FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

大阪市営60系製作記37~どうこう言う前に~  

テストの結果遮光がうまくいかなかったのでケースを取り外して上にもフタをつけることに。

☆ついた
Rがついてるほう


ライトの裏がすごく狭くなってしまいました。

これでは配線などが干渉するのでLEDは真ん中寄りに外向きに配置します。

ライトまでは導光材を使います。

いわゆるプリズムです。

大量に余っているのです!


チップLEDを横向きに設置し、その光をチップLEDの光源の向きに対してとは直角の方向に出すようにします。

反射の法則から入射角と反射角は等しいので、光源に対して45度で作られた反射面に当たったLEDの光は180度-45度-45度=90度となりあの穴に向かっていくのです。

☆成型したプリズム(真ん中の)
幾何学多角形

完璧に近いプリズムができました!

さっそくテストです!

横に光をあて、プリズムの端(テールライトのレンズの裏)が強く光っているか検証します!

☆NHK教育ではありません
右からライトをあてています

右からライトを当てています。


いいですね!

キッカリ45度を出したのでキレイに光っています!

LEDは広い空間に移動です!


これで3つのLEDは接近することになります。

いいことです!

配線を長くせずに済みます!


テールライトレンズですが、この小さな穴に合うレンズを作るのは面倒なのでタミヤのエナメルのクリアーを流し込んでそれっぽくしました。


でこのプリズムをはめます。

☆はめた
フタをしたらもう二度と見ることはないとか考えると悲しくなる

これで横から光を当ててキレイに光れば成功です!

☆うまくいきすぎ
自分のために使いたい技術!


成功です!

完全な真横ではないから反射角も浅いのですが、それでもこの光量!

心配なさそうですね!

同じのをあと3つ作ります!
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2012/07/09 Mon. 22:41 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 大阪市営  地下鉄  60系  Nゲージ  鉄道  模型  ライト  点灯化 
tb: 0   cm: 0

大阪市営60系製作記36~遮光辞令~  

ライティングのキモはなんといっても「遮光」です!

車両に限らずストラクチャーにも言えることですが、光らないハズの場所がうっすら光ってたらカッコ悪いですもの。

だから今からの作業はライト点灯化工事の完成度を左右する重要な工程。

素材選びも慎重にならざるをえません。

☆光らないハズの場所が光ってる阪急6300系(塗装を落とす前)
在りし日の“現6354号”

これはこれで雰囲気いい感じもするけど。


でもある意味、メーカーのものでこの完成度ならおれもそのくらいでもいいんだな!

今回は実力をセーブした製作をしてるしね。

☆ライトケース採寸中
適当です



ヘッドライト・テールライトのケースは全て独立してます。

だから計6個。

表に出る部分意外は採寸は現物あわせ!

☆できました
この1円玉は大きさ比較用に工房に常備してあります

こいつに遮光塗装を施します!

まずは真っ黒、その上にシルバー。

今回は特別にもう1回黒を塗ってやりました。

両面で6層構造!

☆プラも入れて7層構造
しかもつや消し黒

テールライトケースは幕部分を兼ねてますので外見に現れます。

向かって左側には行先が表示されるようになっています。

☆テールライト部分もシールで表現される想定のようです
テールライトは赤く塗っておいてあげてもバチは当たらんぜよ

まわりはいらないので幕のみを切り出して貼ります。

☆ローマ字はない
1世代前の表記か?

裏から差し込めば前面の外観は完成!

ケース製作の所要時間は3時間!

でも対価は発生していません…


ゴム系接着剤で固定したら、隙間にブラックを流し込んで車体との隙間を封じるのです!

☆このあと乾燥に入ります
この外観でお楽しみいただきます

なかなかです!

次回はいよいよライトユニットを作ります!

チップLED使用のものの中では最大規模!

久しぶりにアキシャルリード抵抗が登場します!
関連記事

Posted on 2012/07/01 Sun. 22:18 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 大阪市営  地下鉄  60系  Nゲージ  鉄道  模型 
tb: 0   cm: 0

大阪市営60系製作記32~天下のお茶屋さん~  

庭のトマトは台風にも負けずにどんどん大きくなっています!

☆虎の子の1つ
形も美しい



結局1つしか実がつかなさそうです…

手動受粉してるんですけどねー。





さて、製作も大詰めですね!

ガラスがどんどん貼られ、完成に近づいています!

☆ガラスに使われた、レモンで購入した塩ビ板
もうGMのは買わない

傷つけないように丁寧に扱いました。



仕上げを急ぎます!


締めは方向幕の貼りつけです!

☆あれ?失敗しちゃったかな?
擦ったら簡単に消えるよ


いかにも手作り感がただようステッカーから、設定の「天下茶屋」表示。

☆ペタっとな。
てん『が』ちゃやなんですけど

印刷の荒さがわかってしまうのであまりアップでは撮っていません(笑)

コレを貼り、床板と車体をくっつければ完成となります!

先陣を切ったのは6101号!

☆うまく表示されなかったら画像をクリックしてね
ケータイのカメラではなくデジカメを使用しています


中間車はこのようなプロセスでOK、しかし中間を含む先頭車は前面のちょっとした細工が必要です。

☆ガラスが貼られた顔(6401号)
まぁまぁです

運転台撤去車も前面窓上部の黒い部分があるので取り付けます。

車体組み立て前に用意したパーツを1つなくしてしまいました。

残る1つから複製して間に合わせます。

☆サーフェイサーを吹いたところ
一番下のがオリジナルです

折れてても平気。

つや消しブラックに塗装して仕込みます!

☆テールライトの穴も開けてやった
完成が近い感じがします

いいね!

表には出ない部分だからちょっと寸法合わせを手抜きしました。



今さらですけど、乗ったことも見たこともない過去の電車を作るのは酷ですよ。

調査ができない不便さはもちろん、コレの「本物に出会う楽しみ」は絶対に来ないですからね…

やっぱ自分が手がけた電車の実車を見るとテンション上がるし、可能性のある路線を利用するときは来てほしいと思ってますから。




動力車も不本意ながら接着で固定。

間にスペーサーを入れ、メンテナンス性を考えて少量のゴム系接着剤で。

☆白いのがスペーサー
0.8mmプラ板


実際に前後になる車両をつないで高さが合うように調整します。


☆改造トミックス動力
窓から向こう側が見通せます!


こんなとこですかねー。

写真たくさんになっちゃった。



完成した中間車はケースにしまわれて試運転のそのときまでしばし休息です!

しかしここでも問題が発生!




さすがに次回へ続く
関連記事

Posted on 2012/06/22 Fri. 11:18 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 大阪市営  60系  Nゲージ  鉄道  模型  地下鉄 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ