FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。いよいよ本気で税金払いたくなくなってきた。国民を何と思っているのか。

出品!東急9000系タイプ床下機器!  

先日完成した東急9000系風の床下機器をおすそわけいたします。

「風」だとか「タイプ」としている意味はお察しください。



★概要

東急9000系の床下機器はM車のみグリーンマックスから発売されています。

M0車はM車からいくらかの機器を取り外すだけで再現が可能ですが、クハとサハはそれが叶いません。

このセットを使えば、完璧なクハとサハ、さらに重厚で立体感のあるデハで編成丸ごとグレードアップすることができます。


床下機器の紹介の記事(東横線)

床下機器紹介の記事(大井町線)



★注文ページと内容

以下はフルセットです。

DMM値上げに伴い奥行きパーツは廃止しました。


東横線8両セット内容
9000ToyokoFullSETUMEI.png
注文ページ




大井町線5両セット内容
9000Ooimachi-SETUMEI.png
注文ページ



さらに、デハは既製品で充分という方のためにクハとサハだけセットも用意しました。

こちらはより手軽になるように奥行きを幾分カットしております。


東横線クハとサハだけ4両セット内容
9000Toyoko-T-SETUMEI.png
注文ページ

※T9700の海側は点線で囲った機器だけとなりますので、切り取って移設してください。(値段を下げるための措置)




大井町線クハだけ2両セット内容
9000Ooimachi-T-SETUMEI.png
注文ページ



いずれも3次車以降をモデルとしています。

コンソールパーツもオマケとして入っておりますのでご活用ください。





…私はこの図面を眺めてるだけでも結構楽しめてしまいます。


★注文

クレジットカード決済orコンビニで現金をポイントに替えてポイント決済となります。

あとは普通のオンライン通販の要領です。

佐川急便で送られてくるので、投げられたり叩きつけられるのが怖い方はDMMに相談しましょう。

ちなみに、今まで壊れていたことは一度もありません。



★到着したら

パーツに造形不良がないか確認します。

万一造形不良が見つかったらDMMに文句を言ってください。

なければ洗浄します。



★塗装

まずは下地材としてプライマー入りサーフェーサーを吹きます。

2016112316420002.jpg

これで細かい造形までハッキリ見えるのでまずニヤニヤしてください。

ここで号車ごとに分離して側面や底面にプラサフを塗るのがいいでしょう。

プラサフを吹いたら、本番の塗装をします。

2016112318160000.jpg

東急の床下は黒です。

作例ではセミグロスブラックを使用。



★取り付け

ベースは0.4mmしかないので、車体裾まで底上げする必要があります。

床下機器の取り付け用の窪みにはプラ棒を仕込みツラ位置を合わせます。(TR200の場合は0.75mm)

ゴム系接着剤で貼りつけます。

位置はどっかで資料を探してもらって、M車には左右に渡るフィルターリアクトルがありますので左右で位置をちゃんと合わせましょう。


フィルターリアクトルの取り付けは説明は要らないと思います。

左右の向きですが、出っぱりがあるほうがVVVF装置側にきます。


2016112416570000.jpg

あとは存分にニヤニヤしてください。

そして…取り扱い要注意!!



日立初期GTOインバータのあの爆音、HS20の心地いい動作音、口笛のようなブレーキ緩解音を脳内に響かせていただけたら、それで私は幸せです。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/01/23 Mon. 18:30 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急9000系  大井町線 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス東急9000系総括!  

3部に渡ってお送りしたグリーンマックス東急9000系総括です。

3部とも主役は3Dプリントによる床下機器!


2016112316420002.jpg

2016112414430000.jpg


第1部は東横線時代の8両編成です。

今はもう見ることができない姿で、床下機器もそれなりに見て楽しいものです。

詳しく見直したいモノズキなあなたは上のリンクからどうぞ。



★大井町線9011編成


2016121423510000.jpg

第2部は2017年現在の9000系の姿、大井町線9011編成です。

サハ2両とデハ1両を抜かれ5両に短くされました。

単に車両を減らしただけでなく、床下機器の観点で見ればいくらか機器の増減がされています。


2016120418020000.jpg

デハ9400の小さな箱と、クハの細長い箱、そしてこちらのATC装置です!

キッチリ再現しました!

床下機器を詳しく見たい方はこちら

☆9011編成の最初の姿
NEC_0545_201611152128137c1.jpg

この大井町線9011編成は素組みも同時に請け負いました。

私の思う素組みをしました。



★大井町線9012編成


2016122823010001.jpg

第3部は同じく大井町線の9012編成。

床下機器は同じですが、前面にグラデーション塗装を施さなければならないノリで色々すみ車イズムを取り入れました!


2016121814430000.jpg

かなりうまくいったグラデーション塗装。


NEC_0427.jpg

すみ車イズムがよく見えるのは屋根ですね!

滑り止めのブツブツを表現した塗装、メッキシルバーnextを使用したRPU-4018クーラーとパンタ。

旧式のRPU-にはスミ入れを施しました。


NEC_0324.jpg

地味なところでは、妻面貫通扉をMr.メタルカラーを使用したギンギラギン塗装にし、一味違った編成に仕立てました。

Tokyu2000→9000-KANSEI

2016112318160000.jpg

Tokyu2000→9000-OOIMACHI-Kansei-3rd

NEC_0075.jpg


色々語りましたが、あくまで主役は3Dプリントによる床下機器!

9012編成はウワモノもいいけど、床下機器を見てね、見てね、見てね。



なんかヘタクソな総括ですが、以上をもってグリーンマックス東急9000系3部作は終了です。

今回製作した3Dプリント床下機器は、細かい手直しをしてから公開予定です!
関連記事

Posted on 2017/01/13 Fri. 20:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急9000系  大井町線 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス普通の東急9000系を大井町線仕様にしよう3:最終回  

前回の続きです。


★シール

9011編成と同じ+大井町線シールを貼ります。


2016121817580001.jpg

今回は元がノーマルの9000系ですから、ドア横の大井町線ステッカーがありません。

40箇所も貼る必要があるステッカーを同じ位置に貼るにはこのようにマスキングテープで直線を出すといいです。


行き先などの設定は、グリーン各停の大井町行き、115列車です。


★ライト

2016122822170001.jpg

ライトはGMの純正です。

すみ車のものと比べてはいけません。



★床下機器


2016122323090000.jpg

真打ち登場です。

9012編成も9011編成と同様3次車ですので、前回と床下機器は同じです。

しかし、せっかくですから9011編成用を見てみていくらか手直しをしたものを注文。

具体的には細かくしすぎて再現しきれなかったフィルターリアクトルの縦スジを拡張し、動力車用の厚みをさらに減らしました。


2016122515390000.jpg


2016122822280000.jpg

いいですね!

2016122822290000.jpg

これでおすそわけに値します!

2016122822270000.jpg

最後に微調整をして…


2016122823010001.jpg

東急9000系大井町線仕様9012編成、完成です!


2016122822200000.jpg


次回、床下機器設計も含めた東急9000系総括として最終回です!
関連記事

Posted on 2017/01/11 Wed. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急9000系  大井町線 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス普通の東急9000系を大井町線仕様にしよう2  

まさかの年またぎ!



9012編成はグラデーション塗装をしてしまったために「素組み」とは呼べません。

どうせ「素組み」でないなら、いっそのこと色々手を加えてやりましょう。


★屋根の加工


2016120811450000.jpg

屋根の塗装を落としました。

理由は…キレイじゃないから笑


2016120900320000.jpg

色が落ちたら穴をあけ、GMカラー9番グレーを塗ってやります。

ただ塗るのではなく、まぶすように塗ることでツヤ消し効果とすべり止めのブツブツの表現をしました。


★クーラー

9011編成と同様2種類のタイプの混合です。

今回ステンレスのRPU-4018のほうは塗装を落として塗り直すことにしました。

2016120811470000.jpg


「ただのシルバー」から「ギンギラギンシルバー」に変え、よりステンレスっぽさを出してやるのです。

カナメはメッキシルバーnextです。

メッキシルバーを効果的に使うには下地作りが大事です。

ツヤツヤ塗装を失敗するとメッキシルバーのよさが引き出されません。


2016121213080000.jpg

メッキシルバーの下地専用カラーというのを作ってあります。

ニュートラルなグレーなのですが、半光沢やツヤ消ししかないグレーにおいてツヤありのグレーなのです。

2016121310320000.jpg


コレが完全に乾いたらメッキシルバーNEXTを塗りました。

2016121713290000.jpg


いいですね!


2016121815580000.jpg

ノーマルと比較すれば一目瞭然!

ケータイカメラではお伝えしきれないけど…


2016121516450000.jpg

旧来型のRPU-2214のほうは、ガルグレーに塗ったあとにスミ入れを施し、より実感的に。



2016121816010000.jpg

ヒューズボックスと避雷器は9011編成と同様、ゲート跡とパーティングラインを消して塗装。

2016121816040000.jpg

いいですね!



★パンタ

2016120922370000.jpg


パンタはグリーンマックス純正のPT27Dを使用します。

悪評高いGM製。

せめて見た目だけでもよくしてやろうとシルバーを塗ってやりました。


2016121323580000.jpg

使用したのはメッキシルバーnextです。

ガイアマルチプライマーを吹いてから塗りました。

2016122822280001.jpg



★床板


2016120616500000.jpg

少し古いキットのため床板はTR200です。

動力も一世代前の2モータータイプ。

この個体は2つのモーターの協調性は悪くありません。

よく言われるのは2つのモーターの性格が違うために台車ごとに回転数が違い、トラクションタイヤもあるために脱線してしまうという事象。

コイツは大丈夫。


2016120616390000.jpg

3Dプリント床下機器を取り付けるためにカバーみたいなのを取り外し。


★スカート

2016120818170000.jpg

スカートのない9000系の場合はこちらのジャンパ栓・胴受けパーツを使いますが…

2016120818150000.jpg

スカートパーツではこの辺が省略されていさみしいです。

2016120818160000.jpg

そこでこのようにスカートパーツにジャンパ栓とホースを移設。


2016122822560000.jpg

いいですね!



続きはまた。
関連記事

Posted on 2017/01/08 Sun. 13:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急9000系  大井町線 
tb: 0   cm: 0

グリーンマックス普通の東急9000系を大井町線仕様にしよう1  

今日から始まりました新シリーズ…というよりは前作9011編成の続きといった感じです。

グリーンマックスの普通の東急9000系キットを使って大井町線仕様の9012編成を作っていきます!


2016120614030000.jpg

先日完成したばかりの9011編成は大井町線用として販売された製品ですので「ほぼ素組み」という但し書きがありましたが、今回の9012編成は色々手を加えながら進めたいと思います!


2016112922510000.jpg

実はこのキットは少し古いもので、5両セットとはいえ基本的にはあと3両足して東横線として使う想定のようです。

2016112922520000.jpg

そのため、先頭の帯はグラデーションではなくノーマル仕様。

☆奥が現行、手前がキットのもの
2016121714500001.jpg

現行大井町線仕様にしたければ前面帯をグラデーション帯にする必要があります。


それ以外は9011編成と同じ工程です。

さっそく取り掛かりましょう。



★ボディ

グラデーション帯を再現しましょう。


2016121714560000.jpg

近年の東急シールにはこのグラデーション帯が収録されています。

このシールを貼るだけでキレイに仕上がればそれでよしとするつもりでしたが…


2016121715000001.jpg

わかってはいましたが、やっぱりダメです。

太さも違うし下地に赤の帯があるので黄色が暗くなりすぎる。

手間はかかりますが塗装による表現をしましょう。



グラデーションはエアブラシだからこそできる表現です。

プラモデルでも、例えば車のフロントガラスのスモークのグラデーションを表現することがあります。

基本的にはそれと同じような方法で塗ります。


皆さんもマスキングがうまくいかなかった場所で塗料が回り込んでグラデーションになっていることって経験があると思います。

あれを意図的に引き起こします。


キーワードは、「壁」です笑


2016121716070000.jpg

帯になる部分以外をマスキング。

2016121716270000.jpg

プライマー入りサーフェイサーを吹いたあとにイエローを塗りました。

使用したのはMr.カラーの基本色のイエローです。


2016121718460000.jpg

要となる「壁」をつくりました。

この壁を隔てて色を吹き付けてやります。

壁の高さ、エアブラシの距離、壁に対する角度などで仕上がり方が変わります。

Tokyu9012Painting.png

壁の高さや形状や塗る面までの距離、エアブラシと壁までの距離や吹き方で色んなグラデーションが作れます。

この辺は経験値がものをいうと思います。

2016121721400000.jpg

よさそうです!

車号インレタを貼ってスーパークリヤー半光沢を吹いたら、マスキングをはがします。


2016121800390000.jpg

おお~

いいですねぇ!


2016121814430000.jpg

いいですね!

ほぼ完璧です!

欲を言えばもうちょっとノズルの細いエアブラシがあればな~ってとこですかね。



せっかく「素組みではない」のです、次回からも色々手を加えながら作っていきましょう。
関連記事

Posted on 2016/12/20 Tue. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  東急9000系  大井町線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ