FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

エッチングに挑戦!2 【題材:ウエスタンリバー鉄道車輪のホワイトウォール】  

ときどき撹拌しながら待ちます。


IMG_0197.jpg

おぉ、溶けてる溶けてる!

30分ほど経ったところで割り箸でつまんでみると、明らかに線を入れたところで折り目がついているのが確認できました。

ここまでくればもう取り出してあとはグニグニやって折ればいいでしょう。


IMG_0200.jpg

おお~

明らかに窪みが出来ています!


IMG_02040.jpg

キレイに折れました!


IMG_0207.jpg

マスキングとして塗ったプライマー入りサーフェーサーをシンナーで落としました。

これをしっかりやらないと思わぬところにマスキングが残ることになりメチャクチャになってしまうハズです。

劇薬漬けに耐えたプライマー入りサーフェーサーもあっさり落ちてしまいました。

念のためサンドペーパーも当てておきました。

これでマスキングインレタと同じ大きさの真鍮板ができあがりました!(これだけでも嬉しい)


IMG_0206.jpg

エッチングで作った切れ目の縁を見ると、エッチングキットで何度も見た腐食された部分のあのピンク色になっていることがわかります。

エッチングされたんだなぁ。



★インレタできた


IMG_02080.jpg

マスキングに使用するインレタが出来上がりました!

いつもながら想定通りの素晴らしい出来です!

さっそく貼りましょう。


IMG_0210.jpg

このインレタはマスキングですからしっかり貼らないと意味がありません。

相手は液体なのでちょっとした隙間にも入ってきます。

ぬかりなく貼ります。



★ここにきてドケチ根性?

エッチング液は「反応」をさせるもので、永久に使えるわけではありません。

金属を融かせる容量は決まっていて、いわゆる「飽和状態」になってしまったらもう溶かすことはできません。

つまり、溶かす量は少ないほうがいいのです。

出来上がったあとの作業性を考慮した配置にしたマスキングインレタでしたが、やはり空間に筆でプラサフを塗りさらにマスキングの面積を広げましょう。


IMG_0212.jpg

不恰好です!

でもこれでだいぶ面積を小さくすることができました!

次回はマスキングインレタをちゃんと作ります。

マスキングの作業性が悪くなるという本末転倒な感じになってしまい反省です。


★投入


IMG_0216.jpg

ではエッチング液に投入です!

今回は完全に反対側まで貫通させるため、少し時間が必要です。

エッチング液が冷めないように湯せんのお湯を適宜取り替えます。


IMG_0231.jpg

できました!

貫通して裏面のプラサフが露出!

あんなに白かったインレタは黄ばんでしまいました。


IMG_0232.jpg

すげえ笑

プラサフの膜ですよ。


IMG_0237.jpg

強力シンナーでマスキングのインレタとプラサフを落としました。


IMG_02300.jpg

おお~

若干同心円になっていませんが、ほぼ狙い通りです!

我慢できません、さっそく塗装して取り付けましょう!

ここからはいつものエッチングパーツと同じ要領でOKです!


IMG_0241.jpg

おお~


IMG_0272.jpg

おお~

IMG_0279.jpg

おお~


IMG_0273.jpg

おお~

いいですね~!

ポリパテで土台を作って筆で塗装した前作に比べ、とてもスッキリ美しく仕上がりました!

☆ビフォー
IMG_0274.jpg

☆アフター
IMG_0282.jpg

いいですねー!

でももう少し細くてもいいですかね~



このままの勢いで、次の題材に取り掛かりましょう。

次はいきなり両面エッチング、題材は同じくウエスタンリバー鉄道の煙室扉プレートに挑戦です!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/10/20 Sat. 17:00 [edit]

category: 模型

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

tag: 模型  エッチング  ウエスタンリバー鉄道 
tb: 0   cm: 0

アメージンググレーズ  

色が定まらない…


何度も悩まされるのが「グレー」です。

ウチは鉄道模型メインですから、プラモデルのような1点モノと違い「この会社の床下機器の色」とかいう要素があるものをたくさん作る可能性があり、さらにそれを運転会などで一同に並べる可能性が高いのです。

屋根と床下機器とクーラーと、よく目に付く箇所にふんだんに使用されているグレーはモデルの印象を変える重要なファクターであり選定には慎重にならざるを得ません。

色はまわりによって見え方が変わります。

つまり相対的に考えないといけません。

しかも。

グレーという色はとても微妙な色なのです。

ライトグレー(明るいグレー)にも何種類もあるし、グレーは本来は彩度0と言え色味がつく場合もあるし。(彩度0はニュートラルグレーと呼ばれる)

地元東武のクーラー用として色を作ったりしたこともありましたが、以前もコラムっぽく書いたように同じのをたくさん今後も製作するなら市販の色で合うヤツを探したほうがいいのです。

調合した色は、それがなくなってしまったら二度と同じ色は作れませんから。

てなわけでグレーをことあるごとにちょくちょく買っていたのですが…


IMG_4160.jpg

もうめんどくさくなってMr.カラーのグレーを一気に全種類買ってしまいました!

「グレー」と名がついているものだけでなく、見た感じがグレーっぽかったら買いました。

グレーと名がついていても明らかに緑色寄りだみたいなやつは除外。

リストも作って磐石の体勢!

この中に私がそれぞれ気に入るグレーはあるのでしょうか。


えっ!

ガイアノーツ?!

タミヤカラー?!?!

ファレホ?!?!?!

うぬぬ…




(Amazing Grays)
関連記事

Posted on 2018/09/12 Wed. 17:00 [edit]

category: 模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道  模型  プラモデル  塗料 
tb: 0   cm: 1

京阪9000系修繕記録2  

富士急ハイランドに行ってきました!


FUJIKYU1.jpg


7月10日から宿泊の1泊2日の富士急ハイランド旅行でした!


FUJIKYU2.jpg


台風により計画自体も中止か検討しましたが、決行して正解でした。

11日は朝からピーカン、風も穏やかで運休はなし、富士山(世界遺産)がとてもキレイ。

台風の影響でか園内はガラガラで、色んな乗り物が軒並み待ち時間0でした。

待ったのはドドンパを10分くらいですかね。(回転率悪いから)

トンデミーナはスルー、鉄骨番長スルー、ええじゃないかもスルー、あの一番人気のFUJIYAMAさえスルーで、定員に満たないことすらありました!

長時間並んで大しておもしろくもないディズニーランドのコースターに乗った経験とは対称的です。

コースター系は全制覇、CMに流れたことのあるアトラクションも全制覇、これ以上の快適富士急はないでしょうね。


FUJIKYU3.jpg


無理矢理このブログに繋げるとしたらトーマスランドの存在ですかね。

実物大のパーシーがおっさんによって塗りなおされている最中でした。

☆宿からの写真です
MtFUJI.jpg





さて現実に戻りましょう。

屋根がキレイになりすっかり印象のよくなった9000系ですが、ひとつ大チョンボがあります。

パンタ車に妻面配管がなく、パンタなし車に配管がついている!

これは私の仕業じゃありませんよ。

確かに東急8590系でやらかしたことはありますが、チェックの際に気付いております。

この間違いのせいで中間運転席の位置も違っており、穴を開けてはならないところに標識灯の穴が開いてしまっています。

ちょうど床下機器も取れてしまったことですし、これは車番の貼りかえと穴埋めで対応とします。


具体的には9555号と9155号が逆。

ナンバーはインレタですが、キレイにくっついておりテープでは剥がれなかったので阪急6000系のときのような削りとる方法で対応。


2014071709510000.jpg



2014071709530000.jpg


2014071710190000.jpg


いいですね!


NEC_0783.jpg


先日パーツがなく途中になってしまった屋上機器の補填としてバラ売りパーツを買ってきました!

10年近く前なので在庫があるのか不安でしたが思いのほかありましたね。

でもなんだかパーツに欠損がありますね。

よく見ればよかったのですが…コレは完全に私のミスです。

バラパーツを買うときはよく確認しましょう。


2つ買ったのは、このランナーについているコンソールパーツが欲しくなったから。

ライトを超小型にするのでコンソールも再現できますから。


2014071909500000.jpg

細かいパーツはこうしてプラ棒に穴を開けて差し込んで塗装するのが便利です。

この屋上機器はクーラーと同じGM14番グレーに塗ってつや消しを吹いて仕上げ。


2014071910520000.jpg


これで(先頭車以外の)車体と屋根上は完成です!

次回は床下機器をやっていきましょう。
関連記事

Posted on 2014/07/19 Sat. 19:55 [edit]

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  京阪9000系  グリーンマックス 
tb: 0   cm: 0

6月は○○強化月間  

6月は梅雨の時期、湿度が高く塗装に向かない気候になってしまいます。

車両センターのある東京はこのほどようやく梅雨空になり、同時に塗装おあずけ期間に突入しました。

☆40~50%が人体にも優しく最適と思っています
2013061315010000.jpg


てなわけで6月はカタチヅクリ強化月間です!



1年以上のバックオーダーを抱えるようになってしまったので年間の作業計画を立てていますが、6月は塗装ができない前提としています。

6月に組み立てや加工をたくさんしておいて、晴れて湿度が下がったら一気に塗装!

この6月にも加工や組み立て工程がくるように予定を立てていました。

スハ43もそのひとつ。

☆バックオーダーの一部
2013061314560000.jpg


塗装は秋口にやるのが最適と思っています。

窓を開けて換気しながらできる。

湿度が高くてもエアコンのドライ機能を使えば塗装はできるんですけどね…

閉め切って湿度が低い状態をキープしなきゃいけないので、作業部屋は地獄のガス室です!

除湿機能付き空気清浄機も高いしなー。


なので秋冬には一気に製作したいという意識も働きます。


ここからしばらくは色気のない内容になりますがご容赦ください。
関連記事

Posted on 2013/06/13 Thu. 19:30 [edit]

category: 模型

thread: 趣味と日記 - janre: 趣味・実用

tag: 模型  塗装  湿度  梅雨 
tb: 0   cm: 0

旧型客車スハ43で塗装の練習2  


2013060611290000.jpg


ランナーから切り離されました。

これだけでテンションが上がるのでまだおれはモデラーを続けられると思います。


2013060713170001.jpg


箱形にするときは数字を合わせて組めばOKです。

親切設計です。


2013060713170000.jpg


なんだか高さが合っていなさそうですが、側面のモールドに合わせれば後で行う調整が楽です。

今回の場合は雨どいを合わせて接着し、下を調整します。


2013060716300000.jpg


四角になったら屋根をつけますが、エコノミーキットの屋根はだいたい反ったりしているので、


2013060716320000.jpg


このように輪ゴムで押さえつけながら


2013060716340000.jpg


流し込み接着剤で固定します。


2013060716430000.jpg


妻板との隙間はこのようにポリエステルパテで埋めます。


2013061010150000.jpg


キレイに組み上がりました!


次は屋上機器です。
関連記事

Posted on 2013/06/12 Wed. 19:45 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: グリーンマックス  国鉄  スハ43  Nゲージ  鉄道  模型 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ