FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電車1000系風に)1/2  

東急1000系フリークのめかまさん(@TKK_thousand) から、すみ車おすそわけコーナー(PCでは左の欄に表示)に置いている3D床下機器をHOゲージサイズにしてくれという依頼がきました!

打ち合わせしたらものすごい知識量のめかまさん、こんな方に目につけていただけるなんて至極光栄でございます!


IMG_1962_20191104150127db9.jpg

取り付ける相手はこちらのカツミのチャレンジキット。

東急1000系は地方私鉄にかなりの数譲渡されており、こちらもそのひとつ「一畑電車」を模して作られています。

キットに付属している床下機器はショボいらしく、そこで以前作った私の床下機器をコレ用に仕立て直して提供してほしいというのが全容です。


★作図


Bataden1000-1.png

久しぶりに東急1000系のデータを開き、その中からM1車とM2車を抽出。

こちらを大きくします。


3D設計はとても便利で、「スケーリング」という機能を使えば好きに拡大縮小ができます。

ただ大きくするだけでもいいとのことでしたが、それでは芸がありません。

当たり前ですがスケールは大きくなっても3Dプリンターが出せる最小単位は変わりませんので、ディテールをもう少し攻めましょう。


Bataden1000-KARI.png

模型を採寸した仮車体を描きました。

デフォルメしていた部分を見直し、より実車に近付けるためコレを使用します。

特にM1車はモーターがくるため、奥行きも気を付けなければいけません。


★HS-20

ディテールにこだわるとなったら、やはり一番はHS20様にあらせられます。

メカメカしく特徴的な外観、複雑なパイピング、認知度、モデリングをするのにこれほど適したモチーフはありません。

いただいた資料によると正式には「A1544A-HS-20-1」だそうです。


Bataden1000-HS20-Operationpng.png

ほぼもとのまま。

これでも充分といえば充分ですが、コレにモデラーでメカニックの私の見地が加わると…


Bataden1000-HS20-DEKITA.png

こうなりました!

ますますゴツくなりました!

Bataden1000-HS20-PaintHOLE.png

モーターとクランクシャフトを繋ぐカップリングまで描きましたが、きっと見えないです!

クレーンで吊るための輪っかも描きました。

台座には穴を開けて塗装がしやすいようにしてあります。



★VVVF装置

さて次はVVVF装置。

横幅が一番でかく、かつ象徴的な機器なので慎重に描き直しましょう。

サイズを合わせたら、ディテールを攻めます。

おそらく一番大きな変化はメッシュ部分です。

一番細かい造形ができる寸法はわかっていますので、大きくしたあとにメッシュだけを描き直しです。


Bataden1000-4.png

左が大きくしただけ、右が描き直したもの。

この差です。

ボルトや凹凸、取っ手なんかの表現も見直しです。

ハンドルの微妙な後退角まで再現しました。

このVVVF装置、世界初のヒートパイプ方式で素子の冷却を行っているらしく、そのヒートパイプ機構はこのメッシュの中に詰まっています。

これが第1号か、だからコレだけが後退角がついているんだな。

いわゆる「東洋後期GTO」は見た目が似ている機器がたくさんありますが、この東急1000系のものだけが持つ特徴がこの後退角です。

このスクリーンショットではわかりにくい…


Bataden1000-VVVF-MOTTODEKITA.png

いいですね!

同様にメッシュを持つ機器を描き直しです。


★SIV


Bataden1000SIV-Before.png

SIV。


Bataden1000SIV-After.png

こうなりました!

いいですね!

1/80サイズなら取っ手も抜くことができます。


★パイピング

特徴的で3Dプリント向きの表現としてエアのパイピングがあります。

これもコックや逆止弁のディテールを攻めました。


Bataden1000PIPE-Before.png

これがビフォア。

今見ると雑な気もしますが、Nゲージサイズだとこれが限界。


Bataden1000PIPE-Cock.png

細かい部品もこんな風に描きなおしました。

こちらはエアコックです。

画像はありませんがエルボやユニオンも描きなおしました。

少し太くなるので少しだけ強度が上がります。


Bataden1000PIPE-After.png

できました!

これだけでかなりの時間を費やしました…

タンクを吊っている部分が弱々しいのでディティール無視の補強を入れていますが、自分的にはうまく隠せたと思っています。

横から見たら一発なんですけどね。


Bataden1000CCOS-Before.png

外観上の特長もないただの箱の機器も、取っ手を描きなおすだけで見違えます。

Bataden1000CCOS-after.png


1/80サイズならこの取っ手もちゃんと再現されるのです。


Bataden1000-lubricator.png

新しく追加した機器も。

こちらは軌条塗油器です!

急カーブなどでレールに油を塗る機械です。

搭載していない編成もあるので、それは切り取ればOK。



★全体

☆M1
Bataden1000M1-DEKITA.png

☆M2
Bataden1000M2.png

元はM1とM2ですがそえがそのまま先頭車になりますので先頭車にあるべき機器が来たりしているので若干の並べ替えなどもしました。

車体から吊るためのベースとなるアングル材まで描いてみました。

あとは再配置。


Bataden1000-DEKITA.png

これで完成です!

場所がなくてブレーキ制御装置やフィルタリアクトルの前に置かれた箱は、ディティール保持のために別パーツとしました。

全体の構成はどのようにしようか迷いましたが、Nゲージと同じような片側一体型にしました。

配管パーツを守るために向きがテレコになっています。

2両なら間違えないです。


ところで

値段が気になるところですが…

予想を裏切らない高額でした!

1万円超えましたよ。

もしコレもおすそわけすることになったら、昔のカツミのように薄いやつも作って選択できるようにしましょう。



さっそく注文です!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/04 Mon. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  東急1000系  一畑電鉄1000系 
tb: 0   cm: 0

東急1000系3Dプリント床下機器を改定しました。  

DMMで出品していた東急1000系3本立ての3Dプリント床下機器を改定しました!

組み立てやすく、安く、わかりやすくをモットーに。



しかし

このタイミングでDMMが値下げと言いながら値上げをしたようで思ったより安くなりませんでした…

でも2つに分かれていたときよりは安く、1両1000円はとりあえず下回りました。


あとは細かい箇所の修正やディテールアップ。

さらに、奥行きパーツを廃して少しでも安くした「お手軽版」も同時公開!

詳しくは下記リンク先にある各図面を見てください。


※1000系普通の8両

※1000系4+4連の8両

※1000系4+4連を組成変更した1010編成


よろしければどうぞ。
関連記事

Posted on 2016/08/23 Tue. 20:20 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急1000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

東急1000系の普通の8両の床下機器  

PCの性能が上がったので、東急1000系の床下機器のパッケージングを改良しました!

今回はそれの試作品を友人の東急1000系に取り付けます!


2016071010450000.jpg

新しいパッケージには強化型スカートも同梱。

スカートの設計は初めてでした。

出力されたパーツは洗浄したあとプラサフを吹き、セミグロスブラックに塗装します。


2016070422360000.jpg

こちらは友人の東急1000系です。

私は手持ちの東急1000系はないので「すごい床下機器をつけてあげる」と言って召集しました。

実費だけでグレードアップできるという触れ込みなので喜んで貸してくれました!

いま付いているインチキ床下機器をむしり取って取り付けましょう。


出力費用を落とすために取り付けのための出っ張りを削ったので1mm厚のプラ棒かなんかを挟んで接着剤で取り付けますが、この辺は作業に違和感がありました。

ガイドのための出っ張りはなくていいですね。

改善しましょう。


2016070423490000.jpg

HS20は固定式としました。

塗装の利便性を上げるために上に穴を開けました。

これはとても効果的でした。


2016070417400000.jpg

2016070515520001.jpg

強化型スカートもいい感じです!

ただ、真ん中にあるはずのエッジがわかりにくくなっています。

角度が浅いので積層成形ではシャープさが低くなります。

サンディングでエッジを出せばOKだと思います。


2016071518250000.jpg

かなり進化しました!



★総括

床板へと取り付け方法を新しくしてみましたが、どうも思ったような成果が得られませんでした。

どうせプラ棒を咬まさないといけないなら、位置合わせ用の出っ張りはむしろ邪魔でしたので撤去しましょう。

それをすれば値段も下げられるハズですから!


2016071518280000.jpg

パーツ全体においての取り付けやすさなどは悪くありませんが、一部設計ミスがありました。

手直しをしてからDMMに公開いたします。


今後、他の3パターンも8両セットにして、「普通の」「4+4」「4+4差し替え」の3つのラインナップに変えていきましょう!



追記:さっそく公開しました!

こちらからどうぞ。

関連記事

Posted on 2016/07/15 Fri. 19:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急1000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

出品!東急1000系普通の8両風の床下機器!改定!  

※2016年7月改定


おすそわけ開始から1年もたたないのにもう改定です。

東急1000系の普通の8両編成風の床下機器をおすそわけいたします。

以前はPCの性能が低く2つに分かれてしまっていたセットが、PCの進化により1つのセットにすることができました。

こちらの記事も参照


☆クリックしてね、フルセット
TK1000Normal-8R-FULL


☆クリックしてね、お手軽版
TK1000Normal8R-Light




★改定点

8両セットにするのと同時に値段を抑えるためにスペーシングを考慮。

「値段のつきかた」の全容がだいたい見えたので、それに則って配置しなおしました。

もちろんディテールやオマケパーツは以前のまんまどころか、さらに強化型スカートも同梱しました!

2016070515520001.jpg


組み立てやすさも向上!

見える位置にゲート跡がこないようにもしました。

ミニ床下機器やATC受電器の同梱しています。

フィルタリアクトルは両脇から支える構造にして、破損のリスクも軽減。



★購入方法

DMM.Makeによる3Dプリント販売サービスとなります。

購入方法は下記リンクから、普通のオンライン通販の要領です。

クレジットカードがない方は「ポイントで購入」から進めばコンビニなどで決済する方法が見られます。


※1000系風8両フルセット

奥行きパーツも同梱、またオマケパーツも盛りだくさん!


※1000系8両お手軽版

オマケパーツや奥行きパーツを廃して値段も組立もお手軽にしたバージョン。



★手元に届いたら

洗浄してプライマー入りサーフェーサーを吹きます。

塗装をしにくいという理由で別パーツとしていたコンプレッサは、今回一体化させてしまいました。

一体化していてもどの角度からも塗装ができるように上に開口部を設けましたので、たぶん問題はないかと思います。

もちろんこの開口部はボディにつけてしまえばわからなくなります。



★組み立て

上の図面を参照して切り離し、取り付けてください。

どこを切るのかは説明は要らないと思います。

数箇所入っている青い線は、普通ではない切り離し箇所となります。

新旧ATC装置の分離、ミニ床下機器の分離となります。

これを切り離さないとTc2にATC装置が3つも搭載されてしまったり、台車に接触したりします。

2016070515160001.jpg

グリーンマックスの床板への取り付けはプラ棒を間に噛ましてください。

TRシリーズの床板なら1mm厚で大丈夫です。


★内容


2016011515590001.jpg

金型成形では不可能な、5つの面にメッシュが表現されたVVVF装置。


2016032016010003大

東急の床下機器と言えば!とも言えるブレーキ制御装置コックユニットも3Dプリントの特性を生かした実感的な出来!

金型成形では不可能です!

今まで一度も触れていませんが、右のほうにあるエアクーラー(?)も配管が一本一本表現されています。

Tokyu1000-SETUMEI.jpg


床下が引き立つこと間違いなしです!
関連記事

Posted on 2016/03/23 Wed. 19:30 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急1000系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

出品!東急1000N系東横線中間差し替え1010編成風味床下機器!  

※2016年8月改定



先日完成の東急1000N系。

特徴ある床下機器は3Dプリントを使って仕上げられました。

この床下機器を見て熱烈に感銘を受けたという方から、中間先頭車を差し替えた編成の床下機器を作ってくれという依頼があり製作しました。


その編成はもともと4+4の組成でしたが、2003年くらいに行われた組成変更で「中間先頭車を抜いて他から持ってきた中間車を差し替え」られてしまった1010編成です。

顔同士向かい合ってた1310と1011が抜かれ、代わりに1363を電装解除したサハ1051とデハ1362が差し込まれました。

面白いのは、デハのほうがサハよりスカスカなのです。


サハ1051にはコンプレッサが載っていますので、エアクーラーなど関連の装置が載ります。

デハ1362は、補機類もなく本当に最小限…。

2000系にもそんな感じのありますね、それはサハですが。



★購入方法

DMM.Makeによる3Dプリント販売サービスとなります。

購入方法は下記リンクから、普通のオンライン通販の要領です。

クレジットカードがない方は「ポイントで購入」から進めばコンビニなどで決済する方法が見られます。


※中間差し替え1010編成風8両フルセット

奥行きパーツも同梱、またオマケパーツも盛りだくさん!


※中間差し替え1010編成風8両お手軽版

オマケパーツや奥行きパーツを廃して値段も組立もお手軽にしたバージョン。


「風」と称しているのは、大人の事情です。


★内容

☆クリックしてね、フルセット
Tokyu1000N-4_4SashikaeFULL.jpg

☆クリックしてね、お手軽セット
Tokyu1000N-4_4Sashikae-Light.jpg


編成の組み方は、

北千住←Tc2/1010--M2/1360--M1/1210--T/1051--M2/1362--M1/1211/(動)--M2/1361--M1c/1311→菊名

となります。

オレに細かいことは菊名。



★手元に届いたら

慎重に梱包をとき、取り出して眺めてニヤニヤしてください。

取り扱いは要注意、特にブレーキ制御装置まわりの配管群やステー、コンプレッサ!

サポート材をチェックし、洗浄したら塗装の前にプライマー入りサーフェーサーを吹きましょう。

それから色を塗ります。



★取り付け、組み立て

出力費を抑えるために機器以外の部分をできるだけ省略してあります。

GMの床下に取り付ける場合は間に1mm厚のプラ棒かなんかを挟みます。

グリーンマックスの床下機器とは違って私のものは実車さながらに台車間いっぱいに機器を配置しています。

トミックスのR243カーブをギリギリ通過できる想定をしています。

それ以上台車が首を振ったり取り付け位置を間違えると機器にボコボコぶつかりますのでご注意ください。



★オマケパーツ

ATC装置は2パターン用意しました。(フルセットのみ)

表現したい時代によって取り替えてください。

ATC受信機(フルのみ)、コンソールなども入れてありますのでお役立てください。





ところで

東急1000N系の床下機器を見て猛烈に感銘を受けたという方から、普通の8両の床下機器を作ってくれという依頼がきました。

さっそく作りましょう。
関連記事

Posted on 2016/03/21 Mon. 14:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東急1000系  1000N系  床下機器  3Dプリント 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ