め
千里の道も一歩から


2日間、計7時間に及ぶマスキング作業。

これを独立した記事にしないなんてイヤだ!

アンバランスだ!

ということで独立に至りました。

☆ペタペタ
もうしんどい


作業用BGMとカテゴリーされた音楽を聴きながら頑張ります。

ファイナルファンタジー7、8、9を一通り聴いてしまいました。

美しいなぁ~

個人的には8の音楽が一番好きです。

特にエンディングが秀逸!


なんて言ってたら

☆で…できましたよ
模様も気持ち悪い



ついでに、チップの股間付近の雑なストライプを少し修正します。

☆少しでもマシになれば
股間にぺたぺた


ホワイトの調合は前述のとおり。

シュー

シュー

シュー

☆できた!
スカイツリーホワイトのようなホワイト



7時間かけて貼ったマスキングを剥がします!

複雑な気持ちのこの瞬間です!

☆おお
ペリ


☆おお
ペリペリペリ


いいですね!


ケバ立ちの表面仕上げをしたら、ミスタースーパークリアーつや消しを吹いて仕上げです!

☆写真ではわかりにくいか
このつや消しを真似したい

いいですね!


☆チップの股間はというと
チップの股間


いくらかマシになりました!


さて、峠は越えました。

次回こそ感動の最終回をお送りしたいと思います!
関連記事

Posted on 2012/09/15 Sat. 10:15 [edit]

category: 模型

thread: フィギュア - janre: 趣味・実用

tag: ウエスタンリバー鉄道  チップとデール  フィギュア  自作  試作  機関士  運転士  運転手 
tb: 0   cm: 0

チップとデールのフィギュア試作15  

あと2回か~

う~ん終わるかな…



今回は帽子を作ります!


帽子はとても変な形で、八角形です。

紙粘土で原型を作りパテで表面を仕上げるという行程はフィギュア本体と一緒。

実物と同じように(見せてもらいました)一枚の布を折ってできてる感じを再現すべく、薄く延ばした紙粘土を折って形を作っていきます。

まず八角形を作り、それに薄く伸ばした粘土にヒダヒダをつけながら接着。

☆元が紙粘土だとわかる写真です
まだ乾いてない


帽子のつばも紙粘土。

なんとなく形を作り反らせて、整形しながら帽子本体とうまく合うようにします。

☆いい具合です
「図面」なんてモンはありません


頭と接する箇所も同様に、輪にしてからヒダヒダと接着。

こんな複雑な形を大小2パターンで再現するハメになったのは、大きさを考えずに作った6月のおれのせい。

☆今度からは気をつけます
赤ちゃん用?

耳が中に入るので少しモッコリさせています。

うまく被れるように整形するのも難しい。

☆ポリッシャーで整形
大活躍です


☆現物合わせをしています
おお~


なんか、このあたりで既に成功感が出ています。

☆おおもと
帽子おおもと

整形がキレイにできました!

下地は同じくサーフェイサー、何度も塗り何度も削り、表面を滑らかにしていきます!

☆削ってるうちに地肌が出るのはよくあること
整形も同時進行と言っていい


で、チップとデールに被らせてみましょう!

☆いい具合です
おおお~


いいですね!

写真を使いすぎたから塗装は…また次回にします。



その次回はついに感動の最終回、帽子の塗装と細かいものを作って完成となります!
関連記事

Posted on 2012/09/08 Sat. 13:10 [edit]

category: 模型

thread: フィギュア - janre: 趣味・実用

tag: チップとデール  フィギュア  試作  手作り  自作  ウエスタンリバー鉄道  紙粘土 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ