FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

250系のインレタ  

先日完成した東武250系、ナンバーはインレタを作りました。

NEC_0459.jpg


2017092713350000.jpg


いつものように、スペースが余るという理由でたくさん作りましたので、欲しい方はメールフォームからどうぞ。

予備として1.5編成分収録したものを1つとし、先着12セット!



床下機器台車もありますのでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/09/27 Wed. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武250系  改造 
tb: 0   cm: 0

出品!SS151・SS051タイプな台車!  

東武250系改造に使ったSS151・SS051風台車の3Dプリント品をおすそわけいたします。


★どんなものか

台車説明


上級者向きで、且つマイクロエースの東武200系を改造する体での設計です。


すなわち車輪、軸受け兼通電パーツ、通電バネ、台車支持機構すべてにおいてマイクロエースのそれを踏襲しています。

ただし、カプラーポケットだけはグリーンマックスのようにKATOカプラーも取り付けられるように大型に一体化としています。


2017072916180000.jpg


2017072916150000.jpg


2017081121230001.jpg

ちゃんと調べてませんが、このSS151は多分東武250系にしか使えないと思います。

登場時の姿を模しています。



★購入方法

こちらからどうぞ。




★組み立てかた

見たまんまです。

ランナーで背中合わせになっているのが相方になります。

できるだけコンパクトにして出力費用を抑え、且つ配達中の破損を防ぐためにヘンチクリンな配置になっています。

配置は実車を参考にしてください。

接合部に接着剤を塗ってからビームパーツの両脇に台車枠パーツをはめ込みます。

ちょっぴり固いと思いますが、これは台車をしっかり構成し車軸をホールドするために必要な固さなんです。

ピンセットを使って慎重に押し込みましょう。

細い箇所もあるので要注意!

組み立てられたら塗装工程に移りましょう。



★車輪・集電パーツの取り付け

これもビクビクもんの作業です。

ピッタリ入るハズですが、品番Aー2650の200系の台車はほんのわずかに設計変更されているようで少しだけきつく転がりが悪いです。

そんなときは、車輪と集電パーツをつけた状態で45℃くらいのお湯に浸けましょう。

温めるといくらか軟らかくなる性質を持つ素材のため、車輪への当たりがソフトな感じに矯正されます。

もちろん、見た目にはわからないです。



★動力車

どのみちマイクロエースのものは使えなくなりますので、私みたいな変態級のモデラーでなければ鉄道コレクション用の動力を使うことになると考えています。

20m級の動力ユニットの台車に、うまいこと台車枠だけを接着してください。

軸距は同じなのでピッタリはまります!


NEC_0178.jpg

これで完成です!

NEC_0255.jpg

自分で組み立てた台車で走る喜びを感じてください。

市販品の台車は軟らかく粘り強い素材ですが、こちらはアクリル樹脂で硬く脆いという性質の違いがあります。

いつもの台車の感じで扱うとポキッと逝ってしまうので、取り扱い要注意!


私が作ったものと同じ仕様にしたければ相談に乗りますのでメールフォームから連絡ください。

私に丸投げしてもいいですが、有償です!



床下機器も公開してますので、よろしければどうぞ。




関連記事

Posted on 2017/09/22 Fri. 16:55 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武250系  台車 
tb: 0   cm: 0

出品!250系風な床下機器!  

先日完成した東武250系に使った床下機器の3Dプリントパーツをおすそわけいたします。



★どんなものか

床下説明


コレを買うような人に説明はいらないでしょうが、特急りょうもう号用の電車のうち唯一完全新造の車両250系専用床下機器。

それゆえ、床下機器と台車は再利用品ばかりの200系とは大幅に異なり、それを模したものとなります。

☆1
NEC_0100.jpg

☆2
NEC_0099.jpg

☆3
NEC_0101.jpg

☆4
NEC_0102.jpg

☆5
NEC_0103.jpg

☆6
NEC_0104.jpg



2017091513010000.jpg

30000系に近い機器がたくさん。

30000系用はグリーンマックスから出ているので市販パーツを使うのも考えましたが、細かい箇所を詰めるのが大変ですしVVVF装置の設計リクエストもあったので全部作っちまいました。


NEC_0051.jpg

こんなに違う出来。

立体的でいい感じです!


NEC_0247.jpg

もちろん補機類も完全再現!


★参考記事

その1

その2



★購入方法

こちらからどうぞ。





★到着したら

精密な機器を眺めニヤニヤしながら造形不良がないかチェックして、あればDMMに相談してください。

なければ洗浄して塗装に備えましょう。



★組み立てかた、床下機器


塗装の順番はおまかせしますが、一応私の方法を書いておきます。

洗浄して一旦プラサフを吹いたら、1両分ずつにバラしてプラサフ。

裏から光の抜け防止の黒、サフ、本番の色の順に塗装しておきます。

ブログのようにマイクロエースのを使う場合は、根本まで切り取ってキレイに平らにしてから貼り付けます。

NEC_0035.jpg

NEC_0036.jpg

NEC_0318.jpg

251-2号車のみスペース節約の関係で一部切り離してから取り付ける必要があります。


各車の貼り付ける位置は実車を参考にしてください。



そのあと表から床板ごと塗装。

コレできれいに仕上がります。

NEC_0032.jpg


NEC_0214.jpg


フィルターリアクトルとサハ251ー4号用の水タンクは、ディテールを維持&出力費用を抑えるために別パーツにしています。

プラサフを吹き終わった段階で切り離して別に組み立てて塗装しておきます。


NEC_0340.jpg

他のパーツを床板に取り付けて塗装したあと、最後に水タンクとフィルターリアクトルを取り付けます。

取り付ける位置は、フィルターリアクトルは2連エアタンクの裏にセンタリングで、水タンクは浅草寄り台車の後位にセンタリングで。

実車を参考にしてください。



★動力車

動力車はグリーンマックス動力でも鉄コレ動力でもOKです。

私と全く同じことをしたければフライス盤が必要になります。

もしアレでしたら加工を請け負いますがそこそこ高額です!


★できあがり!

NEC_0236.jpg


これで250系の250系たる所以、完全新造による当時の最新機器を搭載した姿となります!

3Dプリントならではの立体感、精密さを堪能してください。

その精密さゆえに取り扱い要注意ではありますが、完成品が出てしまったとしてもコレには勝てません!


SS151タイプ台車も公開してますので、よろしければどうぞ。




関連記事

Posted on 2017/09/22 Fri. 16:50 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武250系  改造  床下機器 
tb: 0   cm: 0

Nゲージ東武200系を250系に改造11:総括、最終回  

ついに最終回です!


2017070314580000.jpg

今回はマイクロエースの完成品をベースに仕上げるというものでした。

全く同じ案件が3件同時というのは初めてです。


2017072916000000.jpg


2017072420280000.jpg

250系の250系たるゆえん、台車と床下機器。

これらは既製品がないため3Dプリントで作りました。

NEC_0264.jpg

初めての走行機能性部品。

2017091513010000.jpg

2017091513010001.jpg

冷却ユニットの立体感抜群のVVVF装置。

NEC_0247.jpg


できばえは上々!

車番もオリジナルインレタで表現、美しい仕上がりです!


NEC_0210.jpg

マイクロエースの構成のままでは250ー4号(サハ)に動力がきてしまうため、250ー3号に移設するのと同時に動力をトミックスのE231系用のものに交換。

当然床下機器と台車は250系のものに交換。


NEC_0069.jpg

パンタグラフの位置の変更は地道に手作業!

2017091513050000.jpg


妻面ハシゴと配管、紐パンは3Dプリント!

マイクロエースの配管モールドがショボすぎるので目立ちます。


NEC_0078.jpg

パンタ移設に際して短くなったり長くなったりするクーラーは切り継ぎで表現。

一部はレジンキャストを使ってパーツを作りました。


2017080817210000.jpg

これで完全なる250系になりました!


★試運転

3本目は引き渡しまで時間があったため、初めて貸しレイアウトというところで試運転をしました。(クライアントに許可は取ってます)

Nパークとだというところです。

雰囲気はいいです。


NEC_0249.jpg


NEC_0244.jpg

S字カーブ、勾配、高速、連続ポイント、あらゆる環境でテスト。

今まではコレを自宅で部分的に展開しておりました。

今回は特に走りに直接影響する台車を初めて設計しましたし、いろいろな線路環境でテストすることにはいつも以上に意味があります。

障害物を気にして最初はゆっくり、徐々に巡行速度!


NEC_0250.jpg

やっぱりシーナリーがあるところに置くと栄えますね!

ぼんやり構想している完成写真用ジオラマ、作りたい気持ちが強くなってきました!

NEC_0251.jpg


NEC_0267_20170907145746a77.jpg

NEC_0255.jpg



★総括

さて、私は東武ファンと謳っておきながら初めてまともに東武の床下機器をつくりました。

会社が違うと機器も違うので、大きな機器は1から設計でした。

とはいえ床下機器はまだ飾りで、なくても走ります。

今回は機能性部品の台車を初めて設計となりましたが、なかなかいい感じに出来上がって、新しい境地に入ることができて大満足です!

そしてこの2つの再現も叶ってこその250系。

ナンチャッテではなく完全なる250系です!

☆251-1
NEC_0235.jpg

浅草方先頭。

☆251-2
NEC_0236.jpg

「250系」の象徴がすべて詰まった1両。

パンタが2基になり、床下機器もVVVF装置をはじめ交流駆動HS-20コンプレッサ、縦置きタンクや奥に配置したフィルタリアクトルがあったりと見どころ満載です!

☆251-3
NEC_0237.jpg

動力車にされ、パンタも取られてしまった1両。

☆251-4
NEC_0238.jpg

実車も模型も動力車でなくなり、床下もスカスカになって身軽になった251-4号。

車端部には自販機コーナーがあります。

☆251-5
NEC_0239.jpg

実車はPMSM方式の制御器に取り替えられてしまいましたが、模型の世界ではまだIGBT-VVVFです。

☆251-6
NEC_0240.jpg

伊勢崎方先頭で、SIVを積んでいます。


よくできたのが嬉しくて1両ずつ紹介してやりました!



これにて250系3本作完結です!

3Dプリントの2点はおすそわけコーナーに置く予定です。

同じのが作りたくなったらそちらからどうぞ。

自信がない方は問い合わせフォームにどうぞ。
関連記事

Posted on 2017/09/15 Fri. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武250系  改造 
tb: 0   cm: 1

マイクロエースのNゲージ東武200系を250系に改造10:3本目  

ついに3本目、ラストです!


3本目の種車は、1本目と同じ「がんばろう日本」のマーキングが入る品番A-2651です。

若干設計変更があった2本目と違うので、1本目の感覚を思い出しながらの作業です。


でも

手直し手直しが加えられた3D設計に限って言えば、最もリアルに最も組み立てやすくなっています。

見た目はほとんど変わってないですけど笑

おすそわけに出されるのはほぼ今回出力する内容と同じとなります。



★準備

バラバラにする前に動作チェックをしておきます。

マイクロエースのことはまだ信用していないので笑


NEC_0095.jpg


NEC_0094.jpg

しかし、今回は3本ともまともでした。

ライトも動力もちゃんと動作しましたし、編成によるバラツキもない。

動力は、通電板こそ汚いものの動作はスムーズでかつ静か!

どこかで再利用できます!


2017081811540000.jpg

バラバラにするのも手慣れたモンです。

同じのを3本やったらわかるのは、マイクロエースのパートのおばちゃんの加工にバラツキがあること!

屋上パーツはどうも裏から溶かしてくっつけることになっているみたいですが、これが甘いヤツがあったりします。(お陰でバラしやすかったけど)

ガラスパーツも接着剤がベットリついてるヤツがあって戦々恐々としながら剥がしたり。

3本目は、そういう意味では一番大変でした。

「接着剤ベットリ」パターンだったからです…


一部の部品を破壊に近い感じでバラし、準備ができました。

今回は初めてのところに3Dパーツの出力を依頼(詳細は別記事で)する関係で、車体加工を先に済ませてしまいます。

腕に覚えのあるうちに…


2017082215510000.jpg
一番大変なのは…

いや…どれも大変なんですけど、乾燥工程があるため時間を充分かける必要のある屋根・妻板まわりの加工からやることにしました。


この辺の工程を決めるのが苦手です。

まぁ大体思うようにはいきません。

床下機器設計だけは固まりつつありますが、それ以外はケースバイケースすぎて。



2017082621210000.jpg

こちらは何かの拍子に塗装が剥がれたところ。

変だなと思ったのでちょっと爪を立てて引っかいてみたところ、みるみるうちに塗装が剥がれてしまいました。

もちろんこのままではいけないので、筆による補修をしました。

使用したカラーはMr.カラーのレッドFS11136です。


NEC_0218_20170907135119f1a.jpg

車番の呼び方は、どのタイミングで変えるのがいいんでしょうかね。

新しいインレタを貼ったらもう新しい名前で呼びますが…


NEC_0219.jpg

3本目となると写真もほとんどなく、要所要所しかありません。

加工内容を知りたい方は過去の記事を読んでください。

このへんは全く一緒ですので笑


2017082820390000.jpg

2017082820380000.jpg


3Dパーツも出来上がりました!

今回はDMMではなく文京区本郷(東京ドームのご近所)にあるエルドラモデルさんに出力依頼をしました。

出力が終わったあとの工法が違うからかDMMよりも透明度が高い気がします。

DMMと同じ機械を使っているので、出来上がり具合は当然DMMと同等。


2017082623560000.jpg


組み立てて色を塗りました。

2017082623520000.jpg


今回もMr.カラーの305番グレーFS36841を使用。


2017082718180000.jpg

動力車も2本目と全く一緒。

3Dパーツの座席モールドは接着剤による固定なので、さらに取り扱い注意になってしまいました。

NEC_0220.jpg


2017082800410000.jpg

クーラーは2本目と全く同じ工法。

NEC_0215.jpg


光硬化パテで一部を形づくり、モールドもある箇所はレジンキャストで複製。

NEC_0221.jpg


塗装は、屋根がMr.カラー軍艦色2、屋上機器がGMカラー9番グレー、パンタがメッキシルバーNEXTです!


NEC_0222.jpg

すべて組み立てて調整したら試運転、快調でしたので(3本目試運転は総括で)


2017090714050000.jpg

完成です!

これで東武250系3本コンプリートです!

3本揃った写真を載せるべきでしょうが、完成したら順次引き渡してしまっており、1本目に至っては日本から旅立っております!



次回、東武250系3本作を総括して最終回といたします!
関連記事

Posted on 2017/09/13 Wed. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  改造  東武250系  床下機器  台車 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ