FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

明日はすみだ総合車輛センター製品初公開!  

お知らせです。

明日2019年12月31日東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット97の4日目では、一畑電鉄1000系風の床下機器の製作依頼をいただいためかまさん(@TKK_thousand)が出展されるブースでウチで作った(厳密には図面描いただけだけど)製品を展示していただきます!

初めてのすみ車製品の一般公開になります!


☆展示される床下機器。実際は床板についた状態で展示されます。
IMG_0104_201911042241333e7.jpg

場所は「西あ13b」というところ。

東急1000系フリークのめかまさんは、東急1000系のグッズをたくさん販売するそうです。

もちろん私も途中で挨拶をしに顔を出させていただくつもりなのですが、私もコミケは人生初です。

とても楽しみです!


皆さんも、特に東急1000系が好きな方は明日ビッグサイトへ行こう!

そしてめかまさんの商品を買いましょう!(1000系資料集がすごい)

私の1/80一畑電鉄1000系風床下機器を買おうか迷っている方も本物を見に明日ビッグサイトへ行こう!

そして私の床下機器を1人1000個くらい買いましょう。

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/12/30 Mon. 22:49 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  一畑電鉄1000系  床下機器  3Dプリンター  コミックマーケット97 
tb: 0   cm: 0

出品!一畑電鉄1000系風な床下機器!  

以前3Dプリンターで作った床下機器をおすそわけいたします。

一畑電鉄の1000系を模しており、元は東急1000系だったものです。


→製作経緯

→参考記事



★内容

一畑電鉄のものをモデルにしたTc車とMc車の2両分です。

☆図面
HO一畑電鉄1000系風床下機器説明ブログ


☆Mc
IMG_0142_20191104230925147.jpg

☆Mc
IMG_0143_20191104230927306.jpg

☆Tc
IMG_0144_20191104230928671.jpg

☆Tc
IMG_0145_20191104230930cb1.jpg


ディテールはかなり攻めました。

HS20コンプレッサーや配管は肉眼で一見の価値あり!

以下の写真や上記記事を参考にしてください。


★仕様等

3Dプリンターによるアクリル成型品。

3Dプリンター特有の成型跡があります。(表の面はツヤ消し塗装で目立たなくできるレベル)

1/80サイズ用にディティールを攻めています。

モデルは軌条塗油器がついている仕様ですので、ない編成を作りたい場合は切り取ってください。


★購入方法

こちらから。(DMM)

※予定していた「奥行きを削ったライト版」は、あまり値段の削減効果がなかったので中止しました。


普通の通販の要領で購入してください。

1万円いってしまった第1号から、さらに頑張ってディティールは損なうことなくギリギリ1万円を下回りました。


→追記

2両分で1万円弱って、たぶん売れないなーと思っていましたが、カツミの公式で見た2両分の床下機器が7,560円(増税前)と知って、売れるかも!と思えてきました。

みなさんこっちを買ってください。

増税した今なら7,700円のハズですから、+2,200円くらいで超リアルな床下機器になります。

躊躇しているなら、今年年末に東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット4日目(12月31日)でクライアントが出展されますので、本物を見て決めたらいいと思います!




★使用方法

念のため洗浄してからプライマーを塗って、色を塗ってください。

プライマーを吹かないと塗料が食い付きません。

プライマー入りサーフェーサーがオススメです。


カツミやエンドウのMPギヤ床板に対応しています。

言うまでもなく、Mc用が奥行きがありません(モーターとかウエイトがあるから)。

取り付けはゴム系接着剤で、プラ棒で高さをいくらか調整してください。

Bataden1000-SETUMEI.png


床下機器の付け根(上の写真のオレンジの面)が車体裾に合うようにします。

塗装してモーターやらウエイトやらを取り付けてから床下機器を取り付けてください。


ディティールを損なわないために「後付けパーツ」としているものが2点あります。(Tc用の1点は2つの箱で1つ)

塗装が終わったら取り付けてください。



★取り扱い注意

POMなどと違って硬くて脆い素材ですので取り扱い要注意です。

細かったり薄かったりする箇所は壊れやすいのでご注意ください。

持ち上げたりするのに床下機器はあまり触れないほうがいいでしょう。

配管やHS20は一番危険で、VVVF装置やSIVは比較的安全です。(底面を持つ場合)



★取り付けたら

IMG_0189.jpg

IMG_0182_20191204214106732.jpg

IMG_0192_2019120421410489a.jpg

思う存分リアルな床下機器を堪能してください。

島根県に響く「初代」東洋電機後期GTOの音、心地よいHS-20の音をあなたの頭の中で感じていただけたなら、それで私は幸せです。


※個人的にはこの床下機器パーツだけで作品として成立すると考えております。
関連記事

Posted on 2019/12/05 Thu. 17:50 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  一畑電鉄1000系  床下機器  3Dプリンター 
tb: 0   cm: 0

東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電車1000系風に)2/2  

東急1000系フリークのめかまさん(@TKK_thousand)に依頼されて設計した一畑電車1000系(1/80)の床下機器が到着いたしました!


IMG_0209_20191104224131191.jpg

でっか。

つってもわかりにくいですね笑

HOゲージの1両分フルまるまるの床下機器は初めてです!

今回も3Dプリンターの限界を攻めました。

わかりやすくプライマー入りサーフェーサーを吹いて光の抜け防止塗装をしてチェックしながら、色々見てみましょう。


IMG_0104_201911042241333e7.jpg

おお~

すげえ!



★HS-20


IMG_0107_20191104225011b26.jpg

一番時間をかけたHS20コンプレッサーです!

コレはスゴイです!

Nゲージサイズでも既に配管は完璧に再現されていましたが、それに加えてボルトも1本1本忠実にモールドされ、クレーンで吊るための輪っか(アイボルト)までつきました!


IMG_0151_20191104234732507.jpg

シリンダーのフィンもしっかり再現されています!

側面はやはりガビガビです。


IMG_0112_201911042250133c3.jpg

3Dプリンターの特性として、裏側はディテールが荒くなるというのがありますが、当たり前ですがNゲージのよりは気になりません。

よくHOゲージで使われるロストワックスのブツブツより全然マシです!

このHS-20だけを10個くらい出力して並べて、車両工場ごっこというのもイイですね!笑

いやー

過去に3Dプリンターを利用し始めた頃みたいな、「HS-20を見てはぁ~はぁ~言うだけの記事」をまたやりたくなってきました!


IMG_0113_20191104234734da1.jpg

実は今回、クライアントのめかまさん(@TKK_thousand)から配管パーツとブレーキ制御装置だけを多めに欲しいという要望があったので、それに抱き合わせてHS-20も2つほど多めに作りました。

これでいつでも1/80サイズ3D床下機器のプレゼンができます!



では、満を持してじっくり見ていきましょう。

★VVVF装置


IMG_0114_20191104225014a6b.jpg

東洋後期GTOと呼ばれているグループのVVVF装置。

モデルの形式名はATR-H8130-RG621Aです。

IMG_0115_20191104225016164.jpg


東急1000系のものの最大の特徴は、冷却ユニット(同じのが3つ飛び出しているところ)のケーシングに後退角がついていることだと思います。

この後退角のせいでこの面のアミアミの表現がちょっと微妙な感じになりました。

この面のアミアミだけエッチングで作るというトンデモ案も思いつきましたが…


★配管


IMG_0119_2019110422501718a.jpg


大きく作り変えた配管です!


IMG_0120_20191104225018f4f.jpg

おお~

向こうが透けています!



IMG_0122_20191104225020807.jpg

なんと複雑な配管…!

目で追えるし、コックもエルボも全部わかります!

さすがにユニオンの六角形までは出ませんでした…

タンクを吊る部品が壊れにくいように補強を入れていますが、目立たなくてイイ感じです!



★箱類

IMG_0125_2019110422502146a.jpg


箱類の取っ手やハンドルはすべて書き直し、ちゃんと本体から浮くようになりました。

小さくなれば掴めるということです。

でもひねる事はできません。



★取り付けよう

自分的にはこの床下機器パーツだけで1つの作品として成立すると思っていますが、床下機器は車両についてナンボです。

モーターに干渉しないかとか、可動域だとかの確認も必要です。

あとで取り外し可能な感じで取り付けました!

☆Mc
IMG_0142_20191104230925147.jpg

☆Mc
IMG_0143_20191104230927306.jpg

☆Tc
IMG_0144_20191104230928671.jpg

☆Tc
IMG_0145_20191104230930cb1.jpg

いいですね~


IMG_0146_20191104231028b8c.jpg

向こう側が透けるのが気持ちイイです!


IMG_0148_201911042310309de.jpg

ギチギチですね~


IMG_0149_20191104225023313.jpg

ギリッギリですね~~~~!

あの配管が台車の一番近くにあるというのはよくないですね。

万一干渉するようで削らなければならないとき、箱機器のように誤魔化しがしにくいです!

今回は大丈夫でした。



★納品、公開?!

本塗装はクライアントのめかまさん(@TKK_thousand)が行うのでこの状態で納品しました。(グレーはサーフェーサーだからこの上に本塗装ができる状態)

実はめかまさん、鉄道に関する同人活動しておられるということで今年の年末12月31日にビッグサイトで行われるコミックマーケット4日目に出展されるそうです。

そこで、この床下機器を取り付けためかまさんの一畑電車1000系を展示したいとのことですので、

ここにきてついにすみ車製品の一般公開です!笑



★感想

HOゲージサイズは迫力も繊細さも、金額も桁違いでした!(1万円オーバー)

需要があるかはわかりませんが、おすそわけできるようにしときます。

準備できたら改めて書きます。

上記のコミケに行けば本物を確認できますので、よろしくお願いします。
関連記事

Posted on 2019/11/22 Fri. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  一畑電鉄1000系 
tb: 0   cm: 0

東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電車1000系風に)1/2  

東急1000系フリークのめかまさん(@TKK_thousand) から、すみ車おすそわけコーナー(PCでは左の欄に表示)に置いている3D床下機器をHOゲージサイズにしてくれという依頼がきました!

打ち合わせしたらものすごい知識量のめかまさん、こんな方に目につけていただけるなんて至極光栄でございます!


IMG_1962_20191104150127db9.jpg

取り付ける相手はこちらのカツミのチャレンジキット。

東急1000系は地方私鉄にかなりの数譲渡されており、こちらもそのひとつ「一畑電車」を模して作られています。

キットに付属している床下機器はショボいらしく、そこで以前作った私の床下機器をコレ用に仕立て直して提供してほしいというのが全容です。


★作図


Bataden1000-1.png

久しぶりに東急1000系のデータを開き、その中からM1車とM2車を抽出。

こちらを大きくします。


3D設計はとても便利で、「スケーリング」という機能を使えば好きに拡大縮小ができます。

ただ大きくするだけでもいいとのことでしたが、それでは芸がありません。

当たり前ですがスケールは大きくなっても3Dプリンターが出せる最小単位は変わりませんので、ディテールをもう少し攻めましょう。


Bataden1000-KARI.png

模型を採寸した仮車体を描きました。

デフォルメしていた部分を見直し、より実車に近付けるためコレを使用します。

特にM1車はモーターがくるため、奥行きも気を付けなければいけません。


★HS-20

ディテールにこだわるとなったら、やはり一番はHS20様にあらせられます。

メカメカしく特徴的な外観、複雑なパイピング、認知度、モデリングをするのにこれほど適したモチーフはありません。

いただいた資料によると正式には「A1544A-HS-20-1」だそうです。


Bataden1000-HS20-Operationpng.png

ほぼもとのまま。

これでも充分といえば充分ですが、コレにモデラーでメカニックの私の見地が加わると…


Bataden1000-HS20-DEKITA.png

こうなりました!

ますますゴツくなりました!

Bataden1000-HS20-PaintHOLE.png

モーターとクランクシャフトを繋ぐカップリングまで描きましたが、きっと見えないです!

クレーンで吊るための輪っかも描きました。

台座には穴を開けて塗装がしやすいようにしてあります。



★VVVF装置

さて次はVVVF装置。

横幅が一番でかく、かつ象徴的な機器なので慎重に描き直しましょう。

サイズを合わせたら、ディテールを攻めます。

おそらく一番大きな変化はメッシュ部分です。

一番細かい造形ができる寸法はわかっていますので、大きくしたあとにメッシュだけを描き直しです。


Bataden1000-4.png

左が大きくしただけ、右が描き直したもの。

この差です。

ボルトや凹凸、取っ手なんかの表現も見直しです。

ハンドルの微妙な後退角まで再現しました。

このVVVF装置、世界初のヒートパイプ方式で素子の冷却を行っているらしく、そのヒートパイプ機構はこのメッシュの中に詰まっています。

これが第1号か、だからコレだけが後退角がついているんだな。

いわゆる「東洋後期GTO」は見た目が似ている機器がたくさんありますが、この東急1000系のものだけが持つ特徴がこの後退角です。

このスクリーンショットではわかりにくい…


Bataden1000-VVVF-MOTTODEKITA.png

いいですね!

同様にメッシュを持つ機器を描き直しです。


★SIV


Bataden1000SIV-Before.png

SIV。


Bataden1000SIV-After.png

こうなりました!

いいですね!

1/80サイズなら取っ手も抜くことができます。


★パイピング

特徴的で3Dプリント向きの表現としてエアのパイピングがあります。

これもコックや逆止弁のディテールを攻めました。


Bataden1000PIPE-Before.png

これがビフォア。

今見ると雑な気もしますが、Nゲージサイズだとこれが限界。


Bataden1000PIPE-Cock.png

細かい部品もこんな風に描きなおしました。

こちらはエアコックです。

画像はありませんがエルボやユニオンも描きなおしました。

少し太くなるので少しだけ強度が上がります。


Bataden1000PIPE-After.png

できました!

これだけでかなりの時間を費やしました…

タンクを吊っている部分が弱々しいのでディティール無視の補強を入れていますが、自分的にはうまく隠せたと思っています。

横から見たら一発なんですけどね。


Bataden1000CCOS-Before.png

外観上の特長もないただの箱の機器も、取っ手を描きなおすだけで見違えます。

Bataden1000CCOS-after.png


1/80サイズならこの取っ手もちゃんと再現されるのです。


Bataden1000-lubricator.png

新しく追加した機器も。

こちらは軌条塗油器です!

急カーブなどでレールに油を塗る機械です。

搭載していない編成もあるので、それは切り取ればOK。



★全体

☆M1
Bataden1000M1-DEKITA.png

☆M2
Bataden1000M2.png

元はM1とM2ですがそえがそのまま先頭車になりますので先頭車にあるべき機器が来たりしているので若干の並べ替えなどもしました。

車体から吊るためのベースとなるアングル材まで描いてみました。

あとは再配置。


Bataden1000-DEKITA.png

これで完成です!

場所がなくてブレーキ制御装置やフィルタリアクトルの前に置かれた箱は、ディティール保持のために別パーツとしました。

全体の構成はどのようにしようか迷いましたが、Nゲージと同じような片側一体型にしました。

配管パーツを守るために向きがテレコになっています。

2両なら間違えないです。


ところで

値段が気になるところですが…

予想を裏切らない高額でした!

1万円超えましたよ。

もしコレもおすそわけすることになったら、昔のカツミのように薄いやつも作って選択できるようにしましょう。



さっそく注文です!
関連記事

Posted on 2019/11/04 Mon. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  東急1000系  一畑電鉄1000系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ