FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

鉄コレ大阪市営地下鉄66系を大改造10:最終回、総括  

ついに最終回です!


Osaka66TestRun (2)

前作東武250系で完成試運転を貸しレイアウトでやったらブログばえもしていい感じでしたので、今回もふらりと近所の貸しレイアウトに行ってみました。


Osaka66TestRun (5)

複合カーブ、勾配、ポイント、色んな条件が揃うので試運転にはうってつけ。

写真ばえもしますしね!


Osaka66TestRun (4)

編成美の確認。

Osaka66TestRun (6)

嵐山線直通仕様なのに8両のまま。(実際は6両というのはあとから知った笑)


Osaka66TestRun (1)

試運転は全く問題ありません!



ではまとめに入りましょう。

2016081022430000.jpg

今回の依頼は鉄道コレクションの大阪市交通局66系をグレードアップするというものでした。

具体的には走行化、ライト点灯化、トミックス動力(鉄コレ動力ではない)化、床下機器3Dプリンターによるリアル化、ナンバーインレタ化です。

もちろんスタンダードのウエイト、金属車輪、パンタもやりました。


2017090910350000.jpg

走行化はメーカー推奨の走行化キットをそのまま使用。

カプラーはカトーカプラー密連形に交換しました。


2017091609500000.jpg

パンタあり配管ありしかない中間車の妻板を、ガレージメーカーの専用品を使って配管無しに仕立てました。


2017092703250001.jpg

先頭車はライトが点灯するようにしました。

2パターンある先頭車はそれぞれ普段の「天下茶屋行き」、臨時の「嵐山線直通列車」となり、嵐山線のほうは急行灯も点くようにしました。

※ライト点灯化の記事



2017101418320000.jpg

動力は信頼性の高いトミックス動力にしました。

18.9mのトミックス動力は存在しないので、20mのものを切り継ぎをして18.9mにするという鬼改造をしました。

※動力改造の記事



2017100611320000.jpg

特徴ある床下機器は3Dプリンターで出力したものを取り付けました。

設計はオリジナル、かなり精密でリアルになりました。

精密すぎて3Dプリントサービスの容量がオーバーフローし、泣く泣く2つに分割しました。

これだけでも目を引く素晴らしい出来の床下機器は、DMMのサービスを使って皆さんにもおすそわけできるようにします。

※床下機器設計の記事

※床下機器できあがりの記事



2017110123320000.jpg

ナンバーは、付属のものは6連のものしかないのでインレタを制作して8連を再現しました。

ベースプレートごとインレタにすることでリアリティーを上げました。


Osaka66TestRun (3)

これらの改造で、かなり格を上げることができました!



これにて大改造は完了です!

大改造に際して出来上がったパーツの一部はおすそわけできるようにします。

インレタは問い合わせフォームからメールください。

床下機器は続報をお待ちください。





鉄道コレクション大阪市交通局66系大改造

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/11/24 Fri. 17:00 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  大阪市営66系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ大阪市営地下鉄66系を大改造9:完成!  

★インレタ


インレタが出来上がりました!


2017110201040001.jpg

おお~

いいですね~


NEC_0078_201711152112025b3.jpg

こちらは2層インレタ。

ベースをシルバーで表現しました。


2017110123320000.jpg


できたてのインレタは貼りやすさ抜群です!

モールドがでかいので、どうしてもナンバーの上下にビートがかかってしまいます。


2017110201580000.jpg

茶帯にかかる前面ナンバー。

帯の太さは個体差があるため、うまく合わせるのは無理です。

平均値をとって文字のサイズを決めました。

2017110212000000.jpg



★自作ステッカー

自宅で印刷のステッカーは、ナカバヤシの極薄フィルムを使用。

でも

印刷で白は出ませんので、フィルムの裏から白を塗ります。

2017110211360000.jpg


当然糊は塗料で埋まってしまいますから、貼り付ける際には新しく糊を塗ってやります。

手軽でイイのがマークセッターです。


2017110211570001.jpg

いいですね!

寸法は狙い通りです!

ただ

丸く切るのヘッタクソだな~!


★既存ステッカー

側面方向幕は付属のステッカーを使用しました。


NEC_0191.jpg

天下茶屋行き。


NEC_0189.jpg

こちらは急行灯が点灯する嵐山線直通臨時仕様。

側面もズバリ「臨時」。


NEC_0204-2.jpg

これで完成です!



次回、総括して最終回とします。
関連記事

Posted on 2017/11/18 Sat. 17:00 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  大阪市営66系 
tb: 0   cm: 0

鉄コレ大阪市営地下鉄66系を大改造2  

まずは3Dプリンターで作る部品の設計から始めましょう。

到着まで時間がかかるので、その間に別の作業を当て込めば効率化が図れます。



★VVVF装置

66系のVVVF装置は、パッと見た感じではよく登場する東洋電機製のRGシリーズに似ています。

でもよく見れば似て非なるもの。

2つに割れた冷却ユニットのメッシュを筆頭に細かい違いがあります。

立体感はこちらのほうがあると思うので、仕上がりが楽しみです。


66系のVVVF装置は三菱電機、東芝、東洋電機の3社が編成ごとに分担して作っているとのことですが、仕様をできるだけ共通化するためか3社のVVVF装置の外観はよく似ています。

今回は第1編成を作りますので、三菱電機のVVVF装置となります。



模型の場合は「見た目」だけの問題なので、東洋電機製のRG機をもとに作りかえていく方法をとります!

OOSAKA66-Yukashita2.png


少ない資料で頑張ります。


OOSAKA66-Yukashita4.png

OOSAKA66-Yukashita5-VVVF.png


いいですね!


★フィルターリアクトル

フィルターリアクトルはどこかで見たような形状ですので、似たもののデータを呼び出して作り変えます。


OOSAKA66-FL.png

いいですね!

最初は枕木方向に長いのが1つだけドカンとあるだけだと思っていたのですが、実は2つ載っていることが判明。

奥行きパーツを作って対応。



★ゲート制御装置

写真を忘れた

こちらもどこかで見たような形状でした!

東急9000系のものから移植して作りかえ。

設計したものが増えてきたら、だんだんこういう「移植」を使える機会が増えると思います。

最初こそ完全ゼロベースでしたが、そういう意味ではだんだん楽になってくると思います!



★補助電源装置

66系の補助電源装置はSIVです。

関東では京急でよく見かける形式です。

Osaka66-SIV1.png

似たものがありませんので1から作りました。

言ったそばから。

Osaka66-SIV2.png

どうでい!



★空気圧縮機

空気圧縮機はC2000L。

今までHS-20しか作ったことがありませんでしたが、このC2000Lもなかなか3Dプリントのよさが出せる一品だと思います。

全体として対称でない形状ですし、配管もそこそこあります。


Osaka66-C1000L.png

これが


Osaka66-C1000L-2.png

こうなって


Osaka66-C1000L-3.png

こうなります。

C2000Lはほぼ100%シリンダー側が外を向いていて、裏を見る機会はほぼないでしょう。


Osaka66-C1000L-Ura.png

裏はこうなっているのです。

こちらは両先頭車とサハに計3台つきます。

完全新規設計です!

言ったそばから。

Osaka66-C1000L-Toumei.png

透明にして見ると形状の複雑さがわかります。

コレを1から作るのは相当な時間を要しました。

コンプレッサーはたぶん数ある床下機器の中で一番設計がヤッカイだと思います。



★タンク

Osaka66-SingleTank.png


外側のよく見える位置に配置されるタンクはサハ66700に1つだけ。

コンプレッサもエアクーラーらしきものもあるからおそらく元空気溜めでしょう。

Osaka66-DoubleTank.png

見えにくい位置にはおもしろい配置のタンクがあります。

なんとタンデム!

どうも全号車にありそうな感じなのですが、床下がスカスカで奥までよく見えるサハ2両にだけ搭載するつもりです。



★コックさん

Osaka66-Cocks.png

66系の床下は、よく見るとエアコックがたくさん!

この辺は見所になると思います。

それだけに、現地取材をしたかったですね!

細かすぎる!


★謎箱

Osaka66-Nazo.png

両先頭にのみ搭載されるグリルだらけの箱。

上の丸いヤツはパイロットランプと思われるランプで、列車が立ち上がっている状態ではついていると思います。

先頭にだけついているし、保安装置かなんかですかね?



★ならべよう

ある程度できたら並べます。

この66系は先日完成した東急9000系に組成方法が似ていて、M車にはすべてVVVF装置などの主回路系統の機器が載ります。

そして補助機器は両先頭!

まさに東急9000系と一緒です!

☆M車
Osaka66-M.png



☆先頭車
Osaka66-Tec.png



コンプレッサとSIVの存在が光る先頭車。



結局大阪市営66系の設計は1から設計する部品が多くて思った以上に時間がかかりました!

紹介しきれていない機器の1つ1つに苦労や思い入れがたくさんあります。



★完成?
Osaka66-DEKITA.png


できあがりました!

さっそく注文しましょう!





あれ?

データがやたら重い…

圧縮しても100MBをオーバーしてしまう!

これではDMMに注文できない!(DMMの入稿は100MBが上限)

応答なしになりながらなんとかフルセットでSTLで保存できたのに…

なぜだろう、コックや配管など細かいところを攻めすぎたか…

不本意ではありますが、データを2分割することにしました。

おすそわけするときにまた面倒なことになっちゃうなー。



到着までの間に別の作業を進めましょう。
関連記事

Posted on 2017/09/17 Sun. 17:00 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  鉄道コレクション  大阪市営66系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ