FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

京成3700形8次車修繕改修日誌エピローグ  

大阪市営60系の引き渡しと同時に京成3700形もお披露目となりましたが、まさかの物言いがつきました。

それは、このブログを見てる京成ファンの方はきっと気になっていたことと存じます。

おれも指摘を受けたら確かに気になった「それ」とは、


スカートです。


車体とスカート本体に妙な隙間があったのです。

あれはパーツの形状があの隙間を生むようになっていたもので、てっきり「そういうもの」と思い込んでいました。

しかし実車を見たらそんな隙間はない…

ということで隙間を詰める作業を行いました!

☆棒をカット
京成3700スカート1


見たらわかるように床板に刺さる部分が2段になっていて奥まで差し込めないのです。

この棒を丸ごとカットします。

☆ぱちん
京成3700スカート2


車体への取り付けは接着剤としました。

☆右修繕前、左修繕後
すいませんでした


いいですね!


これで晴れて3700形改修工事は完了となりましたが、持ち帰るケースがないということでまだウチに留置となっています。

ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2012/08/28 Tue. 18:30 [edit]

category: 京成電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  京成3700  8次  ライト  点灯化  スカート   
tb: 0   cm: 0

アーカイブ製作記~ターミナルプランニング製東武20000系~2  

塗装は30000系と同じ配色なのでほぼ同時進行でした。

☆GMの指定どおりの近鉄マルーン
位置関係は悩みました


3ドアは楽でいいね!

☆真ん中が20000系
9050系、30000系とともに


やはりペアーハンズ製の前面とは違いますね!

ライト部分をいじったからかも知れませんが。

ちなみにおれはペアーハンズ製を支持します。



屋根が別パーツなのはしょうがないですが、材質がレジンで参りました。

縮んでいて合わないでやんの。

だからGMの東武10030系から屋根パーツを使用。

20000系は18mで10030系は20mだから切り継ぎもしなくちゃいけませんでしたが…


☆端に切り継ぎ途中の跡が見えます
左のほうね


連続型のクーラーはホワイトメタル。

重心が高くなるのでイヤです。

しかも30000系のクーラーと比べたら成型がガサツ。
表面もブツブツで仕上げしなきゃならないレベルだったので、ペアーハンズの20050系クーラー以上に地獄でした。

反ったりしてたし…

タミヤのプラサフがここで活躍しました。

☆屋根切り継ぎの跡も消えてる
Tobu24806




主要な床下機器はできるだけ本物に近づけたいので22806号・24806号・26806号に搭載のチョッパー装置は既製品を切り継いで製作。

断流器はJR103系のものから。

あとは忘れた。

☆コレをもとに
何かのVVVF装置ですが…

上の写真のチョッパ装置になりました。

今ならマイクロエースの東武9000系の床下機器より生成できるんですけどね。



ライトももちろん仕込み済み。

東武30000系から使用しているチップLEDはもちろんコイツにも使用。

シールドビーム色にするためにカラーフィルタリングを初めて施しました。

☆N様寄贈写真
ありがとうございます


なかなかいい色だと思います!





コレをもって完成となり今は既にN様の元にあります。

試運転動画もあるにはあるのですが…あまりアングルのバリエーションもなく試験らしいことをしてる様子も写ってないのでお蔵入り。

今度N様の家で東武ごっこをやる計画があるので、それで走りを堪能ください!



これにてアーカイブを終了と致します。

ありがとうございました。
関連記事

Posted on 2012/08/21 Tue. 19:46 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  東武  20000系  製作記  アーカイブ  ターミナルプランニング  ライト  点灯化 
tb: 0   cm: 0

製作記アーカイブ~ペアーハンズ東武30000系編~2  

塗装は東武のステンレス車と同じカラー指定のまま使用しました。

GM近鉄マルーンと普通のシルバーね。

☆調合は必要ないと判断しました
他東武車との兼ね合いもあるので


シルバーはGMではなくMr.カラーのシルバー。

まだ使いきれずに残ってます。

☆黒い部分はフラットブラック
黒い部分は筆塗りです


顔の感じはGMの30000系とはちょっと違いますね!

☆左GM、右ペアーハンズ
どちらがお好みでしょうか

☆中間車
サハ34606


こちらはサハ34606号で、床下機器がGMのものより改造したものになっています。


クーラーがホワイトメタルだったので参りました。

重心は高くなるわバリは多いわ塗装は面倒だわ…

☆18個のクーラー
RPU-6011



もちろんライト点灯化工事も行いました。

更に先頭車同士の連結も考えてスイッチまでつけました。


この30000系から極小の1608LEDを使い始めました。

特にヘッドライトはHIDライトということでその特徴をいい方向に十二分に発揮してくれました!

☆使いまわしの写真ですいません
試運転のときの様子

☆使いまわしの写真ですいません2
Pair-Hands-Tobu31606



このヘッドライトがカッ!となる感じ!

青白く輝くライトの30000系を初めて見たときの感動を思い出しますね!

そういう「思い出」とか大事だと思います。



ペアーハンズ製東武30000系製作記アーカイブ

~完~




東武20000系もご紹介します!
関連記事

Posted on 2012/08/13 Mon. 18:44 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: ペアーハンズ  東武  30000系  製作記  ライト  点灯化 
tb: 0   cm: 0

大阪市営60系製作記40~過去最高最強のライト~  

ライトの性能が思ったよりいいのでビックリしています。

野球じゃないよ。


何がいいって…めっちゃ前を照らすんです!

☆後方から
飾りではなく、機能として使えるレベル


伝わらないなぁ!

☆前方から
60系暗闇前方より


伝わらない!

あぁ伝わらない!

おれが肉眼で見てる感じそのまま画像にできないもんかなぁ。

すごいのに!


あきらめます。

☆明るかったらわからない
osaka60-6001,6501

左が6001号、設定の天下茶屋行きのときの先頭です!

右が6501号、同最後尾です!


ライトの性能はブログではお伝えできないので、鉄道模型ショーに出展することになったら見に来てください。

60系はは実験的な要素も多いから出しますので。




さて、いよいよ最終仕上げです!

最終仕上げって何だ?

ちょっとしたシールを貼ったり床板固定だったり、完成して引き渡すための磨きあげをしたり、説明書や表紙を作ったりですね!

☆ある程度フォーマット化されてる説明書
写真と文章をちょこっと変えるだけ


今回は表紙は作りません。


60系は既にピカピカなので磨く必要はありません。


シールも特にありません。



高さ調整をしましょう!





できました!

これで全ての製作行程は終了です!


いいですね!

つまり…

これで…

大阪市営60系、完成しました!

☆大阪市交通局60系電車完成!
Osaka Municipal Transportation Bureau Subway Series 60


6月に仕上がる予定だったのがどんどん延び、今や8月…

人生もこのように気づいたら光陰矢のごとしと言わんばかりに過ぎてゆくのでしょうか。




最後に残すは試運転!

こちらは引き取りの日にやりますので、その様子は次回お伝えします!

絶対大丈夫な自信があるので事前試運転はやりません。

2回も線路広げるのめんどくさいしね!

☆一旦しまわれる60系
おやつみ




あぁ、もうすぐ終わってしまうのか…
関連記事

Posted on 2012/08/07 Tue. 19:55 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 大阪市営  60系  Nゲージ  鉄道  模型  ライト  点灯化 
tb: 0   cm: 0

大阪市営60系製作記39~ライト点灯化工事完了~  

60系のヘッドライトLEDは、ドン付きではなく少し引いた位置に置くことにしました。

思いのほか幕部分がでかくなってしまったので…


☆外からの見た目はこれが最終形態
大阪市交通局6501


同梱パーツのヘッドライトレンズを取り付けました。

これはおそらく光ファイバーを切っただけですね!

ここに光を集中させます。

☆ライトケース
ぐちゃぐちゃに見えるけど…


でかいLEDを囲いきれないので、逆転の発想でLED本体を遮光ケースの一部とする構造です!


☆㎜より細かい作業
ゲロ吐きそうになります


脳神経外科医が持ってるあのヘッドマウント拡大スコープみたいなヤツ欲しい!

もっと言えば手術室の天井のあのいっぱいついてるライト欲しい!

大人のおもちゃとして直腸鏡と内視鏡欲しい!

チーデー作るのに歯医者のドリル欲しい!

ていうか医者が使ってる道具はモデラーにとってもいいものが多い!щ(゜▽゜щ)

☆試験点灯で光るあのプリズム
かっこいい


よく作用してると思います!

フタをして集電スプリングを固定したら床板とくっつけて点灯試験です!

☆ヘッドライト
抜群の光!


いいですね!

相変わらずすごい光です!

2灯光ってる様子を撮影するのに工夫が必要でした。

光が強いので1つの光に見えてしまうからです。

☆テールライト
プリズムパワー

もう完璧ですね!

おれは天才かとかたまに思っちゃいます。

プリズムが計算どおり良く作用してます!



どちらもいい光量ですね!

遮光を施したらライト工事は完了です!

この遮光がクセモノで時間と試行錯誤が必要なのですが、連載に耐えないあまりにも地味な内容なので割愛します。

さて、完成は間近です!
関連記事

Posted on 2012/08/06 Mon. 15:18 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  大阪市営  60系  製作記  遊々倶楽部  ライト  点灯化 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ